「日本人」と「韓国人」のやっかいなアイデンティティ 週刊プレイボーイ連載(371)


2021年9月末の任期を見据え、安倍首相は2つの「レガシー」を目指しています。憲法改正と北方領土交渉で、いずれかひとつでも実現すれば日本の現代史に名を残すのは間違いありませんが、どちらも状況はかんばしくありません。

それでも「モリカケ」で足を引っ張られた憲法改正より目がありそうだと、「うまの合う」プーチン大統領との会談を繰り返していますが、クリミア半島併合などでナショナリズムが沸騰するロシアがやすやすと領土の割譲に応じるとは思えません。案の定、ラブロフ外相は日本に対し、「第二次世界大戦の結果を認めよ」と言いたい放題です。

戦争末期、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄して満州と南樺太に侵攻し、日本軍の捕虜約57万5000人を抑留、劣悪な環境で約5万5000人が死亡する悲劇を引き起こしましたが、いまだに謝罪も賠償もしていません。そのうえ「悪いのはぜんぶお前たちだ」という暴言ですから、「愛国者」は激怒してもおかしくありませんが、不思議なことに大きなニュースになることもなく、ほとんど誰も気にも留めていないようです。

さらに奇妙なのは、その「愛国者」が、海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーを照射されたとして大騒ぎしていることです。これも確かに隣国とのやっかいな問題ですが、別の隣国が不法に占拠した領土を返還する気がないと公言したことと、どちらが重大でしょうか。

こうした事情は、じつは韓国も同じです。

2017年、在韓米軍へのTHAAD(地上配備型ミサイル迎撃システム)配備を決めた韓国に中国が激怒し、軍用地を提供したロッテは中国国内の店舗を一時営業停止に追い込まれ、中国の旅行業者は韓国観光の取り扱いをやめました。ところが、こんないやがらせをされたにもかかわらず韓国内で「反中国」の大規模デモが起きるようなことはなく、「逆らったってしょうがない」というあきらめムードが広がりました。

その影響を比較すれば、北方領土返還や中国からの執拗な制裁に比べ、日本の哨戒機にレーダーを当てたとか当てないとかはどうでもいい話です。当事者同士で話し合って、「これから気をつけよう」で済ませればいいだけのことではないでしょうか。

しかし、日本にも韓国にもこれを「ささいな出来事」にできない事情があります。

日本では「嫌韓本」が次々とベストセラーになったことからもわかるように、「韓国ぎらい」が「日本人のアイデンティティ」と結びついています。慰安婦や徴用工問題でさんざん「理不尽」なことをされた「日本人」にとって、レーダー照射問題は留飲を下げる格好の機会なのです。

韓国では、植民地時代を全否定することが「正義」とされており、どんなことであれ日本に頭を下げることは「民主韓国」の否定だと見なされます。韓国側の反論が二転三転しつつもぜったいに非を認めないのはこれが理由でしょう。

日本と韓国は合わせ鏡のような関係で、お互いを否定し合うことで「日本人」「韓国人」のアイデンティティがつくられています。この不幸な状況はとうぶん変わりそうもないので、お互い、それに慣れるしかないのでしょう。

『週刊プレイボーイ』2019年2月12日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

6件のコメント

  1. >日本と韓国は合わせ鏡のような関係で、お互いを否定し合うことで「日本人」「韓国人」のアイデンティティがつくられています。この不幸な状況はとうぶん変わりそうもないので、お互い、それに慣れるしかないのでしょう。

    そうじゃないですよ。

    かつて日本は、当時上国であった支那に対し、「遣隋使」「遣唐使」を送り、
    その文化や先進技術を学んできました。

    いまでも支那が自国のことを
    「中国=世界の中央に位置する国」と

    わざわざ日本に言わせるのは、
    この意識があるからです。

    当然支那に近い朝鮮は、
    日本に対し、より上国との意識はあったでしょう。
    陶芸など、朝鮮より伝わった文化は
    伊万里や萩などいまでも続いていますね。

    ところが、西欧列強がアジアに進出してきてから、事態は一変します。
    台湾はオランダ、香港はイギリス、マカオはポルトガル、
    そして蒙古はロシアによって侵略されてきます。

    日本はいち早く開国できたので、西欧文明を学んで
    植民地にならずにすみましたが、
    支那や朝鮮は出遅れたので、どんどん侵略されることになったのです。

    当時の日本の朝鮮併合から満洲国建国というのは、
    日本の大陸進出とともに、ソ連への防波堤という意味もあったのです。

    そういうかつては「上国」という意識があった国が、
    「下に見ていた国」から侵略されたという
    「屈辱の歴史」に対する激しい怒りが
    強烈な反日感情を引き起こすのです。

    ところが、香港なんかに行くと、いまだ大英帝国の一員であった
    ことを誇りに思うところがあったり、
    東南アジアでは戦争の被害があったにもかかわらず
    多くの国が「親日」ですね。
    (例外は華僑の国シンガポールぐらいですよ。)

    日本でも同じで、終戦後米兵にやりたい放題やられるのは
    仕方ないにせよ、シナ人や朝鮮人にやりたい放題やられるのは
    我慢できないわけです。

    シナ人や朝鮮人を外人と呼ばず
    三国人というのはこのためです。

    なにが言いたいかというと、

    上位の人間にやられるのは仕方ないが、
    下位(と思っていた)人間にやられるのは耐え難い
    という
    人類共通のヒューマン・ユニバーサルがあるのです。

    このことは、他の国でも起こりえます。
    かつて植民地だったアフリカ諸国が
    宗主国であった西欧諸国に対して
    同じような事態になることは十分ありえます。

    アフリカの黒人がヨーロッパを占拠するようになれば、
    似たようなことは起こりうるし、現に起こっているのです。

  2. 日本人は前を向く事が出来る。
    朝鮮人は後ろしか見ない。
    ロシアは共産主義国家。国民を絶対的な力で押さえつける国。中国も一緒。
    朝鮮は、大統領や一族郎党が犯罪者になる。北に至っては犯罪者が絶対権力者です。
    共産主義者と同じと言える。

  3. 違いますよ。
    当時の中国と朝鮮半島を一緒に見ないでください。
    まずは歴史とその地を訪れたヨーロッパ人の旅行記を読んで(李氏朝鮮時代)再度考察し直してください。

  4. 少し違います。
    アメリカが作った戦後秩序は、日本の非軍事化と韓国の反日です。
    両方とも、意図は日本封じ込めであり、合わせ鏡です。
    日本国民も韓国国民も70年以上前のアメリカの意図を忠実に守っているのです。
    ただ、現在の台頭する中国に対抗するためには、アメリカにとって不都合になっています。
    アメリカが、日本人と韓国人に対して、大きな鞭を持たなければ、現状は変わらない
    ということです。

  5. 日本と朝鮮半島の関係は、

    イギリスとアイルランドの
    関係にも似て

    そもそもうまく行かないと割り切って
    対応した方が良さそうですね。

    いま朝鮮がやっていることは、
    IRAと同じだと考えれば
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E5%85%B1%E5%92%8C%E8%BB%8D
    わかりやすいですな。

    そもそもどんな国であれ、
    他国、他民族に略奪と陵辱を繰り返してきた
    歴史があるのだから、

    その過去の一部を切り取って
    謝罪と賠償を!!!
    ということがナンセンスなのです。

  6. コメント欄が文章の本意について言及しないのばっかり。
    ウチは祖父一家がソ連の侵攻で家財産みんな置いてきたからラザロフ外相の発言で叔父叔母世代が『ふざけんな!』となったけど時代が違うのですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。