日本人はどんな場所にいるのか? イングルハートの価値マップ


『(日本人)』では、日本人の特徴は、(それがもしあるとすれば)「空気(世間)」ではなく「水(世俗)」にある、という議論をしています。

その当否についてはさまざまな意見があると思いますが、ここで議論の前提として、本書のアイデアの元となったイングルハートの価値マップを掲載しておきます。

ロナルド・イングルハートはアメリカの政治学者で、国民性による価値観のちがいを客観的に評価すべく、世界各地で大規模なアンケート調査を行なっています(このブログで何度か紹介した世界価値観調査もイングルハートが始めたのもです)。

*イングルハートの価値マップのことは、社会学者・橋本努氏の『経済倫理=あなたは、なに主義』で知りました。

この「価値マップ」では、縦軸が「伝統的価値(前近代)」と「世俗-合理的価値(近代)」、横軸が「生存価値(産業社会)」と「自己表現価値(ポスト産業社会)」になっています。

左下が「生きていくだけでせいいっぱいの、掟や慣習でがんじがらめになった閉鎖社会(伽藍)」、右上が、「ひとびとが自由に“自己実現”できる開放社会(バザール)」です。

日本の「ムラ社会性」がよく批判されますが、これを見るとわかるように、世界の大半の国は日本よりもはるかにベタなムラ社会です。日本社会の開放度は、アングロサクソンの国々(アメリカ、カナダ、オーストラリア)やヨーロッパ・プロテスタント圏(スウェーデン、オランダ)よりは劣りますが、フランス、イタリア、スペインなどヨーロッパ・カトリック圏の国々とほぼ同じで全体の上位3分の1あたりに位置します(日本はアジアでもっとも開放的な社会です)。

「ムラ社会性」よりもずっと目立つのは、日本人の「世俗性」の高さです。この価値マップや、世界価値観調査のさまざまなデータが明らかにしたことは、「日本人は、世界でも突出して世俗的な国民である」ということです。

イングルハートは、それぞれの国を文化圏でくくってみると、そのなかに別の文化圏の国は入らない、という発見をしました。日本、中国、韓国、台湾は、表のなかの位置はバラついているように見えるものの、「儒教」でくくるとひとつの独立した文化圏になります。プロテスタント、カトリック、アングロサクソン(英語)など他の文化圏についても同じことがいえ、「国民性(価値観)」が経済だけでなく、地理的条件や歴史・文化によって規定されていることを強く示唆します。

なお、日本人の極端な世俗性をいち早く指摘したのは仏教哲学者の中村元で、万葉集から大伴家持の次の句をひいています。

この世にし 楽しくあらば 来む世には
虫にも鳥にも われはなりなむ

コメントを閉じる

27件のコメント

  1. 好き嫌いはあるとおもいますが、加藤周一 も日本人 日本語の世俗的な面について色々と発言していました 今回の新刊まだ読んでいませんが楽しみにしています
    橘さんは震災以降 色々模索している様に思われますが、この先どの様に進んでいくのか 同年代として興味があります。

  2. 世俗的って言うのは金銭万能主義に近いんじゃないですかね。
    そう考えると、確かに世俗性は行き過ぎかもしれませんが、
    世界一という事はないと思いますよ。まあ世界中がそんな感じでしょう。
    イスラム圏はもともと世俗的ではないですが、逆行してますね。
    欧米型の経済は欠点が目立ってきましたからね。

  3. 面白いグラフですが、「ムラ社会」という言葉を使うときに注意しなくてはいけないといつも思います。なぜなら共同体という意味でのムラというのは日本の場合は歴史上特殊であって、それが都市化によって解体されたから開放的になっているのと、そもそもムラ社会はないけれど流動化が進んでいないという場合があるからです。そして、その共同体が前提として担保していたものが都市化によって解体された結果、世俗的に結果としてなっていったという場合もあります。
    例えば中国には「村八分」に相当する言葉はありません。日本とは違い、ムラの人の出入りも仕事も自由でそんなことは起こり得ないからです。そして、そのようなメリットもデメリットもある強固なムラがないから、血族、コネのネットワークでつながりあい、それは幸か不幸か、都市化された今でも働き続ける伝統的な原理である一方、ムラというのは都市化で解体されてしまったということです。
    中村元について言えば、日本が他のアジア諸国とは違って先駆けて近代化・工業化した理由を日本的特徴に求める記述を読んだ記憶があります。なるほどと思ったのですが、僕はそれに対して今では懐疑的です。あるいはこれに関連して、ムラ・共同体における日本と西欧の類似性によって、日本をアジアから切り離すという言説(ある種の進歩史観)とも絡み合っていると個人的に思うのですが。
    日本の世俗性、「儒教」という文化圏、伽藍とバザール、解体される共同体と流動化する社会のコネクション等、いろいろ考えさせられることが多いです。新刊楽しみにしています。

