ある日突然、戸籍に見知らぬ外国人の名前が載っていたら 週刊プレイボーイ連載(275)


一夫一妻制の国では重婚は犯罪です。日本は戸籍制度があるので、複数の女性を法的な配偶者にすることは不可能だとされています。

しかし現実には、戸籍に2人の配偶者が記載されることがあります。そのうえ本人のまったく知らないうちに戸籍が書き換えられ、重婚の状態になることもあります。

なぜこんなことが起きるかというと、海外で現地の女性と結婚式を挙げたものの、日本の戸籍にはそのことを載せない男性がいるからです。その後、2人の関係が破綻して、日本人の父親が妻子を捨てて日本に帰ってしまう、ということも珍しくありません。この場合、日本では戸籍上独身ですから、日本人女性とあらたに結婚してもなんの問題もありません。

しかしじつは、ここに「罠」があります。

国際私法では「婚姻の方式は、婚姻挙行地の法による」とされており、日本人が海外で結婚式をあげた場合、現地の政府が発行した正式な証明書があれば、日本でも婚姻の事実が認められます。さらに戸籍法では、婚姻届は、その事実があればいつでも提出できます。この2つを組み合わせると、海外で日本人男性と結婚した外国人女性は、何年後、あるいは何十年後でも、その事実を日本の戸籍に記載させることができるのです。そしてこのとき、男性が別の女性と結婚していれば、「合法的」に2人の妻を持つことになります(理屈のうえでは日本人女性と外国人男性でも同じことが起きますが、そのようなケースは聞いたことがありません)。

この事実が知られるようになったきっかけは、フィリピンで「新日系人」と呼ばれる子どもたちの存在が社会問題になったからです。彼らは日本人男性とフィリピン人女性のあいだに生まれましたが、父親が養育を放棄したため、フィリピンで母子家庭の貧困生活を余儀なくされていました。しかし母親がフィリピン政府の発行する結婚証明書を持っていれば、父親が日本人であることを証明できますから、血統主義の日本の国籍法では子どもは「日本人」になるはずです。

こうしてフィリピンで、新日系人に日本国籍を取得させるビジネスが始まりました。そのためにはまず、フィリピン人の妻を日本の戸籍に記載させます。するとそれに基づいて日本の大使館から渡航ビザが発給され、本人あるいは母子で日本に行くことができます。そして国籍法に定められた一定の居住要件を満たせば、戸籍上、日本人の父を持つ子どもには自動的に日本国籍が与えられるのです。そして驚くべきことに、これはたんなる行政手続きなので父親の同意や許諾が必要ないばかりか、その事実を通知する義務もないのです。

成人した新日系人が日本国籍を取得すれば、「日本人」として自由に働くことができます。幼い子どもに日本国籍が与えられれば、母親は保護者として日本での労働ビザが発給されます。これが国籍取得の目的ですが、自業自得とはいえ、知らないうちに戸籍を書き換えられ、重婚になった男性とその家族はいったいどうなるのでしょうか。

そんな話を小説『ダブルマリッジ』(文藝春秋)で書きました。

ある日突然、戸籍に見知らぬ外国人の名前が載っていたら、あなたはどうしますか?

『週刊プレイボーイ』2017年1月30日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: パーマリンク

ある日突然、戸籍に見知らぬ外国人の名前が載っていたら 週刊プレイボーイ連載(275) への19件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    ちょっと考えてみればわかるように、イスラム圏など

    世界には一夫多妻制が合法の国はたくさんあります。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/一夫多妻制

    仮にそういった国の家族が難民となり、日本が受け入れて
    定住することになり、日本人として帰化することになれば、
    一夫多妻の家族が日本人でもありうるという話になります。

    一夫多妻だから帰化を認めないとなれば、それはそれで逆に
    人権問題になります。

    国や宗教ごとのギャップを利用してひと儲けを企むという話ならともかく、

    このような国や宗教ごとの対立が、民族主義を再燃させるリスクについては、
    もっと考えなければならないですな。

  • 尖沙咀コンジローマ のコメント:

    尖沙咀コンジロームの記事だけ非表示機能つけてくれないかなあ。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >尖沙咀コンジロームの記事だけ非表示機能つけてくれないかなあ。

    そういうあなたには

    2ちゃんねる専用ブラウザで使うことをおすすめします。

    2ちゃんねる専用ブラウザには、たいていNGワード非表示機能が付いてますよ!

