保守思想家はなぜ「溺死」しなければならなかったのか? 週刊プレイボーイ連載(324)


保守思想家の西部邁さんが78歳で亡くなりました。発見されたのは多摩川で、河川敷には遺書らしきメモが残されていたといいます。編集者時代に何度かインタビューさせていただいたことがあり、教師としてはきびしい方だったようですが、私のような若輩者の門外漢にはとても丁寧な受けこたえで、腰の低いやさしいひとでした。

しかしここで書きたいのは、西部さんの思想家としての評価ではありません。

オランダ・ユトレヒトで数学教師をしていたウィル・フィサー氏は、65歳のときに左顎骨周辺の扁平上皮がんと診断されます。病気の進行は早く、がんが咽喉部分まで広がり激痛とともに呼吸困難な状態に陥ったとき、彼は「僕が死ぬ日にパーティしよう!」といいます。

パーティには身内14人と友だち12人が集まり、誕生会のような和気あいあいとした雰囲気で、全員がシャンパンを持ちウィルが乾杯の音頭をとりました。その後、病気になってから止めていた大好物の葉巻を1本巻き、火をつけて煙をそっと肺のなかに吸い込むと、「じゃあみんな、僕はこれからベッドに行って死ぬ。最後までパーティを楽しんでくれ。ありがとう」と別れの挨拶を告げました(宮下洋一『安楽死を遂げるまで』小学館)。

驚くような話ですが、オランダではこれは珍しい光景ではありません。

安楽死についての議論がオランダで始まったのは1970年代で、2001年4月には「要請に基づく生命の終焉ならびに自殺幇助法(安楽死法)」が成立、「患者の安楽死要請は自発的」「医師と患者が共にほかの解決策がないという結論に至った」など6つの要件を満たせば、自殺を幇助した医師は送検されないことになりました(それ以前は、いったん送検されたあと、要件を満たせば無罪とされた)。その結果、いまではオランダの全死因の4%が安楽死になっています。

ひるがえって、日本はどうでしょう。

じつは日本でも1976年に日本安楽死協会が設立され、積極的安楽死の法制化を目指しましたが、高名な作家などが「安楽死法制化を阻止する会」を結成して徹底的に批判したため頓挫し、無用な延命治療を中止するリビング・ウィルの普及に趣旨が変わりました。そのため、積極的安楽死を望むひとたちは縊死、墜落死、溺死、轢死などを選択するほかなくなりました。そのなかでも広く行なわれているのが「絶食死」で、日本緩和医療学会の専門家グループによる実態調査では、終末期の患者に点滴や飲食を拒まれた体験をした医師は3割にものぼるといいます。

最近では、「自殺報道は自殺を誘発する」として事件を報じないことも増えてきました。これには一理ありますが、しかしそうすると、この国で「死の自己決定権」を望むひとたちが置かれた理不尽な状況が見えなくなってしまいます。

オランダの数学教師は家族や友人に囲まれた華やかなパーティで人生を終え、日本の高名な思想家はなぜ誰にも看取られず、真冬の多摩川で「溺死」しなければならないのか。

私たちはそろそろ、この問題についてちゃんと議論すべきではないでしょうか。

【追記】オランダでは近年、安楽死の概念が大幅に拡張されており、「死が避けられず、死期が迫っている」状況でなくても、「自殺願望を消す方法はなく、このままではより悲劇的な自殺をするだろう」と複数の専門家(医師・心理学者)が判断した場合は「平穏に自殺する権利」が認められている。

『週刊プレイボーイ』2018年2月13日発売号 禁・無断転

 

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. 西部邁氏の書籍をいくつか読んだことがありますが、その中で、

    「すでに青酸カリを入手済みで、死のうと思えばいつでも死ねる」
    との記述があったことを覚えています。

    西部氏が真冬の多摩川に入ったのは、
    服毒自殺という安易な死に方ではなく、

    真冬の多摩川で溺死するという
    あえて苦渋な絶命法を選択するという

    「右翼的ロマンチシズム」
    に酔ったからではないでしょうか?

