日本的雇用からブラック企業が生まれた 週刊プレイボーイ連載(85)


2008年12月末、東京・日比谷公園の一角に突如、巨大なテント村が姿を現わしました。

世界金融危機に端を発した景気後退で製造業を中心に多くの派遣社員が職を失い、社員寮からも追い出されてしまいました。彼らが路上で年を越すのは政府の責任だとして、NPO法人が厚生労働省の目の前に「年越し派遣村」を開設したのです。

これをきっかけに、マスメディアは派遣社員の過酷な労働環境を連日のように報道し、経済格差が大きな社会問題になっていきます。そこでの論調は、「派遣社員はかわいそうだから正社員にするべきだ」というものばかりでした。こうして、年功序列、終身雇用を理想とする“正社員神話”が蔓延していきます。

解雇がきびしく制限されている日本では、新卒で正社員として就職すれば定年までの約40年間「終身雇用」が保証されると考えられています。これは一見すると、労働者にとって法外に有利な契約です。だからこそ企業は派遣などの非正規雇用を増やそうとし、正社員の地位はますます稀少になって、宝くじに当たったように扱われることになります。

しかし、正社員が労働者にとって一方的に有利な契約なら、企業はなぜそんな不利な雇用形態をいまだに続けているのでしょうか? 正社員として採用するかどうかは企業の自由なのですから、全員を「非正規」にすることもできるはずです。

もちろん正社員で募集しないと優秀な人材が採れないからでしょうが、日本的雇用が生き残る理由はそれだけではありません。日本の会社は、終身雇用と引き換えに、正社員に対して絶対的な権力を持つことができるのです。

日本の裁判所は、解雇については労働者の味方ですが、転勤や配置転換などを不服とした訴えにはきわめて厳しい態度で臨みます。「生活の面倒を見てもらっているのだから、多少理不尽なことをされてもガマンしなさい」というわけです。最低賃金や有給など、法に定められた最低限の労働条件を満たしていれば、会社は正社員に対してどんな無理な要求をしても許されるのです。

ところがここ数年、会社と正社員のこの歪な関係を利用した新しいビジネスモデルが登場してきました。飲食やアパレルなど多数の働き手を必要とする業界で、新卒を大量に正社員で採用し、最低賃金とサービス残業で徹底的に酷使すれば、アルバイトを時給で雇うよりずっと人件費コストが安いことが発見されたのです。もちろんこんな労働条件ではみんな辞めていきますが、「正社員」に憧れる新卒はいくらでもいるので、翌年また大量に採用すればいいのです。

日本的雇用とは、会社と労働者との間で「生活保障」と「会社への従属」を交換することでした。しかしこれはたんなる慣習なので、正社員の形式さえ整っていれば、「会社への従属」だけを要求したとしてもなんの問題もないのです。

いまでは名だたる大企業でも社員が過労死したり、「追い出し部屋」で退職を強要されることが社会問題になっています。このようにして、うるわしき日本的雇用からブラック企業が誕生し、増殖していくのです。

参考文献:今野晴貴『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』

 『週刊プレイボーイ』2013年2月5日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

17件のコメント

  1. 嫌なことをなるべくやりたくないので、借金はしないようにしてます。
    仕事は正社員にこだわらなくて済むから、気楽ですわ。

  2. 最低賃金は上がり続け 大卒初任給も毎年上がり続け、今や20万超え。
    週休二日制が当たり前になり、
    週の労働時間は40時間 ばか高い社会保険料
    そんな環境の中 利益を上げなければならない企業。
    労働基準法を遵守し倒産する会社は ホワイトなのでしょうか。
    倒産すれば すべて許されるのでしょうか。
    リストラしないことが正しく、派遣でなく正社員を雇うことが正しく
    社員を働かせないことが正しく
    そして 倒産する企業は ブラック企業とは言われないのですね。

  3. 数年前のNHKの番組で、アルプス電機に派遣されている若い派遣労働者が、アルプス電気の社内運動会に参加するために、勤務時間終了後にムカデ競争の練習をさせられているのを見ました。

    正社員でなくても、この有様なのが日本人なんですけどね。
    個の力が徹底的に弱い。

    あと自分の実感では、大卒初任給はここ20年変わっていませんね。

  4. ブラック企業やホワイト企業?は、ごく一部だろ

    世の中、グレー企業ばかり

    いや、ダークグレーが一番多いかな?

