自分の妻も管理できない人物に国家を管理できる? 週刊プレイボーイ連載(281) 


大阪府の学校法人が首相夫人を「名誉校長」に迎えて新設する小学校の建設用地として、国有地を格安で随意契約した事件が波紋を広げています。「国民の財産」が不当な安値で払い下げられるのはたしかに大問題ですが、それ以上にひとびとの興味を掻きたてたのはこの学校法人の教育方針で、幼稚園では園児に軍歌や教育勅語を唱和させ、保護者に対して「パンツが生乾きで犬臭い」とか、日本国籍を取得した韓国人の親に「韓国人と中国人は嫌いです」との手紙を送りつけるなど、常識では考えられない“奇行”の数々が暴かれました。国際社会からも「日本の首相夫妻はヘイトなのか」と疑惑の目を向けられかねず、あわてて「名誉校長」を辞任し火消しに躍起です。

とはいえ、首相が国会で「私や妻が関係していたとなれば、首相も国会議員も辞める」と大見得を切ったのですから、政治的には単純な話です。国有地の格安売却に自らの意向が働いていたとの証拠があれば首相が退陣し、なければ一部の関係者が処分されるくらいで立ち消えになるでしょう。

それより興味深いのは、磐石の権力基盤を築いたはずの安倍首相が、なぜこんなくだらないことで足を引っぱられる羽目になったかです。

学校法人は「日本で初めてで唯一の神道の小学校」をうたい、首相夫人は講演で「こちらの教育方針は大変、主人も素晴らしいと思っている」と激賞しましたが、国会の答弁で首相は「何回も断っているにもかかわらず、寄付金集めに(安倍晋三記念小学校の)名前が使われたのは本当に遺憾」「(学校法人の理事長は)非常にしつこい」などと突き放しています。

事件の全容が明らかになっていない段階ではあるものの、これは首相の答弁にリアリティがあります。日本国の首相であっても、政治家は支持者を批判できません。学校法人の理事長はその弱みにつけこんで、首相の名前を利用して行政に圧力をかけ、有利な条件を引き出そうとしたのでしょう。これは「圧力団体」とか「フィクサー」と呼ばれるひとたちの常套手段で、国有地の売却はこうしたうさんくさい話のオンパレードです。――ちなみの大手新聞社も払い下げられた国有地に立派な社屋を建てています。

だとすれば安倍首相は、妻があやしげな「教育者」に心酔したことでいわれなき非難を浴びた“被害者”ということになります。そしてじつは、自民党だけでなく野党でもおおかたの政治家はそう考えているといいます。

首相夫人は、東日本大震災の復興事業の目玉である防潮堤建設に反対したり、「反安倍、反原発」のミュージシャンと意気投合して沖縄を訪れるなど「家庭内野党」を名乗っていますが、「大麻合法化」を唱えるのは神社の注連縄に日本製の麻を使えるようにするためで、その言動から見えてくるのは“スピリチュアル”への過剰な傾倒です。これが「神道の小学校」に肩入れすることになった理由でしょう。

安倍氏が二度目の首相の座を目指すと決意したとき、夫人は神田の路地裏で居酒屋を経営していました。その天衣無縫さが彼女の魅力でしょうが、しかしこれは、一歩間違えれば夫の政治生命を奪いかねません。しかし首相の有能な側近たちも、夫婦の関係にはいっさい口出しできないようです。

この特異な事件は、「自分の妻も管理できない人物が国家を管理できるのか」という話なのかもしれません。

参考:石井妙子「安倍昭恵「家庭内野党」の真実」(月刊『文藝春秋』2017年3月号)

『週刊プレイボーイ』2017年3月13日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: パーマリンク

自分の妻も管理できない人物に国家を管理できる? 週刊プレイボーイ連載(281)  への19件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    >自分の妻も管理できない人物が国家を管理できるのか

    かつて、鳩山由紀夫が民主党だったときに、
    その弟である鳩山邦夫が自民党の大臣であったことがあります。

    自分が自民党支持であっても、妻が民進党や共産党支持であっても
    よいわけで、家庭内であっても、政治的統一を取らなければならないというわけではないですよ。

    キリスト教系や仏教系の学校は無数にあるわけで、
    神道系の学校があっても良いはずです。
    さらにいえば、イスラム教系の学校もあってもよいでしょ?

    そこに入れるかどうかはあくまで親の判断です。

  • たお のコメント:

    リンカーン…

  • 論屋 のコメント:

    奥さんの政治信条に触らないのは、まさに「自由主義者」なんじゃないですか?

    あの学園理事長、「保守」を自称してるけど明らかに保守ではないですよね。
    むしろ一番ちかいのは北朝鮮。大好きなんでしょう。

    >園児に軍歌や教育勅語を唱和させ
    金日成語録を唱和させ指導者様万歳!領袖様ありがとう!を繰り返す光景にモロ被り。
    >韓国人の親に「韓国人と中国人は嫌いです」
    ほらやっぱり……

    あの理事長が言ってること(首相サイドの支持)がどこまでホントか?謎です。
    しかし、国有地払い下げ…ありゃあ胡散臭すぎです。政治圧力の関与があったとみるべきですね。

    この事件の本質は、日本が北朝鮮みたいになれば統治しやすくていいと考えている勢力がいる、しかも政治権力を持つ人間にいるかもしれないという不気味さでしょう。

  • 昭恵△ のコメント:
  • ぶーにゃん のコメント:

    自分の妻を管理できる旦那なんかいるのか?
    管理されてる旦那は、いっぱいいるけどね。

  • a のコメント:

    妻を管理していいの?フェミニストが暴れだすんでない??

