認知症と安楽死問題


発売中の月刊『文藝春秋』11月号に、「医療の常識を疑え」という特集の1本として、「月10万円で完全介護 海外老人ホームで死ぬ選択」というルポを書いている。フィリピンに移住した日本人高齢者を取材した記事だが、日本の介護事情との比較のために都内の特別養護老人ホーム(特養)と有料老人ホームにも話を聞きにいった(残念なことに、紙幅の関係で本文には使えなかった)。

特養は安価に入居できる老人ホームで、よく言われるように、全国に40万人の待機者がいる(そのホームも、50床に対して200人の待機待ちだった)。施設は個室と相部屋の混合だが、都内の一等地にあることもあり、きわめて人気が高い。

私が驚いたのは、入所者の全員が認知症を患っていることだった。程度はひとによって違うものの、自分が老人ホームにいることすら理解しないひともいた。

認知症の妻をかいがいしく介護する芸能人が美談として大きく取り上げられたが、「認知症は家庭では介護できない」というのが、介護現場の常識だという。疲れ果てた家族が、施設への入所を申請する。私は、入所を望んで「待機」しているのは高齢者なのだと思っていたが、実際には、「待機」しているのは本人ではなく家族なのだ。

ホームはさまざまな基準で、待機者を受け入れるかどうかを判断する。ここでも当然、私は要介護度の高いひとが優先されるのだろうと思っていた。だが、入所の基準は実はそれほど単純ではない。

そのホームでは、「手のかかる」認知症患者は最大2人(できれば1人)が限界だという。だから、夜間に徘徊したり、暴力をふるったりする患者がすでにいれば、同様の症状の待機者は選から漏れてしまう。家族がもっとも切実に入所を望むのはこうした患者だから、この判断は理不尽にも思えるが、ホームのスタッフたちは限界に近い勤務条件で働いており、他の入所者のことも考えれば、仕方のないことなのだろう。

こうして、「手のかかる」認知症患者は彼ら専用の施設に送られることになる。そこは、精神病院だ。

一部の精神病院は、重度の認知症患者を少人数のスタッフで管理できるよう拘束し、劣悪な環境に放置することで収益を上げている。家族はそのことを知っているが、強制退院を恐れているので、見て見ぬふりをしている。知人の精神科医は、こうした精神病院を「人間倉庫」と呼んだ。

日本はこれから、人類史上未曾有の高齢化社会に否応なく突入していく。65歳以上の人口は約3000万人、すでに国民の4人に1人は「老人」になった。いずれこの国に、膨大な数の認知症患者が溢れることになる。

その時私たちは、安楽死の問題から目を逸らすことができなくなるだろう。

コメントを閉じる

13件のコメント

  1. ほんとに問題は山積みです。。。人事ではなく、自分の親と義両親がどっかり肩に乗っかってこられたらもう、アップアップです。無理なら全力で逃げます。
     でも今のお年寄りって少しうらやましい、年金が満額でもらえてるし、高度成長期で生きてきたからこの閉塞感とかあんまり分かってないんじゃないかしら。  

  2. よく惚けた者勝ちといいますよね。
    豪華な個室だろうが、劣悪な環境だろうが、惚けてしまっている本人にはわからないから。
    個室だとか相部屋だとかはもう家族の満足でしかなくなる。
    しかも認知症で犯されていくのは、まず生命維持にあまり関係ない「一番人間らしい部分」・・・。
    自分の意志で脳死後、臓器提供の可否を決められるのだから、自分の尊厳も自分で決めたい。
    ただ、家族が認知症になったとき、「安楽死」を決断できるかは別の問題かもしれない。

  3. 30代医師です。老人医療にも関わっています。

    >実際には、「待機」しているのは本人ではなく家族なのだ。

    さすが橘先生だと思いました。現状がよくわかっていらっしゃる。
    老人医療は本人のためではなく、家族のために有ります。病状説明も本人ではなく、家族にします。家族の望む医療行為だけをします。そこに患者本人のは意志ありません。

