「日本人」をカッコに入れる


新刊『(日本人)』のなかから、冒頭部分を掲載します。

*********************************************************************

『(日本人)』は「かっこにっぽんじん」と読む。文字どおり、「日本人」をカッコに入れてみようという意味だ。

私たちのまわりには、「日本」と「日本人」があふれている。過剰な「日本」に溺れて、私たちは自分が何者で、世界がどんなところなのかを見失ってしまったのではないだろうか。

3.11東日本大震災と福島第一原発事故のあと、マスメディアやインターネット上でさまざまなひとたちが「日本」や「日本人」について論じた。その論旨は、おおよそ次の一行で要約できる。

日本の被災者は世界を感動させ、日本の政治は国民を絶望させた。

ここには二種類の、まったく異なる日本人がいる。

津波で肉親を失い、原発事故で故郷を奪われても絆を失わず、お互いに支え合いいたわり合ううつくしい日本人。その一方で責任を逃れ、利権をあさり、権力にしがみつく醜い日本人。そして誰もがうつくしい日本人の側に立ち、醜い日本人を糾弾する。

だがこのわかりやすすぎる構図は、なんの問題も解決しない。私たちはこれまで何十年も同じ議論を繰り返してきて、あげくの果てが現在なのだ。

本書のアイデアはものすごく単純だ。

私たちは日本人である以前に人間(ヒト)である。人種や国籍にかかわらず、ヒトには共通の本性がある。だとしたら「日本人性」とは、私たちから人間の本性を差し引いた後に残ったなにものかのことだ。

私たちは、自分自身を他人の目で見ることはできない。「日本人は特別だ」という思い込みだけがあって、どのように特別なのか、その客観的な評価をほとんど意識したことがない。

「世界価値観調査」は、世界80ヵ国以上のひとびとを対象に、政治や宗教、仕事、教育、家族観などを調べたもので、1980年代から定期的に行なわれている。国民性についての現時点でもっとも網羅的な調査だが、2005年調査の全82問のなかで、日本人が他の国々と比べて大きく異なっている項目が3つある。

これを見ると日本人は明らかに「特別」だが、それは私たちのイメージとはずいぶんちがう。

最初に、その質問とアンケート結果を紹介しよう。

問:もう二度と戦争はあって欲しくないというのがわれわれすべての願いですが、もし仮にそういう事態になったら、あなたは進んでわが国のために戦いますか。

この質問に「はい」とこたえたひとの比率だ。

あなたは進んで国のために戦いますか?

問:あなたは日本人(ここにそれぞれの国名が入る)であることにどのくらい誇りを感じますか。

この質問に、「非常に感じる」「かなり感じる」とこたえたひとの比率だ。

あなたは日本人であることに誇りを感じますか?

香港は国ではなく中国の特別行政区なのだから、こちらの値も実質的に日本が世界でもっとも低い。日本人は戦争が起きても国のためにたたかう気もないし、自分の国に誇りも持っていないのだ。

あなたはこの結果についてどう感じるだろうか? 保守派なら、「自虐史観」で日本人を洗脳した戦後民主教育の大罪だと騒ぎ立てるだろう。リベラル派なら、「平和憲法」によって日本人がいかなる戦争も拒否するようになったのだから、戦後民主主義の偉大なる成果だというかもしれない。

いずれが正しいかは別として、日本と並んでドイツの値が低いことから、この結果に第二次世界大戦の敗戦体験が強く影響していることは明らかだ。

だが、次の結果はさらに衝撃的だ。

問:ここに近い将来起こると思われるいろいろな生活様式の変化があげてあります。もし、そういうことが起こった場合、あなたはどう思われますか。
よい(好ましい)ことだと思いますか、悪い(好ましくない)ことだと思いますか、それともそういうことが起こっても気にしませんか。それぞれについてお答えください。

この質問のうち、「権威や権力がより尊重される」について、「良いこと」と回答したひとの比率だ。

権威や権力は尊重されるべきですか?

集計結果を見ればわかるように、先進諸国だけを見ても、フランス人の84.9%、イギリス人の76.1%が、健全な社会では権威や権力は尊重されるべきだと考えている。マリファナや安楽死を容認するオランダで70.9%、自助・自立を旨とするアメリカでも59.2%が権威や権力は必要だと回答し、権威的な体制への批判が噴出する中国ですら43.4%が権力は好ましいものだと考えている。

それに対して日本人のうち、「権威や権力を尊重するのは良いこと」と答えたのはわずか3.2%しかおらず、逆に80.3%が「悪いこと」と回答している。日本人は世界のなかでダントツに権威や権力が嫌いな国民だったのだ。

