『臆病者のための億万長者入門』発売のお知らせ


文春新書より『臆病者のための億万長者入門』が刊行されます。Amazonではすでに予約が始まっています。書店店頭には20日に並びますが、都内の大手書店では週末のところもあるようです。

タイトルは「億万長者入門」ですが、億万長者になる方法が書いてあるわけではありません。

アメリカやヨーロッパ、日本のようなゆたかな国は、人類史上はじめて「誰でも億万長者になれる社会」を実現しました。それは同時に、貧乏が自己責任を問われる“残酷な世界”でもあります。

億万長者になるなんて簡単だ!

そんな「ゆたかで残酷な日本」でどのように経済的な土台(インフラストラクチャー)を築いていけばいいのか、というのが本書のテーマです。

本書は、2013年4月から14年1月まで『週刊文春』に連載した「臆病者のための資産運用入門」をベースに、加筆・再構成のうえ1冊にまとめたものです。株式投資、保険、不動産、外国為替(FX)などについてこれまで述べてきたことと趣旨は同じですが、これは、市場は日々刻々変化するとしても原理は不変で、長期的には(市場原理による)正しい場所へと収斂していくはずだからです。

連載をまとめることのメリットは、過去の記述を検証できることです。

『週刊文春』に「1万5000円突破 日本株はもう高すぎる」という記事が掲載されたのが2013年5月23日(木)で、この日に日経平均は1143円暴落しました。同年6月13日発売号の「激動する為替レート 今の円高は当たり前」では、「今後、大幅な円安は見込めない」と述べました。

当時はアベノミクスの絶頂期で、ほとんどの論者がさらなる円安と株価の上昇を予想していました。それから1年たって、株価は1万4000円、為替は1ドル=101円とほとんど変わっていません。べつに自慢したいわけではありませんが、いずれの予測が正しかったかは明らかでしょう(経済予測の世界では過去の発言を検証しないことになっているので、自分でいうしかありません)。私が「日本株はもう上がらない」「これ以上の円安はない」と考えた理由も、この本で詳しく説明しています。

市場では、とんでもないこと(ブラックスワン)はめったに起こりません。リーマンショックは「100年にいちど」の大惨事といわれましたが、わずか5年で米国株は史上最高値を更新しました。これを見ても、戦争や内乱・政治的混乱に比べて、経済的な事象は未来をある程度限定できることがわかります。“米ドル暴落”“ユーロ崩壊”“中国の不動産バブル崩壊”“日本の財政破綻”などさまざまな危機がいわれますが、金融市場の仕組みと資産運用の原則を理解していれば、誰でもこうした経済的リスクにヘッジ(保険)をかけることができます。

日本はこれから、超高齢化という人類がこれまで体験したことのない社会を迎えます。そのなかで自分の(経済的な)人生をどのように「設計」するのか、それを考える一助になれば幸いです。

コメントを閉じる

8件のコメント

  1. リンク先を読むと、要は、今の日本でそれなりの地位で夫婦2馬力やってれば
    世帯単位で億万長者になるのは余裕だってことですよね。

    先日のトピックに出てきた某研究者のご両親が良い例ですよね。
    また、その件で色々調べてたら、某研究者とご両親のちょうど間の世代の研究者夫婦で、
    面白い例を見つけました。

    夫のほうは、かなりの研究業績のある教授なんですが、
    妻のほうは、有能な研究者の支えが無ければ、それこそフリーター博士になっても
    おかしくない学歴。
    ところが、妻が1番目、夫が2番目の著者順になっている論文が結構あって、
    その結果、妻も研究者としてそれなりの地位にいるんですね。

    2人が著者の論文なんだから、夫がどれだけアシストしようが
    何の不正でもない。

    ふつう内助の功というと、夫の働きを妻が支援し、夫に手柄を集中させることですが、
    夫に地位や稼ぎが集中してしまうと、リスクヘッジ、累進課税の双方のデメリットが
    ありますよね。
    そこで発想を逆転させ、夫婦で手柄を分散させて、男女共同参画やら何やらも
    フル活用し、世帯収入の最大化を図る、というほうが、コスパ的に良さそうですね。