    むしろ、高名な保守思想家であっても、

    死ぬまで自分の頭の中から出られなかったことをこそ
    考えるべきではないでしょうか?

  2. この国の何が問題かと言えば、文系とかいう人たちの程度がアレな事でしょう。理系は世界に通用してますが、文系は残念な感じがします

  3. >この国の何が問題かと言えば、文系とかいう人たちの程度がアレな事でしょう。理系は世界に通用してますが、文系は残念な感じがします

    なんでも文系/理系の対立軸に持ち込むことは???ですな。

    理系でとても優秀な人間でもひどい末路を迎えた人はたくさんいます。
    たとえば、笹井 芳樹氏なんかがそうです。

    笹井 芳樹(ささい よしき、1962年(昭和37年)3月5日 – 2014年(平成26年)8月5日)は、日本の発生学者、医学者。京都大学博士(医学))。京都大学再生医科学研究所教授、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター (CDB) グループディレクター、同 副センター長を歴任した。

    神経系の初期発生過程における遺伝子・細胞レベルの研究者として知られ、世界で初めてES細胞による網膜の分化誘導や立体的な網膜の生成に成功。さらにES細胞から視床下部前駆細胞の分化誘導、脳下垂体の立体的な形成にも成功し、井上学術賞、山崎貞一賞、武田医学賞、上原賞等を受賞している。

    論文執筆の天才とも呼ばれ、センター全体の資金調達や神戸医療産業都市関連の事業でも活躍。文部科学省や科学技術振興機構の再生医療プロジェクトや委員会でも手腕を見せた。2014年に発表・撤回されたSTAP論文により様々な責任が追及される中、2014年8月5日に縊死(首吊りによる自殺)。その死は国内外に衝撃を与えた。

    自分の末路を自分で決するという生き方について、次のような本があります。
    まずはこれを読んでから考えてはいかがでしょうか?

    自死という生き方―覚悟して逝った哲学者 須原 一秀
    内容紹介
    著者は立命館大学の哲学講師。06年4月、自死を遂げるが、そこには一冊分の完成原稿が残されていた。自殺の意味と理由、方法、哲学的背景、そして決行日に向けての心理分析と行動録…淡々と描かれる「積極的な死の受容」の記録がここに。
    内容(「BOOK」データベースより)
    人生の果実は充分味わった。65歳の春。晴朗で健全で、そして平常心で決行されたひとつの自死。老いと死へと歩む私たちの必読書。
    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    須原/一秀
    1940年、大阪生まれ。社会思想研究家。2006年4月、自身の哲学的事業として自死を遂げる。享年65歳
    https://www.amazon.co.jp/dp/4575299987/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_gy2IAbZCVBY85

  4. 橘玲のblogに執拗に粘着する

    尖沙咀

    なんとお読みするのでしょう??

  5. 本稿で最も重要なのは

    > いまではオランダの全死因の4%が安楽死

    ここでしょう。

    100人中4人がコレで死ぬ、というのはいかにもありふれた死に方ですが、この数値が健全なのかどうかがカギではないでしょうか。
    (オランダにおいてこの数字がもっと亢進していく可能性は否定できません)

    「手が尽くしようがない、客観的にも本人の意志としても延命することがより悲惨でしかない患者」

    って、個人的には江戸川乱歩の芋虫とかあのレベルで、100人に4人もいないんですけどね、これは意見が分れるところで、議論の価値があると思いますよ。

  6. オランダいい国だなー。
    議論がきちんとできるという意味で。

  7. 安楽死は不要です。
    日本にも、大して苦痛のない自殺方法はあるのです。
    縊死(首吊り)です。
    手足が麻痺して、縊死さえできないなら、安楽死が与えられてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。