私たちがこのような特異な価値観を持つようになったのには、やはり戦争体験の影響があるだろう。権威や権力を振りかざす政治家や軍人を信じたら、広島と長崎に原爆を落とされ、日本じゅうが焼け野原になり、民間人を含め300万人もが犠牲になったのだから、もうこりごりだと思っても不思議はない。

しかしそれでも謎は残る。敗戦によって同じような惨状を体験したドイツでも、半分(49.8%)のひとが「権威や権力は尊重すべき」とこたえている。日本人の“反権力(というか厭権力)”はあまりにも極端なのだ。

本書はこの“謎”を出発点に、私たちは何者で、どのような社会に生きているのかを解明していく。そこでは、進化心理学の知見が私たちの旅を助けてくれるだろう。

グローバル化した世界では、政治や行政にできることはじつはそれほど多くない。それにもかかわらず、私たちはあまりにも多くの期待や要求を「国家」に寄せている。それと同時に、個人の持つ複数のアイデンティティのなかで、「国民」を過大に意識しすぎている。

日本人をカッコに入れるいちばんの効用は、「国家」や「国民」という既成の枠組みから離れることで、世の中で起きているさまざまな出来事をシンプルに理解できるようになることだ。私たちのほとんどは日本で生まれ、この島国に育ち、ここで死んでいくだろうが、それでも個人の人生と国家の運命は一蓮托生ではない。

国家の権威が大きく揺らいでいるいまこそ、私たち一人ひとりが、自立した自由な個人として、正義や幸福や社会について考えてみるべきなのだ。

コメントを閉じる

33件のコメント

  1. 本当に視点が斬新的。
    先日Amazonで予約しました。
    到着が待ち遠しいです。。

  2. 「●●人であることに誇りを感じる」ことにイエスと回答するのは、一見、よいこと、のぞましいことのように思いますが、この問いにイエスと回答している上位国は
    コロンビア、ポーランド、イラク、グアテマラ、メキシコ、なんですね。
    この顔ぶれは、ちょっと微妙かも。

  3. あいかわらず、おもしろそうですね。
    楽しみです!

    ところで、戦後のシステム(憲法を含めた法律全般)のありようも大きな影響があるので断定はできないのですが、
    これまで権力を握ってきたであろう人たちが自分たち一般国民をちっとも幸せに導いてくれていないという経験則から、「権力を握らせるのは、自分たちのためには、ちっともならない」という感覚を抱いているのではないでしょうかね。
    たとえば、イマドキの大学全入時代では、大学を出たからって大して有利にならないばかりか、大学で学んだことがその個人の人生に役に立つとは思えない職業選択に首をかしげるばかりなのに、世の親たちは「せめて大学ぐらいは出させなければ」と思って(経済状態とは不釣り合いといえるほどの)高い教育費を払ってまで子供を大学まで出させようと思うのは、「なんか、これまで周りの人の人生のありようを見聞きしていた限りでは、大学を出たほうがその後の人生は安定しているらしい」という、経験則に強く引っ張られているのと同様に。

    国民のことを本当に真剣に考える人で、システムをよく知っている人ならば、ぜひ権力を握っていただきたいと、私は思いますけどね。

    ま、拝読します。チョー楽しみです!
    橘さんの本は、体制を批判することが目的なのではなくて、「現在の体制はこういうものである。じゃあ、個人はどのように生きていくのがhappyなのか」について濃ゆく考察していくところが、大好きです。

  4. 引用されているアンケートだが、設問の誤訳の可能性が高いと思います。「権威と権力」とありますが、英語など他の言語ではどのように表現されているのか、よく調べたうえでないと、いくら冷静な比較をしたつもりでも恣意的な解釈を導きだす結果にしかなりませんよ。

  5. 日本人の気質=自分の意見や意思を持たず、他人の行動や言動に影響を受けやすい特徴があると見る。戦後、大政翼賛会方式からアメリカ式の政治に簡単に転換し、学生や組合が左翼化したのが昭和30年から40年第、その後は経済バブリンし、それが日本の力と勘違い、バブルとバブル崩壊を繰り返し、世界の経済の中で操られている日本を未だ体感できない日本人。
    前選挙での民主党キャッチフレーズを信じ騙され続けている日本人。中国漁船一隻をも日本法律で裁けない民主党。日本人に今必要なことは、学校の左翼化を止めること、教師が日本の将来を考え日本人生徒を教育することです。日本の将来を考えることのできる教師を教団に立つことができるように政治が変わらなければならない。ここまで落ちた日本を救うための、遠まわりでも近道です。

  6. 日本人ほど権威(肩書き)に弱い国民はいないように思います。
    健康食品の通販CMでは、決まってどこかの大学の教授が出てきて薦めてますよね。
    中高年はこういうのに弱すぎる。