  4. 句に興味があって検索してみたのですが、家持ではなく大伴旅人の詠んだ句のようです。

  5. 面白いマッピングですね。
    恐らく日本がその位置なのは世界的に見てぶっちぎりで「無宗教」だからでしょうね。
    「世俗」という言葉をちゃんと理解しておきたいです。

  6. 「空気」を(世間)としてしまうのに違和感がある。一般的には(雰囲気)って意味で使われてるよね。
    「水」を(世俗)とするのもおかしい。「空気」に対して「水」って、安易すぎる。

  7. 日本って、儒教文化圏なんでしょうか。
    自分は違和感を感じますが。。

  8. そう?
    ある場所や集団にに自分が馴染めるかどうかを「(ここの)水に合う、合わない」って表現することはない?

  9. 二言さん

    「その場の空気(世間の雰囲気)を読めずに水(個人の都合、俗的)をさす」と、言うこともあるのでは。「水商売」と言うけれど、「空気商売」とは、言えないし。水って、空気より俗的ではありそう。ただ、この時の、「俗」から何を連想するかが、大切なのでは。

    橘氏は、連想を強制する意図は、ないと感じましたが。

    是非、新刊をお読みください。新刊は、事典のような表紙の厚さと本の重さ。そして、辞典のように読みたい章だけ読んでも分かるようになっていました。(日本人)とは、書いてあるけれど、私には、「橘版人生の指南書」のように感じました。まだ、さらりと1回しか読んでいませんが。ゆっくりと読み込む本・・。いろいろな楽しみ方が出来る本かな・・。

  10. 二日前ほどに購入し、読みました。「残酷な~」みたいな感じで良かったです。(内容は全然違いますけど)

    本ではこのブログのコメント欄について少し触れられていて、面白かったです(笑)

  11. >ブログのコメント欄について少し触れられていて、面白かったです(笑)

    でもあれ、誰か他の人の意見をそっくり借用したような・・・。気のせいですかね。
    「匿名作家」があのようなことを言うと、笑いがこみ上げてしまいます。
    世の中には、コメント欄が荒れていないブログの方が数が多いのですけどね。
    「荒れるのはブログ運営者の責任だ」とは、つゆほども考えていない。

  12. 橘さんサンデルの新刊とかちゃんと読んでるのかな?
    コミュタリアニズムへの理解がポジショントークを抜きにしてもひどすぎるような。
    まるでサンデルがイスラムや王政などの伝統社会を全否定してるようなこと書いてあったけど、
    サンデルそんなこと言ってたっけ?

    リバタリアンとして国家の廃絶を目指すなら、サイバーリバタリアンとか寝ぼけたこと言ってないで、具体的な国家解体への道筋を示すべきでしょ?みんなそこを一番知りたがってるはずだと思うよ。

    あと僕は橘さんの”炎上マーケティング”に積極的に協力してるつもりなんで、もっと褒めて欲しかったなあ。

    以上今日の立ち読み感想文でした。

  13. あとサンデルの新刊「それをお金で買いますか」は非常に読み応えがあったよ。
    あるものが商品となった瞬間に失われるものって確かにあると思う。

  14. あれま、火付盗賊が来て、家に火が付くのは家主の責任だって言ってるぜ。

  15. 思わず、微笑んでしまいました。KOM氏の喩が、ぴったり。

    そして、大きな問題は、R○○君に、火をつけている自覚がないことと、それの火に酔いしれている。「自己顕示と自己陶酔」その先は、「自己破滅」。火遊びは、ケガの元。嫌われるだけ。

    スルー宣言しておきながら、kenさんのご指摘もあり再度、「サンデル」関連のページを読み返して見ました。「王政や伝統社会の全面否定しているかのような・・」と言う、箇所が見つけられません。是非、立ち読みでなく、1冊買って(!)もう少し詳しく、ご教授下さい。

  16. かわいそうに。
    あんたらも火付盗賊の一味と言われてるのにな。
    わかってる?

