第70回 果てしなき意見調整の難しさ(橘玲の世界は損得勘定)


意見のちがうひと同士が折り合うのはむずかしい。「エスカレーターにどう乗るのが正しいか」という、ささいなことでもこれは同じだ。

かつては、エスカレーターは立って乗るもので、急ぐひとは階段を使うのがふつうだった。それが変わったのは(たぶん)1980年代半ばで、山手線の駅のエスカレーターで、外国人の男性に英語で熱心に話しかけている女性に向かって、「おばさん、みんな迷惑してるんだよ!」と怒鳴る男がいて、ものすごくびっくりしたのを覚えている。

このあたりから急速に、東京はエスカレーターの左に立って右側を空け、大阪は右に立って左側を空けるのが常識になった。

じつはこれは日本だけのことではなく、中東のイスラームの国でも、ロシアのような旧共産圏でも(あるいは、だからこそ)エスカレーターの片側を空けるのが当然になっている。そのため海外に行くと、真っ先に「右立ち」か「左立ち」かを確認する癖がついてしまった。

ところが最近になって、「エスカレーターは2列に並んでご利用下さい」という表示を見かけるようになった。「均等に体重がかかるように設計されているから」ともいうが、近所の家電量販店では、エスカレーターを駆け上がって子どもがケガをする事故があったかららしい。

そもそもデパートなどの商業施設では、慌てているひとはほとんどいないのだから、エスカレーターの片側はずっと空いたままだ。家族や友人同士で並んで立つようにすれば、バーゲンのときなどに無駄に行列をつくることもなくなるはずだ。

とはいえ、駅のエスカレーターでは電車の乗り継ぎなどで急いでいるひともいるから、優先ラインを空けておいてあげたほうが親切だろう。ということは、商業施設では並んで立ち、駅では片側に立てばいいのだろうか。

しかしこれは、さらなる混乱を招く可能性が高い。いちいち表示しないかぎり、歩道橋のエスカレーターのような紛らわしいケースでは、利用者はどちらのルールに従えばいいかわからなくなってしまうのだ。

そもそもエスカレーターは、利用者が歩くためのものではない。そのため最近では、“啓蒙”を目的に駅のエスカレーターに並んで立つひともいて、トラブルになることもあるようだ。急ぐほうにも事情があるのだから、鉄道会社も困惑するだろう。

そのためか、最近の商業施設では、エスカレーターの幅を狭くして1列でしか使えなくしたところも出てきた。どうせ利用者が片側立ちするなら輸送効率は同じだし、「エスカレーターの正しい乗り方」をめぐって口論が起きる心配もない。とはいえ、混雑する駅でこの方式を導入するのは難しいだろう。

ところでこの話のポイントは、エスカレーターの乗り方のようなことですら話し合いで意見のちがいを調整するのはきわめてむずかしく、物理的に強制する以外に有効な解決法はない、ということだ。だとすれば、宗教や民族、国家を理由にした意見のちがいがどうなるかは考えるまでもないだろう。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.70『日経ヴェリタス』2017年8月3日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. >ところでこの話のポイントは、エスカレーターの乗り方のようなことですら話し合いで意見のちがいを調整するのはきわめてむずかしく、物理的に強制する以外に有効な解決法はない、ということだ。だとすれば、宗教や民族、国家を理由にした意見のちがいがどうなるかは考えるまでもないだろう。

    宗教や民族、国家を理由にした意見のちがいというのものが、

    どうしても分かり合えない

    ということならば、

    結局、何をしても無駄

    ということになりますな。

    エスカレーターの場合は、
    新規で作る場合は

    「十分幅を取ったつくり」

    にすれば、横に立とうが
    すり抜けられるわけですが、

    それにはスペースや
    改良にかかる新規費用がかかります。

    結局のところ、
    「パレート最適性」
    の問題に帰着します。

    パレートさいてき
    Pareto Optimum
    所与の資源,技術,嗜好,所得分配のもとで,何か少なくとも一つの経済主体の経済状態を悪化させることなしには,他の経済主体の経済状態をこれ以上向上させることのできない状態をいう。パレート効率性とも呼ばれる。新厚生経済学において広範に採用されている厚生の判断基準で,名称はこの概念の導入者ウィルフレド・パレートに由来する。パレート最適は所得分配の公平性に関する基準を含まないので,初期の所得分配に対応して無数に存在しうる。この概念が適用される複数の経済状態間の優劣を判断するためには,社会的厚生関数が必要である。

    世界が損得勘定ならば、だからこそ、

    金儲け・現世利益こそが善であるとした「俗物真理教」
    こそを唯一の世界宗教するべきなのです。

    教祖は「フェレンギ人」にやってもらって。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AE%E4%BA%BA

  2. 実際戦争をすれば勝ち組負け組にしかならないから全体最適にならんと思う。というか最大勝者が局面の最適化をすれば、他者の勝ち目が生じるので、その場の最適化ではなくて、相手を完膚無きまで負けたと認めさせる事のみが意味があるのではないか。その配分はパレートとかジップとかではなく偏ったものになってるはずだ。

  3. メインテーマではありませんが、
    エスカレーターは2列に並んで歩かないのが一列並んで一列歩くよりも輸送効率は高いそうです。

    全体では効率よくても急ぎたい人には・・・ですね。

  4. 二列並んで全員走るのが最高効率です。
    この場合ノンビリしたい人は困りますね。

    グズは死ね全員走れという原理主義の存在をきちんと想定すれば、この問題がいかなる宗教対立なのか見えてきます。
    そう、宗教対立という評価はまことに正しい。

  5. 『言ってはいけない』は、柳田理科雄氏の『空想科学読本』シリーズと同レベルの本である。

  6. >『言ってはいけない』は、柳田理科雄氏の『空想科学読本』シリーズと同レベルの本である。

    前にも言ったでしょ。昔宝島社の編集者であった橘さんが出したネタ本だって。

    最近だと健康本とかで「基本的には売り上げのため」「損害があっても自己責任」と、
    総合出版社勤務の編集者がのたまうように、内容はどうでも売り上げが第一なのです。

