「リベラル」が嫌いなリベラリストへ


新刊『リベラル」がうさんくさいのには理由がある』の「まえがき」を、出版社の許可を得てアップします。

************************************************************************

最初に断っておきますが、私の政治的立場はリベラリズム(自由主義)です。

故郷に誇りと愛着と持つという意味での愛郷心はありますが、国(ネイション)を自分のアイデンティティと重ねる愛国主義(ナショナリズム)はまったく肌に合わず、国家(ステイト)は個人が幸福になるための「道具」だと考えています。

神や超越的なもの(スピリチュアル)ではなくダーウィンの進化論を信じ、統計学やゲーム理論、脳科学などの“新しい知”と科学技術によって効率的で衡平(公平)な社会をつくっていけばいいと考える世俗的な進歩主義者でもあります。

自由や平等、人権を「人類の普遍的な価値」とする近代の啓蒙思想を受け入れ、文化や伝統は尊重しますが、それが個人の自由な選択を制限するなら躊躇なく捨て去るべきだとの立場ですから、最近では「共同体主義者(コミュニタリアン)」と呼ばれるようになった保守派のひとたちとも意見は合わないでしょう。

しかしそれ以上に折り合えないのは、日本の社会で「リベラル」を名乗るひとたちです。なぜなら彼らは、リベラリズムを歪曲し、リベラル(自由主義者)を僭称しているからです。

私が大学2年生だった1979年、日本を代表する経済学者(当時はロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授)で、「ノーベル経済学賞にもっとも近い日本人」といわれた森嶋通夫氏の平和論が話題になりました。

その頃、朝日新聞や岩波書店の雑誌『世界』などに登場する「リベラル」な知識人は、憲法9条に「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と書かれているのだから自衛隊の存在そのものが違憲で、日本はアメリカにもソ連にも与しない「非武装中立」を選ぶべきだと唱えていました。

だったら敵が攻めてきたらどうするのかというと、1973年の長沼基地訴訟で自衛隊を違憲とした札幌地裁の裁判官は、判決にこう書きました。

 たんに平和時における外交交渉によって外国からの侵害を未然に回避する方法のほか、危急の侵害に対し、本来国内の治安維持を目的とする警察をもってこれを排除する方法、民衆が武器をもって抵抗する群民蜂起の方法、さらに、侵略国国民の財産没収とか、侵略国国民の国外追放といった例もそれにあたると認められる。

これはなにかの冗談ではありません。当時、「リベラル」な知識人たちから“名判決”と称賛され、大真面目に議論されていたのです。

しかしその後、「アメリカが日本を侵略することは考えられないから、攻めてくるとしたらソ連だろうが、警官のピストルと民衆の“竹やり”で戦車や砲爆撃に対抗するのか」というもっともな疑問が出てきました。非武装中立論者はこの批判にこたえられず窮地に陥るのですが、ここで登場するのが森嶋教授です。以下は、月刊『文藝春秋』(1979年7月号)に掲載された「新『新軍備計画』」の一説です(〔 〕は引用者註、以下同)。

 万が一にもソ連が攻めてきた時には自衛隊は毅然として、秩序整然と降伏するより他ない。徹底抗戦して玉砕して、その後に猛り狂うたソ連軍が殺到して惨澹たる戦後を迎えるより、秩序ある威厳に満ちた降伏をして、その代り政治的自決権を獲得する方が、ずっと賢明だと私は考える。日本中さえ分裂しなければ、また一部の日本人が残りの日本人を拷問、酷使、虐待しなければ、ソ連圏の中に日本が落ちたとしても、立派な社会ーたとえば関氏〔関嘉彦早大客員教授〕が信奉する社会民主主義の社会ーを、完全にとはいえなくても少くとも曲りなりに、建設することは可能である。