    特養も、療養型病院も、要は「ビジネス」です。暴力を振るう患者や、徘徊する患者は職員の手がかかって、仕事になりませんので、Payしないのです。
    おとなしくて職員に迷惑をかけない患者は、Payします。

  4. 病気が治って再度社会貢献出来るようになるならば
    「医療・介護で経済成長」も可能かもしれませんが、
    ボケ老人に医療や介護を行なっても治りませんのでリターンはゼロで、
    やればやるほど経済的にマイナスの効果しかありません。

    こんな無駄なことでも自分のお金でやる分には文句はありませんが、
    莫大な税金・社会保険料を注ぎ込むのは止めて頂きたい。
    しかし高齢化社会で彼らが政治的多数はになった為、それを止める手段はなく、
    マイナスリターンの対象に全力で金を注ぎ込み日本は衰退して行くでしょう。

    老人医療を全額自己負担にして、ガンガン老人が死にまくれば、
    年金問題も、医療増大も、経済成長力低下も、財政赤字も全部解決するのに。

  5. 認知症介護の現場で働いています。もう辞めますが。
    認知症にも、脳血管性、アルツハイマー型等、その原因によっていろいろなタイプがあり、また、複合的に絡み合うため、結果として様々な症状が出ます。
    惚けてしまえば幸せという認識が、世間一般にはあるかもしれませんが、現場にいて感じること。それは、ほぼ、全ての認知症患者は「苦しんで」いるという事実です。脳血管性の認知症患者に至っては、ほぼ100%の人が、「自分が惚けている事」を感じています。アルツハイマー型にしろ、発症初期段階では相当な精神的苦痛を伴っています。当然だと思います。自分が惚けていくのではないか・・・これはとてつもない恐怖です。

     私は自分が認知症を患ったまま、生きていたいとは思いません。とてつもない「恐怖」に苦しみながら行き続けることほど辛いことはありません。できれば楽に死なせて欲しいものです。この仕事を始めるまではそんな事を考えることもありませんでしたが、続けるうちに、私は強くそう考えるようになりました。そして私のこの価値観と現在の福祉施設のありかたには、埋めがたいギャップがあり、もうこれ以上、この仕事を続けていけそうにないと感じるまでになりました。

     私達が「管理」する、福祉施設に入居する認知症患者は非常に長生きします。もしも、私が認知症を患い、家族によって施設に放り込まれたら、毎日の規則正しい生活と、適切な栄養管理、体調管理によって、私は死ぬことも許されず、「苦しみ」を長引かせるだけの生活を延々と送る事になるでしょう。

     私のような価値観の人間は少数派かもしれません。しかし、この国には「死にたくても死なせてもらえない」膨大な数の年寄りがいます。介護保険のもと、これからもその数は増え続けるのではないでしょうか。
     認知症患者との心温まる交流が喧伝され、美談がそこかしこに溢れています。ですが、本質は、介護疲れによる殺人等のニュースにこそあると私は感じます。

     「死んでいいんだよ」という事にはならないんでしょうかね。私は敢えて言いたいです「人は死んでいいんだよ」と。

  6. 「自然のしきたり」
    2年ほど前に84歳の父を見送りました。2年ほど人工透析をしていて、そろそろ限界じゃないか、、と思っているところに、原付で転んで大腿部を骨折し入院。みるみる身体は弱ってきました。だんだん食べられなくなってきて、イロウ(胃に直接チューブを通し食物を送る)をするように言われましたが、父は断固拒否。もともと、健康には人一倍気を使い、例え地球上に自分ひとりになっても死にたくない、というような人でしたが、食べなければ死ぬのはわかっているのにイロウも食べることも拒否しました。それでも、病院側は無理やり食べさせようとする。それがいやで、出された食事を洗濯物の中に隠す父、認知症でもなんでもなかった父が、そんなことをするなんて、、と悲しかった。父が亡くなった後、たまたま読んだ本(お医者さんが書いた本)に、絶食状態の方が苦痛なく死ねる、と書いてありました。それが自然ですよね。年を取って死ぬことは、自然なこと。人工的に生かされてもあるのは苦痛ばかりじゃないかと思う。(ケースバイケースは言うまでもなく。)