    ただし2ちゃんねるかそれに準ずるサイトしかアクセスできませんが。

  • 脳細胞 のコメント:

    コンジローマウイルスは脳細胞を侵すらしい。
    何言ってるか全然わかんない。

  • ひろゆき のコメント:

    >何言ってるか全然わかんない。

    もう「オワコン化した」
    2ちゃんねるにでも行きやがれ!

    っていうことですよ。

  • ozn のコメント:

    まったくなにひとつ身に覚えが無いのにある日ガイジンが戸籍に入ってる!

    って話じゃなくて、
    現地でチャンと結婚してから逃げてきた奴の話なんですね。

  • ozn のコメント:

    途中で送っちゃった

    それって「ある日突然、戸籍に見知らぬ外国人の名前が載っていたら」ってのとはだいぶ違うと思うんですけど。
    「ある日突然、戸籍に昔ヤリ捨てにした女の名前が載っていたら」でしょう?

  • 在日びびり作家は恥を知れ のコメント:

    フィリピンとの重婚は在日ではよくあった話
    ドゥテルテ出て来る前は、じゃぱゆきさんの手配師は在日やーさん

    イエローキャブもほんまは在日女の白人あさり
    今そのハーフが芸能界で大活躍

    作家がびびって、在日の話を日本人一般でやったらあかん

  • 尖沙咀 のコメント:

    かつて、女衒という職業がありました(いまでもあるかも)。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/女衒
    明治時代に人身売買禁止法が制定され女衒は消えたかというと、それは表向きの話で実際はそのようなことはなかった。貧しい家では女衒により売買が続行され、娼婦として売り飛ばされていった(からゆきさん参照)。

    大正15年(1925年)に日本は国際連盟の「婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約」を批准しているが、大正、昭和の日本では内地(本土)の女性以外にも日本領朝鮮や台湾から女性を、女衒の仲介を経て慰安婦にしたり、遊郭に売られたりした。女衒には朝鮮人も多く、朝鮮人が朝鮮人の女性を買い集め、売り飛ばしたとの物証(許氏が売春婦を集め、軍人相手に商売しようとしていたチラシが残る)も存在する)。

    このような行為は高度成長期初めまで続くが、昭和三十四年に政府が売春防止法を施行して公娼制度を廃止すると、それと同時に女衒も自然消滅した、とされているが、現代でもデリヘル等で娼婦の斡旋を仲立ちする女衒は存在する。その他に、特定のイベントや映像・写真撮影会等で女性[1]が必要な時、外国人のショーダンサー・シンガーが在籍する風営法による飲食店・ホテル・テーマパーク、パーティー業者が行う派遣要員による酒席における接待行為等は、一部で芸能事務所(プロダクション)からその人材の斡旋をうけていることがある。[2] これらは必ずしも違法性は伴なわず、売春といったものとは無縁であることが多いが、現代の女衒と揶揄されることがある。

  • 尖沙咀 のコメント:

    岸田秀は、私が考えていたことを言っていた。

    「つまり、男をして、本来はやらずにすんだ過重な労働を引き受けさせるために、男の性欲を遮断し、その対象である女の肉体を商品化し、商品価値をもった女の肉体を得るためには、それに見合う価値を生む労働をせざるを得なくしたのである。かくして、性行為は、両性の対等な欲望の発露ではなくなり、男にとっては、苦しい労働によって得たものを支払って獲得する快楽となり、女にとっては、男に養ってもらうために男に提供するサービスとなった。」