もういちどいいますが、これもジョークの類ではありません。のちに社会党委員長となる石橋政嗣はこの文章に感銘を受け、「われわれは一九四五年八月一五日に降伏した経験を持っているのです。あれは間違いだったと言う者がほとんどいないのも事実ではないでしょうか」と、「無条件降伏」を前提とする非武装中立を唱えました(稲垣武『「悪魔祓い」の戦後史』文春文庫)。

当時20歳だった私はこの議論を知って、このひとたちの頭はどうかしているのではないか、と思いました。ソ連(当時、「強制収容所国家」であることはすでに知られていました)に無条件降伏すると決めるのではなく、そのようなことが起こらないよう備えればいいだけだからです。ところが森嶋教授をはじめとして非武装中立を主張するのは、「戦後民主主義」を代表する“もっとも賢いひとたち”だったのです。

このときから私は、「日本の“リベラル”はうさんくさい」と疑うようになりました。そしてそれが、世界標準(グローバルスタンダード)のリベラリズムとはかけ離れた、日本独自の奇怪な思想であることを知ることになります。

もちろんこうした批判は珍しいものではありませんが、その多くは保守派・右翼の側からのもの(罵倒)です。そのため「リベラル」を批判すると、問答無用で「右翼」のレッテルを貼られ「知識人」から排除される横暴がまかり通ってきました。こうして「リベラル」に疑問を持つリベラリストは、この国では居場所がなくなってしまったのです。

その後、経済に興味を持つようになると、「リベラル」への違和感はますます大きくなってきました。経済学(とりわけマクロ経済学)のすべてが正しいとはいえませんが、統計データや実験に基づいて「科学」として日々検証されていることは間違いありません。それに対して「リベラル」な文系知識人は、自分たちの生半可な知識(哲学)によってアダム・スミス以来の膨大な知の堆積を無視し、荒唐無稽な批判を繰り返してきたのです。

2014年8月、朝日新聞は慰安婦問題の誤報を認め、「韓国・済州島で朝鮮人女性を強制連行して慰安婦にした」との日本人関係者の証言を撤回・謝罪しました。この証言は1990年代はじめには歴史学者から捏造を指摘されていましたが、日本を代表する「リベラル」な新聞社はこの事実を認めるまで20年もかかったことになります。このスキャンダル(および福島第一原発の故吉田所長の調書をめぐる誤報)が日本の「リベラル」勢力に壊滅的な打撃を与えました。

彼らはいったい、どこで、なぜ間違えたのでしょうか。そして、どうすれば「過ち」を犯さずにすんだのでしょうか。

それをまず、70年前の沖縄まで遡って考えてみることにしましょう。

カテゴリー: お知らせ タグ: パーマリンク

「リベラル」が嫌いなリベラリストへ への16件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    >最初に断っておきますが、私の政治的立場はリベラリズム(自由主義)です。

    「リバタリアニズム」じゃなかったのでしょうか???

    リベラリズムとの違い
    リベラリズムは自由の前提となるものを重視して社会的公正を掲げるため、リバタリアニズムと相反する。例えばリベラリズムは、貧困者や弱者がその境遇ゆえの必要な知識の欠如、あるいは当人の責めに帰さない能力の欠損などによって、結果として自由な選択肢を喪失する事を防ぐために、政府による富の再分配や法的規制など一般社会への介入を肯定し、それにより実質的な平等を確保しようとする。
    しかし、リバタリアンは「徴税」によって富を再分配する行為は公権力による強制的な財産の没収であると主張する。曰く、ビル・ゲイツやマイケル・ジョーダンから税金を重く取り、彼らが努力によって正当に得た報酬を人々へ(勝手に)分配することは、たとえその使い道が道義的に正しいものであったとしても、それは権利の侵害以外の何物でもなく、そうした行為は彼らの意思によって行われなければならない。すなわち、貧困者への救済は国家の強制ではなく自発的な仕組みによって行われるべきだと主張する。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0

  • 論屋 のコメント:

    うーん、ちょっと…
    日本の場合、世界の思想体系や政治思想勢力とズレているのですよ。とくに安全保障、憲法とくに9条を論点に持ち出すと。
    だから政治の議論はそこを極力避けるか、徹底して掘り下げるか、どっちかでないと混乱しか出てこないのです。