  7. 物理的に強制しなくても解決する方法はあります。精神的に解決できます。少々時間はかかりますが国民人民を教育やテレビによって従順な羊にしている日本というお手本があるじゃないですか。エスカレーターよりはるかに煩雑なゴミの分別までできるように矯正された日本人たち。ご苦労様である。

  8. >物理的に強制しなくても解決する方法はあります。精神的に解決できます。少々時間はかかりますが国民人民を教育やテレビによって従順な羊にしている日本というお手本があるじゃないですか。エスカレーターよりはるかに煩雑なゴミの分別までできるように矯正された日本人たち。ご苦労様である。

    教育を含めた、

    「社会的洗脳」

    というものの意義を
    問い直す意義があります。

    たとえば隣のシナでは
    行列をせずに割り込むのが一般的ですが、
    日本ではたいていキチンと列に並びますね。

    これも言ってしまえば
    「洗脳」の効果です。

    よく考えてみれば、かつては
    「宗教」
    がこの役割を担っていたのです。

    宗教団体が学校を運営している場合がよくありますが、
    その理由は、

    宗教と教育は
    同じく洗脳
    だからです。

  9. この問題について別の解決方法を考えていました。
    ①エスカレーターの移動スピードを速くする(到達時間を歩いてエスカレーターを登った場合と同じにする)
    ②エスカレーターの動きを止める
    (全員歩くことになので、片側開けがなくなる)

  10. >この問題について別の解決方法を考えていました。

    このエントリの主題は
    「エスカレータ利用の改善法」
    ではなく、

    >宗教や民族、国家を理由にした意見のちがいがどうなるかは考えるまでもないだろう。
    つまり、
    各人の根っこに起因する意見の違いには

    強固な「バカの壁」

    があり、相互理解することは

    「基本的に非常に困難」

    という話なのです。

    強固な一神教であり、元々は同じ起源でもある
    ユダヤ教、キリスト教そしてイスラム教が
    反目しあっているのに、

    それにもましてまったく異質な仏教や道教、あるいは
    ヒンズー教や共産主義が相互理解することは
    ありえないし、落としどころすらみつからない
    と言っているのです。

  11. エスカレータでも、足で上がっているほとんどの人が、自分の主義で上がっているだけで、何も急いでいないとおもいます。

  12. >エスカレータでも、足で上がっているほとんどの人が、自分の主義で上がっているだけで、何も急いでいないとおもいます。

    羽田や海外の香港やチャンギ、スワンナプームといった大規模空港には、
    たいてい駐機場からイミグレーションまで動く歩道が設置されています。

    私は面倒なので、動く歩道に乗ったときは、
    それに乗ったら動きませんが、たいていのひとは
    動く歩道の上でも歩きますよね。

    それは、
    はやくイミグレーションに着けばはやく入国できるという、

    カチッサー効果(カチッサーこうか、英: Automaticity)とは心理学の用語。
    ある働きかけによって、深く考えることなしに、ある行動を起こしてしまう心理現象。

    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E5%8A%B9%E6%9E%9C

    が働くためでもあります。

    もっとも、預けた荷物があれば、
    バゲージ・クレームのターンテーブルに出てくるまでの
    タイムラグがどうしてもあるので、
    はやく入国しようがしまいが

    そんなの関係ねぇー(C:小島よしお)

    という話になります。

    この例をあげるまでもなく、人の行動を決定する、

    人間の脳には2つの思考モードがあり、
     一つが「速い(ファスト)な思考」、もう一つが「遅い(スロー)思考」。
    著者は前者を「システム1」、後者を「システム2」と名づける。

    ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか? ダニエル・カーネマン ttps://www.amazon.co.jp/dp/4152093382/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_7qgWzb2JTBVW6

    であり、たいていシステム1の「速い(ファスト)な思考」で決定されているだけの話。

    もっとも、これを逆に取った話もあります。

    最速、最安は本当に必要?通販サイトが「急ぎません。便」導入 狙いと反響を聞く(BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース

    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00010000-bfj-sci @YahooNewsTopics

  13. 感情の欠如したロボット・・・その名を橘玲という。実利主義(合理主義)から「不要な」全てを滅ぼそうとする植松並みの思想の持ち主の割に、「意見調整は難しい」等と平然と言う。サイコパスか何かですかね。モンスターとでも言えば良いのか。こういう人間(?)が平然と街中を歩いているのかと思うと恐ろしい。まあでも宇宙にいるであろう「得体の知れない何か」と対峙する時には、こういう何かしら欠如したサイコパスの方が良いのかな。

  14. 橘は西欧ばかり評価するが、こと制度的には後進的な面も見受けられるとする(橘談)人口1億2000万も抱える日本が西欧の何処よりも殺人発生率が低いことを、どう受け止めるのか。長らく活動していながら、そこには全く答えないな橘さん?橘は海外で一度、瀕死に陥るほどの被害に遭った方が良いのではないか?能力に驕り「安全圏」に常にいるから感覚が乖離していくのだろう。空想で固められた橘の世界観は全く受け入れられない。他者が居ないものな。橘が必要としているのは「数値」だけ。どうか死ぬまで売文屋であることを願うばかり。このようなのに権力握られた日には堪ったものではないからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。