日本がなぜ戦争したかは、新国立競技場問題が教えてくれる 週刊プレイボーイ連載(206)


1923(大正12)年12月27日、国会議事堂に向かう皇太子(後の昭和天皇)の車が狙撃されました。犯人の難波大助は、父親が衆議院議員という山口県の名家に生まれた24歳の若者で、ステッキに仕込んだ散弾銃の銃弾は車の窓を破ったものの、同乗していた侍従長が軽症を負っただけで皇太子には怪我はありませんでした。

欧米のジャーナリストを驚かせたのは、事件よりもその後の出来事でした。

内閣総理大臣の山本権兵衛はただちに辞表を提出し、内閣は総辞職しました。当日の警護の責任をとって警視総監と警視庁警務部長が懲戒免官となったばかりか、道筋の警護にあたっていた(事件を防ぐことはとうていできなかった)一般の警察官までもが責任をとらされて解雇されます。

難波の出身地の山口県の知事と、上京の途中に立ち寄ったとされる京都府の知事は譴責処分となり、郷里の村は正月行事を取り止めて「喪」に服しました。難波が卒業した小学校の校長と担任の教師は辞職し、衆議院議員である難波の父親は自宅の門を青竹で結んで蟄居し、半年後に餓死したのです。

政治学者の丸山真男はこの皇太子狙撃事件を例にあげて、日本社会の特徴は範囲の定めのない無限責任にあると論じました。いったん不吉なことが起きると、関係する全員がなんらかの“けがれ”を負い、批判の矢面に立たされるのです。

こうした無限責任の社会では、いったん責任を負わされたときの損害があまりにも大きいので、誰もが責任を避けようとします。その結果、天皇を“空虚な中心”とする、どこにも責任をとる人間のいない無責任社会が生まれ、破滅的な戦争へと突き進んでいったのです。

新国立競技場の建設計画をめぐる経緯は、戦後70年を経ても、日本が「責任と権限」という近代のルールからかけ離れた社会であることを白日のもとに晒しました。

事業の発注主体であるJSC(日本スポーツ振興センター)も、監督官庁である文部科学省も、オリンピックを招致した国や東京都、JOC(日本オリンピック委員会)などスポーツ団体も、計画にかかわったとされる政治家たちも次々と責任を否定しますが、この異様な光景も、「なにが起きても自分は責任を取らなくてもいい」という無責任を条件に参加しているのだと考えればよく理解できます。

とりわけ落胆させられたのは、競技場のデザインを決める審査委員長を務めた“世界的な建築家”で、2500億円以上の総工費を了承するかどうかの有識者会議を欠席しながら独自に記者会見を開き、「(巨額の総工費を聞いて)『ええっ、本当?』って思った」「1人の国民として『なんとかならんかな』と思っている」とまるで他人事で、建設を請け負うゼネコンが「もうからんでも、日本の国のためだ」といえばいい、などと一方的に自説を主張しました。日本の未来を担う若者たちは、この高名な人物から責任逃れはどうやればいいのかを学んだことでしょう。

過去の戦争をめぐる議論の本質は、中国や韓国からの批判ではなく、いったい誰に戦争責任があるのか日本人自身にもわからないことです。新国立競技場問題は、この疑問にこたえてくれる「生きた教科書」なのです。

参考文献:丸山真男『日本の思想』

『週刊プレイボーイ』2015年8月3日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

18件のコメント

  1. >過去の戦争をめぐる議論の本質は、中国や韓国からの批判ではなく、いったい誰に戦争責任があるのか日本人自身にもわからないことです。新国立競技場問題は、この疑問にこたえてくれる「生きた教科書」なのです。

    13年前に行われた日韓ワールドカップでは、総額では新国立競技場費用を超える、10か所
    ものサッカースタジアムが造られ、あまつさえ韓国の多額の資金貸与をしましたが、
    それに対してはあまり批判はなかったような・・・

    要するに、ワールドカップもオリンピックも形を変えた「公共事業」なのであり、
    「ケインズの亡霊」はまだいたるところで生きています。

    「リバタリアンを自称する橘さん」としては、その点をこそ批判するべきであり、
    日本が責任を取らない社会であることをあげつらうことより大切なのではと思いますが・・・

  2. 今後の日本の在り様、日本人としての生き方を考える上で、朝鮮併合から中国大陸への進出、そして太平洋戦争を引き起こし、自国民を含む多くの人々が死ぬことになった個々の事象の責任を日本人自身が明らかにして共有しておくことが必要と考えます。

    一億総懺悔で責任をうやむやにし、極東裁判の結果の戦犯をのちに赦免してしまったままでは、日本はいつまでたっても無限責任というか無責任というか、何から何まで曖昧なままで済ませてしまう社会に、ますますなっていくのではないでしょうか。

    最近の新国立競技場の問題、教育現場でのいじめや、ホワイトカラーの生産性の低さなど、私には日本の問題の何から何まで、全てが同じ根っこに発しているのではないかと思えます。

  3. まあ責任とると独裁者っていわれるしなw
    戦争は進んで責任とったやついっぱいいるけど?
    強引にまとめすぎ、今みたいに卑怯モン一色じゃないんですけど?
    昔の人馬鹿にしすぎだよ?
    しかも当時の戦争は最悪の選択肢しかない中での死中に活だったわけで
    そんなことも今だに理解できない輩が責任がどうとか言う資格あるのか?
    その程度の烏合の衆だから国立問題はおきるんだろ?
    基本的には戦後の自分勝手主義の象徴で
    戦争より安藤みたいな詐欺師は小保方の方が類似事案だと思うけど?