    「この社会体制の基盤は女の肉体の商品化にある」

    「したがって、この社会体制を維持するためには、この種の女(肉体を商品にしない女)たちを、『尻軽女』とか『淫乱女』とか決めつけて、閉め出さなければならない。そして、男たちが、結婚とか売春代金とかの代償を払わずに無料(タダ)で女の肉体を使用することをできるかぎり防がなければならない。前述したように、強姦罪もこの目的のために設けられているし、また、『女を弄んで捨てる』男に対する社会的非難も、これと一連のものである。それは、女との相互の信頼の関係を裏切ったことに対する非難ではなく、女の肉体を使用して、その代金を払わずに喰い逃げしたことに対する非難なのだ。(略)男たちがこの戒律(「女房にするつもりがないかぎり、素人娘には手を出すな。女が欲しければ玄人女を相手にしろ。そして、金だけは惜しまずちゃんと払うことだ」)(?)を守り、そして、女たちが結婚の相手または金を払った客以外の男には『させない』という商策(?)を守っているかぎり、この社会体制はゆるがない」

    (以上『続 ものぐさ精神分析』所収「性差別は文化の基盤である」より)

  • 大岩四丁目 のコメント:

    日本だけでなく、他の国も似たようなものなのでしょうか? 難民申請なんて
    馬鹿らしい。気に入った国の男を狙ってセクスィな罠をかけ、妊娠したら成功
    で、子供は正規に新日本人となり自分も母親として移住する。素晴らしい計画。

    かつて海外金融口座開設が流行り、スグに開設した者には福がありました。が、
    今日では様がわり、金利が0近辺の円高傾向では福が無くなり、口座を維持する
    のに四苦八苦。私も、いきなり「口座を無料で維持できる最低預け入れ金額は
    USD200,000にするよ、未満の人はUSD50/月徴収するかんね!」と脅された
    ので、解約です。

    新日本人についても、ベストセラー作家橘さんが紹介したら、マネするものが
    続出して、そのうち福は消えて行くと思います。大衆はカモですから、大衆が
    知ってしまえば、カモを狙うプロが湧いてきて大活躍するのが相場ですから。
    そういう意味ではニッチ利得本は一気に売れるのではなくて、ジワジワと当局
    の目の届かない息の長い売れ方の方がいいわけです。静かに売れますように・・

  • ぞぞ のコメント:

    ある日突然、は娘の視点での話でしょうw

  • 尖沙咀 のコメント:

    >ある日突然、は娘の視点での話でしょうw

    だから、「娘の視点」だったら、

    遺産相続などが起こったとき、
    取り分を巡って
    骨肉の争いが起こる!!!
    という話ですよ。

  • ozn のコメント:

    ぞぞさん

    なるほど、キチンと読むとそういう話なのですね。
    そりゃあ娘にしてみれば見知らぬ外国人か…

    しかしアレですな、若かりし日に孕ませ産ませ国外トンズラとは
    親父としては娘にバレた時点でなかなかな過去ですなw

  • KJ のコメント:

    弱い弱い  弱い  強い  強い 強い
    よわい

  • KJ のコメント:

    神の道を行きなさい

  • KJ のコメント:

    死な れ た のです

  • 自由人でGO のコメント:

    久しぶりに来たので手短に

    若い人ほど早く、まずは金から自由となれ

    君の中にある、凄く稀な才能を見つけて

    そこ愛をして投資してくれる親もいる

    世界にバフェット日本に孫が在り

    では、また失敬

  • GWに完読しました のコメント:

    二つのパラレルの愛がどういう結末になるかで
    最後までハラハラドキドキしました。

    私的に予想していたことは、見事に外れました。

    PTに比べて半分の小説分量は嬉しく、きっと
    芥川賞の審査員の村上龍さんの長さ基準など
    のお目にも叶うかと・・。

    新人でないから気にしてはいないか!?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。