中国にはなぜ「親日派」がいないのか(『橘玲の中国私論』あとがき)


新刊『橘玲の中国私論』より「あとがき」を掲載します。

************************************************************************

中国には「知日派」はいても「親日派」はいない。中国で「親日」のレッテルを貼られると、「漢奸」「売国奴」として社会的に抹殺されてしまうからだ。

これには歴史的な経緯がある。

日中戦争が泥沼化し、首都南京を攻略しても終戦のきっかけがつかめないなか、軍部は謀略によって傀儡政権を樹立することを計画する。白羽の矢が立てられたのは国民党の創設メンバーでありながら蒋介石と対立していた汪兆銘で、参謀本部第八(俗称「謀略」)課長影佐禎昭(かげささだあき)らが工作の中心となった。

1938年7月、汪兆銘の密使として極秘裏に日本を訪れた国民党政府の外交官、高宗武に対し、陸軍大臣、板垣征四郎は「日本は従来の因縁によって、どうしても蒋介石とは両立せぬ、もし蒋に代わって汪兆銘が出るならば、条件を寛大にし,、十分面子を立てるようにして、決して漢奸に終らしめることをしない」と約束した。

日本の敗戦によって、南京の傀儡政府も崩壊した。汪兆銘は終戦直前に病死していたが、その後を継いだ陳公博ら政権要人の亡命を日本政府は受け入れた。だが「戦勝国」である中国国民党政府から彼らの逮捕・送還を要求されると、政府と外務省はパニックに陥った。

外務省の決めた対応策は、「日本政府が信義をおろそかにするものではないことを力説する」としながらも、「結論的に日本政府の公式的な意見は、これを述べることなく、逆に陳主席の意向を引き出し、その次第によってあらためて処置を考える」というものだった。陳公博らの亡命工作を指導した小川哲雄(南京政府軍事顧問兼経済顧問補佐)はこれについて、「要約すれば、日本側から、中国に帰ってくださいとは、とうてい言えないが、帰ってもらえば助かる。何とか主席の面子を傷つけることなく、帰国の雰囲気に話をもってゆきたいということである。誠に虫のよい話。もはや正面きった信義論などどこかに吹き飛んで、厳しい現実に立った妥協が全面に出てきた」と述べている(劉傑『漢奸裁判』中公新書)。

日本に居場所のなくなった陳公博は中国に帰国し、ただちに処刑された。南京政府首相・汪兆銘は、敵国・金と和解するために愛国の英雄、岳飛を処刑した南宋の宰相、秦檜(しんかい)と並び、中国の歴史上最悪の漢奸となり果てた。日本の政治家や官僚は保身のために平然と「信義」を捨て、彼らを見殺しにしたのだ――こうして「親日」と「売国奴」は等号で結ばれることになった。

日本の保守派には中国の歴史認識や反日教育を批判するひとが多いが、元をただせばそこにはすべて理由がある。彼らがときに異常なまでに激高するのは、日本が侵略者であるかぎり、中国側の主張に理があることがわかっているからだろう。理屈で説得できなければ、あとは相手を恫喝するほかはない。

もちろんこれは、中国が「善」で日本が「悪」だということではない。問題は、歴史を善悪二元論でしか理解できない(あるいは理解しようとしない)人間が日本にも中国に多すぎることにある。こういうひとたちはそもそも理解を拒絶しているのだから、相手にしても仕方がない。

私はずっと、資産運用において個人のリスクと国家のリスクを切り離すことを提言してきた。日本が財政破綻し、円が紙切れになることを心配するひとがたくさんいるが、この不安は一定の資産を外貨建てにするだけで解消する。通貨の価値は相対的なものなので、円が紙切れになればその分だけ外貨の価値は大きくなり、トータルでの資産は何が起きても変わらない。

中国や韓国とのやっかいな歴史問題についても、考え方はこれと同じだ。

現代史についての基礎的な知識を持つことは大事だが、どちらの歴史認識が正しいかを議論することには意味がない。ひとは誰も、自分の見たいものしか見ないし、自分の理解したいものしか理解しないからだ。

だったら、国家の歴史認識と個人の人間関係を切り離せばいい。国家同士のくだらない諍いを離れてつき合える友ができたなら、これほど素晴らしいことはないだろう。

この「旅行記」が、中国を旅し、驚きたいひとの役に立てば幸いです。

2015年2月 橘 玲

『橘玲の中国私論』(ダイヤモンド社)より

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. そんな昔の事で無理矢理こじつけても真実味ないですよ。

    江沢民が台頭するまで普通に親日派がいましたし、
    中曽根 胡耀邦 の関係とかみれば普通にわかるじゃないですか。
    天安門事件がおきるまで対日感情も普通によかったですし。

    江沢民がやり出した対天安門事件対策としての愛国教育からでしょ。

  2. >>1
    >江沢民がやり出した対天安門事件対策としての愛国教育からでしょ。

    中国共産党が、目をそらすためにやったことですよね。
    今でも、同じような事をしてますわな。

  3. 国民党が戦勝国とか片腹痛い
    チャーズ 長春市民数十万人餓死、
    中国共産党八路軍と国民党の兵糧攻めでもわかるように
    戦国時代は相手を虐殺するのは当たり前の国でしょ。
    しかも無辜の自国の一般市民を!!

