日本人は中国人に謝罪すべきか(1)


「リバタリアニズムとコミュニタリアニズム」というエントリを書いた時に、サンデル教授の『これからの「正義」の話をしよう』(これは素晴らしい本だ)を読んでいて、もうちょっとちがう議論ができるんじゃないかと感じたことを思い出した。このままだとすぐに忘れてしまうので、ちょうどいい機会だからアップしておきたい(長文なので3回に分けます)。

サンデル教授は、「正義」をめぐるコミュニタリアン(共同体主義者)とリバタリアン/リベラリスト(自由主義者)の対立を、「先祖の罪を償うべきか」という問題で考える。

リバタリアンはもちろんリベラリストも、「自由と自己責任」をセットとする近代的な自我だけが「正義」の根拠だという立場を共有する。サンデル教授はこれを「道徳的個人主義」と呼ぶが、自分が自由な意思で選択したことにしか責任が負えないとすると、彼らの論理では先祖の罪を償うことはできない。これは利己主義ではなく、自らの「正義」に誠実であればあるほど、ホロコースト(ドイツ)や従軍慰安婦(日本)や国家によるアボリジニの子どもの「誘拐」(オーストラリア)に謝罪することはできないのだ(いずれもサンデル教授が提示する例だ)。

こうした道徳的個人主義に対してサンデル教授は、「自由と自己責任」の美名の背後に巧妙に隠された欺瞞を見抜く。道徳的に中立な立場をとれば、過去の奴隷制度や民族絶滅計画や侵略戦争に対する責任から逃れることができるからだ。しかしこれは、偽善であって正義ではない。

それに対してコミュニタリアンは、家族への愛情、仲間との連帯、共同体への忠誠を「善」とし、それを個人を超越する義務と見なす。このことをサンデル教授は、アラスデア・マッキンタイアの『美徳なき時代』(これも素晴らしい本だ)を引きながら、魅力的に語る。すなわち、ひとはみな「物語る存在」で、私たちは抽象的で空疎な「近代的自我」などではなく、歴史や共同体という「大きな物語」の一部として、人生という物語を演じているのだ。

コミュニタリアンは、共同体に対する連帯責任(同意を超越した責務)を自らの意思で引き受ける。だからこそ彼らは、自分が生まれる前の国家(共同体)の不正義に謝罪できるし、それこそが共通善(美徳)なのだ。これはもちろんきわめて難しい道であるが、「正義」はそこにしかないとサンデル教授は説く。

もちろん、サンデル教授の論理には一部の隙もない。でも、こんな疑問を感じないだろうか。

典型的なコミュニタリアンは(サンデル教授も述べるように)愛国者のことで、日本では「保守主義者」と呼ばれる(アメリカでは「共同体に忠誠を誓って国家と対立する」という有力な政治的立場があり、実はこれが草の根的なリバタリアンの思想なのだが、この話題はまた別の機会に)。だが小林よしのりや櫻井よしこのような正統な保守主義者は、過去の侵略戦争に対して中国や韓国に謝罪したりはしない(「侵略」かどうかというやっかいな問題はここでは置いておく)。

その一方で、アメリカのリベラル思想の柱石であるジョン・ロールズ(『正義論』)は、共同体への責任(政治的責務)を自らの意思で引き受けた者(政治家など)以外は、自分の与り知らない過去に対する責任はないとする。ところが日本では、過去の侵略戦争の責任を問うたり、従軍慰安婦への謝罪と賠償を求めるのはリベラルなひとたちばかりだ。

サンデル教授が正しいとすれば、日本の保守派やリベラル派はみんな間違っていることになる。保守派は日本国という物語に対して連帯責任を負うのだから、中国に謝罪すべきである(歴史的事実に関する論争はあるだろうが、日中戦争や植民地化のすべてを「正義」と強弁するひとは少数派だろう)。リベラルというのは「自由」を至上の価値として奉じることだから、自分が生まれる前の出来事に対して謝罪したり賠償したりするのはおかしい。

もちろん、サンデル教授は正しいにちがいない。保守派もリベラル派も、「哲学」としてとてもトンチンカンなことをやっていて、しかもその間違いに気づかないのだ。

でも……。

論理としていくら正しくても、現実(保守主義者は謝罪せず、リベラル派は謝罪する)を説明できない政治哲学にどれほどの意味があるのだろう。

これが、私の疑問だ。

私見によれば、「日本人は中国人に謝罪すべきか」という政治哲学的な問いは、「法人」という概念を使うことで、もっと合理的かつ現実的な議論ができる。

次回はそのことを述べてみたい。

コメントを閉じる

9件のコメント

  1. 「謝罪する」ってつまり「賠償金を払う」って事だから問題なんじゃないですかね。
    土下座して謝るだけで解決するのだったら簡単に出来るので問題にならないと思います。
    まずは「謝罪する」とは具体的に何をすることなのか定義しないから話が進まないのでしょう。

  2. いつまでもいがみあっていたら収拾がつかないので(日本も元寇の謝罪を要求できる?)、国家間の揉め事は講和条約で手打ちにすべきです。
    日本と中国は日中平和友好条約を結んだことで、過去のことは手打ちになったと考えます。

  3. 日本の保守派の人たちは連帯責任を感じていないから謝罪をしないのではなくて、「そもそも日本に謝罪すべき罪はない」と考えているのではないでしょうか?

