18歳に伝えたい国際政治のリアリズム 週刊プレイボーイ連載(245)


オバマ大統領が現職の米大統領としてはじめて広島を訪問し、「『核のない世界』の追求」をあらためて訴えました。

じつはオバマ大統領は、就任直後の2009年4月、プラハで「核兵器を使用したことのある唯一の核保有国として行動する道義的責任」を宣言し同年のノーベル平和賞を受賞しています。ところが大統領の任期を終えるいまになっても、具体的な成果はなにひとつありません。「ノーベル平和賞はたんなる空約束」との批判を意識して、今回の広島訪問を決断したのでしょう。

広島・長崎の悲劇を知る日本人だけでなく、世界じゅうのひとたちが70年前から「核のない世界」を求めてさまざまな活動を行なってきました。それなのに核兵器を廃絶できないのはなぜでしょうか。

1998年にパキスタンが核実験を行ないますが、その理由はカシミール地方の領有権をめぐって3度にわたって戦争を行なったインドが核を保有しているからです。そのインドは1974年に核実験を成功させますが、これは領土をめぐって1962年に中国との紛争(中印国境紛争)が起きたあと、64年に中国が核兵器の保有を宣言したからです。

中国共産党はソ連の後ろ盾を得て国民党との内戦に勝利し中国を統一しますが、60年代になると政治路線のちがいから両国ははげしく対立します。中国が核開発を急いだのは、“仮想敵国”となったソ連が核兵器を保有していたからです。そのソ連が核兵器を持ったのは、第二次世界大戦後に軍事的に敵対することが確実なアメリカが、広島と長崎で原爆の威力を見せつけたからです。

このように因果論をたどるとアメリカが悪いようですが、そうともいえません。アインシュタインがルーズベルト大統領に核開発を求めたのは、ヒトラー率いるナチスドイツが「究極の殺人兵器」を先んじて手にすることを恐れたからでした。もしドイツが先に核兵器を開発すれば、ヒトラーはその使用を躊躇しなかったでしょう。

こうした負の連鎖によって世界の主要国が核兵器を保有することになったのですが、それでも幸いなことに人類を滅亡に導く核戦争は起きていません。これは偶然や幸運ではなく、ちゃんと理論的に説明できます。それがゲーム理論でMAD均衡と呼ばれる「相互確証破壊」です。

MAD(狂気の)均衡の理屈はものすごく単純です。相手が大量の核兵器を持っていれば、先制核攻撃は大規模な反撃を引き起こし、けっきょく自分たちも滅亡してしまいます。政治家や国民が合理的であれば、そんな事態を望むはずはないから核戦争は起こらないのです。

こうしてゲーム理論は、きわめて不愉快な宣託を告げます。この理屈では、もっとも危険なのはどこかの国が核兵器を廃絶して、核のバランスが崩れることなのです。なぜなら、一方的に有利になった核保有国には、先制攻撃をする合理的な理由が生まれるのですから。

これは社会科学でもっとも評判の悪い理論ですが、「核戦争は起きない」との予想が当たっているのも事実です。日本でも18歳に選挙権が引き下げられ、マスメディアは「啓蒙」に熱心ですが、若いひとたちには「核のない世界」というきれいごとだけでなく、国際政治のリアリズムもちゃんと伝えたらどうでしょう。

『週刊プレイボーイ』2016年6月6日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

8件のコメント

  1. >これは社会科学でもっとも評判の悪い理論ですが、「核戦争は起きない」との予想が当たっているのも事実です。日本でも18歳に選挙権が引き下げられ、マスメディアは「啓蒙」に熱心ですが、若いひとたちには「核のない世界」というきれいごとだけでなく、国際政治のリアリズムもちゃんと伝えたらどうでしょう。

    意外と、「変わった形」で若いひとたちに国際政治のリアリズムを啓蒙していることもあります。
    今回のセンター試験の政治経済で,いわゆる囚人のジレンマゲームについての問題が出されました。

    http://d.hatena.ne.jp/tkshhysh/20160117/1453071014

    この問題の正解の
    3 A国とB国がともに「協調」を選択すれば,両国の点数の合計は最大化されるが,相手の行動が読めない以上,「協調」を選択できない.

    は、現状の「もっとも危険なのはどこかの国が核兵器を廃絶して、核のバランスが崩れることなのです。なぜなら、一方的に有利になった核保有国には、先制攻撃をする合理的な理由が生まれるのですから。」

    のそのままですね。

    私が大学生だった20ウン年まえは、こういうことを試験やレポートで書くとまず落とされたことを思うと
    隔世の感があります。

  2. >こういうことを試験やレポートで書くとまず落とされたことを思うと
    尖沙咀さんは私より年上ですが…私のときでもソレを書いたら落とされましたね。

    橘先生の仰ることはわかります。
    しかし、これからの世代には、リアリズムだけでなく理想も信じてほしいと期待したいのが人情ってもんです。(むしろ理想とその挫折という通過儀礼がないとリアリズムに辿り着いちゃダメなのかも…)

    相互確証破壊も核の恐怖・平和の希求という理想がなければ、そもそも成り立たないのですから。自滅を恐れない狂信者集団が核武装しても、相互確証破壊による抑止は期待できないでしょう。

    相互確証破壊のもとで核廃絶は不可能か?
    私は可能であると考えます。
    ブラックホール爆弾とか対消滅爆弾とか、熱核兵器が豆鉄砲に見えるくらいの強力な兵器ができれば、核廃絶は可能です。

  3. >>こういうことを試験やレポートで書くとまず落とされたことを思うと
    >尖沙咀さんは私より年上ですが…私のときでもソレを書いたら落とされましたね。

    だから、意外と受験産業や政府見解というのがまともで、
    有名大学教授の見解が間違っていることが少なくないのです。

    大学で「核を考える」という講義をとったことがあります。
    「核抑止力というのが厳然としてある以上、米国の核の傘の庇護にある
    日本としては、対米従属以外の選択肢はない!」とレポートに
    書いたところ、結果はさんざんでした。

  4. 核兵器廃絶なんて無理。だってもう発明されちゃったんだもん。

    金相場で、「金なんて実際には電気接点部分か装飾品にしか使わないよ。仮想通貨
    も発明されたことだし。金なんて重くて不便。もう金なんてイラネ」となったら?

