「優先席論争」のシンプルで正しい考え方 週刊プレイボーイ連載(269) 


電車内の優先席をめぐるお年寄りと若者の口論が動画サイトに投稿され、議論沸騰の騒ぎになりました。

動画では、お年寄りが「代わってくれって言ってるんだよ。席を」と優先席を譲るよう求めたのに対し、その言い方に気分を害したらしい若者が「悪いけどそういう人に譲りたくないわ…残念だったな」と拒否し、「なに。そこ優先席だってわかんないんだ」「わかんないですね」で会話が終わっています。

なんとも不快なやりとりですが、この動画の投稿主は「私は優先席を譲りません!!なぜなら先日、今にも死にそうな老人に席を譲ろうとしてどうぞと言ったら『私はまだ若い』などと言われ、親切な行為をした私がバカを見たからです」と動機を説明しています。

これについてネット上ではさまざまな意見が交わされましたが、優先席を「高齢者などに優先的に席に座る権利を付与したもの」と定義するなら、どちらが正しくどちらが間違っているかはクリアに説明できます。

まず、動画に登場したお年寄りは優先席に座る権利を持っており、その権利を行使したわけですから、若者はたとえ相手の口のききかたが不愉快でも席を譲る義務があります。なぜなら、権利と義務は一体のものだからです。

その一方で、権利を持つひとはそれを放棄することもできます。「今にも死にそうな老人」に席を譲ろうとしたのに断られたとしたら、その老人は自らの意思で権利を放棄したのですから、善意を裏切られたなどと傷つく必要はなく、そのまま座りつづければいいのです。

このように「権利」には、それを持つひとが行使するのも放棄するのも自由、という性格があります。いったん権利を行使すれば、相手にはそれに従う義務が生じます。しかし権利を放棄するのも自由なのですから、その場合はなんの義務もないのは当然です。

私の経験では、アメリカの電車で障がい者用の席に座っていて、車椅子のひとが乗ってきたので席を立つと、礼もいわず当然のように車椅子をそこに固定します(ちょっと偏屈な感じのひとでしたが)。若者が高齢者に席を譲ろうとして断られると、「オーケー」といってそのまま座りつづけます。日本のようにお互いに席を譲り合う光景も見られますが、これでなんの違和感もなく、お互いになんとも思いません。

それに対して日本では、権利を行使する際に義務を負うひとの了解をとらなければならない(すくなくとも感情を害してはならない)とか、こちらが義務を果たそうと申し出ているのに一方的に権利を放棄するのは失礼だとか、きわめて特殊な約束事があるようです。

それを日本人の美質だとか、おもてなしだとかいうのかもしれません。欧米のように、権利と義務の関係を明確に定めるのを「冷たい社会」だと感じるひともいるでしょう。しかし、これだけは知っておく必要があります。

「権利(義務)とは何か」をちゃんと理解せずに、いたずらに権利ばかりを付与すれば、電車のなかで起きたような不快な出来事があちこちで頻発することは間違いありません。あなたはそんな社会を望みますか?

『週刊プレイボーイ』2016年12月5日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , パーマリンク

「優先席論争」のシンプルで正しい考え方 週刊プレイボーイ連載(269)  への20件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    だから、そういう不愉快な動画を
    多大な労力とリスクがあるのにも関わらず、

    わざわざネットにあげるという、
    モチベーションはなぜ生じるのか?

    という考察をしなければならないのです。

    人生、生きていれば不愉快なことや
    腹が立ってたまらないことは多々あります。

    そういったことが文学や芸術、音楽
    (いまなら漫画やアニメやコスプレ?)
    といった表現への原動力へ昇華することも
    ありましたが、

    今は未消化(未昇華)のままネットにあげられて
    いるだけの話ですよ。

    *************************************
    今のところは、もっぱら深夜の受話器や同好会のサークルノートにたたきつけられている、青春の情熱や個人的な愚痴や妄想や表現欲求が、大量に出版され、あるいは通信回線を通じて不特定多数の読者に向かってバラまかれるのだとしたら、これは相当に鬱陶しいことになるに違いない。(*1)

    小田嶋さん、いまのブログってどうですか?

