親がいくら説教してもいじめはなくならない 週刊プレイボーイ連載(283) 


「いじめはなにをしてもなくならない」として、「強く生きろ」といじめられた子どもを叱咤するひとがいます。こうした発言が公になることはほとんどありませんが、教育関係者を含め多くのひとが、「いじめられる側にも問題がある」と思っていることは間違いありません。

この主張は前半が正しく、後半は間違っています。

子どもは必ず友だち集団をつくりますが、そのためには仲間(内)と仲間でない者(外)を区別する指標が必要で、その境界を超えて仲間に加わるのが通過儀礼です。集団の結束を高めるために特定のメンバーを排除するのも、仲間にしてもらうのに「小遣い」のような代償を支払うのも、古今東西、子どもの世界ではどこでも起きていることです。子どもは本能的に仲間はずれを恐れるので、理不尽な要求を拒絶することができないのです。

人間関係を「内」と「外」に分けて差別するのは普遍的な行動原理(ヒューマンユニヴァーサルズ)なので、秘密結社や宗教団体から会社まで大人社会のいたるところで見られます。「いじめに負けるな」と励ますのは、これからの長い人生を考えての“善意”なのでしょう。

いじめ問題が「子どもの本性」だとすれば、学校や行政をどれほど叩いても根絶できません。そこで最近は、親の責任を問う声が強くなってきました。「ちゃんと子育てすれば、いじめのような卑劣なことをするはずはない」というわけです。

しかし残念ながら、この方法もうまくいきません。発達心理学の研究者が、子どもを正しくしつけるよう親に「介入」してその効果を調べたところ、親子関係では改善が見られたものの、子どもの学校での行動はまったく変わらなかったのです。

なぜこのようなことになるかというと、子どもが「家のなかでの自分」と「学校(友だち集団)のなかでの自分」を無意識のうちに使い分けているからです。その理由は、家庭でわがままいっぱいに育てられた子どもが、学校で同じようにしたらどうなるかを考えればわかるでしょう。子ども集団のなかでは、掟(ルール)に従えない自分勝手な子どもが真っ先に排除されます。仲間はずれにされないためには、「キャラ」を変えるしかないのです。

家と学校で子どもがちがう「自分」になるのなら、親がいくら説教しても効果がないのは当然です。この主張には直感的に反発するかもしれませんが、自分の子ども時代を振り返れば誰でも思い当たることがあるでしょう。

だとしたら、「いじめはなくらない」という不愉快な事実を受け入れたうえで、それが限度を超えないよう抑止する制度をつくるしかありません。

具体的には、公立学校でも悪質ないじめと認定した場合は、校長の権限で退学などの措置をとれるようにすべきです。子どもは損得に敏感ですから、明確に罰則が示されれば恐喝まがいの行為は躊躇するでしょう。

それと同時に転校を容易にして、いじめられた子どもが大きな負担なく友だち関係をリセットできるようにすることです。いったんいじめの標的になるとそこから逃れるのは困難で、本人の責任を問うても仕方ありません。

これでもいじめを根絶することはできないでしょうが、それで納得できないなら、あとはひとつしか方法がありません。いじめは、子どもたちを強制的に閉鎖空間に押し込めることから起こります。それをなくすには、学校制度をやめてしまえばいいのです。

参考:Judith Rich Harris『No Two Alike: Human Nature and Human Individuality』

『週刊プレイボーイ』2017年3月27日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. まぁ、クラス担任の力が大きいだろうね。どのくらいクラスをまとめ上げてるかにもよるんじゃない。
    まとまってるクラスは担任の目も行き届いていていじめもない。
    力のない担任だとクラスは無法地帯。とろくさく要領の悪い子はいじめにあいやすい。以上。

  2. >これでもいじめを根絶することはできないでしょうが、それで納得できないなら、あとはひとつしか方法がありません。いじめは、子どもたちを強制的に閉鎖空間に押し込めることから起こります。それをなくすには、学校制度をやめてしまえばいいのです。

    学校制度というものが、人を社会組織の歯車を育成するための予行演習
    (会社や役所、あるいは軍隊といったもののシミュレーション)
    である以上、

    「学校制度をやめてしまえ!」というのは、
    単なる暴論に過ぎないのです。

    たとえば、自分が採用担当者だったとして、
    大検とかで超優秀な成績を取ってきたからといって、
    学校に通った経験のない人物を採用しますか?

