セロトニンで出世する方法 週刊プレイボーイ連載(17)


この10年くらいのあいだに脳科学は急速に進歩して、私たちの脳が化学物質によって大きな影響を受けていることが明らかになりました。

脳の仕組みというのは、簡単にいえば入力と出力のあるデジタルマシンで、ニューロンとニューロンの間を化学物質を使って情報伝達しています。そのため、脳内化学物質によく似た薬物を摂取すると、ニューロンが活性化して特有の精神作用が生じます。

これを利用したのがドラッグで、覚醒剤として知られるアンフェタミンは脳内でノルアドレナリンやドーパミンを放出させ、強い快感を引き起こします。逆にアヘンからつくられるヘロインやモルヒネは、興奮の伝達を遮断することで痛みをやわらげ、多幸感を生み出すことが知られています。LSDやエクスタシーのように、脳内の知覚刺激反応を増強させて、恍惚感をともなう神秘体験を起こす薬物も開発されました。

いまでは、脳を直接刺激して精神を操作する方法も見つかっています。

たとえば、脳に強い磁気を当てて側頭葉を活性化させれば幻覚を見るし、左前頭葉ならナチュラルハイになります。さらに、その磁気を大脳の快楽中枢である中隔に向けると、「1000回のオーガズムが同時に襲ってくる」ほどの喜悦を感じるといいます。

サルにボタンを押して中隔を刺激する方法を教えると、ひたすらスイッチを押しつづけ、食べることも眠ることもできなくなり、だいたい2週間で餓死か衰弱死してしまいます。これはまさに「究極のドラッグ」です。

こうした強烈な薬物ではなく、化学物質の摂取によって気分を変えるのがスマートドラッグです。

うつ病の治療薬として知られているのがプロザックで、これはセロトニンという脳内物質のレベルを上げる効果を持っています。

アメリカの脳科学者がベルベットモンキーの集団を調査したところ、ボスザル(アルファオス)は他のオスより2倍もセロトニンのレベルが高いことがわかりました。さらには、ボスの地位を失ったオスはセロトニンのレベルが低下し、うずくまって身体を揺らし、エサを食べなくなって、どこから見ても抑うつ状態の人間と同じようになってしまいました。

次に彼らは、群れからボスザルを隔離し、適当に選んだサルに抗うつ剤を処方してみました。すると驚いたことに、常にそのサルがボスになったのです。

人間の集団でも、うつ傾向の強いひとがリーダーに向かないのは明らかです。それとは逆に、ひとの上に立つような意欲的な人物は、脳内のセロトニンレベルが高い軽躁状態にあるのかもしれません。

ひと(とりわけ男性)は、地位が上がるとセロトニンが分泌されて、ますますテンションが上がります。地位を失うとセロトニンもなくなって、うつ病になってしまいます。失脚した政治家が自殺したり、すぐに病死したりするのを見ると、地位とセロトニンの仮説はけっこう説得力があります。

では、プロザックなどの抗うつ剤を飲むと、人工的な躁状態になって出世できるようになるのでしょうか?

残念ながらそのような研究はまだありませんが、もちろん試してみるのは自由です。

参考文献:V・S・ラマチャンドラン『脳のなかの幽霊』
ランドルフ・ネシー、ジョージ・ウィリアムズ『病気はなぜ、あるのか―進化医学による新しい理解』

 『週刊プレイボーイ』2011年9月5日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

13件のコメント

  1. 中間管理職でホモみたいなヤツなんですが
    一日 三時間 マラソンしてオピオイドをつかってる馬鹿がいます
    毎日 20km はしる  これを13年やってます
    そんでステロイド剤と抗生剤 漬け マジモンの基地外ですね

  2. ミュージック

    昔 日興の待ちうけBGMはレットイットビー
    でした あれは単調ですね

    イートレード証券のBGMはクラシックです なかなかわくわくする バブルの香りがする クラシックです 力強く 哀愁漂ってる

  3. >残念ながらそのような研究はまだありませんが、もちろん試してみるのは自由です。

    ドラッグによって人生が変わるかも?というのはやはり幻想じゃないでしょうか。
    セロトニンにせよノルアドレナリンにせよドーパミンにせよ、
    神経伝達物質のコントロールができなくなった人間は、
    ブレーキホースの壊れた車と同じ運命をたどるだけの話です。