    我が心はICにあらず (光文社文庫) 小田嶋 隆 https://www.amazon.co.jp/dp/4334709982/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_3RFtyb212PQWB
    (*1)『我が心はICにあらず』の「回線上のはあはあ電話」から。
    書名:テクニカル・エッセイ『我が心はICにあらず』
    著者:小田嶋隆
    出版社:光文社
    備考:光文社文庫 1989年8月20日 初版1刷発行

  • 匿名 のコメント:

    権利とか義務とかそんな大げさな話じゃなくて、
    今にも死にそうな老人が「結構だよ。ありがとう。」といえば、
    つまり攻撃的なことを言わなければなんの問題もなかった、
    単なるコミュニケーションの問題ではないのかな。
    譲るのは違う人物なんだから、若者は間違ってるけどね。
    でも若者がバカになったのは、老人がバカだからさ。

    アメリカでも譲られる側が不快なことを言えば、譲る側が不快になるのは同じじゃないの。

  • 未来 のコメント:

    僕も権利とか義務の話ではないと思うなぁ。そもそも、優先席というのは権利なのか?
    最近、横柄な老人が多いのも事実である。

  • KJ のコメント:

    損して得とれ!

  • こくぴと のコメント:

    義務、権利だとするとその通りなんだけど、優先席譲る、譲られるは権利・義務ではなくて、「優先席はなるべく善意でお年寄りに譲ってあげるべきものだ」と思われているからややこしいんでは?

  • スイッチ のコメント:

    権利と義務の問題で良いと思います。
    通常席 → ここで、譲り合いができれば優先席は誕生しない。逆に譲り合いが出来ないので優先席が誕生します。すると、
    通常席、優先席(権利と義務)となります。ここで、この2つを明確にしないと、向かう先は
    優先席→専用席→専用車両 となるのではないでしょうか?
    優先席には権利と義務があると明確にしなければ、向かうその先はまるで隔離のようになってしまい、気持ち悪いです。

  • スーパーフリー のコメント:

    過労働の問題や原発の事故、廃炉の負担、莫大な医療費、先の大戦もそう、諸悪の根源はこれなんじゃ?無責任体質、感情的結論

  • poniponi のコメント:

    人によって問題点が違うからややこしくなる。
    ①優先席論争でトラブルが起きるのが問題
    ②若者が優先席を譲ってくれないのが問題

    ①を解決するだけだったら、優先席を無くせばい良い。
    立つのがつらい人が乗車したら、優先席関係なしに「立つのがつらいので、譲ってください」と頼めばいい。乗車している全ての人に声をかければ、譲ってくれる人はいるだろう。
    この場合失うのは「プライド」。
    リターンを得るにはリスクを取らないといけない。
    先に座っている人は、「時間」を使って座席に座っている。(先に並ぶなど)
    指定席に座っている人が使っているのは「お金」

  • 大岩四丁目 のコメント:

    昔読んだSFの星新一さんのエッセイに、交通社会でのルールについて書かれたもの
    がありました。世間では「お互いに譲りあいを」と言っているが、アレでは余計に
    アブナイのではないか? ルールでどちらかを優先と決めておかないと、譲り合っ
    ているうちに事故になるし、相手が譲ると思って進んでも事故になる、というよう
    なことが書かれていました。

    橘さんの言うように、『優先席を「高齢者などに優先的に席に座る権利を付与した
    もの」と定義する』としてしまえばいいのです(私はそう定義されているものと思っ
    ていたので、今回の騒ぎ自体が意外でした)。で、電車内の優先席の所と、改札口
    の前に表示しておけばいい (イヤなら乗るな)。

    優先座席で若者が知らんぷりして掛けていたら「どかんかい、ワシはジジイじゃ!」
    でもいいし、逆に、どうぞ御掛け下さいませ、と譲られても「ワシを年寄り扱いする
    でないわ!」でもいいと思う。クソジジイは何処にでも一定数がいるので、気にしち
    ゃいられない。

    案も出さずに審議を延ばし、「強行採決だー」とがなり立て、プラカードを掲げる
    連中がいるところにも、『民主主義は、多数決』と書いておきたい。無駄な時間を
    費やさなくてもよくなる。彼等を見て育つと、優先は不平等だから悪だ、よって私
    は従わない、従わない私はエライ、という人間が多くなりそうです。

  • 大岩五丁目 のコメント:

    >案も出さずに審議を延ばし、「強行採決だー」とがなり立て、プラカードを掲げる
    連中がいるところにも、『民主主義は、多数決』と書いておきたい。

    優先席の問題から飛躍しすぎじゃないですか?

