第64回 不気味なニュースを避けるワケ(橘玲の世界は損得勘定)


来年度予算案の編成が混沌としている。子育てや教育、雇用などで求められている政策は多いが、消費税増税の再延期で財源がなくなり、さらには税収が予想より落ち込んで、逆に予算の減額が必要になったからだ。

年金制度改革では、物価が上がっても賃金が下がった場合、現在は据え置かれている年金額が賃金に合わせて減額されることになった。野党はこれによって、将来の年金が最大3割減になると批判している。

さらに医療費の膨張を抑えるために、一定以上の収入のある高齢者の自己負担を現役世代並みにすると同時に、厚生年金保険料を毎年のように引き上げて、保険料をとりやすいサラリーマンの家計が圧迫されている。

いずれも最近の出来事だが、こうやって並べても「だからなに?」と思うだけかもしれない。なぜなら、これが日本社会の構造的な問題から生じていることをみんな知っているからだ。それはもちろん、少子高齢化だ。

年金も健康保険も、日本の社会保障制度は現役世代が引退世代を支える仕組みでつくられている。若者が多く人口がピラミッド型ならこれでうまくいくが、支えなければならない高齢者が増えてくればいずれは破綻する。

小学生でもわかる理屈で、何十年も前から指摘されてきたが、政治家も官僚も「100年安心」という空虚な寝言を唱えるばかりで、まともな改革はなにひとつできなかった。

さらに影響が大きいのは、国民の寿命が大幅に伸びていることだ。もともと日本の年金制度は、60歳で引退してから5年間の余生を賄えるように設計されていた。

ところが人生100年が珍しくなくなって、制度が土台から崩壊してしまった。20歳から60歳まで40年働いて、その間に積立てたお金で100歳までの40年を生活できるか考えれば、その答えは小学生だってわかるだろう。

イギリスの経済学者2人が書いた『ライフシフト』(東洋経済新報社)で、高齢化時代の資金計画が試算されている。それによると、毎年所得の10%を貯蓄して(けっこう大変だ)、老後の生活資金を最終所得の50%確保しようとするなら(かなりギリギリの生活だ)、平均寿命85歳でも70代前半まで働きつづけなくてはならない。平均寿命が100歳になれば条件はさらに厳しく、80代まで働きつづけるか、それが無理なら引退時の所得の30%という貧困生活に耐えるしかない。

人生の最後をホームレスで終わりたくなければ、生涯現役(できれば生涯共働き)以外の人生設計はなく、定年のある働き方はすでに破綻している。ここまでは理屈として受け入れたとしても、日本のサラリーマンには大きな困難がある。

ひとつは、会社勤めを「苦役」と考えていること。これで定年制が廃止されれば、人生が「無期懲役」になってしまう。そしてもうひとつは、80歳までいったいなんの仕事をすればいいかわからないことだ。

年金や医療の不気味なニュースに見て見ぬふりをつづけるのは、この問いと向き合いたくないからなのだろう、たぶん。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.64:『日経ヴェリタス』2016年12月18日号掲載
禁・無断転載

PS これが本年最後の記事になります。よいお年をお迎えください。

コメントを閉じる

16件のコメント

  1. たとえば、私の親の世代(戦中派ないし焼け跡世代)は、実際に国の破たん・アメリカの占領を
    経験しているわけで、その世代が鬼籍に入ろうとしているのに、現在大きな動揺が
    起こっているわけではないですよね。

    その子供の世代である、橘さんも私も、この問題をあまり深刻に考えないほうが
    良いのでは???むしろなるようになりやがれ!!!とかんがえるべきでは?

    杜甫曰く

    国破れてサンガリア

    ですよ。

  2. 私が思うに。
    問題の認識はあっているのです。
    分析がかなり間違っている。
    そして対処法が決定的に間違っている。

    今年のフレーズでいうと、
    貧困を移民のせいにしてトランプに投票したり、少子化対策と銘打って保育園を増設したり、役に立たないからと障害者を虐殺したり。

    「問題を捉える」ところまではいい線いってますが。解決方法がまったく的外れなのです。どうせ利権が絡んで的外れな解決方法しか打ち出せないのです。なら悩むだけ損です。
    悩んでいるフリをした醜い狂人に堕ちるくらいなら、無害なマリファナでもやってたほうが遥かにマシってもんです…と2016年を振り返ってみました。

  3. 結局、我ら普通の貧乏人は死ぬまで働き続けなければならないと言うことですよね。その為の人生設計をしなければいけませんね。

  4. ばっか~ん野郎。

    アナタはごく珍しい!