  5. 解雇規制を緩和して、労働市場を流動化させる以外、
    ブラック企業をなくす方法はないでしょうね。
    競争市場であれば、おかしな企業は辞めればいい。
    逆に言うと、相応の待遇をしなければ、会社が維持できなくなりますから。
    あと、ひとくちにブラック企業と言っても、
    「経営者が私腹を肥やすために労働者を酷使している」なんて例は稀で、
    ほとんどは市場の歪みによるものではないかと感じています。
    規制産業とそれ以外の産業、組合員と非組合員、独占事業主と下請け・・・等等

  6. そうそう。「解雇規制緩和」すればブラック企業が全部なくなる
    というのは非現実的だが、少なくとも大きく減ると思う。

    デンマークなんかは解雇規制が凄く弱いのに、北欧を賞賛する
    社民党のような人達ほど、「解雇規制強化」とか叫ぶのが
    わけわからん。(増税反対も同じ)

    逆に社民党脳の奴らが、弱者をより窮地に追い詰めている。

  7.  ブラック企業が増えたのは一円起業が可能になったことが一番の理由だ。このために資本を300万程度も集められない連中が経営者()となってどんどん業界の品質を下げていった。いまのまま雇用規制緩和を行ってもブラック企業が増大するだけだ。

  8. 日本的雇用の最後の牙城たる国家公務員(ノンキャリア)として働いています。ただでさえ解雇規制の強い日本において、公務員の場合は更に法律により身分が保障されています。そのため、ノンキャリアを中心にモラルハザードが生まれています(ノンキャリアの場合は、始めから出世の天井が分かっているので)。国家公務員の約97%がノンキャリアです。つまり、国民の税金を源泉としている公務員給与のほとんどがノンキャリアの給与です。そのように考えると、多少、キャリア職員の特権を保存してあげた上で、ノンキャリアの給与改革・雇用改革をすれば、財政改革に資することになりますし、国が率先して雇用を変えているというインパクトを与えられるのではないでしょうか。ちなみに、ノンキャリアの仕事の大部分は、非常勤職員(任期付職員)でも十分にまかなえることができます。民間にも労働市場を開放することができますし。少し自虐的になりましたが・・・。

  9. いつも思う素朴な疑問?
    なんで今、公務員を批判する人はそのとき公務員にならなかったのかなあ?

  10. 私も、日本の雇用制度が、ブラック企業が跋扈する大きな原因だと思います。

    が、労働者個人にも、もっと大きな原因があります。
    今は伽藍に閉じ込められてなんかいません、バザールに居るのだから逃げ出せばよいのです。
    皆が去れば、そのマーケットはツブれてしまい、存在しなくなります。

    古代から公地公民で農奴にされ、西欧が近代社会を発展させている時にも徳川ムラ社会で自由
    をうばわれ、日帝時代には間抜けな軍上層部の命令にしたがい人間爆弾にされていました。
    1500年程も、骨の髄まで奴隷根性を埋め込まれましたから、確かに詮ない事かもしれません
    が、今から何とかしないと個人は救われないです。

    私もそうだったのですが、何かあると集団を優先しようとするし、理不尽と思われる事でも
    まず頑張ろうとして出来ないと何故か出来なかった自分を責める傾向がありました、特別な
    報酬がある訳でもないのに・・・ナサケないところです。

    F.A.ハイエク『隷従への道』ー 大衆向けのリバタリアン系入門本ですが、日本の伝統に
    個人が打ち勝てるか、の参考にはなりそうです。某出版社を脱サラして、今を活躍されて
    いる作家さんの著書で知りました。(その出版社がブラックかどうかは知りませんが)

    自分で感じ、考え、実行する行動力がないと、為す術もなくブラック企業に隷従してしまう
    のは、結局は自分の責任です。誰も手を差し伸べてくれません、口はいっぱい出てくるけど。

  11. 『いまでは名だたる大企業でも社員が過労死したり、「追い出し部屋」で退職を強要される』のだから、もはや日本の企業は終身雇用じゃないよね。

    ・解雇規制の撤廃
    ・同一労働同一賃金
    ・年齢による差別の禁止
    ・外国籍の雇用制限
    たったこれだけで失業率激減間違いなし!

