「いじめ防止対策」すればいじめが増える? 週刊プレイボーイ連載(270)


いじめがあいかわらず、大きな社会問題になっています。最近も文科省の有識者会議が、「自殺予防、いじめへの対応を最優先の事項に位置付ける」との提言をまとめ、「いじめを小さな段階で幅広く把握するため」いじめの認知件数が少ない都道府県への指導を求めました。

いじめ防止対策推進法は子どもが「心身の苦痛を感じているもの」すべてをいじめと定義するのですが、報道によれば、2014年調査で最多の京都府と最少の佐賀県のあいだに約30倍の開きがあったのだそうです。これは「佐賀県はいじめが少ない」ということではなく、「教師が真剣にいじめと向き合っていない」ということのようです。

しかしそうすると、次のような疑問が湧いてきます。

いじめ認知件数最多の京都府は、小さな段階でいじめの芽がつみとられるのですから、子どもたちはいじめのない学校生活をのびのびと送っているはずです。それに対して佐賀県では、教師と学校の怠慢によって弱肉強食の文化が学校に蔓延し、いじめ自殺が相次いでいることになります。しかし不思議なことに、そんな話は聞いたことがありません。だったらこの政策提言にエビデンス(証拠)はあるのでしょうか。

いじめ対策への違和感は、それが「教師がきびしく指導すれば、子どもは素直に従うはずだ」という貧しい人間観にもとづいていることです。そういう自分は、子ども時代に、なんでも大人にいわれたとおりにしていたのでしょうか。――そんな魂の抜けたようなよい子が“有識者”になるのかもしれませんが。

しかし誰もが知っているように、人間はもっと複雑です。

禁煙を促すために、タバコのパッケージに健康への害を明示することが各国で義務づけられています。これはどこから見てもよい政策に思えますが、心理学の研究者から不都合なデータが出てきました。喫煙者をさらに減らそうと腫瘍や遺体などどぎつい画像をパッケージに載せたところ、逆に喫煙者が増えてしまったというのです。

なぜこんな奇妙なことが起きるのでしょうか。それは次のように説明できます。

喫煙者がタバコを吸いたくなるのは、ストレスを感じたときです。そのため彼らは、強い禁煙メッセージ(このままだと肺がんで死ぬことになる)を受け取ると、その不安を打ち消すためにますますタバコを吸いたくなってしまうのです。

「よいことが悪い結果をもたらす」という不都合な事例は、ほかにいくつも見つかっています。たとえば健康増進のため、マクドナルドがヘルシーなサラダをメニューに加えたところ(健康に悪い)ビッグマックの売上が驚異的に伸びました。

消費者は、サラダを注文したことでビッグマックの高カロリーが帳消しになると誤解しただけではありません。メニューにヘルシーなサラダがあると知っただけでも、目標を達成したような満足感を覚え、いそいそとビッグマックを注文したのです。

だとすれば、文科省のいじめ調査も逆効果になる可能性があります。

「対策」の結果で、学校でものすごい数のいじめが行なわれていることが判明したとしましょう。するとそれを見た子どもは、みんながやっているのだから、自分もいじめていいと思うかもしれないのです。

『週刊プレイボーイ』2016年12月12日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , パーマリンク

「いじめ防止対策」すればいじめが増える? 週刊プレイボーイ連載(270) への11件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    だから、「概論」とか「一般論」はもういいから、

    自分ないし自分の関係者が
    それに巻き込まれたら
    どうしたらよいか?

    というのが聞きたいのです。

    個人がマクロな問題への解決や対策を考えても
    しょうがない。

    だからこそ、
    「自分にとって有利な手段」
    を橘さんに伺いたいのです。

    「いじめ問題」というか、
    「差別の本質である、異質なものを排除する」
    というのが人間の本性である以上、

    それに立ち向かうのは
    徒労に終わるリスクがあるのです。

    いじめ・差別問題への対処法として、
    「外部への逃走:ノマドとしての生き方」
    というのがありますが、
    たとえば小学生だったとして、
    安易に転校とかできないですよね。

    逆に根無し草としての生き方を
    ずっと続けるわけにはいかないでしょ?

    「旅はいつかは終わり、戻るべき家はない」
    http://www.tachibana-akira.com/2011/02/2094

    のその後を聞きたいのです。

  • スイッチ のコメント:

    確かに。この話が残業時間の問題であっても同じだと思う。
    同業他社はこんなにも残業していると判明すれば、経営者は自社の労働時間を同業他社と同じかそれ以上にしようと思うだろう。

    問題を解決しようと、問題をクローズアップすると、逆に問題が増長する。
    とすると、

    別な事をクローズアップし、その副産物の結果として、いじめが減るという事が考えられるかもしれない。

  • 大岩四丁目 のコメント:

    毎度まいどのヤクニン叩きです。

    文科省の有識者会議なんて、何の直接的利害関係もない人達を集めているので、
    「ボク達、文科省から有識者として呼ばれたんだぜ、エライだろ? ボク達個人
    の講演会もしてやるから、文科省御用達の高額の講演報酬を払えよ!」ぐらいの
    ことが第一インセンティブで、あとは通りいっぺんの厨的優等生の意見を言って
    おけばよい。

    役人はヤクニンで「あの有識の先生方の意見だからね、従えよってんだ!それが
    クソ意見でも知ったことかー、その意見が間違っていたら?俺たちは悪くない、
    先生が言ったんだからさ」という、事ナカレ責任ノガレが第一インセンティブ。

