「高金利・円安・インフレ」のアナザーワールドにようこそ


 

本日発売の『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』の「まえがき」をアップします。

**********************************************************************

「強い日本経済を再生する」と宣言した安倍自民党政権の誕生で、「株価や地価が上昇するのでは」という期待と、「なにかとてつもなくヒドいことが起きる」という不安が交錯しています。

安倍首相が信奉する経済政策、すなわちアベノミクスは、どんな手段をとってでも日銀に2%のインフレを実現させる、というものです。

これから実施されるであろう史上例を見ない大規模な金融緩和(リフレ政策)の効果については、経済学者のあいだでも10年以上にわたってはげしい論争(というか罵り合い)が続いています。ある高名な経済学者は、「日銀が市場に大量のマネーを供給しさえすれば日本経済は復活し、経済成長による増収によって財政問題も解決に向かう」と主張します。それに対して別の高名な経済学者は、「デフレは日本経済の構造的な問題で、日銀はすでにじゅうぶんすぎるほど金融緩和をしており、これ以上なにをやっても効果はない」といいます。なかには、「いずれ国債が暴落して財政が破綻し、ハイパーインフレになる」と警告する経済学者もいます。

アベノミクスによって私たちは早晩、この「神学論争」の決着を見ることになるでしょう。いずれの論者が正しくても、そこに待っているのはこれまで経験したことのない新しい世界にちがいありません。

本書では、「アベノミクスによって日本経済はどうなるのか」という問題はいっさい扱いません。神学論争は経済学者にとっては意味があるかもしれませんが、私たちのようなごくふつうの生活者がアカデミズムの迷宮に足を踏み入れたところで仕方がないからです。

大地震や原発事故、戦争や内乱など、未来にはさまざまな不確実性が潜んでいます。経済的な混乱もそのひとつですが、そこにはふたつの大きな特徴があります。

第一に、市場で起きる出来事は将来のシナリオをかなり限定できることです。日本経済の未来には、次の3つに可能性しかありません。

①楽観シナリオ アベノミクスが成功して高度経済成長がふたたび始まる
②悲観シナリオ 金融緩和は効果がなく、円高によるデフレ不況がこれからも続く
③破滅シナリオ 国債の暴落(金利の急騰)と高インフレで財政は破綻し、大規模な金融危機が起きて日本経済は大混乱に陥る

ふたつめは、経済には強い継続性(粘性)かあることです。

仮に③の「破滅シナリオ」が現実のものになったとしても、それは次のような順番で進行するでしょう。

第1ステージ 国債価格が下落して金利が上昇する
第2ステージ 円安とインフレが進行し、国家債務の膨張が止まらなくなる
最終ステージ(国家破産) 日本政府が国債のデフォルトを宣告し、IMFの管理下に入る

書店に行けば「国家破産」のタイトルのついた本が並んでいます。日本国が抱える1000兆円の借金を考えれば、誰も財政破綻の可能性を否定することはできません。

しかしここで指摘したいのは、別の単純な事実です。“危機”は第1ステージから第2ステージ、最終ステージへと順に悪化していくのですから、ある朝目覚めたら日本円が紙くずになっていた、などということはぜったいにありません。

だとすれば私たちは、いたずらに「国家破産」を心配する必要はありません。仮に日本国がデフォルトするとしても、それまでの間に自分と家族を守るための時間はじゅうぶんに残されているのです。

それでは、不確実な未来を前にして私たちはなにをすればいいのでしょうか。

本書のテーマは「リスク」と「ヘッジ」です。

天変地異のような自然災害以外にも、戦争や内乱・テロなど私たちはさまざまな政治的・社会的リスクに晒されています。国家の債務が膨張して制御不能になる財政破綻も、私たちの人生に大きな影響を与える将来のリスクのひとつです。

しかし経済的なリスクには、政治的・社会的リスクとは異なる大きな特徴があります。

あらゆる経済的リスクは、金融市場でヘッジする(保険をかける)ことが可能です。

資産に対して最適なヘッジをかけさえすれば、「国家破産」はなにもこわくありません。

この本は金融取引の経験のあまりない保守的なひとたち、すなわちほとんどの日本人に向けて書かれています。

こうした「臆病な」投資家への私の提案は、日本経済の未来のうち、①「楽観シナリオ」と②「悲観シナリオ」、および③「破滅シナリオ」の第1ステージまでは普通預金こそが最強の資産運用だということです。