    その理屈なら、選挙が終わって多数派が決まれば、議会はいらないですね。
    あなたが言うところの無駄な時間もお金ももっと減らせますよ。

  • 小岩三丁目 のコメント:

    >>その理屈なら、選挙が終わって多数派が決まれば、議会はいらないですね。

    それもちょっと飛躍しすぎ。

  • ozn のコメント:

    老人(老人の定義ってのもアレですけどね)が
    「譲ってくれ」
    と言ったら、譲る。

    コレを徹底すれば良いだけの話ですね。
    権利が行使されたら従う義務が生じる、と、確かにそういう構造かも。

    本件は、前段として「断られた話」が出てくるわけですが、
    これこそ余計な行為だったわけです。
    その「死にそうな老人」が座りたいと申し出てきたら、譲ればよかった。
    死にそうな老人と動画の老人には何の関連もないのだから、死にそうな老人のせいで動画の老人の権利が消滅するのは、ヘンですね。

  • 尖沙咀 のコメント:

    しりあがり寿氏の「流星課長」というマンガを思い出しました。
    http://www.jakushou.com/ture/manga/mei/ryuusei.htm

     京王線の帰宅ラッシュの新宿駅で繰り広げられる戦いを主題にした作品。主人公の「流星課長」はどんな混んでいる日でも必ず特急電車の席を取ることが出来る技量の持ち主。席を座るためなら、つり革を伝って空中を飛ぶこともいとわない。それに対し、「自動ドアのマリア」という女席取り名人が戦いを挑む、というストーリーになっている。

  • alise のコメント:

    >民主主義は多数決

    今の議会、というか議員は政党(官僚)が決めた方針の議決を採るための駒でしかない。
    あんな国会、無意味です。存在価値ゼロですよ。
    国民が理解し納得できているわけない。でもメディアはだんまり。
    芸能人の薬物やゲイや不倫で大盛り上がり。
    ああそういえば日本の議会の話題無視して韓国の大統領の疑惑ばかり報道してましたね。

    民主主義最先端のアメリカがトランプ大統領を生み出しましたが、
    あの国はいろんな法律を、住民投票で決める文化があるそうです。
    さいきん話題の大麻解禁を住民投票で決めるのは少し知られていますが、他にも例えば、
    地区内でのAV撮影時のスキン着用義務化を住民投票で決めたりするんだそうで。

    カジノ解禁だったら確実に住民投票、国民投票で決めるでしょうね。
    でも、日本の国民は何も選ばせてもらえない。
    「民主主義は多数決!」って看板掲げられて終わりですか・・・。

  • 尖沙咀 のコメント:

    逆に、

    「民主主義って正しいの???」

    という疑問は抱かないのでしょうか?

    民主主義というか選挙で
    ナチズムも民主党政権も自民党・公明党政権もトランプ大統領も
    選ばれたのですが???

    アメリカの場合、州ごとに法律が違うため、
    進化論を否定する民衆が多数派なら
    進化論が教えられないわけです。

    まず、「民主主義を疑う」ことから始めなければならないのです。

  • 匿名 のコメント:

    最近ではドゥテルテが最も象徴的だなあ。
    でも民主政は今のところ最もマシなやり方ではあると言えるんじゃない。
    それ以外思い浮かばない。
    そういえば、目玉の数が大事なんでしょw

  • 尖沙咀 のコメント:

    >そういえば、目玉の数が大事なんでしょw

    目玉の数が十分でも、正しくない結果になることがあることを、

    「みんなの意見」は案外正しい
    の解説で山形浩生は書いてますけど。
    http://cruel.org/other/crowdcomment.html

    要約:みんなの意見は案外正しいが、まちがっていることもあるうえ、だれも責任をとれないし、またそれが計算のやり方次第で構築されるものだという認識も必要。でもそれさえわきまえれば、新時代の新しい常識生産の可能性がここにはある。ついでに、これが普及すればこれまでの常識の担い手である年寄りの地位は低下することになり、別の含意が出てくるが……

  • 匿名 のコメント:

    そんなのいちいち言わなくても、昔から愚衆政治って概念があるでしょw
    みんなで間違えれば、みんなの責任さ。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >そんなのいちいち言わなくても、昔から愚衆政治って概念があるでしょw
    >みんなで間違えれば、みんなの責任さ。

    だから、みんなで間違えても、誰も責任をとらなくても良い!
    というのが、民主主義の根本問題なのです。

    呉智英氏曰く、

    日本国憲法の中で民主主義の本質を説いているのは、実は第十五条の第四項なのだと言っても言い過ぎではないのです。

    (参考)
    日本国憲法 第十五条
     (中略) 
      選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。
      ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

    これこそ、民主主義=無責任の本質なのです。

  • バーテン のコメント:

    自分は車内が混雑していて
    優先席が空いてたら座ります。
    お年寄りや障害者、妊婦様など
    来られたら黙って席を立ちます。
    で、なかには座らない方もいます。
    そのような時は、また優先席へ座ります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。