ゆたかな国のマイクロクレジット


「「生活保護で貧困はなくならない」と賢者はいった」でムハマド・ユヌスのことを書いたが、先進国でのマイクロクレジットの実験についてすこし追加しておこう。

バングラデシュのような最貧国でしか機能しないとされてきたマイクロクレジットが先進国でも成功した例としてノルウェイがある。

ノルウェー北部のロフォーテン諸島は深刻な過疎化の問題を抱えていた。オスロなどの大学に行った男の子たちは島に戻って漁師になるが、女の子たちがほとんど戻ってこないのだ。

その原因は、島の生活では女性たちのやることがなにもないからだった。漁師と結婚すると、夫が海から戻ってくるのを待つあいだ、おしゃべりで時間をつぶすくらいしかすることがない。女の子たちが島からいなくなると、男の子たちもどんどん島から離れるようになった。

ところがマイクロクレジットを導入すると、女性たちはローンを使ってセーターを編んだり、アザラシのかたちの文鎮や木彫りのトロール(いたずら好きの小人)をつくったり、さまざまな“ビジネス”をはじめるようになった。

彼女たちの問題は、貧困ではなく孤独だった。マイクロクレジットの「連帯責任」によって、これまでばらばらだった島の女性たちがお互いに支えあい、助言しあうようになった。「借りたお金をみんなで返さなければならない」というルールが、共同体をつくるきっかけになったのだ。

マイクロクレジットはビル&ヒラリー・クリントンによってアメリカにも導入された。

ユヌスはアメリカの生活保護の実態を以下のように描写している。

もしあなたが生活保護の受給者だったら、それは、すべてのドアと窓が固く閉ざされた部屋の中に押し込められ、ドアを開けたり、外に出ようとすることさえできない状態に置かれているようなものだ。つまり、あなたは実質的には囚人のような状態で、貧困に囚われているだけではなく、あなたを助けようとしている人たちによっても囚われているのである。

もし金を手にしたときには、その収入を福祉局に報告しなければならない。彼らはあなたが稼いだ金額を、生活保護の給付額から差し引くのである。そのうえ、あなたはどんな社会事業団体からも、金を借りることは許されていないのである。

(ムハマド・ユヌス&アラン・ジョリ『ムハマド・ユユス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家』

 個人主義の進んだアメリカでは「5人組」の連帯責任がうまくいくはずはない、と誰もがいった。

シカゴのスラムでのマイクロクレジットでは、仲間を見つけるために定期的にパーティを開いた。するとスラムの女性たちは、バングラデシュやノルウェーと同じように、グループをつくってお互いに助け合いながらビジネスを始めたのだ。彼女たちのビジネスはコーヒーケーキを焼いたり、パーティでコメディエンヌをしたり、貧困国の女性たちとはまるでちがったものだったが、それでもスラム街には近所同士の強力なネットワークがあり、「連帯責任」が共同体を生み出したのだ。

マイクロクレジットの問題は、これが女性だけのグループに最適な方法だとしても、男性の貧困問題の解決には限界があることだろう。ユヌスも指摘するように、男性と女性を混ぜると、男性が女性を支配しようとしてグループが崩壊する。男性だけの集団では序列(階層)ができて、ボスと手下の関係ができてしまう。これは、男性と女性の集団のつくり方が生得的に異なるからだろう。

とはいえ、先進国でマイクロクレジットが普及しない最大の原因は、それが福祉・生活保護にかかわる公務員やNGOの“既得権”を侵害するからだろう。“かわいそうな貧しいひとたち”にお金を配る仕事がなくなると、このひとたちは用なしになってしまうのだ。

コメントを閉じる

14件のコメント

  1. 時給800円、毎日8時間、月22日労働して得られる賃金は、140800円。

    これがまずいのでしょうね。今の日本の場合。
    物価も給与も二倍程度のインフレが望ましいのかなと思います。
    マイクロクレジットなどの操作不要ですし。インフレなら既得権者も諦めざるを得ない。

    それと同時に富の上位偏重も是正しないと。累進制はもっと厳しくすればいい。
    働くだけ損だとか言う人は、働かなくていい。その分他の人に雇用や仕事が回ることになる。
    海外に逃げるという人もどうぞご自由に。イチローや松坂、ダルビッシュがいなくても野球は回るように日本は回る。