    もっともこれでは、いじめのスケーブゴードになったり、
    なりうる人が浮かばれません。

    そこでいじめのスケーブゴードとなったりなりうる人への
    救済方法をお教えしましょう。

    それは
    選民思想(せんみんしそう)
    です。
    https://kotobank.jp/word/%E9%81%B8%E6%B0%91%E6%80%9D%E6%83%B3-88961

    自分たちは神によって選ばれた特別な民族・人種である、という信仰、確信。このもっとも代表的なものがユダヤ教における選民思想である。ここでは、現在、抑圧されて不幸な状態にあるユダヤ民族が神の召命によって解放され、やがて正義と仁慈に満ちた世界を実現する民族的使命をもつもの、として描かれていた。

    つまり、ハッピーエンド版の「阿Q正伝」こそが必要なのです。

    私もこれを信奉してしています。

  3. >>「いじめられる側にも問題がある」
    >>後半は間違っています。

    問題があるという表現が適当かどうか判りませんが、
    いじめられやすい要素があるというのは間違いでもないです。

    >>自分の子ども時代を振り返れば誰でも思い当たることがあるでしょう。

    こう言うなら、どのような子供がいじめられていたかを思い出してみるとよいです。
    例えば、汚い子。服装がきたない、行動(じぐさや癖)が汚い、食べ方が汚いなどです。
    昔のような小汚い子供は減ったかもしれませんが、長時間共に過ごすので、
    子供は結構細かいところも見ています。人は綺麗汚いに結構強く反応します。
    これも生存本能と関係しているからでしょうね。

    生活習慣や服装などは親の教育や考え方によるところが大きいです。
    いじめる側を教育して改善することは不可能かもしれませんが、
    このような場合には、いじめられる側に教育で改善の余地がある場合もあります。
    ただし、おっしゃるとおり、一度始まってしまったいじめを止めるのは難しいでしょう。

    上のコメントの方も言うように、とろくさく、要領が悪く、弱く、汚い子供はいじめられやすいのです。
    橘さんも、ここにも不愉快な事実があるとまでは言いたくないのですね。当然かもしれませんが。

    最後の方の提言には賛成します。

  4. いじめ根絶、おっと本能的なものだから根絶はできないので防止法ですか。
    私の提言はちょっと違います。
    せっかくですから「ゲーム理論」を使いましょうよ。「ゲーム理論」「相互確証破壊」、これです。

    私が中学生のころ、男子生徒が集まって話をしていると、「実はオレ、ナイフ持ってんだ」と言いだす奴がおりまして。ところが「俺も持ってる」「僕も」とその場の全員…私含め…がナイフを携帯していることが判明しました。一同見せ合うと、十徳ナイフからバタフライナイフ、櫛に偽装したナイフ、フィッシャーズナイフ(これは私)といったものまで。
    「キレたコイツに刺されるかも」という緊張感・恐怖がいじめを起こさせないのです。
    何かに似てませんか?そう「核による抑止力」です。抑止力がないからいじめが起きるのです。

    学校は持ち物検査やっています。哀れいじめられっ子は、自衛手段すら奪われ、標的になっても何処からも助けは来ません。

    学校制度をなくせという橘先生の主張には賛同いたします。でもまだその段階ではないのかも。
    ゆえに「子どもたちに銃を与えよう。それがダメならせめてナイフくらいは!」が私の提言です。

  5. >学校制度をなくせという橘先生の主張には賛同いたします。でもまだその段階ではないのかも。
    >ゆえに「子どもたちに銃を与えよう。それがダメならせめてナイフくらいは!」が私の提言です。

    子供にナイフをもたせるなら、教師には安全保障のために銃を持たせる必要があります。
    教育効果を高める上でも、これは有効でしょう。

    そもそも「教育」というの「富国強兵」のために行われてきたわけだから、
    これは一考する価値があります。

    とすると、
    「学校制度をなくせという橘先生の主張には賛同いたします。」
    と矛盾することになりますけど。

  6. 福島からの避難者いじめなども、たんなるありふれたいじめのモードの一つにすぎない
    …って思うのですが、大人が変に意味付与して騒ぎすぎと思います

  7. 近代の学校教育、に限って言えば矛盾と取れるかもしれません。
    では、学校外にも広げたらどうでしょう。
    先生も生徒も銃を持つ。そして世のあらゆる人たちが銃を持つのです。コンビニでちょっとカラシニコフを買うとか。自販機でグロックを買うとか。そのくらいの社会で。