  12. >>gtk

    そういう批判を時々みかけるか、何をアホで幼稚なことを言ってるんだと思われるだけですよ。

    批判している側は「特権をもっている公務員はズルい。自分がその立場になれなくて
    悔しい」みたいな、小学生レベルのことを言っているんじゃないの。

    公務員の非効率なあり方が、社会全体に害悪をもたらしていることに対して
    怒っているの。

  13. 公務員を批判する者の中には、自分の子どもには公務員になってほしい、と思っている者がいる。

  14. 日本の労働環境がよく整理された、わかりやすい記事でした。どうせ、参考文献にすら登場していない城繁幸氏の影響もあるんでしょうが・・
    会社が利益をあげるということは、あるいは損失を計上するということは、利害関係者のどこかから搾取してるわけで。搾取されるのが納税者だったりすることもあるが、基本的には従業員、下請け等の取引先、消費者、株主のどこかから利益を確保している。
    日本経済が停滞し、会社に対する幻想が崩壊した現在だからこそ、ブラック企業なるものが問題になっているのだろう。その不利益を不釣合にまで被るのは、やはり若年層で、彼らがネットで騒いでいるのは容易に想像がつく。
    ところで、「労働市場を流動化させれば、多くの雇用問題は解決できる(少なくとも改善できる)」という主張がある。個人的には大賛成なのだが、楽観的すぎるだろう。
    金融緩和さえすれば、すべて解決するというリフレ派に通じるものがある..
    たしかに日本経済全体からみれば産業構造の転換がすすみやすくなり、いいと思う。経営者も安心して雇用できるようになる。
    年功序列の廃止、職務給導入、明文化された正規雇用の解雇規制の緩和が、あかるい未来をもたらすかのような主張をしている人もいる。
    しかし、そう簡単な問題でもなさそうな気がする。
    ほとんどすべてのノンワーキング・リッチ中高年正社員は能力に比して過剰に給料をもらっている。労働者全体をみたとき、中高年労働者全体の過剰分の方が、若年層全体の過少給与分(世界的にみれば過剰である可能性もある)よりも大きいのはあきらかであろう。つまり、全体でみたとき、日本の労働者は能力以上の給与をもらっているのだ。
    結局、能力があり値札がつく若年労働者には朗報だが、何の技術もない若年労働者にとって、プラスなのかマイナスなのか、わからない。いま既得権をもつ中高年層は解雇されるか、大幅減給は避けられないだろう。
    結果として、雇用が拡大するどころか、全体としては縮小する気がする。少なくとも大企業は、本来なら解雇されるべき人員を飼っており、新たな雇用よりも解雇の方が多くなるだろう。
    日本全体の労働者の給与が下がるのは間違いない。
    どうでもいいが、世界的には、そもそも日本で働いて収入を得ていること自体が既得権である。途上国基準からすれば、ブラック企業の労働環境も悪くないと感じるだろう。

  15. 正社員における終身雇用は会社への隷属は昔からトレードオフの関係にありましたが、この「ブラック企業」という呼称が一般的になったのは民主党が政権をとってからの様に思えるのですが如何でしょうか。

  16. 公務員を批判しているのではなく、公務員のシステムを批判しているのである。
    公務員のシステムではなく、公務員を批判したら大変だ。

    公務員A「そうだ、民間人の財産を強奪して生活しているなんて恥ずかしいことだ」

    公務員B「いやー、公務員は最高だね。民間人どもめ、ザマー見やがれww」

    Aは公務員を辞めてしまい、公務員は全員Bになるだろう。

    公務員は恥ずかしい、なりたくないと思う人が公務員になれば、社会は良くなる。本人は不幸だが。
    公務員は最高だ、なりたいと思う人が公務員になれば、社会は悪くなる。本人は幸せだが。

    こんなおかしな職業は、そしてそれに伴う権限は、世の中から可能な限り無くすべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。