    生活保護制度で対応するとなると、これはもっと薄く広くしないとダメでしょう。
    それを拡大解釈していくと、ベーシックインカムになるのかな。

  2. コメントを読んでいて、私の開いた口が閉じなくなりました。これほど、現状の認識と将来への理解が違うのですね。保護を広く、課税を強化、野球と国の制度を同列に考える人。一般的なのでしょうか。そして、さらにインフレですか?制御できるインフレだと良いですが。一人のケースワーカが担当できる保護者は、100人で限界でしょうから、行政も当然、大きくなります。どんな国になるのでしょう。相当、グロテスクな感じがします。この橘氏の文章は、それを解決する一つの知恵、試みとして、マイクロクレジットとの話だと思うのですが。何かの意図があるのか、ただ単に誤解しているだけなのか。

  3. 私は個人的には所得税、法人税、相続税、非課税論者です。
    少なくとも、シンガポールと競争すべきだと考えます。
    消費税のアップとベーシックインカムの推進、マイクロクレジットの導入には賛成です。

    課税強化、累進課税強化はお金持ちが逃げ出す。
    イソップ寓話、北風と太陽を読むべきです。
    それでは国力衰退の道です。

    自分の個人的境遇を第一に考えては、自分に近い立場の人にしか受け入れられない、
    現実を変革できない意見の羅列になってしまいます。

    お金持ちになる人は労働時間の切り売りしか知らない人に想像できないリスクと
    失敗すれば、労働者に雇用を提供し、最後は破産してでも給与を支払い、
    、、、と言ったことをして、

    再起して、失敗すれば、また破産する可能性を乗り越えて、
    成功する。

    そんな人たちです。少なくとも私の友人は、、、、

    その末に成功した友人の何人かは失望して、海外に行ってしまい帰ってきません。

    まして、外国人の成功者は日本よりシンガポールやマレーシア、フィリピン、を選びます。
    日本には魅力がないから、当然ですね。

    ちなみに私は2度起業し、一度目はテストマーケティングで撤退し、
    二度目は、会社、個人ともに破産です。
    元、従業員は少なくとも失業保険は確保していますが、、、

    よって雇用保険の支払いや、税金をきちんと個人も法人も払っていても、
    セーフティーネットが一切ない立場の元経営者です。
    友人は、日本を捨てろと言います。
    彼は日本を捨てて再起して、今ではかなりの資産家になっていますが、、、、

    私は今後どうすべきか真剣に悩んでいます。
    デメリットしか感じられない日本に残るべきか?

    ある友人は、日本で起業しましたが、本社をシンガポールに移しました。

    私には何故なのかよくわかります。

    日本が内向きで中のことしかわからない、
    江戸時代の鎖国状態のような現在、
    ちなみに、日本人ほど過去数年で凋落している現実を知ろうとしない人たちはいないようにおもいます。

    災害後、好意的な報道は、感覚的には、かわいそうな人たち、と思われて哀れまれているのが現実だとどれほどの人が知っているのでしょうか?

    ジャパンアズナンバーワンからジャパンバッシング、そしてジャパンパッシング、
    誰も見向きもしない、、、、チョット言い過ぎですが、それに近い感覚の外国人はたくさんいますよ、今は哀れみ、

    累進性讃美は、日本のゆがんだ戦後教育の産物です。
    少なくとも集めた税金を配分する機能が機能不全、
    公僕であるはずの公務員は今や自分のことが最優先で外部環境が変化、
    高度成長、から喪われた20年を経ても、人事院勧告の給与引き下げさえ実現できない、
    どうしようもない、公僕、もう公僕は死語ですね、、、国家公務員、地方公務員、まとめて50パーセント削減でいいのでは?

    約30兆円の公務員給与の浪費を削減し回らない行政を民間売却、民間委託しあらゆる公共部門はミスマッチ政策しか実行出来ない、出来ていないので納税者としては、居て欲しくない。

    ちなみにある知人の知人は、民間企業をリストラ後、社会保険庁ではたらいているとのこと、
    一分でも勤務時間をすぎると、いくら仕事が残ってても、ピッタリみんな帰るそうです。
    組織的な怠慢、2007年の「消えた年金問題」、2008年の「年金の記録改ざん問題」を経ても、
    この実態の公僕は、、、失礼しました。死語ですね

    日本のいう国を全体から眺めて、全体最適化を老若男女、
    自分なりに考えるべき時期ではないでしょうか?