    いじめは本能的なものです。そして学校に限らず、閉鎖的環境では起こりやすい。いじめ、パワハラ、他人への敬意を欠いていることに起因します。

    そこで、いつ目の前のコイツに撃たれるかもしれない、という緊張感警戒心を持たせ、無意味に他人を攻撃しない、他人へのリスペクトをそだてます。

    無論撃ったら自分も撃たれるので、銃を抜くのは人生全てを賭けて汚辱を雪がねばならないときだけです。
    サムライのクニですから、それもまた良し。リバタリアンの流儀にも叶ってると思います。いじめに対処できるのは説教ではありません。

  8. >先生も生徒も銃を持つ。そして世のあらゆる人たちが銃を持つのです。コンビニでちょっとカラシニコフを買うとか。自販機でグロックを買うとか。そのくらいの社会で。

    サハラ砂漠以南のアフリカに行けばまさにその状況が体験できますよ。
    カラシニコフのコピーが数千円で手に入るわけですから。

    故いかりや長介氏の遺志を継いでアフリカ南部に長期滞在をオススメします。

    ところで、豊臣秀吉の刀狩令
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%80%E7%8B%A9
    が、江戸時代の長期安定政権を実現させたことを考えると、

    織田がつき 羽柴がこねし天下餅 すわりしままに食うは徳川

    の重みがますます理解できますよ。
    結局、

    最後に笑う者が最もよく笑う
    《He laughs best who laughs last.》

    ことは万国共通ですな。

  9. 戦前回帰とか言うと警戒心抱く人が多いです。
    さらには、武士道。

    全否定するリベラルの考えは、大間違いです。
    腹切りとかは欧米人の七不思議。

    卑怯なことしないの道は、伝えたい文化です。
    学校費用の百分の一で解決できると提言。

  10. たたかれても大丈夫な奴ほど一太刀浴びせろ
    逆にまずいのは保護しろ

  11. 戦いにも作法というものがある。
    次の戦いでは、毒ガスが第二次大戦で法度だったように、原爆も法度になるだろう。
    無意味だからだ。

  12. 子どもは、教えなければ何が善で、何が悪なのかを知らないのです。その善悪を例示して、子どもに仮想現実を体験させるのが、物語やお話なのです。勧善懲悪の物語を与えることの意味がそこにあります。そしてそのもの物語が多様で、多面的で、多角的であることが、偏見や、偏向を防ぐ方法としてあります。毎日違う物語を聞かせる。毎日講話して、事例を聞かせる。そうやって子どもの心を育てるのです。いじめが悪いことだ等と幾ら教えても、子どもは何とも思わないでしょう;。痛みを仮想体験させることで共感が生まれるのです。
    今子どもたちは何が善で何が悪であるかを教えられずに育てられています。不幸なことです。
    それを語る論客もいない。

  13. >子どもは、教えなければ何が善で、何が悪なのかを知らないのです。その善悪を例示して、子どもに仮想現実を体験させるのが、物語やお話なのです。勧善懲悪の物語を与えることの意味がそこにあります。

    かつては、「梶原一騎」の一連の作品
    (例えば「あしたのジョー」)が

    若者全体の左翼(よど号ハイジャック事件)から
    右翼(三島由紀夫)までが

    共有する勧善懲悪の物語

    を担っていた時代がありました。

    現在に至るまで、

    「タイガーマスク運動」

    に象徴されるように、
    「梶原一騎」が
    戦後の日本社会に与えた影響は
    計りしれません。

    翻って、現在、「梶原一騎」に比肩しうるような

    「ストーリーテラー」

    の出現は期待しようもありません。

    呉智英氏曰く、

    「梶原一騎は、戦後史の逆説である。そして、そこには、梶原の少年時代からの心の屈折、旧来の文学の衰退、マンガという新興表現ジャンルの出現、こうしたものが複雑にからんでいることが観察できる。」

    なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。