    むしろカールマルクスの言うように「宗教はアヘンである」ことを再認識するべきではないでしょうか。

  4. 60年代末期、リバプールの若い音楽家は「胡椒軍曹の孤独な楽団」という傑作を発表した。この傑作はドラッグの影響が大で、世界中にドラック文化を知らしめた。その20年後には新たなドラック文化の波が来て、スコットランドの若者やマンチェスターの若者達は「おっ叫び」、「石と薔薇」という傑作を発表した。おそらく彼らはドラッグによって人生を変えた者達だろう。
    別にドラックをやらなくてもいい、これらの傑作を聴くだけでも、トリップする感覚がわかるはずだ。

  5. 小人閑居して不善をなす

    徳のないもので共同体を離れたものに金を渡す

    このようなことをすればワンルームマンションに愛人を囲うなどの
    不義不貞に走ることは目に見えている

  6. 私は一人っ子であった

    兄弟が欲しかった

    だから不義の子でもよいのである

  7. 未成年と交われば それをネタに死ぬまで脅される
    こんなことはいうまでもない

    だが実際にこれはおきていることなのである!

  8. >それとは逆に、ひとの上に立つような意欲的な人物は、脳内のセロトニンレベルが高い軽躁状態にあるのかもしれません。
    そういった、軽躁状態にある人間が上司になって、ひどい目にあったことのある私としては、
    むしろ、それを支えている縁の下の非力な人たちのたゆまぬ努力をこそ評価されなければ
    と考えているのですが、ほとんど省みられることはありません。

  9. 以前に「完全人格改造マニュアル」を読んだせいもあるが薬物で人格を変えることは可能だと思う。
    自分だと思っている実体も所詮は脳内の神経伝達なのだから、
    それを変化させれば人格が変わらない方がむしろおかしい。
    (知識や論理的思考などを高める)頭の良くなる薬は難しそうだが、
    感情・情動をコントロールする薬なら可能、というか既にある。
    問題は、長期摂取した場合の副作法がどの程度なのかという点では?

  10. 「さる」ならともかく、人の場合は単なる「能天気」なのでは?

    少なくとも、私の以前の勤め先の軽い躁状態のひとはそういう人が多かった。

  11. プロザックを始めとするセロトニン再取り込み阻害薬の売り上げの上昇と、自殺者数の増加に挿管があるという。もちろん相関関係と因果関係は違う。
    猿山のボスになるのと人間集団で権力を握るのは、同じような一面があるにせよ、そうは簡単にはいかないであろう。ゆえにSSRIによってもたらされる抑欝からの回復は、それ以上のストレスによってまた阻害されるのではなかろうか。
    人間はせいぜいたまの大麻程度で止めておくのが無難なのでは(吸ったことはないが)

  12. 抗うつ薬は別に大して効きませんよ。
    うつ病患者が飲んでも健康体の人が飲んでも、少なくとも「効いてる」と実感することはないでしょう。
    ちゃんと効く抗うつ薬さえあれば、こんなに自殺者が増えまくることもない。
    抗不安薬は、不安を感じている人なら効果が実感できるほどに効きますが。

  13. この研究結果はリーダーの決定要因がセロトニンに関連してるかは群れを作る社会性のある動物においてのことである。 例えば、ライオンなどがリーダーにつく決定要因は攻撃性と、攻撃を受けても怯まずに肉体的に強靭であること。この要因を満すようにすればライオンのリーダーは作れるが、人間社会においてのリーダーの決定要因が発見されていないのに、いかように要因を満たすというのだろうか?

    しかし、狼の子は狼のように金持ちの子は金持ちである。ならば、狼ではないものが狼の利益を享受するには狼になるか狼の輪に入るか否かである。狼になることは不可能だが、狼の輪に入ることは他の要因で可能であり、それらは人間社会においてはコミュニケーションであって信用力であるのならば、それらに強く作用するセロトニンを作る努力をするのは人間社会において富を増やすという点では十分に有意義なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。