    私も考えてみます、真剣に、、、

  4. 制度ってのはよ、チューニングが必要なのよ。
    クラス(基型)から最適なインスタンスを生成する。
    もうこれだけで最低3つとかの要素が絡むじゃん。
    1.基型が最適か?
    2.チューニングが最適か?(民族や時代に適合するか?とかさ)
    3.実現可能か?(意思決定制度をパスできるか?とかよ)

    現実にはもっともっと障壁が存在するじゃん。そもそもこういうWebとか観てさ、
    1.情報を自分から取って
    2.自分の物にして考えられる
    この二つを満たせる人間なんて殆どいないもん。橘さんのブログとかだと軽くクリアしてる様なヤツらばっか集まってコメントするから、皆がきちんと考えてるって錯覚しがちだけどよ。
    現実にはさ、日本語で書かれてるのにも関わらず、この記事を読めて自分の意見言える人なんて殆どいないもん。その辺のおじさんとかおばさんとかさ。
    でも先に書いた「意思決定制度をパスするか?」ってゆう視点から見ると圧倒的にそういう人の方がマジョリティーだもの。

    よく「政治運動しろ!デモしろ!意見発信しろ!」とか言ってるブログとかあるけどよ。
    個人が全体に対してできる事なんて、現実には本当に少ないんだぜ。本当に。

  5. >マイクロクレジットの問題は、これが女性だけのグループに最適な方法だとしても、男性の貧困問題の解決には限界があることだろう。ユヌスも指摘するように、男性と女性を混ぜると、男性が女性を支配しようとしてグループが崩壊する。男性だけの集団では序列(階層)ができて、ボスと手下の関係ができてしまう。これは、男性と女性の集団のつくり方が生得的に異なるからだろう。

    この指摘は非常に興味深いです。
    男尊女卑の文化や、男社会の欠陥がこういう場面で出てきてしまうとは。

    だとすれば貧しい男性には従来のベンチャーキャピタルでカネを貸せばいいんじゃないかと思いますけど、独立して事業を始めようとするような意欲と能力がある男性は黙っていてもカネを集めて起業するでしょうし、そうでない男性は
    『金は貸すから起業してみたら?』
    と提案されても、ありがた迷惑でしょう。

    先進国における男性向けマイクロクレジットのスキームをしばらく考えていたのですが、ちょっといいアイデアが浮かびません。橘様のご意見をお聞きしたいです。

  6. >先進国における男性向けマイクロクレジットのスキームをしばらく考えていたのですが、ちょっといいアイデアが浮かびません。

    先進国というか日本での話ですが、規制緩和をするだけでも改善される部分が大きいと思います。日本は、英語で言うところのred tapeでがんじがらめになっているんですね。

    例えば、金がないからリヤカーを引っ張って屋台にして商売を始める、というのは日本では厳しいですね。残念なことに福岡市の屋台街もいずれは消え去る運命だそうです。

    どんな分野でもそうですが、新しく何かを始めようとすると、大きな壁が立ちはだかっている現状は、社会全体として大きなマイナスです。

    新卒採用などというのも、嫌な慣習です。卒業してから一年間世界中を駆けまわってきた人には資格がなくなるのですからね。新しいことを始めている会社のウェブサイトで「一生一度の新卒です。考えて、考えて、決めてください。」という表現を見てこの問題は深刻だと思いました。

  7. 当然ですが、起業しても上手くいくとは限りません。
    商売が上手くいかず、借金を返済出来なくなったら、どうなるのでしょう?
    そして、現在、稼ぎもなく、商業活動に不向きな性格(人付き合いが下手)故に生活保護を受けている人々に、借金をさせて商売をさせると言うのは、無理がある気がします。

  8. 紫力様

    レスありがとうございました。

    私も現在の様々な規制は緩和すべきと考えておりますが、
    仮に規制が非常に緩和され起業なり商売がやり易くなったとして、
    更にマイクロクレジットなどの制度が充実したとしても、
    現在貧困にあえぐ人の大半は起業・独立するという選択肢は取らないのではと思うのです。

    伏見一輝様もおっしゃる通り、人には向き不向きがあります。
    人に雇われている方が幸せな人は、独立せず従業員として勤めるのが幸せです。
    しかし、特に特殊な技能を必要としない業務に就く従業員は、今後更に貧窮していくでしょう。

    その状況を改善するため、血税を使わない制度、出来れば利益を伴う事業は何か作れないかとしばらく考えていたのですが、やはり今に至っても思いつきません。
    だれしもが人に必要とされる能力を身につけられれば良いですが、そうもいかないでしょう。

    人に必要とされない人間は窮して当然。と割り切ることも私は少々抵抗があります。
    何のとりえもない人もせめて、人に必要とされている、他人の役に立っているという幻想だけは見られるような世界は作り出せないものでしょうか。もちろん血税は可能な限り使わずに。

  9. 伏見一輝さん、お父ちゃんさん

    >商売が上手くいかず、借金を返済出来なくなったら、どうなるのでしょう?