もちろん、「破滅シナリオ」の第2ステージである大規模な経済的混乱が起きれば、普通預金だけで資産を守ることはできません。しかしその場合でも、プライベートバンクやヘッジファンドなど「高度な資産運用(といわれているもの)」に頼らなくても、近所の銀行や証券会社(もしくはネット銀行・ネット証券)で売っている3つの金融商品だけでじゅうぶん対応可能です。

金融市場の正しい知識と資産運用の原則さえ知っていれば、「最悪の事態」が起きたとしてもなにひとつ慌てることはないのです。

本書でお伝えしたいことは、第2章から第5章の本文に書かれています。そこだけ読めば基本的な論点はすべてわかるはずですが、疑問な点があれば関連するコラムも合わせて参照してください。コラムはファイナンス理論の基礎を解説したもので、私のこれまでの著作と重なるものもあるので、既読の方は読み飛ばしていただいてかまいません。それと同時に、本文中で紹介した金融商品の詳しい説明をコラムでしています。実際に投資を始める前には、こちらは必ず目を通していただきたいと思います。

金融業は市場を通してデータをやり取りする情報産業で、20世紀後半のICT(情報通信技術)の急速な進歩によって大きく様変わりしました。私が「金融2.0」と呼ぶテクノロジー革命によっていまでは個人投資家と機関投資家の差はほとんどなくなり、どのような相場からでも利益を得ることができます。日本国の財政破綻は株価や為替相場を大きく動かしますから、理論的にはそこから莫大な富を獲得することも難しくありません(その代わり大きな損失を被る可能性も増しました)。

第6章では、ある程度の経験のある投資家を対象に、FXや先物・オプションなどのデリバティブを使って経済的なリスクを“奇跡”に変える戦略を解説しました。初心者にはすこし難しいかもしれませんが、このような方法もあるということを頭に入れておけばいずれ役に立つこともあるでしょう。

なぜなら、未来になにが起きるかは誰にもわからないからです。

それでは、「高金利・円安・高インフレ」のアナザーワールドにようこそ。

『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』「まえがき」より

コメントを閉じる

20件のコメント

  1. 届くの楽しみにまってます。

    >
    >それまでの間に自分と家族を守るための時間はじゅうぶんに残されているのです
    >

    しかし、自分はなかなかそうは楽観的になれないです。
    その最大の理由は、作家さんのように何があっても稼いでいける能力が自分にないからなんだけど。。。

  2. 国内的には、何も起こらないでしょ。対外的に、新興経済国との関係がギクシャクしだして、その状況が、先進経済国には利益になる。そのリスクをヘッジしないだろうから、だんだんと悪くなっていく、国民もだんだんと慣れていく。日本のエリートの駄目なところは、自分達の中だけでエリートであって、一方的にしか考えていないこと。その結果、三国関係なんかバランスをとれるわけがない。円安で売れなくなる分、価格を下げる他国は、国民的にイライラが膨らんで、結局、政治的圧力になるんだろうし、せめて、日本が有利になった場合、他国は不利になって反動がでることぐらい前もってわかりそうなものなのに・・・。政治的バカな発言するより、他国の国民経済ぐらい知ってほしいものだな、日本の政治家は。たまねぎ発言には、あきれかえった。

  3. 現時点で持っている資産のリスク回避はできるかもしれませんが、将来の収入(給与や年金等)や社会保障などは防ぎようがないのでは?
    通貨危機やデフォルトになった、いや、なりそうな国でも大変そうなので(その一方結構なんとか暮らして行ってたりするが)。

  4. 新刊をAmazonで予約し、週末に熟読したいと思っている40代会社員です。

    橘さんの御見解を教えて頂きたいのですが、高金利下でマイホームをローンで購入は厳しいやも知れませんか、高インフレ下での現物資産(不動産)への投資をどうお考えでしようか?

