第61回 日本の交通マナーにみる「民度」(橘玲の世界は損得勘定)


日本を訪れた中国人観光客が感銘を受けるのは車の運転マナーだという。いちばんの驚きは、歩行者が青信号で横断歩道を渡っているとき、日本では車が止まることだ。

なにを当たり前のことを、と思うのは中国に行ったことがないひとだろう。中国政府の努力にもかかわらず、彼の国ではいまだに歩行者より車が優先で、横断歩道を渡る歩行者に車が向かってくるのだ。

中国では、赤信号でも車が右折できる(中国は右側通行)。このルールはアメリカなどと同じだが、実態はまったく異なり、右折車が横断歩道に入ってくると歩行者は道を譲らなくてはならない。

さらに問題なのは道路の左側を歩いているときで、横断歩道の半ばを過ぎると、こんどは前方から青信号で右折する車が突っ込んでくる。それをようやくやり過ごすと、いきなり右後方からはげしくクラクションを鳴らされる。青信号で左折する車が歩行者めがけて突進してくるのだ。

歩行者用信号が青で横断歩道を渡っているのに、お前が悪いかのように扱われるのは、わかっていても正直腹が立つ。中国のひとたちもこれは同じで、安心して道を渡れる日本はものすごく快適なのだ。

ここまではよくある「すごいぞニッポン」の話だが、ヨーロッパからの旅行者にとっては話は逆になる。日本の自転車のマナーは、彼らの想像を絶するほどヒドいのだ。

ヨーロッパの自転車ブームの起点はオランダで、市民が通勤に使いはじめてから、エコで健康にもいい「クール」な乗り物になった。いまではたいていの国で自転車専用道が整備され、赤ん坊をベビーカーに乗せ、自転車で引いて車道を走るという、日本ではちょっと考えられない光景も見られるようになった。

ヨーロッパでは自転車はバイクなどと同じ扱いで、歩道を走れない代わりに、車道では車と完全に分離されている。自転車は(日本なら)道の左側を走り、赤信号では車と同じように止まる。日本の歩道では後方から猛スピードで自転車に追い越されてびっくりすることがよくあるが、その心配がないのはじつはものすごく快適なのだ。

ヨーロッパから日本に戻って「民度」のちがいを感じるのは、歩道を我が物顔で走る自転車だけではない。驚くのは横断歩道を渡っているとき、車道を走る自転車が、車用信号が赤でもかまわず突っ込んでくることだ。日本では自転車は、歩道でも車道でもあらゆる交通ルールを超越した存在になっているのだ。

自転車のマナーの悪さはこれまでも繰り返し問題になってきたが、一向に改善される気配がない。日本の道路事情では自転車専用レーンをつくるのが困難で、自治体が二の足を踏んでいるということもあるだろう。だがここでなんとかしないと、日本の「民度」はいつまでたっても低いままだ。

そのうち中国に自転車専用レーンができて、中国からの旅行者が日本人のマナーの悪さに驚く日がくるかもしれない。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.61:『日経ヴェリタス』2016年8月28日号掲載
禁・無断転載

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 タグ: パーマリンク

第61回 日本の交通マナーにみる「民度」(橘玲の世界は損得勘定) への9件のフィードバック

  • 匿名 のコメント:

    日本人の自転車マナーは、本当に酷い。
    車道を右側通行をする自転車が多数いる。
    そして、彼らは右側通行がルール違反だと理解していないように感じる。

  • chezkitajiro のコメント:

    アメリカでは、とにかく歩行者が優先される。
    横断歩道では、信号がなくてもほぼ100%車は、止まるし、このルールは、モール内だろうと、どんな時でも適用される。

    日本で運転していると、パトカーさえも、平気で、横断歩道に人がいても走って行ってしまう。

    日本人も車の運転マナーは、アメリカ人には、遠く及ばない。

  • メルマガ読者 のコメント:

    別の方も書かれていますが、信号なし横断歩道では、日本でも運転マナーによる違和感を感じます。現在、ドイツ在住ですが、法律規制もあるものの、横断歩行者がいる場合はほぼ確実に車が止まります。これはいくつかの他のヨーロッパ諸国でも同様でした。
    日本では、何度か横断中にクラクションを鳴らされたことがありますし、危険な思いをしたことは多々あります。警察の取り締まり対象の違いにも原因はあるとは思いますが。

  • 尖沙咀 のコメント:

    海外でレンタカーを使う場合、日本との違いを意識することが多くあります。

    たとえば、信号赤でも常時右折可とか踏切での一旦停止はしなくてもよいなど。

    オランダで自転車が普及しているのは、土地が平坦で自転車利用しやすいからです。
    そのオランダの出島のあった長崎では、坂が多いので自転車は普及していません。
    長崎出身の人で「自転車に乗れない」人が多かったりします。

    もっといえば、日本でも都市部なら自動車なしで生活は十分可能ですが、
    地方では一人ひとりに軽自動車が必要だったりするでしょ。

    シンガポールのような地域では自家用車所有のコストがバカ高なのに、
    タクシーや公共交通機関の料金は割安です。

    アジア圏に行くとタクシーを含めた公共交通機関の安さにびっくりする
    ことがありますが、オランダのタクシー料金は日本と同等です。
    https://www.tripadvisor.jp/pages/TaxiFare_zoom.html

    バンコクのタクシーで1000円で50km以上行けるというのは、
    メーターを使った時だけであり、渋滞時などには料金は「交渉制」になります。

    結局パレート効率の問題なのであり、
    環境問題のために自家用車ではなく公共交通機関を使うべきというのが虚しい掛け声に
    終わるのは特に地方ではコスト的に公共交通機関より中古の軽自動車が安かったりするからです。