    サンデル教授の言うように、日本の保守派も共同体としての連帯責任を感じる人たちで、もし仮に当時の日本の罪が立証されれば(国際法に違反していたとか)、謝罪の必要を主張するはずだと私は考えます。その点ではサンデル教授の説になんら矛盾点を感じません。

    保守派の人で「日本の戦争責任は確かにあるけど、俺がやったことじゃないから関係ねー」と言っている人をみたことがありません。彼らは異口同音に「日本に罪はない」と主張しております。

    たとえば小林よしのりさんは、日本に罪がない理由を次のように説明しております。

    ①日本は当時の国際法に一切違反していない。戦争も外交と同様に正当に認められた国家の権利だ。
    ②当時の植民地政策は世界的に行われていたもので、道徳的にも間違っていない。しかも欧米列強の行っていたもの(強制労働や一方的な搾取)と違い、日本のそれは、インフラ整備や現地人の教育など、はるかに道徳的だった。確かに今の価値観では不道徳と判断せざるを得ないこともあったかもしれないが、そもそも現在の価値観で過去の出来事を判断すべきではない。(たとえば仮に、将来AV観賞が不道徳とみなされる時代になったとして、現在AV観賞を楽しんでいる人は「人でなし」と罵られ、AV女優に謝罪し賠償金を支払うべきか?と説明しています)
    ③中国・韓国が主張している、南京大虐殺や従軍慰安婦など、日本軍が行ったとされる悪行の数々は、全てでっちあげである。(小林さんは、その証拠とされる写真を取り上げ、どのように偽造されたかについて非常に分かりやすく、詳しく描いています。今回の尖閣諸島の問題でも、中国政府が「日本の巡視船が漁船にぶつかってきた」とか、中国に戻された漁船に自ら傷をつけ「これがぶつけられた証拠だ」と主張していることからも、容易に想像できますよね?)

    サンデル教授も橘さんも
    “従軍慰安婦(日本)”
    “「侵略」かどうかというやっかいな問題はここでは置いておく”
    “日中戦争や植民地化のすべてを「正義」と強弁するひとは少数派だろう”
    と、日本に罪があることを前提に議論をしているようですが、むしろそこが本質ではないでしょうか?

    しかし一方、日本のリベラルな人たちは、日本のために戦った先人たちの人権を踏みにじり、中国人と韓国人の人権を守るため「日本は犯罪国家だ」「中国・韓国に謝罪しろ」と主張する、私からすると極めて変な人たちです。ですからその点では、橘さんの、「日本では、過去の侵略戦争の責任を問うたり、従軍慰安婦への謝罪と賠償を求めるのはリベラルなひとたちばかり」という指摘は、もっともだと思います。

    今後、その矛盾を「法人」という概念を使ってどのように説明されるのか、期待しております。

  4. 私もサンデル教授の講義を見ました。ハーバードでの講義と先日の来日時の講義です
    コミュニタリズムに関する問題で、日本での講義でオバマ大統領に広島長崎の原爆投下に関する
    謝罪の必要性についての議論があり、これも同一線上にある問題だと思います。
    保守派が謝罪をしないのは国家を自分自身と同一化して考ているからではないかと思います。
    つまり国家に属す自身に責任が降りかかってくること、自分の生まれる前に起こったことに対して罪を背負わなければならないことを受け入れることができないからだと思います。
    受け入れがたいと考えることは理解できますが、これは国家の遺産を受け継ぎつつも負債を逃れようとしているようにも思います。
    私としては国家と個人をもう少し放して考えてもいいのではないかと思います。つまり国家は連続した継続性があるので国家が犯した過去の罪は国家が続く限り背負い続けるものであると思います。一方個人が背負わなければならないのは負債であって罪ではないと考えます。これはたとえば自分の親が殺人を犯したとしてその被害者に損害賠償を支払わなければならないという場面と似ているのではないかと思います。法律上は自分自身は罪を背負いませんが損害賠償という負債は相続します。もしこれを背負いたくないのであれば”相続放棄”が可能ではありますが、相続財産も同時に手放さなければなりません。
    私としては国家は罪を負いつづけますが、個人は自身を”日本国民”として他国民と対峙するならばその歴史を認識し続けなければなりませんが、個人と個人であればその罪は負わないと考えます。
    ただ、他国民が自身が国民としてか個人として私と向き合ってくれているのか?ということはそのときそのときで違うとは思います。相手は国家という実体のないものに対して感情をぶつけたりしても納得できないですから。
    こういうときSFチックですが宇宙人が出てきて地球にメッセージ(友好通商条約の締結でも宣戦布告でも)を発してくれれば”地球市民”としてまとまりやすいと思うんですが。それでもまた”地球人対宇宙人”という対峙の構図はつづきますね。