    世界中の中央銀行は、涙を流して喜ぶでしょう。「空中からタダ同然で作れる通貨
    を、まだまだしこたま売りさばけるぜ、元手の要らんチョロイ商売だぜぇ」 我ら
    が日銀のみ「もうボクらは、やってるもん。国債の無限買いだけんね」とクール。

    で、金は暴落して行く・・んだろうか? んにゃ、ソロス爺など海万山万の相場師
    達が大底付近で怒涛の買い上げ。「大昔から、混乱時に金より確かなものがあった
    のか? よ~く思い出してみぃ」そんで結局は金が暴騰。終わって見れば、いつも
    のロングスイングのひとつだったとさ。

    世界じゅうから核兵器が無くなったら、隠し持った核兵器はスゴイ威力を持つ。

    「バカめ、皆ほんとうに核兵器を捨てよった」「よし、宣戦布告だ、核ミサイル
    打ち上げ用意!」「閣下!A国から核ミサイルをもう撃っちゃったと連絡が・・」
    「ぬあにぃ」「ああ、B国からも、C国かっ、Dっ、世界中ミサイルだらけですぅ」 

    「ああー、夢か。核廃絶なんて夢で良かったよ」「やっぱ、核兵器はキチンと
    持たんとアブナイわい」「閣下、今朝はお顔がすぐれておりまするな」「ああ、
    アレもコレも核兵器のおかげじゃわいて」

  5. だから、「核兵器」といった究極の武器の話になると話がややこしくなるから、

    たとえばこの前のフロリダ・オーランド銃乱射事件のような、
    アメリカでテロがなんども起こっているのに、アメリカの銃規制は
    なぜ進まないのか?

    といった卑近な例から出発するべきなのです。

    日本では、豐臣秀吉の時代に刀狩がおこなわれました。
    ************************************************
    豊臣秀吉が発した刀狩令は次の3か条からなる。

    第1条 百姓が刀や脇差、弓、槍、鉄砲などの武器を持つことを固く禁じる。よけいな武器をもって年貢を怠ったり、一揆をおこしたりして役人の言うことを聞かない者は罰する。
    第2条 取り上げた武器は、今つくっている方広寺の大仏の釘や、鎹(かすがい)にする。そうすれば、百姓はあの世まで救われる。
    第3条 百姓は農具だけを持って耕作に励めば、子孫代々まで無事に暮せる。百姓を愛するから武器を取り上げるのだ。ありがたく思って耕作に励め。
    ************************************************

    刀狩は農民の武装蜂起防止が目的でしたが、このように「ウソ」の宣伝で行われました。
    とはいえ、この「ウソ」が江戸時代の安寧をもたらしたという歴史もあるのです。

    だから、「ウソ」政策が社会の安定をもたらすことがあることを考えなければならないのです。
    日米安保も消費税増税延期もそうですよね。

    畢竟、政治家は「ウソも方便」であることを自覚するべきです。
    もちろん、安倍首相はよくわかっているでしょうが。

  6. リバタリアニズムからすれば銃を持つのも、同性愛に走るのも、イスラム国に忠誠を誓い
    テロを起こしてして銃殺されるのも自由なはずです。

    とすれば、今回のフロリダ・オーランド銃乱射事件のような事件に対して
    どう対応するべきか、橘さんのご意見をお伺いしたいと思います。

  7. 核戦争が起こらなかった理由を相手国の核反撃とされていますが、核保有国間の戦争にのみ通用します。従って、橘さんの上記考え方は、例えば米国の核の傘が完全であるという、ありえない仮定を置かなければ、成立しません。
    私は、核戦争が起こらなかった理由として、核保有国を含めて世界のほとんどの国が経済的に拡大し続けることができたからだと考えいます。その時代はもうおわりかもしれません。日本も核武装すべきですが、米国の邪魔によりできないでしょう。
    日本をひ弱な国にした責任は、吉田茂、岸信介、佐藤栄作などの対米従属路線にあります。

  8. >核戦争が起こらなかった理由を相手国の核反撃とされていますが、核保有国間の戦争にのみ通用します。従って、橘さんの上記考え方は、例えば米国の核の傘が完全であるという、ありえない仮定を置かなければ、成立しません。

    それならば、なぜアメリカは中東でなんども起こっているテロや戦争、ISの掃討に核兵器を使わないの?
    という疑問がおこるでしょ。

    それは、核兵器が「究極の兵器」であるがゆえに、安易に使用できないからです。この結果、
    「通常兵器」が「核兵器」化し、そのバランスこそが「核抑止力」になっているからです。

    この話については、「無形化世界の力学と戦略」という本にくわしく書いてあります。
    http://book.motion.ne.jp/index.html
    立ち読み部分だけでもご一読を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。