  7. >(日本人)ほど権威に弱い国民はいない

    つまりはこういうことですよね(笑)

    あと若者も権威に弱いですよ。でもこれらすべて、教育システムというか社会システムの賜物だし・・・
    そもそも(人間)は社会的生き物であるため、権威には執着するんです。
    執着しないとうまく生きられないって教え込まれてる。これはDNAにも書き込まれてる仕組み・・・。
    それを理解した上で、いかにうまく生き延びるか。いかにうまくかいくぐるか。
    (一部の人間では、さらにいかにそれを利用し、騙し、儲けるのか・・・)

    橘氏は常にそういったスタンスだと感じているので、一貫していて面白いです。
    いかにも一部の(日本人)にしか受けなさそうな本ですが、私は今回も買いますよ!!

  8. 橘さんの出発点は、確かにいつも面白いです!特に外からの視点、データの引用などは科学的な下支えがあって面白そうです。僕も買ってみようと思います。

    但し、残念ながら僕も さとちゃん と同感で、引用されているアンケートにある設問の誤訳あるいはアンケートに答えた日本人の解釈違いがある可能性が高いと思います。「権威や権力がより尊重される」という日本語が不自然だと思います。普通に考えると、尊重されるものは「権限」や「人権」でしょう。

    僕は英語が母語なのでよく分かります。このアンケートはWorld Values Surveyといって、元の英語のアンケートでは “Greater respect for authority” という項目にあたると思います。英語の場合、 “respect for ○○” というと、自動的に「自分たちのこと」を聞かれているんだという感覚があります。すなわち、 そのあとにくる言葉であるauthorityをこの場合「権限」や「人権」に近いものとして解釈する人が多いでしょう。しかし、日本語の場合、橘さんが解釈したように、「権威や権力」という言葉で始まると、「尊重される」という言葉が続いているにも関わらず、政治家や軍人のことを聞かれているのだと思ってしまうのでしょう。これでは、数字が低いのも仕方がないでしょう。

    ちなみにコロンビアが90%を超えているというのも面白いですね。設問に誤訳がなくても90%超だったかもしれません。誤訳があっても90%超だったかもしれません。どういうことかと言うと、これは2005年頃の調査結果ですから、誤訳の結果、アルバロ・ウリベの人気を反映していたのかもしれません!

    このようなアンケートは、より科科学的に世界の人々の見解を理解する上で、役に立つものですが、実施する際に言葉のニュアンスやバイアスに気をつけないと、まったく科学的ではないものになってしまう危険性があると思います。そしてその結果、恣意的な解釈を導きだす結果になってしまうかもしれません。

  9. 誤訳も恣意的な解釈も意識的にやっていることなので全く問題ありません。そういう商売なんです。 

  10. 先ほど、アマゾンから発送のメールが届いていました。
    これで、しばらく楽しめそう。

    追)ken さんも、相変わらずお元気そうですね。(スルー宣言中ですが、すみません)

  11. 中央銀行制度がある限り、中央集権、計画経済変える事はできない。
    タブンこの人はインサイダーだから書けないのだろう。
    でも可能な範囲でなかなかいいヒントは過去に何度か書いている。
    海外株ETFは問題だが、これをやるとある事に気付く可能性も強いし、
    個人的には良いインテリジェンスブログだと思う。
    Ron Paul Wins 11 States, Establishment Media Remains Silent
    11州で過半数確定。
    Washington
    Alaska
    Colorado
    Oklahoma
    Louisiana
    Nevada
    Minnesota
    Missouri
    Maine
    Massachusetts
    Iowa

  12. 日本人なんだが、そんな簡単に括弧でくくられたくないな。

    統計データの読み方に対して、いろいろな人から疑問や批判が出ていたのに、全部スルーで結局出版か。

    まあ、そういう商売なんだろうが。

  13. 確かにデータは捏造。というより日本以外の国でも同じ様なものだろう。
    以前このブログは面白いけど、極論展開が非常に気に入らなかった。
    でも結局の所、ブロガーの予言は殆ど当たっている点がミソだ。

  14. 橘さんが日本人をどのように捉えているのか大いに興味があるね。

    括られたくなければ、この本に書かれていることと真逆の思考をし、真逆の行動とればいいんじゃないの?