    それでも反日教育がなされる前は中国中の一般市民の間でそんなものはなかった。
    それをあたかも親日と漢奸が=だとか共産党の策略に見事にはまってる
    あほな左翼と変わらんじゃないですか。

    少なくとも日本には批判出来る自由はある。チャーズは未だに香港ですら
    出版禁止だぞ。捏造と作為によって歴史を作り替える奴らにおもねるような
    人間にだけはなりたくないね。

  4. >こういうひとたちはそもそも理解を拒絶しているのだから、相手にしても仕方がない。
    ひとは誰も、自分の見たいものしか見ないし、自分の理解したいものしか理解しないからだ。

    橘さんのこの文、すごく耳が痛いです
    ここのコメント欄をみると
    そのことがよくわかります

  5.  つまりは、どちらが依り大人になれるか、相手の立場を理解が出来るかという知性の洗練にかかっているのです。
     その洗練が出来なければ、どちらも卑しいままです。相手の非難し続ける限り卑しいのです。

  6. 過去はどうであれ、
    「他人の家の庭に、勝手に家を建てる」連中を信じれるか?だわな。
    中国が、ベトナムやフィリピンでやってることだ!

  7. まったくの賛成です。

    リバタリアンの発想からすると、国家などクソそのものですから。
    国家が無いと実際には困るので最小の国家にしておこう、という
    必要悪な国家がリバタリアンの国家です。

    国家としては自分たちの自由を守る為に、外に対しては強力な軍隊を
    持ち、内には公正でミニマムな治安維持機構を持つ。あとはお好きに!

    なら、国家(権力)と国家(権力)の確執など、クソとウンコの戦いだ。
    まず、そんな煮ても焼いても(生でも)食えない論争に、お金も時間も
    使わず、自分の好きな人達と共に自分の好きな事をすればいい。

    その相手が中国人であったとしても、そら、いろんな人がいる。なら、
    その中で気の合う仲の良いツレが出来たなら、大事にすればいい。
    中共が共産主義と儒教という人類最強の負の遺産にまみれていようと、
    そいつ個人はいいヤツだ、クソやウンコと関係ない。

    とまあ、ここまで知ったかぶりして書いてしまった私ですから、
    本は買わないわけにはいきません。w

  8. 別に親日でなくていいんで、どうでもいい自前の歴史認識(しかも意図的な(?)誤認)を
    たてにこちらの行動にいちいち口をはさむなと言いたいだけです。

    中国(シナ)は易姓革命によって王朝が変わってきました。
    汪兆銘、陳公博に天命がくだらなかったのですね。
    相手が怪物・毛沢東では致し方ないところ。
    野望が大きければ、代償も大きいという話しにしか聞こえません。

    厄介な歴史認識ではなく、厄介な隣国の間違いでしょう。
    日本は侵略者ではなく、毛沢東(中国共産党)になし崩し的にシナに
    引きずりこまれたのです(侵略者の称号はほめすぎです)。

    共産党は日本軍とはほとんど戦ってなくいろんな事件に影がチラついています。
     ・盧溝橋事件
     ・廊坊事件
     ・公安門事件
     ・通州事件
    中国共産党の正当性を人民に訴えられるかどうかは別にして、
    これこそ後世に語られるべき素晴らしい陰謀力ですね。

    日本の反省は、踊らされたことで、
    国策でもって真面目に帝国主義できなかった点です。

    日本軍がシナにいる時点で悪い的なことを「中国私論」に書かれていましたが、
    「現代史についての基礎的な知識を持つことは大事」とのことで、
    義和団事件の北京議定書のためですね。
    今の当時のシナはイスラム国の支配地域に近い感じだったんでしょうか?
    国際条約に基づく正当な行為だったと思うのですが。

  9. いつもとまったくちがった 店に行き まったく違ったブログを読むようになる。
    ようなありかた。

  10. 孫文を支援して、開放したのにな。
    台湾へ逃げた軍隊を支援して、今の中国を攻めましょうか?(笑)

  11. 南京政府を「傀儡政府」と決めつけるのは失礼です
    当時の困難な状況で中国のためを考えて南京政府にかかわった人たちの苦労を否定してはいけません
    現中国が政治的意図を含めて「傀儡政府」と決めつけるのは仕方ないとして外国人、特に日本人がそれに乗る必要はありません
    私はいつの日か中国でも汪兆銘が再評価されることを信じています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。