    好奇心強く発揮する万能気づかず

    たとえば金欲しいなら滅茶金好きになりゃいい

  5. 古典落語の定番『道具屋』を聞いていたら、馬鹿の与太郎に道具屋の商売の手ほどきを
    してくれる母方の叔父さん(母の妹のダンナ)に興味が湧いた。親切なオジサンで、本職
    は長屋の大家をしていて、趣味と実益を兼ねて縁日などで道端にて道具屋をしている。

    与太は馬鹿なので(多少知障のケがある)自立できずに家でゴロゴロ寝てばかりいるので、
    オジサンが与太の将来を慮って、与太に店をまかせてOJTで商売人としての教育をして
    いく・・・というのが大まかな筋。

    このオジサンはエライ。江戸末期から明治にかけての話だけど、良く働いてタネ銭を稼
    ぎ、無駄使いせず始末して、長屋を少しずつ購入して不労所得を増やしていくも、ただ
    のワーカホリックではなくて趣味の道具屋も営んでいる。さらに、甥と言えど血は繋が
    っていないのに、親身になって世話をやいてやる慈善家でもある。

    これって大昔から日本人がやっていた(大衆芸能の落語になってるくらい)ことで、特別
    な事じゃなかった。戦後の終身雇用・年功序列のカイシャ制度や年金・保険制度が出来
    てからの社畜どもから見ると、何かとてつもなく特殊に思えるだけ。

    昔の価値観に戻り、サラリーマンでも不労所得や印税を得られるような副業に手を出し、
    好きな事を趣味だけではなく実利も狙ったりして続けて、余裕が出来たら身の回りの人
    達にボランティアで困った時の手助けをしてやる。これがフツーの人生だと思えばいい。

    橘オジサンですね。使用人を振り出しに、投資家として資産を積み上げてゆき、得意の
    作文能力で作家として活躍し、趣味の旅行でももうかなりの世界通。こうしてブログに
    タダで記事を載せていただき、多くの見も知らぬ読者を楽しませてくれる。

    本年は有難うございました。来年もよろしく粘着ご容赦のほどを・・

  6. そんなに心配しなくてもいいのではないでしょうか。
    75歳から80歳までコキ使われる世の中になったら、その前に過労死か自殺です。
    少なくとも、年金破綻は避けられるでしょう。

  7. 今の経済情勢は嵐の前の静けさではなかろうか?

    うちの職場の周りを見回しても、誰もが定年まで残れると信じとぃる。会社が無くなっても自分の仕事が確保できるとは考えいる。会社がなくなっても他社に行ける可能性のある人材はかなり少ないうえに、高年齢者はさらに難しくなるのに。
    そのことに少しだけでも早く気が付き、その一歩を踏み出すことができた人は幸せだ。

  8. 100円のものなら65円まで値切る。
    そんで値切りが通ったら 75円まで値上げを逆提案する。

  9. ないとすれば農業でもやって自分の食料だけ確保か
    それも失敗すれば死ぬしかないか
    死ぬしかないのをどうするか

  10. だから、

    「会社に雇われるだけが人生設計じゃない」

    と言って、いろいろ本を売ってきたのだから、

    「会社や国から離れても食っていける手段」をこそ、

    橘さんには期待しているのです。

    その一つの手段が投資とか投機ですが、

    安易に張るのではなく、

    投資とか投機も人間がやる以上、

    いろいろ抜け目があるわけです。

    抜け目の見つけ方をテーマにした作品をこそお願いします。

  11. 昔みたいに年取って病気になったら、
    金のかかる複雑な治療、高度な治療はしない、
    そういう社会に戻るしかないと思います。
    非常に難しいけれど、安楽死の権利も病人と高齢者にはありではないかな?
    死ぬまで金の心配するよりよほど人間的と思います。
    AIとロボットの革命で人間が働かなくてよい社会にならない限りは

  12. 人生「無期懲役」いただきます!

     さすが、です。ぜひ出所(一時でも)できる方法をまた教えてください。

  13. ピラミッド型の人口が理想のはずないでしょ!
    平均寿命80歳とすると、小学校の同級生は40歳で
    半分は死んでる事になる。
    違います?w

  14. 現在のお年寄りはまだよくて 本当に格差社会ですね!日本の医療費は増大するばかりです!無意味な延命治療はできるだけさけ 安楽死をのぞむこの世になるかもしれません!

    しかし心配なのは1人世帯が増え 孤立死 や空き家問題 お墓問題などです!
    お年寄りのなかには 墓をまもってあたりまえの人もみえますが 若い人ほど負担だと思うのは
    現実社会にこそ 余裕がないし、1人にたいして 高齢者をささえる人数がおもくのしかかる!
    だけど実際高齢者にはいいだしにくいし!もんもんとしますね!

  15. >投資とか投機も人間がやる以上、
    >いろいろ抜け目があるわけです。

    >しかし心配なのは1人世帯が増え 孤立死 や空き家問題 お墓問題などです!

    上記の空き家問題ですが、
    住む人がいなくなった空き家を土地の値段から解体費用を差し引いて(買い叩いて)購入し、
    壁紙交換&水回り交換&ハウスクリーニングだけして販売(賃貸)するビジネスモデルが
    おととしぐらいまでは通用してました。
    (このビジネスモデルが通用しなくなり、中規模の某ディベロッパーが去年倒産してました)

    抜け穴に関しては、見つけた者勝ちですね。
    見つけた順に、埋まっていきます。

    投資家として成功したかったら、物件や銘柄を人一倍探すことが基本になると思います。
    ひと昔前までは、100件検索して、1件は掘り出し物に出会えたのですが、
    今は、300件検索して1件、掘り出し物が出るかどうかという資産バブルになってしまいました。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。