    私も橘先生はリバタリアンだと思っていたけど違うのでしょうか。リバタリアニズムにむらがる連中が放つ、リベラル連中を遙かに超える胡散臭さに堪えかねて転向されたのでしょうか。
    リベラルはうさんくさい。かもしれないけど、ネオリベと呼ばれる連中よりはずーっとマシですな…

  • 匿名 のコメント:

    私はここ数年のブログなどでの発言を見ていると橘さんはリベラリストだと感じていましたが。。。

  • パヤカルン のコメント:

    そもそも巷で用いられるリベラルという言葉の定義自体が不明瞭で、範囲と要素も不明確です。

    また、現代はゴリゴリの右や左の方は壊滅しており、右の香りのリベラル、はたまたその逆、というような、コスモポリタン料理のような雰囲気の言論が多い気がします。

    近年は市場経済に基づく理論展開が増えてきました。

    しかし、リーマンショックを超エリート集団が回避出来なかったり、なぜか米国エリートは中国経済評価が甘々だったり、シロウト目に見ても胡散臭さ満載です。

    橘先生におかれましても、恐らくコイツと一緒にされたくないぞ的な論客がたくさんおられるものと推測されます。

  • こたろう のコメント:

    >私も橘先生はリバタリアンだと思っていたけど違うのでしょうか。

    本著をまだ拝読していないのでわかりませんが、橘さんは「政治的立場」が「リベラリズム」であり、思想全体では”リバタリアン”、ということではないでしょうか?

  • 尖沙咀 のコメント:

    >橘さんは「政治的立場」が「リベラリズム」であり、思想全体では”リバタリアン”、ということではないでしょうか?
    だから、私がウィキペディアから引っ張ってきているように、リベラリズムとリバタリアニズムは似て非なる
    もの(共産党と社会党の違いよりもさらに大きい)であるはずで、

    これは橘さんの

    「リバタリアンからの転向宣言」

    と理解してよろしいのでしょうか?

    以前、欧州諸国が差別国家に変貌しつつあることを書かれていましたが、
    実際問題として、そこでは「リバタリアニズム」という思想は通用しないのでは?
    と問いました。
    http://www.tachibana-akira.com/2015/11/6968

    やっぱり「リバタリアニズム」という思想は、開拓時代の
    アメリカ西部という特定の地域でしか成立えしない思想なのでしょうか?

  • 論屋 のコメント:

    リベラルとリバタリアニズム、相容れない面もあるのですよ。それは尖沙咀さんの引用通り。
    かつて橘先生は、生活保護について「弱者が真の困窮者から収奪するシステム」と述べ、「福祉の原資は寄付によって賄うのが望ましい。」とも述べられていたはずです。
    私は、ふーん…と思ったあと、「欧米で寄付が多いのは巨額の税控除があるからじゃん!強制的な税金すら回避しようとする奴らが、なんで寄付しようなんて考えるんだよ!」と盛大にツッコんだので覚えております。

    >「リバタリアニズム」という思想は、開拓時代のアメリカ西部という特定の地域でしか成立えしない
    そうかも…一種の思考実験でしょうかね。リバタリアニズム、もっと広がりがあると思うんですよ。ただ、現実では悪用されることの方が多いようですね、残念ながら。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >私は、ふーん…と思ったあと、「欧米で寄付が多いのは巨額の税控除があるからじゃん!強制的な税金すら回避しようとする奴らが、なんで寄付しようなんて考えるんだよ!」と盛大にツッコんだので覚えております。

    これは日本のふるさと納税と同じですな。
    とはいえ、キリスト教やイスラム教では喜捨という行為は広く行われています。
    この前紹介しましたが、
    米資産家40人「財産の半分寄付」を約束、ゲイツ氏ら提唱のキャンペーン
    http://www.afpbb.com/articles/-/2746025