  • 尖沙咀 のコメント:

    >「大麻合法化」を唱えるのは神社の注連縄に日本製の麻を使えるようにするためで、その言動から見えてくるのは“スピリチュアル”への過剰な傾倒です。これが「神道の小学校」に肩入れすることになった理由でしょう。

    橘さんは「大麻合法化論者」じゃなかったのでしょうか?
    目的が大麻吸引なら良くて、日本製の麻を使えるようにすることはダメというのは
    ダブルスタンダードですよ。

    そもそも“スピリチュアル”への過剰な傾倒こそが
    人間が人間である証拠のように思えますけど。

    根拠のない神を否定すること、すなわち無神論者が
    (神道だけじゃなく、キリスト教やイスラム教も含めて)

    共産主義に取り込まれていき、反対者に対する恐ろしい粛正や、
    虐殺、民衆への抑圧といった行為が、
    当然のように行なわれてきたという歴史があるのです。

     旧ソ連でスターリン(一八七九~一九五三年)が、反対派に対して大粛正を断行したことや、中国の文化大革命、そして民主カンプチアのクメール・ルージュで多くの反対者が殺されたことなども、そうした主義により、当然起こるべくして起こった行き過ぎであったと言えるでしょう。

  • 山田 のコメント:

    >「自分の妻も管理できない人物が国家を管理できるのか」
    橘さんにしては随分浅い言葉ですね。

    ぶーにゃんさんが書いてますけど
    >自分の妻を管理できる旦那なんかいるのか?
    これが普通でしょ。

    逆に妻を管理してる旦那の方が問題でしょ。

  • 通りすがり のコメント:

    「妻も管理できない…」とか、タイトルが気持ち悪いです。
    筆者は妻を管理してんですかね?
    そもそも、内容に夫人のことを書いてますが、最後に安倍首相の人格問題かもって。
    この記事、何を伝えたいんですかね?

  • 匿名 のコメント:

    プレイボーイっていう女性を商品にしている雑誌だから「管理」という言葉は自然なんでしょうね。

  • ozn のコメント:

    マア結婚って根源的には生殖っちゅー極めてプリミティブな要請をムリヤリ社会化したもんだからな、いろいろ無理がありますわな。
    本来はお互いに遺伝子(と獲物)しか欲して無いんだからさ、思想信条やヒトトナリなんて知ったことかだわな。
    進化論的に言えば「進化しすぎちゃった」って話よのう。
    ニホンザルくらいのレベルで止めておけば群れのあり方とツガイのあり方で色々矛盾を抱えることもなかったでしょうに。

    なので、

    > そもそも“スピリチュアル”への過剰な傾倒こそが
    > 人間が人間である証拠のように思えますけど。

    これ、こういうの超正しいと思います。
    人間なればこそアホな部分もあるわけですよ。
    良くクソブラック企業を糾弾するみたいな文脈で「人間らしい生活を!」とかホザくヤツいるけど、ブラックまみれで死ぬまで働くとかスゴイ人間くさいですよね。
    虫や魚がそこまでやるかっての。
    人間ならではだわ。

  • 匿名 のコメント:

    そもそも「管理」できる必要があるのかという話もありますが……。
    歴史上の人物ですと、最低の夫や父親が名君や名将だったり、あるいはその逆なんてのはいくらでもありますけれど、どうなのでしょう?

  • ラミパス のコメント:

    何とも言い尽くされた表現な上に、浅すぎるぞ。

  • KJ のコメント:

    洗脳とは ただ一つの選択肢 である。

  • 尖沙咀 のコメント:

    だから、いくら「民進党」支持だからといって、

    安倍首相へのネガティブ・キャンペーンを記事にするのは、

    御支持の「民進党」へ、
    ヒイキのヒキタオシ
    になるだけでなく、

    自分の読者自体を
    減らしてしまいますよ

    と警告しているのです。

  • おさむ のコメント:

    >その言動から見えてくるのは“スピリチュアル”への過剰な傾倒です。これが「神道の小学校」に肩入れすることになった理由でしょう。

    それは「自分の妻も管理できない人物が国家を管理できるのか」との「結」に導くために「言動から推測」したことであって、実際に「過剰な傾倒」しているか否かは解らないですよね。
    (「過剰な傾倒」って「言葉」で煽るのが「小説家」らしいんですけどね・・)

    >安倍氏が二度目の首相の座を目指すと決意したとき、夫人は神田の路地裏で居酒屋を経営していました。その天衣無縫さが彼女の魅力でしょうが、しかしこれは、一歩間違えれば夫の政治生命を奪いかねません。

    >「自分の妻も管理できない人物が国家を管理できるのか」

    とありますが、「妻って管理するものなの?」
    (そもそも、民主国家で首相単独で「国家管理」ができるの?)
    妻の自由を尊重しながら、(矛盾を抱えつつも)国政に取り組んでく
    「男女平等社会の鑑みたいな人」の評価をした方が正しいんじゃないの?

    専門外の問題なのに「十分な取材・資料収集をせず」に「コラム」を書いてしまった という典型的な悪例かもしれませんね。

  • 江尾 のコメント:

    自分の国籍も管理できていない人が議員やっているより良いんじゃ無いですかね。

  • 管理 のコメント:

    妻は従属物なのでしょうか
    先生らしくもない

    意見の違いは許容されるべき

    問題は首相の後光で不適切な行動があったとき

  • あさこ のコメント:

    橘さん、民進党支持者なんですか。
    がっかりです。
    私は移民の受け入れも中韓もかんべんしてという感じです。
    そうですね、橘さんのようなお金持ちに国境なんてどうでもいいんですよね、うらやましいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。