    というわけで、皆さんのお知り合いに、中堅クラスの大学で、
    公務員試験に向けて頑張っているけど、いまいち点数が伸びないという女の子はいませんか?
    学生時代の塾講バイトで数々の難関大学合格者を数多く輩出した私の実力をもってすれば
    田舎の公務員ごとき余裕で合格させてみせますよ。
    俺が派遣の子と結婚して、そいつは自動的に専業主婦になって、
    妻子を食わせるために社内の出世競争に汲々とするよりも、
    2馬力狙いで馬を1頭仕立てあげるほうが圧倒的に世帯収入が高そう。

  2. >リンク先を読むと、要は、今の日本でそれなりの地位で夫婦2馬力やってれば
    >世帯単位で億万長者になるのは余裕だってことですよね。

    舛添要一と片山さつきが夫婦だったことをかんがえると、知性があるからといって
    必ずしもうまくいくわけではありません。
    この例のように公務員でDINKSをやっていれば世帯単位で億万長者になることは
    可能としても、「同じだけ稼いでいる私がなんでアンタのパンツを洗わなければ
    ならないの?」ということになりかねません。

    実は「男女雇用機会均等法」が少子化の一番の原因なのです。

    家庭・夫婦のミクロな問題と、少子化・高齢化といったマクロな問題は切り離して考えないと。

  3. ゆうじさん

    田舎の公務員は、試験じゃなくて「コネ」で採用されてると思う。
    というツッコミはさておき。

    個人的な実感として思うんだが、2馬力でも、シャープレシオはけっして改善しない。

    働く女性と結婚すれば自分の負担は増えず、世帯収入だけが増えるというのは幻想。

     有能な専業主婦>平凡な公務員女子

    へたすりゃ、平凡な公務員女子が仕事に着ていくブラウスのアイロンがけを
    ゆうじさんがやらなきゃならなくなるよ。

    何かを犠牲にしない限り、世帯収入は増えない。
    世帯収入が増えた分は、家事育児介護などが犠牲になる。
    もちろんアウトソースもできるが、当然カネがかかり、世帯収入の増加分を相殺してしまう。

    妻にするなら、頑張っているのに点数が伸びない無能女子(おそらく家事できない)より、
    山内一豊の妻、千代みたいな人の方がずっといいでしょ。
    有能な秘書役として、出世を助けてくれ、実力以上の地位に就けるはず。一豊のようにね。

    唯一の問題は、そんな女性を妻にできる確率はほぼゼロということだけかな。

  4. 戦国時代に、男女共同参画とか言って、千代が槍働きしてたら、山内家は大名になるどころか、滅亡していただろうな。

    いや、現代でもリーマンの共働き世帯で成功している家を見たことがない。

  5. 今現在は1ドル107円で日経平均は16000円弱ですがねぇ。
    べつに非難したいわけではありませんが、いずれの予測が間違っていたのは明らかでしょう。

  6. ナンバー6の匿名さんにコメント先をこされました
    1ドル一時109円になりました。今後の米国の金利見込みからしてさらなる円安予想が
    多数となりました。橘さんの予測は明らかに外れましたね。

    しょせん、そんなものです。
    予測が出来る人が、匿名で文章を書いて収入を得ようとはしません。
    ただ、そんな橘さんの文章は好きです。自分の意見と一致する時、合わない時、それぞれ
    自分の考えを整理するのに役立ちます。

  7. 橘さんが「今後、大幅な円安は見込めない」と予測したのは去年の6月で、それから1年以上もその予測は当たっていたわけですよね。円安基調になってきたのは今年の8月後半くらいからです。

    この本を読めばわかるけど、彼は相場師ではなく、市場の流れをどう読み取るかを説明して、「こう分析すれば、当面の株価や為替はこうなる」という予測ですね。であれば今まで1年以上も彼の分析が当たっていたということの方が重要では?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。