    こんなロクでもない大人達は、イジメに真剣に悩む子供達の屁のつっぱりにも
    ならないわ。要は現場の教師に全部押し付けて、「私達、対策しますた」だもん。

    福島第一原発事故でも、一番の責任は経産省にある。検査で「合格」出してた
    のだから。それが「一番悪いのはコイツです、東電です!」なんて言ってる。
    経産省は解散で良いです。年金・保険を破綻させた厚労省も解散、財政を破綻
    させた財務省も解散です。

    小さな政府にして欲しい。霞が関要らんです、役に立ってない。自分達のメシを
    美味しくする為に仕事?してるヤクニンが多過ぎるー

  • 尖沙咀 のコメント:

    >文科省の有識者会議なんて、何の直接的利害関係もない人達を集めているので、
    >「ボク達、文科省から有識者として呼ばれたんだぜ、エライだろ? ボク達個人
    >の講演会もしてやるから、文科省御用達の高額の講演報酬を払えよ!」ぐらいの

    >ことが第一インセンティブで、あとは通りいっぺんの厨的優等生の意見を言って
    >おけばよい。

    いわゆる、「有識者会議」というものの実態をご存知ないのでは???

    「有識者会議」というのは、

    「官僚」が立案した「政策」に、

    「形式的なお墨付き」、
    すなわち、言い訳というか、
    逃げ道(エライ先生の言ったことだから、間違いない!
    仮に間違っていたとしても、その先生をスケープゴートにできる!)
    ために行われるのです。

    これの代表例が
    薬害エイズ事件で有名となった、
    安部英氏ですよね。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E9%83%A8%E8%8B%B1

    全ては結論の決まった出来レースなのです。

    だからといって、「官僚の出来レース」を排し、本当の有識者で会議を行い
    その結果にしたがって、議会なり委員会で政策を決めてゆくというやり方では、
    立ち行かなくなることは目に見えてますよ。

  • かわっちー のコメント:

    それはイジメと定義していいか分からないが今年、隣人から何度も圧迫感受ける事態に遭遇

    相談できる公的機関に行ったところ、親身に寄り添って話し聞いてくれる女神まぶしい

    彼女のけなげで優しい姿は、いまアマテラスを彷彿させるかのようで美しい

    思いの顛末分からないが日本、愛子さまには本物のアマテラスへの希望

  • gtk のコメント:

    いじめも含めた、処世術に優れた遺伝子の方々が(またはそのご子息)が既得権益を失うことなくまことしやかに行われている教育政策の1つ。
     そもそも、同じ教育目標で人を育てるってありえない!ファッショでしょ。

     最近思うこと、学校教育を受けたときの「ど底辺の人」たちが、最近、騒ぎすぎ!

    良識ある学校の先生、次のステージで活躍するスキルがあれば、コネを頼りに早期退職しましょう。危なっかしい世の中ですから。何もしないでコツコツ貯蓄しておきましょう。 

  • 匿名 のコメント:

    『いじめられている』ことと『嫌われてる』ことを勘違いしている

  • この記事悪質 のコメント:

    じゃあ数を発表したら真似されるから非公表にするの
    頭がおかしいとしか・・・・

  • 尖沙咀 のコメント:

    >じゃあ数を発表したら真似されるから非公表にするの
    >頭がおかしいとしか・・・・

    社会的証明、すなわち

    「赤信号みんなで渡れば怖くない」

    の「影響力の大きさ」を問題にしているのです。

    具体的な例で言いましょう。

    世の中の多くの生産物は、「パクリ」からはじまっています。
    卑近な例でいうと、東京オリンピックロゴ・パクリ疑惑の

    佐野研二郎氏への対応例です。

    このロゴがパクリかどうかは置いておくとして、

    この件でやり玉に挙がった
    「佐野研二郎」に対し、

    多摩美術大学学園祭で
    「葬式ごっこ」
    までされています。
    http://pinky-media.jp/I0009589

    これが社会的いじめでなくて何なのですか?

    つまり、「社会的にいじめられても良い」
    と認定された人物に対して、

    「川に落ちた犬は棒でたたけ」
    みたいなことが社会的に是認されているのです。

    一つだけ言わせてもらえば、
    世の中の生産物のほとんどは
    「パクリ」
    から出発しています。

    ディズニーの
    「ライオンキング」は
    手塚治虫の
    「ジャングル大帝」
    のパクリですが、

    手塚プロ側は「ディズニーファンだった故人がもしもこの一件を知ったならば、怒るどころか『仮にディズニーに盗作されたとしても、むしろそれは光栄なことだ』と喜んでいたはずだ」というコメントを出し、仮に盗作であったとしても訴訟などはしないと表明しています。
    ディズニーよりも手塚プロの方が大人だという事ですね。

    クリエイターたるもの、手塚治虫のようありたいですな。

    「大江戸温泉物語」も上海で「インスパイア」されたぐらいに思っておけばよいのです。

  • 19万8千え~ん のコメント:

    社会的いじめが社会の秩序を維持している側面がおおいにあるよ。
    いじめを糾弾することで、社会を正そうとする行為にもそれは含まれるよ。
    日本はたぶんそれがよく機能しているよね。それがいいかどうかは、なんともいえない。
    でも、神の前で懺悔すれば罪はなんでも許されるみたいな価値観でいいとも思えない。

    真実を知ることには、それ自体に大きな価値があると思うね。
    たとえ、苦しみが増したり、副作用があったりしたとしてもね。

  • 情報非公開 のコメント:

    いじめが怖いからといって情報を非公開にすれば
    それに伴って不都合が生じるとはわからないのかね
    それとも一切何も公表するなっていうのか

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。