    今後予想されるアナザーワールドでの不動産投資に付きご教示頂きたくよろしくお願いします。

  5. 内容楽しみにしています
    楽観的に進むことを望みながら
    悲観的な状況になっても対応できるようになりたいと思います

  6. どういう結果になっても神学論争に結論は出ないですよ。彼らは自分の主張に合わせてデータを並べるだけ。
    今の状況も、アベノミクスの効果VS欧米危機の一服にタイミングが合っただけ。
    このブログや経済記事でいろんな方の主張を読みましたが結論は
    「経済学はインチキな学問」(自然科学のようには再現性はないという意味で)です。
    市場の期待や予測に働きかけるなんて、優秀な詐欺師か正直な詐欺師かの違いかと…

  7. 今時点で、アマゾンにレビューが1つだけ載ってた。
    内容が、私の頭よりトンチンカンなので、まったく参考にならない。
    (そもそも、まだ読んでないのに書いてる)

    当方は地方住まいなので、新刊が書店に来るのも遅いし・・・
    読者のレビューを参考にしたいので、大都会のどなたか、
    早々の書評の書き込みをお願いします。

  8. 小説も待ってます。
    小説が出たら即買いじゃん。(今回は図書館じゃん。)

  9. 国家破綻=生活破綻でないことは、橘さん以外の人も述べている事ですよね。
    きちんと自分の生活を守る術を理解していれば、国の破綻は高級取りの公務
    員や国と癒着している半公共会社や寄生虫のような生活保護者の駆逐に繋
    がる事なのだから、むしろ歓迎すべき事では?少なくとも、真面目に税金を払
    っている人間にとっては、胸のすくようなイベントになるのではないかと思いま
    すが、いかがですかね?

  10. 面白かったです。と言っても、これまでの著作を昔からほぼ全て目を通しているから重複する
    部分も多かったですけど。プロダクトの部分はこういうのを使えばいいっていうのは分かるん
    ですけど、楽観、悲観、破滅のフェーズの移り変わりに適切に気づき対応できるのか?タイミングの部分に気づけるのだろうか?とも思いました。金利の上昇の具体的な数値だとか、円安が
    加速するタイミングだとか、ベアファンドのポジションをとる期間が結果的に長期になったと
    したら損失がどんどん膨らんでいくとか、タイミングと市場のどの基準を超えた時点で反応し
    ていけばいいのかとか、その辺で逆に悩んでしまいました。

  11. 国家債務危機は、長いスパンをかけて進行するから
    初期は普通預金でOKという論には納得しました

    でも、第1~3フェイズを見分けるにはどうすれば…
    自分はタイミング投資を諦めてるので、
    いまの外国株メインポートフォリオでもいいかと思ってしまいました

    株は騰落が予測不能だけど、
    債務危機はあるていどタイムスパンが予測できる…んでしょうか

  12. 昨日届きましたが、まだ読んでません。

    >> 世捨て人 さん

    そうなんですよね。ベアファンドは長期保有だと資産が溶けていくんですよね~。
    だから、結局兆候がはっきりしてからでないと手が出せない。それで上手く利益あげられるのか?と、たぶん上手くいかない気がします。

    >> 大岩四丁目 さん

    三橋信者が色々書き込むだろうと予想してましたが、読まずに書いてくるのDQNぶりはさすがに予想外でした。「神学論争」には足踏み入れないって言ってるのに。。。

  13. 新刊で疑問に思った点がいくつか

    ・物価連動債を薦められてますが、破綻国家のインフレ率は、実際は公称より高くなる例が多いそうで
    本当にインフレヘッジできるのか?

    ・地震や原発事故をきっかけとして破綻に至る場合、対応する時間がなかったり、
    予告なしの預金封鎖と超円安・金利高騰もありうるのでは?
    ブラックスワンと言うには、可能性が高そうに思います.

  14. >第1ステージ 国債価格が下落して金利が上昇する
    >第2ステージ 円安とインフレが進行し、国家債務の膨張が止まらなくなる
    >最終ステージ(国家破産) 日本政府が国債のデフォルトを宣告し、IMFの管理下に入る

     「日本が破綻すれば、IMF傘下に入って財政再建」云々という話もありますが、IMFが救おうとしても、日本が巨大すぎて、助けることが出来ません。IMFの融資額は、全世界を合わせて、最大14兆円ほどです。
    - 2011年末の融資残高は、926億SDR(約1,420億ドル)-

     「世界の投資家が日本国債にカラ売りをかける。その結果、国債も円もドーンと値下がりしてハイパーインフレが起きる。そうなったらもちろん財政は破綻、倒産企業も続出で日本経済は地に落ちる」

     あり得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。