貧しい者がより貧しい者を搾取する生活保護


私たちは、国家は国民の生活を守るものだと当たり前のように信じている。確かに日本国は、外国からの侵略を防ぐための軍隊と、治安を維持し犯罪を摘発するための警察力を擁している。だが国家が、すべての貧しく不幸な人たちを救済してくれるわけではない。

日本国は現在、公園や河原で暮らす日本国民を劣悪な生活環境の中に放置している。住む家もなく、残飯を漁る以外に生きる術を持たない彼らは紛れもなく日本社会の最貧困層であるが、国家が保護の手を差し伸べることはない。なぜなら、生活保護は自治体が支給するものであり、申請の要件として住民登録が必要とされているからだ。住所を持たないホームレスは行政上「存在しない人々」であり、保護の対象にはならない。だがこれは欺瞞ではないだろうか?

ホームレスに対して「自己責任」を問う人がいる。彼らは自ら望んで社会からドロップアウトしたのだから、国家が保護を与えるのは彼らの意思に反することになる。生活保護が必要なら、いつでも公的機関に援助を求めればいい――。だがこの主張は、事実においても、論理としても誤っている。

精神科医は、ホームレスの多くが精神障害者であると推定している(1)。貧困の原因が心の病いにあるのなら、「自己責任」を問うことはできない。行政がこの事実から目をそむけるのは、生活保障や医療援助を与えない「正当な」理由を失いたくないからだ。

何人も社会生活を放棄する自由や、国家からの保護を拒否する権利を有している。その意思を尊重しなければならないのは当然だが、だからといって「自分は貧しい」と自己主張する人だけを援助すればいいということにはならない。社会保障は心理的・主観的な要素ではなく、外形的・客観的な基準で分配されるべきだ。そうでなければ、行政の複雑なルールを理解し、それに則って「意志」を表明する能力を持たない人はすべて見捨てられることになる。

とはいえ、私は「ホームレスに生活保護を支給せよ」と主張するつもりはない。国家の正義は、すべての国民を平等に扱うことを要請している。ホームレスを社会保障制度から排除するならば、彼らよりも相対的に豊かな「貧困層」への生活保護を廃止することで、正義に適う社会を実現できるだろう。

日本国の現状において生活保護は、政治家の集票活動や宗教団体の布教活動の一部として扱われている。政治的発言力(選挙権)のない人間を助けても、彼らにとっては何の利益にもならない。最貧困層に生活保護費を振り分けることは、有力な選挙基盤の既得権を奪うことになる。これが、ホームレスが放置される政治的な理由だ。

国家が個人に直接、現金を供与する形態の社会保障は、どの先進諸国でも機能しなくなってきている。ひとたび生活保護を受け取れば、その収入に依存し、労働意欲を失ってしまう。時給800円で1日8時間働いて月10万円を稼ぐより、何もせずに月額10万円の保護を得られるなら、その方がいいに決まっている。それを精神論で叱咤激励しても意味がない。

貧しい者がより貧しい者を搾取する制度は、社会の歪みを拡大する。それは共同体のモラルを融解させ、破綻と混乱へと至るだろう。

(1)日本において、ホームレスに対する精神医学的な統計調査が行なわれたことはないが、米国ではホームレスの80%以上が薬物・アルコール中毒であり、約半数が統合失調症などの精神障害を患っているとされている。

橘玲『雨の降る日曜は幸福について考えよう』(幻冬舎)2004年9月刊
文庫版『知的幸福の技術』(幻冬舎)2009年10月刊

コメントを閉じる

3件のコメント

  1. 私は看護師ですが、病院は生活保護の人で溢れています。大した病気でもないのに一日でも長く入院していたいみたい・・・。退院時の精算はもちろん無料ですから。
    一度生保の患者さんから「誰のおかげで飯を食えてると思っているんだ!」って怒鳴られたことがあります。私の方こそ同じことをその人に言いたかったけど・・・。
    生活保護を認めている人もきっと物凄いご苦労があるかと思いますが、現実に働けそうなのに働かずに、定期的に何か病気を作っては長期入院をしたがる生活保護受給者はどうしてもゆるせません。
    本当に生活保護が必要な方は、実は生活保護費を受給していません。それはホームレスだけではなく、(本当の)病気を抱えた弱者であったりもします。

  2.  みずきさんへ

     私もかつては、医療事務として病院で働いていました。カウンターで生活保護の方とのやりとりをしていたとき、みずきさんと同じような印象を持ったことがあります。「どうしてあなた方は働きもせずに、毎日病院にやってきてはタダで診察を受けて、文句を言って帰って行くのだろう」と。当時の課長は、「どういった方であれ、医療サービスを必要としている方には、手を差し伸べなければならない」と言っていました。(しかしながら、課長は途中で転職されました・・・)

     生活保護を申請する方には、何かしらの事情があると思います。ただし、その事情に甘えて無料でサービスを受ける態度には疑問を感じます。もしも、あの人たちが「私たちが何を思っているか」を察した時、彼ら彼女らは怒りをぶちまけるのでしょうか?

     ですが、この問題が早急に解決する見込みはないと思います。みずきさんが看護師として働いているのならば、どうかこれからも天使の微笑みを振りまいて下さい。その笑顔に助けられる方がたくさんいらっしゃると思います。

  3. 私、8/17~8/27まで右側下顎腫瘍の手術のため入院していまいた。会計の窓口に「生活保護の方は支払いはありません」とあったのを見て不思議に思ったのですが、そういう事情があったのですね。

    所で、ガンさんの書き込みで「天使の微笑み」とありましたが、入院中に男性看護師が担当になったことがありました。私はその男性看護師にこう言いました。
    「天使というのは本来悪魔から神を守る屈強な戦士だったんですよ。だから男性看護師こそ白衣の天使の名にふさわしい」
    そうしたら、その男性看護師はてれて、「僕、天使じゃないですよ」と言っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。