    問題は、その借金の大きさにあります。日本では「気軽に商売を始める」という道が、規制が多すぎるために閉ざされてしまっているのです。

    ぜひお隣の中国を見て下さい。大学生が、または昼間は雇われて働いている人が、あるいはお年寄りが、朝早くには食材やら屋台を、夜遅くにはおもちゃや身につけるものや屋台を、道端で風呂敷ならぬビニールシートを広げて商売をしています。この人達が商売を始めるための資金あるいは借金は数千円からという低さに、ぜひ驚いて欲しいもらいたいです。

    ある日本人が上海で屋台を始めたという事実があります。彼は、なぜわざわざ暮らす環境としては日本よりも劣悪な中国で屋台を出さなければならなかったのでしょうか。

    中国には、政治的な自由はありませんが、社会的な自由は日本よりもずっと多く確保されています。

  10. 規制云々はちょっと筋違いかと。
    まして若者の起業と屋台や露天商をすることとは関係ないでしょう。
    今は家賃も安いですしITほかインフラはただ同然。PCもコピー機も数万あれば手に入る。
    設備投資費が安く上げられる居抜きで飲食店始める人もいっぱいいますよ。
    2000年以降ITが普及したおかげで20代30代の方が中小企業を脱サラして個人事業主から起業した人も多く知っています。そのほとんどは無借金経営です。
    豊かな日本では小規模な起業ならば他人にお金を借りる必要などありません。
    マイクロクレジット?
    >先進国でマイクロクレジットが普及しない最大の原因は、それが福祉・生活保護にかかわる公務員や>NGOの“既得権”を侵害するからだろう。
    これはリバタリアン目線での彼なりの皮肉でしょう。

  11. すいちゃんさん

    >中小企業を脱サラして

    この前提からすでに本エントリーの内容とかけ離れています。

    >豊かな日本では小規模な起業ならば他人にお金を借りる必要などありません。

    貯金がほとんどないような人が、豊かな日本にはたくさんいることを忘れてはなりません。

    中国ではゴミ集めから始めてお金持ちになる人がいますが、豊かな日本ではありえない話です。なにしろ豊かな日本ではゴミ箱すら滅多に見かけることがないのですからね。

  12. すいちゃんという方 については、「・・・脱サラして個人事業主から起業して・・・」国語の問題か、理解の問題か、まったく、違った世界に、違った言葉で生活している方だと思います。体験的に理解出来ることが、大切なのでしょうけれど。橘氏の文章も週刊誌の記事も同列に見えるものなのでしょう。橘氏も、週刊誌に連載されるようになったけれど、それだけ一般受けするようになった??橘氏もたまに、誤解されて理解し、訂正されたことがありました。
     日本の規制、行政に新規の認可を取りに行っても、「実績がないからだめ・・」と、拒否され、実績とは、経験者がいること、結局、役人の経験者を天下りで受け入れないと、スタートさえ出来ない。法律とは、作る側にこれほど有利になり、さらに解釈国家で、現場の行政者が公平(?)に解釈し指導する。この国は、これをさらに、進めるのでしょうか?生活保護費と行政の人件費で税収の半分以上という市町村は多いのではないでしょうか。「法律とは、作る側さらに指導する側にこれほど有利に・・」

  13. ではぜひ中国にいらしてくださいな。
    あなた方が望むチャンスがいくらでも転がっていますから。
    もちろん夢の国アメリカでも良いですよ。
    不遇な若者をアメリカなり中国なり送りこんで成功させる斡旋ビジネスでも始められてはいかがでしょうか?
    それともご自信でチャレンジされますかぁ?

  14. すいちゃんさんへ

    >ではぜひ中国にいらしてくださいな。

    日本が社会的な自由を獲得することを私は願っています。なお、「夢の国アメリカ」も日本と同様、red tapeでがんじがらめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。