  4. 私が驚いたのは、自分に責任はないかのような発言をした文部科学大臣の発言です。
    彼の部下であるはずの役人がすべて取り仕切っていて、大臣には報告しなかったのかもしれません。
    日本が戦争に引きずり込まれたのは軍人が勝手に暴走したのを政治がとめられなかったからですが、軍隊は明治憲法により天皇に直属していたという理由があります。(憲法に欠陥があった)

    官僚の暴走を大臣(政治家)が止められなかったとしたら、そこには統治システムとしての欠陥が
    あるのかもしれません。

  5. 安藤忠雄はクソ

    少なくとも今回この安藤忠雄に責任を取らせなくてはならない。

    東京五輪のシンボルマークのパクリ疑惑で既に新国立と似た状況に。
    もうこの五輪は腐ってやがる。

  6. 官僚の暴走で戦争?
    政治家も国民もゴーサイン出してやったんだけどw
    大体ギリギリまで戦争回避しようとしたが
    アメリカのハルノートで無条件降伏突きつけられた。
    エネルギー止められて武装解除してアジアの仲間を裏切って降伏したらアメリカ帝国に何されるかわからない。
    もし戦うならエネルギーが切れるまでが唯一の活路!
    戦えば勝てなくても仲間は裏切らないで済むし国として体面を保てば負けても存続の可能性はある。
    てことでやったわけ、少なくとも暴走ではない。
    事実戦ったおかげで日本の領海はある程度守られ、アメリカや同盟国にも認めてもらえた。
    今の平和はあの戦争のお陰!
    もし戦ってなかったら中国や朝鮮より酷い歴史だったかも?
    もしもの話はともかく戦えもしない現代人が戦った人たちに唾はきすき、反吐がでる!

  7. 山本七平さんが散々著してきたように、祖先から連綿と続く多神教と一神教の違い
    に基づく精神構造(思考回路)から導き出される日本の特色だと思います。サラリー
    マンと法人の違いに似ている。(給料-税金)-生活経費=サラリーマンの実質収入、
    (利益-とにかく経費)-税金=事業主の名目収入、のように。

    サラリーマンが多神教的思考です。神が八百万もおられては自分で各々の神と対話
    出来ないので、「おまかせ」で各神主の言いなりになるしかありませんから、源泉
    から「おまかせ」で理解不能のまま徴収され、残りのお金で生きています。副業で
    もしない限り、節税などほとんど出来ませんので、「自己責任」などというのは露
    ほども意識にない。だって、お上に盗られた残りが振り込まれるだけだもん。

    法人が一神教的思考です。唯一神が聖書やコーランなどを示していますから、個人
    で神との対話が可能です。個人が世界を図る規範を持つことが出来るので、ブレず
    に「意図的」に節税する事が出来ます。悪意の脱税だと見なされればタイホーとい
    う「自己責任」リスクも負わされることになります。背教はジゴク行きとブレずに
    決まっているからです。

    所属集団への「おまかせ」は、美しく言えば絆です。皇太子の暗殺未遂で、次々と
    責任(?)を取ったのは「タイタニック号の日本人ジョーク」と同じで、皆が続々と
    何かしら責任(?)を取ったので、自分も絆の故に責任(?)を取るマネをしたのです。
    現在でもそうですが、タヒ人が出ると白けて「もうええやろ」とお開きになります。

    新国立競技場の件でも、収賄スキャンダルで動かぬ証拠が出たとなり、大物が辞任
    すれば続々と下々が辞任して責任(?)を取り、絆からの暗黙の指示を受けて実行した
    下っ端が口封じでタヒに追い込まれる事態になりそうです。西芝も、大丈夫か?
    何もないとウヤムヤで、75日目には「そんな事あったっけ?」で終わる予感が・・

    白洲次郎さんも似たような事を書いています。私は、日本の集団的無意識なんてもの
    は数百年単位をかけないと変わらないと思います。森さんの「生ガキ」に心から笑っ
    てしまった私も、無責任な日本人丸出しで恥ずかしい。

  8. >日本がなぜ戦争したか

    「自衛のための戦争」ですよ。
    東京裁判でパール判事も言ってましたし、後にマッカーサーも言っていたでしょ。

    1940年頃の世界情勢が分かってるなら、黙って白人国に占領されるが良かったのか?

