オフショア」タグアーカイブ

スタンダード銀「イラン不正取引」疑惑・完全版〈日経ヴェリタス〉

日経ヴェリタス2012年9月2日号に掲載された「ありふれていたイラン不正送金」を、編集部の許可を得てアップします。 8月6日、ニューヨーク州金融サービス局は英銀大手スタンダード・チャータードを、イランとのあいだで総額25 … 続きを読む

カテゴリー: Offshore/Tax haven | コメントする

マネーロンダリング 暴走の果てに―HSBCメキシコと米議会報告書

『日経ヴェリタス』2012年8月12日号の寄稿した記事を、編集部の許可を得てアップします。イギリスの大手銀行HSBCのマネーロンダリング疑惑に関して、米上院国土安全保障・政府問題委員会が、社内文書やメールなど140万点以 … 続きを読む

カテゴリー: Offshore/Tax haven | コメントする

第13回 「租税回避地」ケイマンの素顔(橘玲の世界は損得勘定)

カリブ海に浮かぶ小さな島国ケイマン諸島は、オリンパス事件ですっかり有名になってしまった。オリンパスはケイマン諸島にある投資ファンドやコンサルティング会社に合わせて800億円以上も支払い、それを自社に還流させて巨額の損失を … 続きを読む

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 | 6件のコメント

オリンパスの“飛ばし”はどういう仕掛けだったのか?

オリンパス損失隠し事件の報道によれば、オリンパスは90年代に財テクで失敗した1000億円規模の損失を隠蔽するために、2000年3月期に、ケイマン諸島籍のファンドなどを利用して、「含み損を抱えた金融商品と、ファンドが発行す … 続きを読む

カテゴリー: Offshore/Tax haven | 7件のコメント

逆転した裁判所の判断 〈武富士元会長長男、巨額追徴訴訟2〉

納税者勝訴 武富士元会長の長男が起こした租税返還訴訟を例に、税務当局の論理と裁判所の判断を見ていこう。 一審(東京地裁)ではまず、香港に居住していたとされる3年あまり、税務当局が所得税を課していないことが争点となった。所 … 続きを読む

カテゴリー: Tax | 11件のコメント