  17. その切り返し方、上手ですね。感心する。一瞬、そうかな・・と、思わせる力がある。

    でも、残念ながら、それは、事実と相当違う、あくまで、Rk○○君の心的現実なのでした。
    どうぞ、その「力」を、有効にお使い下さい。ナルシスのようにならないよう、ご注意。
    では、では・・。

  18. 「一言と、ひとごと」氏は、よほど私のことが気に入らないらしい。

    前にも言ったけど、目障りなら読まなければいいじゃない。

    「自己顕示と自己陶酔」その先は「自己破滅」か。これは、あなたの今の状況なのかな。

    人生の先輩からの貴重な教訓として、身に刻んでおきますよ。

    それと、火をつけてる自覚はありますよ。以前、KOM氏とのやり取りのなかで、「薪をくべる」ってフレーズも使ったはずだし。

    橘氏は、火をつけて欲しいんでしょ。

    物知り顔で、ブログはシステム的に炎上する、Twitterには炎上しない仕組みがあるとか、偉そうに本に書いておいて、ブログのコメント欄を閉鎖しないんだから。

    旧来メディアで、そこそこ成功した人が、インターネットをどう見ているか、なかなか面白かったけどね。

  19. KOM氏への補足。どうも本を読んでいないようなので。

    ホストとゲストの関係ではなく、橘氏はブログシステムの問題として片付けていたのです。

    つまり、家が燃えるのは木造だからで、RC造にすればOKという文脈です。私はそれは違うと思いました。燃えないなら、爆破するでしょうね。火付け盗賊なら。

  20. きっと、kenさんが、読んでいて。「またこの二人は・・」って、思っていたり(笑)。

    橘氏の意図は、「自由に」ではないでしょうか?ほどほど燃えることは、覚悟の上。リスク管理は得意な方でしょう。

    R○○君が、嫌いか? どうでしょう。ただ、私には、R○○君が、橘氏に親和性があるように見えるのです。その、過剰なほどの「繊細さ」。共通していると、私には感じられる。
    ただ、その「皮肉」が上手すぎて、土足で人の心に、そして、お互いが、傷つくことを繰り返している。そこは、受け入れがたい・・。kom氏から学ぶことがあるのでは・・・。

    なんだか、私的なコメントになり。申し訳ありません。しばらく、コメント控えて、スレの邪魔にならないよういたします。反省・・。

  21. 「世俗ー合理的価値」の意味がわからないのですが、どなたか解説して下さいませんか。

    日本人が合理的価値をもっている、しかもその程度が世界でトップだというのには違和感があります。

  22. 橘玲の新刊のAmazonカスタマーレビューを見ているのだが、みんな辛辣。

    「大学生のレポート?」「橘玲は変わってしまったのか?」「大雑把な議論が多いのでは?」など。

    橘玲流に解釈すれば、「わざわざ無償でレビューを書く人たちは、文句を言いたい人たちばかりだから、悪口だらけになるのは、当然。」

    でもね。

    『雨の降る日曜は幸福について考えよう』や『臆病者のための株入門』などは、真逆なんだよね。

    「数少ない価値ある本」「大切な一冊になります」「社会のあり方について考えるためのヒント」など。

    ま、でもこれも、「奇特な人たちが集まったもんだ」と、一蹴するんだろうなあ。

  23. Rさんの辛辣なコメントに触れて、控えていたコメントを書いております。

    この本は、橘氏の転換期の貴重な本でしょう。亜玖夢博士シリーズからそれはすでに始まっています。

     橘氏の思考、思想の変遷が作品になっているだけで、一時期、統計データーの信頼性が話題になりましたが、私には「街頭で100人に聞きました」程度のデーターに統計学的信頼性があるのないのとのコメントには疑問を感じていました。アンケートはアンケートでしかない。

     橘氏に一貫しているのは、「等身大」と「個人の幸せ」の2つでしょう。
    自分の理解を素直に書いている。この作品は「エッセイ集」もしくは「覚書集」では。

    「エッセイとは思ったことを勢いにまかせて・・・・」だと思います。
    小説と思う人はいないでしょうし、論文集とも当然違います。あくまで、等身大の作品。
    消毒済みの情報が満載の論文より私は、面白く読ませていただきました。。

  24. ん、大学生のレポート?できのよい学生のレポートはとても参考になると思いますよ!
    それにちゃんと引用かいてあるし。理解を深めたければ原典読めばいいと思うし、実際そうしている。ドゥ・ヴァールやリッチ・ハリス、ウォルター・ブロックなど、橘氏の紹介で知った本は数知れないのでね。

  25. 日本の「ムラ社会性」がよく批判されますが、これを見るとわかるように、世界の大半の国は日本よりもはるかにベタなムラ社会です。

  26. アンケート見ました?
    あれには、はいといいえ、しかありません。それは1とー1で対応しているので、自分はそう思ってないと答えるとー1になります。そして質問がキリスト教徒が創ったものですので日本人にはわかりにくいことがあります。
    恐らくどちらでもないって項目が出ると図が変わるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。