    政府が公共交通機関への補助金を増やし、自動車関連の税金を上げれば、
    CO2の排出も減るとは思いますが、絶対そうならないは、日本の就業者の1割以上が
    自動車関連で食っているからに他なりません。

  • 大岩四丁目 のコメント:

    ヨーロッパでは昔から自転車競技がさかんで、スピードのうんと出るロード
    レーサータイプの自転車もありました。石畳など舗装も進んでいました。
    日本では戦前からとうふ屋さんなどの実用車が中心で、これは重くて(丈夫)
    遅いものでした。高度成長期まで東京区内といえどまだまだ地道が多かった。

    日本では自転車の性能的にも道路インフラ的にも、自転車みたいなトロい乗
    り物は歩道を走っとれ、車道を走るなんてジャマだジャマだーい!の時代が
    長かった。やっとママチャリでさえアルミフレームに6段変速付になったと
    思ったら、自転車レーンが無かった。で、仕方なしに従来どおり歩道を走る
    と「ジャマだジャマだーい!歩行者アブ、アブナーイ」となっちゃった。

    既設道路幅に余裕なんてない(歩道さえない所もある)。今さら自動車レーン
    を狭める、なんて無理。自動車も昔に比べてでっかくなっている。自転車の
    専用レーンなんて、もはや設置可能な道路はわずかしかない。

    >日本では自転車は、歩道でも車道でもあらゆる交通ルールを超越した存在に
    なっているのだ。

    チャリダーの私が弁解すると、日本の自転車はニッチを見つけて走らないと
    歩道でも車道でもジャマモノになってしまう。歩道・車道の上を浮遊するよう
    に自分のスペースを見つけて進んで行かないと、前にススメない。自転車専用
    レーンの完全設置なんて、日本の財政・社会保障モンダイの解決より難しい。

    >そのうち中国に自転車専用レーンができて、中国からの旅行者が日本人の
    マナーの悪さに驚く日がくるかもしれない。

    そうなっても、不思議ではありませんねぇ。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >そのうち中国に自転車専用レーンができて、中国からの旅行者が日本人の
    マナーの悪さに驚く日がくるかもしれない。

    >そうなっても、不思議ではありませんねぇ。

    橘さんの論の矛盾点は、まさにここなのですあって、

    「中国私論」で東アジアは、
    「ひとが多すぎる社会」だからこそ

    「他人の価値を重んじないようになった」
    (間引きや自分のネットワーク外はどうなっても良い)
    と結論しているのに、

    >中国からの旅行者が日本人のマナーの悪さに驚く日がくるかもしれない。

    みたいな脳転移じゃなかった、ノーテンキな結論を書いてしまうことなのです。

    実践マネーロンダリング講座で書いたように、
    http://webmagazine.gentosha.co.jp/backnumber/vol58_20021015/money-laundering/money-laundering.html
    「存在するものはすべて合理的である」と言ったのは、ヘーゲルだったろうか。

    まさにそうで、日本も欧米も中国も、社会のマナーがそうなっているのは、
    そうであることが合理的だからです。
    人間の価値が高いところならそれを欠損すると多大な賠償請求されるし、
    そうでないところなら、どうだっていいだけの話です。

    まさにこれが「パレート効率性」なのです。

  • 匿名 のコメント:

    アメリカに出張した時は、自転車を移動手段として使っている人は見かけなかった(スポーツとして乗っている人ばかりだった)
    イギリスに出張した時は、小学生が通学で使っていて、曲がる時に手信号を出していてマナーが良いと思った。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >アメリカに出張した時は、自転車を移動手段として使っている人は見かけなかった(スポーツとして乗っている人ばかりだった)
    >イギリスに出張した時は、小学生が通学で使っていて、曲がる時に手信号を出していてマナーが良いと思った。

    だから、国土の大きなアメリカは「車社会」で、自転車は交通手段としては使われないけど、
    国土が日本と同程度で、さらに世界最古の鉄道網があるイギリスでは、自転車が補助的に
    通学でも使われているわけです。

    ハワイを含めたアメリカに行くと黄色いスクールバスをよく見かけます。アメリカでスクールバスが一般的なのは、ますます郊外が広がり徒歩や自転車による通学が長距離となり困難または犯罪や交通事故に巻き込まれるのを防ぐため、そしてマグネットやチャーター・スクール、ESL、特別支援教育といった学区全体(日本の都道府県に相当する面積のものもある)の生徒を対象にした学校が様々な場所に位置するため、通学にバスが利用されているわけです。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%B9

    ハワイなどで海外レンタカーを使う上で注意してほしいことは、
    1車線の道路でスクールバスが停車しているときに追い越しは禁止だけじゃなく、
    対向車も分離帯がない場合は停車しなければならないのです。

    このスクールバスの例だけでも、アメリカと日本ではまったく交通マナーが違います。
    日本もアメリカもヨーロッパも中国も、社会のマナーがそうなっているのは、
    そうであることが合理的だからです。

  • おそれキヲ のコメント:

    民度の良し悪しは、大して問題ないよな。。

    むしろ、悪い民度に、脚光を浴びせる作者、
    すなわち橘玲の方向性に恐ろしさ感じます。

    それは、まさに司馬遼太郎とは真逆な世界。
    若い読者には、指示されていたとしても

    既得権持つ年寄りからはバッシング受ける
    かもしれない価値観。文芸春秋を読んで

    たいへん心配します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。