  7. 10年前に脳こうそくで杖になった父が現在 腎不全 胸膜炎 心不全 肺水症 お腹の周りのリンパ節がはれて入院しています(83)。母が老老介護をしております(今は病院往復のみ)。同居の義母も83歳。加齢による手や足腰の衰え。たとえばビンの蓋などが開かないなどの問題で頻繁に家族に依存することが多いのは仕方がないのですが ちょっと物が見つからないなどのことですぐ そして頻繁に警察に電話してしまいます。物をよくなくす なくすとそれを人のせいにする(被害妄想)などで役所に嫁の悪口を言いに行きます(体は丈夫なので 頻繁にあちこちに私の苦情を言いにいきます)。要介護2です。デイサービスに週1回言っていますがそれも行きたくないからキャンセルしてほしいと言われました。認知症の薬をもらったこともあるのですが 一度も服用しないで捨ててしまいました。

    今から10年たったら ベビーブーマーの高齢化により 年よりによる事故の頻発する日本になるでしょうね。危なくて子供を道路で歩かせることができなくなるかも。先日曲がることができないでぐるぐる運転しているお年寄り(女性)の車を見かけました。

    なぜこんなに年より優遇社会になったのでしょうか? 人口が多いベビーブーマーは政治力が強いので今後ますます選挙で 年より優遇を提案した政治家に投票するでしょう。ベビーブーマーが職にしがみついていたのと 不況のため雇用抑制で どの職場も若手がうまく育っていない。たとえば電車の運行などはIT化と未熟な労働者のために 事故とか料金の計算間違いとか頻発しそうなので 十分注意しなければいけませんね。

    年よりと同居しているから言えるのですが 介護保険とか行政に相談したら と言われますが
    それがカバーできない問題がたくさんあります。

    思うのですが 80歳になった人からは運転免許を取り上げて 一般の住民から離れて 寺とか離島のようなところに強制移住させて集団生活させ 死を受け入れることについての宗教(キリスト教とか仏教や神道)について教えたり 安楽死の導入もありかなと思います。

    高齢になれば臓器も年をとるわけで 上に述べた父の病室にいくと おむつして 耳も遠くて聞こえず 様々な臓器が悲鳴を上げている状態で おかゆなどを食べ 新聞を読んだり テレビを
    みている姿を見ているのはつらいです。治療しても 延命するだけですから。それも入院前よりも悪い状況で延命です。家族も大変な思いをしています。

  8. 先日、近所(東京都三鷹市)で認知症と思われるおばあさんに遭遇しました。なんと裏道というか生活道路ですが、道路を四つんばいでハイハイしていました。それもパジャマ姿で・・・。

    いったん見なかったフリをして(自転車で)通り過ぎたのですが、さすがに罪悪感に駆られ、すぐ戻りました。おばあさんに声をかけ、ご自宅はどこか伺ったのですが、「・・・??」と会話になりません。お名前を聞くとラストネーム(姓)だけは言っていただけました。

    とりあえず近くの民家をチェックすると、その表札の戸建ての家がありました。ラッキーなことに偶然、その隣の家の方が外出から帰ってきたタイミングでした。その隣人の女性にわけを話すと、状況をすぐにつかんでいただき、即対応いただけました。幸運でした。

    しかし、そうでない場合、最終的には、たぶん110番に電話するくらいしか、その場の対応を思いつきません。警察官に対応をお願いするしかないのでしょうか・・・。(呼ばれた警察官も困るよなぁ・・・)

    なんとも言えない微妙で複雑な感情が、認知症の現場をみて、心に残りました。

  9. >実際には、「待機」しているのは本人ではなく家族なのだ。

    反対していたけど、周囲の圧力でそういう方向へ持っていかれた。
    それが常識化しているんでしょうね。

    案の定、精神科病院で死にそうになって、
    連れ戻して、今、一緒に住んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。