  15. 統計データを使わなくても、いいんだ。しょせん、予言だから。
    (ま、でもページ数を稼ぐのに好都合なんだ。)

    しかも、日本人による日本人論なんて面白くないし。
    だって、書いてる本人が括弧の中に入った日本人だろ。

    口直しに、アレックス・カーの『美しき日本の残像』でも読み直すかな。

  16. 口直しついでに、その本について感想文でも書評でも書いてみれば。

  17. いいよ。
    でも統計データも予言も出てこない本だよ。
    あなたが興味を持つとは思えないが。
    それに、高齢かつ田舎出身だったら、「それがどうした?」って思うだけかもしれない。

    日本の公共事業は、連歌のようだとか、
    電線によって破壊される日本の風景だとか、
    日本人の自分にとっては、新鮮な視線だったな。

  18. で、「若年で都会出身の」キミこそが「美しき日本の残像」にジャストフィットする日本人なわけだ。

    年年歳歳花相似

    歳歳年年人不同

  19. (ジャストフィットの意味も不明だが、その詩をつぶやく意味も不明だな。)

    ご高齢で、美しい日本出身で、統計データや予言が好きなら、同じ作者で
    『犬と鬼 知られざる日本の肖像』が向いているんじゃないか。
    統計データがたくさん出てくるようだ。

    私は、第5章だけネット上で公開されていたので昨日読んだが、全体を読んでない。
    アマゾンのレビューじゃ賛否両論のようだ。

    ただ、、第5章だけの感想で言えば、
    原発震災への日本人の対応を、まさに事前に言い当てている感じだな。

    井原西鶴の「暗がりの犬の糞」ということわざから出発しているようだから、
    アレックス・カーのオリジナルアイディアではないだろうけれど、
    どっかの匿名作家のように、他人の学説や統計データを適当に切り貼りして、
    一冊の本を作ってしまう人よりはましに思える。

  20.  To  R○T○2○ :

    「自己顕示と自己陶酔」の世界でどうぞ安住してください。住む世界が違います。

    k.o.m氏の、爪の垢(k.o.m氏の言葉)が飲めれば、変われるかも。無理そうですね。

  21. ところで「一言と、ひとごと」さん、
    とっくにアマゾンから本が届いているでしょう。
    感想文でも書評でも書いてみれば。

  22. 橘氏がいけしゃあしゃあと『「自由放任ならすべてOK」というのは、いまは主流ではないのでは。』とツイート。        

  23. 橘さんの本は、黄金の羽以来楽しく読ませていただいています。他の人にはない切り口で、ある意味確信犯的に誤報を流しているようにも見受けられます。それでも、橘さんの考えは非常に参考になります。

    日本人も買いました。現在、少しづつ読んでいます。

  24.  オリンピックの応援なんかで海外に行ってはじめて「自分が日本人だと強く意識した」という話を聞いたことがあります。日本は島国なので、他国との対比で自分の国に誇りを持つより、国内とか、自分とこの組織のことで頭がいっぱいなんじゃないでしょうか。

  25. 「世界価値観調査」について。

    橘さんが最も注目した権威や権力についての質問は、「比較級」だったんですね。
    すっかり見落としていました。

    『権威や権力が「より」尊重されること』について、良いか悪いかを質問しているだけ。

    権威や権力「そのもの」が良いか悪いかを質問しているわけではないし、

    今現在、権威や権力「そのもの」が尊重されているか否かを質問しているわけでもない。

    だから、「はい」と答えた人が、3.2%しかいなかったとしても

    >“反権力(というか厭権力)”はあまりにも極端なのだ。

    とは言えない。

    逆に、日本人は、もうこれ以上ないくらい、権威や権力を尊重しているのでは?という疑問が湧く。

    権威や権力に対して極端に従順な日本人を見ていると、そちらの解釈の方が納得できる。

    ・・・

    『クーラーを「より」強くかけること』について、良いか悪いか質問しても、今の室温はわかりませんし、人々が快適だと感じる室温が何度なのかもわかりません。

    すでにガンガンに効いていたら、「はい」と答える人は少ない。

    この質問の回答から、

    「日本人は世界のなかでダントツにクーラーが嫌いな国民だったのだ。」

    という答えを導きだしたら、トンチンカン。

    出だしから、躓いています。

  26. これ、曖昧派「どちらか解んない・決めかねる」を考慮してないでしょ。(それを伴示すべきだ、と言っているのだ。)日本人は概ねそんなもんでいざとなったら彼らが大勢を決定する。
    統計をこの手付きで扱うというのは根本的に失格だぞ。こんな捨象の仕方をしたらいくらでもアトラクテイヴになるし、コメント欄をみれば馬鹿が首をコクコク縦に振っているじゃないか。
    ないし日本を解ってない。高校生にもなれば了解してることを…おそらく在日でいらっしゃるのでしょうね。
    社会の為に教壇に立つことだけは自戒していただきたい。ムサビ卒の私からのお願いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。