  9. 責任者が責任取らないとダメでしょ。オリンピック関連に関して責任者は文部科学大臣だろ?そいつが部下に責任と権限を譲渡してなければ、上席の責任者が詰め腹切るのはあたりまえの話。
    つかこんな責任感の無い奴を大臣しちゃいかんだろ。たとえ新国立選定プロセスに自分が関わって無いと思うんだとしても、せめて事態収拾に音頭とって取り組むとかしろよ。

    日本的な責任回避の組織批判も間違ってはいないと思うが、ちゃんと責任を取らせるべき。責任者が不明確なら上から順に批難されるべき。
    今回安倍首相は文科大臣の上司として事態収拾すべくやり直しを命じたので何とか及第点だと思う。

  10. >政治学者の丸山真男はこの皇太子狙撃事件を例にあげて、日本社会の特徴は範囲の定めのない無限責任にあると論じました。いったん不吉なことが起きると、関係する全員がなんらかの“けがれ”を負い、批判の矢面に立たされるのです。

    逆に言えばこれが、社会的に「犯罪抑止力」になってきたという面もあるのです。
    一族のある人が犯罪を犯せば、一族郎党が責任を負わなければならず、
    場合によっては「お家お取り潰し」になったわけで、これが強力な
    「犯罪抑止力」として機能してきたことは明白です。

    逆にキリスト教社会においては、何をしても
    「神が見ている」
    ということが「犯罪抑止力」として機能してきたはずです。

    社会の成り立ちを考えない議論は議論にすらならないですよ。

  11. そもそも責任の取り方を自決とイジメと、とにかく感情的な反省以外教えられてないからでは。よく反省文とか書かされましたが、あれもとにかく遺憾であることを表明することが中心で、論理的な根拠がよく分からない。
    すでに起きてしまったことについて、感情的な失敗感を感じていれば、問題なしということなのでしょうか。
    子供の時からこういう生活してれば、責任の取り方なんて分からなくなるものでは。欧米ではどう教えてるのでしょう。
    そもそも反省とか責任とかいうのは、どういう心理的プロセスなのでしょう。どういう進化生物学的根拠を持っていて、どのような合理性があるのか。それがそもそも、よく分からない。あいまいなのです。単純に他人を攻撃するための論拠としてのみ絶対化されているようで、責任というのを突き詰めて考えたことがないのでは。責任の定義があいまいだからこうなるんじゃないですかね。むしろあいまいな方が都合がいいとでも言わんばかり。

    国の政策として浪費削減に対して、褒章を設けるようにすればいいのでは。浪費してもいい、という基準と、浪費を許さない、という基準がごちゃ混ぜだから、こうなったのでは。だからはっきりどこまでを基準にするか、数値化して明確にする。それを守れば褒美を与える、というのが良いと思います。

    ちなみに手元に防腐剤があったのでこの名前にしました。

  12. 同じ 非道な行為でも 己の野心を満たすための行為と  日々の口を糊するための行為とでは違う受け止め方をする これが私たちが人間である証拠だとおもう。義侠心とも違う。

  13. 白人に占領されてた方がはるかに良かったです。
    ドイツが降伏した時点で日本の勝ち目はゼロ。東京大空襲も広島長崎の原爆も特攻隊の犠牲もなかった。
    結果が全てです。

  14. 安藤忠雄氏の件については「本人がウソをついて責任逃れをしている」かのような論調ですが、認識が違うと思います。

    ザハ案を踏まえて基本設計を担当したのは日建設計や梓設計という巨大名門設計事務所ですが、その時に出てきた建築費は1625億円です。
    それがあの「生ガキみたい」なデザインに変わっていき、建築費もいつの間にか3000億円にまで膨れ上がってしまいました。
    基本設計より後の段階で問題があったと考えるのがおそらく正しい理解だと思います。

    また、元々「8万人収容の開会式場」を準備することがオリンピック招致に名乗りを上げるための絶対条件でしたので、スタジアムの大きさについても基本設計までの段階で問題があったとは考えにくいですね。
    (その後、なぜかデザイン段階より大幅にサイズが縮小されて、結局6万5千人のスタンドプラス仮設スタンドになってしまっています。)

    尚、「8万人収容のスタジアムは大きすぎる」と言い出したのは建築士の槇文彦氏ですが、新国立競技場建設予定地の隣に槇氏が作った東京体育館があります(よく建設予定地の映像でも写っていますね)。
    また、槇氏の母方の祖父は、今回の受注ゼネコンである竹中工務店の元会長です。

  15. 日本社会は、無限責任だとかいうけど。
    今回のは、ただの無責任で、だれも責任をとらない。
    むしろ、逆だ。
    日本社会は、無限責任とかいうのは、昔の話。
    今は、ただの無責任。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。