    ということもあるのです。

  • ヒラメ のコメント:

    リバタリアンにとって弱者を救済するのはあくまでチャリティーです。リベラルでは弱者福祉は権利ということになる。税控除があるかどうか以前に、弱者の救済に対する考え方に根本的に違いがあるんですよね。

    税金の回避はケチだからではなく、国家や政府が強制的に徴収、分配するのに反感を持っているのであって、弱者救済に反感を持っているわけではないのですよ。

  • 論屋 のコメント:

    そこなんですよ、そこ。
    情け容赦ない競争を勝ち抜いた人たちが、何でいきなり弱者に…弱者というのも傲慢な用語だけど…手を差し伸べるのか?
    キリスト教的価値観?寄付文化?罪滅ぼし?んなわけないでしょ〜
    それよりその勝ち抜いたって、ホントに一人で勝ち抜いた?総取り出来る権利なんてあんの?人間は社会的な生き物なのですよ。

    リーマンショックのときに、潰れかかった大資本を助けろ、と一部のリバタリアンが
    言い出した時に(真のリバタリアンなら潰れるなら潰せ!というはず)私は決定的に疑念を持った。
    リバタリアニズムが地獄のような社会の正当化にしかほとんど使われないところをみると、リベラルの害悪よりずっと大きいわけで、橘先生も思わず転向してしまったのかな、と考えた次第です。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >リーマンショックのときに、潰れかかった大資本を助けろ、と一部のリバタリアンが
    言い出した時に(真のリバタリアンなら潰れるなら潰せ!というはず)私は決定的に疑念を持った。
    リバタリアニズムが地獄のような社会の正当化にしかほとんど使われないところをみると、リベラルの害悪よりずっと大きいわけで、橘先生も思わず転向してしまったのかな、と考えた次第です。

    結局のところ、リバタリアンでもリベラリストでも、右翼でも左翼でも、橘さん私でもその他大勢でも、

    「自分の損得感情で動く」

    だけなのです。

    この「損得勘定」というのが、「単に貨幣の多寡」だけでなく、

    「人間の心理的な負荷」
    をも合算させた「損得勘定」であるところが、
    人間の人間たるゆえんなのです。

    橘さんには、そういう点にも目配せのある作品を書いてほしいのですが。

  • ヒラメ のコメント:

    >>それよりその勝ち抜いたって、ホントに一人で勝ち抜いた?総取り出来る権利なんてあんの?

    それを言い出すと、何で弱者は持てる人から取り上げた税金で救済される権利があるの?ともいえてしまいますね。能力がある人が多くをもらい、そうでない人が少ないという状態に根本的な理由なんて無いんですよ。

  • 論屋 のコメント:

    人間の心理的負荷まで合算した、損得勘定ならぬ「損得感情」だとしたら、それはもうリバタリアニズムではなくコミュニタリアニズムだと思うの…

    この日本にもタチが悪いほうのコミュニタリアニズムが蔓延っておりますからね。それらを駆逐するためにもリバタリアニズムという考え方は有効だと思うのですが。
    残念ながらそういう使われ方がされることはあんまりないですね。

  • 山田 のコメント:

    尖沙咀さんの

    >結局のところ、リバタリアンでもリベラリストでも、右翼でも左翼でも、橘さん私でもその他大勢でも、「自分の損得感情で動く」だけなのです。

    これは名言ですね。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >「人間の心理的な負荷」
    >をも合算させた「損得勘定」であるところが、
    >人間の人間たるゆえんなのです。

    私が書いた最後の「損得勘定」は、「損得感情」ですね。どうも失礼しました。

  • 匿名 のコメント:

    もし橘さんと柄谷行人さんが9条について対談ないし書簡対話をすれば…まず結論や合意は無理、対立だけで終わるでしょう。でもかなり実りのある対話になるのではないでしょうか。少なくとも理想主義リベと現実派リベの論争点がクリアになるはずです。どなたか編集者さん、いかが?!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。