    長文ですみません。

  5. この問題、日本人に必要なのは議論ではなく事実の確認と認識ではないでしょうか?
    そもそも、中国側に議論するつもりがないんですから。
    歴史教科書問題でもわかるように、中国は「自分たちの決めたことを認めろ」と、一方的に押し付けようとするだけで、こちらがいくら筋の通った反論をしても聞く耳をもっていません。
    例えば、南京大虐殺の話にしても、中国は「50万人殺した!」と主張します。
    しかし、当時の資料から、その頃の南京は20万人しか住んでなかったことがわかっています。
    日本側がそういった資料をもとに反論しても、聞く耳を持ちません。
    当時南京に50万人以上住んでいたことを示す資料も出しません。

    どくたーじーさんのコメントにもありましたが、南京大虐殺の証拠とされた多くの写真は日本側で徹底的に検証され、すべて捏造されたものだと証明されています。
    こういったことにも、中国側は無視を決め込むばかりです。

    議論をおこなうためには、それを行うための十分な情報が必要でしょう。
    「当時なにがあって、何がなかったのか。」その検証を伴わないこういった議論に何の意味があるのか疑問です。
    また、多くの中国人たちにしても、情報が制限され、また共産党に都合のよい教育を受けている以上、日本側がいくら準備を整えても、それが報われる可能性は限りなく低そうです。
    「法人」という概念でこれらの問題をどうとらえるのか楽しみにしているのですが、やっぱり、「当時なにがあって、何がなかったのか。」がはっきりしなければ、どっちにせよ戦争責任などの議論は進まないのでは?

  6. 中国人への謝罪と刺激的なタイトルになっていますが、氏の論点はそこではなくて、サンデル教授がおっしゃるところの「リバタリアニズムとコミュニタリアニズムの対立」に氏なりの独特の視点で挑んでいるように感じました。

    『「でもなんか嫌な感じするよ。」ということを「もっと言語化しよう」』ではありませんが、言語化に挑戦されている氏の (3) が楽しみです。

    『白熱教室の衝撃』・岡田斗司夫インタビュー ノーカット版 – オタキングex公式サイト
    http://otaking-ex.jp/wp/?p=9756

  7. “「侵略」かどうかというやっかいな問題はここでは置いておく”
    “日中戦争や植民地化のすべてを「正義」と強弁するひとは少数派だろう”
    などなど、
    旧日本の植民地主義の評価をめぐっては、
    非常に我々の間で共通理解が持ちにくいのが現状だと思います。

    米韓の朝鮮戦争にベトナム戦争などは、
    相当な蛮行が行われたと言われており、戦場の性の問題についても、
    米韓には「アメラジアン」「ライダイハン」といった混血児の問題が広範に聞かれるため、
    議論の余地はないように思います。

    しかし日本の日本軍慰安婦制度については、これだけ謝罪派が多いにもかかわらず、
    現地に取り残された混血児の話が広範に聞かれず、
    慰安所の実態についても「国家が管理した慰安所は規律ただしかった管理売春」という話や、
    「拷問・監禁・虐殺が常態だった性奴隷性度」という話など、
    真っ二つに歴史像が分かれています。

    サンデル教授がソースとしている「日本軍慰安婦問題」の実態のイメージは、
    おそらく日本国内の「売春所」のそれではなく、朝鮮戦争やベトナム戦争と同格の「性奴隷制度」に近いものであると考えます。
    (日本国内の細かい議論はアメリカにはなかなか届かない現状があるため)

    それはさておき、小林よしのりや櫻井よし子が謝るか謝らないかを考えるなら、
    仮定のサンプルとして有効なのは「白馬事件」かと思います。
    もし白馬事件が戦後に発覚し、まったく関係者が処罰もされず
    そのまま手つかずの常態となっていたなら……

    私の推測では小林や櫻井は「恥ずべきこと、国家が謝罪するべし」と主張するのではないかと思います。
    間違っている可能性もありますが。

  8. 先日の合意のように、日本は韓国などの国々に対して「おわび」をしてきています。もちろん例えば慰安婦は合意の上であった等の批判があり、捏造という主張もありますが、日本政府は「おわび」をし続けてきました。
    「おわび」をするということは事実(真偽は別にして)があって、それに対しての謝罪を認めるということではないでしょうか?
    それを後から否定するというのは禁反言の原則のように、信義則に照らして良くないのではないかと。
    もちろん、真偽の分析は大切かと思いますが、相手方に対する誠意という点においては良くないと思います。
    例えば、一度謝った相手に対して、後から「やっぱ真実じゃなかったから謝ったのなしね」と言い、相手がどう感じるかと同じことではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。