『言ってはいけない 残酷すぎる真実』まえがき


新刊『言ってはいけない 残酷すぎる真実』の「まえがき」を、出版社の許可を得てアップします。

***********************************************************************

最初に断っておくが、これは不愉快な本だ。だから、気分よく一日を終わりたいひとは読むのをやめた方がいい。

だったらなぜこんな本を書いたのか。それは、世の中に必要だから。

テレビや新聞、雑誌には耳触りのいい言葉が溢れている。メディアに登場する政治家や学者、評論家は「いい話」と「わかりすい話」しかしない。でも世の中に気分のいいことしかないのなら、なぜこんなに怒っているひとがたくさんいるのだろうか。――インターネットニュースのコメント欄には、「正義」の名を借りた呪詛の言葉ばかりが並んでいる。

世界は本来、残酷で不愉快なものだ。その理由を、いまではたった一行で説明できる。

ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。

私たちを「デザイン」しているのは誰か? ひとびとはこれまで、それを神と呼んでいた。だがダーウィンが現われて、「神」のほんとうの名前を告げた、それは“進化”だ。

ダーウィンの「危険な思想」は、100年経ってもほとんど理解されなかった。1930年代になってようやくメンデルの遺伝学が再評価され、進化の仕組みが(まがりなりにも)説明できるようになったが、不幸なことにナチスによって誤用され、ユダヤ人やロマ(ジプシー)、精神病者など「遺伝的に劣った種」の絶滅を正当化する優生学になった。悲惨な戦争が終わると、「進化論は自然や生き物の不思議を研究する学問で、知性を持つ人間は別だ」という“人間中心主義(ヒューマニズム)”が政治的に正しい態度とされるようになった。

だが1950年代にワトソンとクリックがDNAの二重らせんを発見し、生命の神秘の謎を解く鍵を手に入れたことで、ダーウィンの進化論は大きくヴァージョンアップした。さらに動物行動学(エソロジー)が、チンパンジーなど霊長類の観察を通して、ヒトの生態の多くが動物たちと共通しており、私たちが「特別な種」ではないことを説得力をもって示した。こうして進化生物学・進化心理学が誕生した。

「現代の進化論」は、こう主張した。

身体だけでなく、ひとのこころも進化によってデザインされた。

だとしたら私たちの喜びや悲しみ、愛情や憎しみはもちろん、世の中で起きているあらゆる出来事が進化の枠組のなかで理解できるはずだ。このようにして現代の進化論は、コンピュータなどテクノロジーの急速な発展に支えられ、分子遺伝学、脳科学、ゲーム理論、複雑系などの「新しい知」と融合して、人文科学・社会科学を根底から書き換えようとしている。

もちろんこれは私が勝手にいっていることではなく、専門家であれば常識として誰でも知っていることだ。でも日本ではなぜか、こういう当たり前の話を一般読者に向けてするひとがほとんどいないし、もしいたとしても黙殺されてしまう。なぜなら現代の進化論が、良識を踏みにじり、感情を逆なでする、ものすごく不愉快な学問だからだ。

古代社会では、不幸な知らせを伝えた使者は斬首された。これはいまでも同じで、集団にとって不愉快なことをいう者は疎んじられ、排斥されていく。みんな見たいものだけを見て、気分のいいことだけを聞きたいのだから、知識人(すなわち賢いひとたち)が知らないふりをするのは正しい大人の態度なのだろう。

だが「言ってはいけない」とされている残酷すぎる真実こそが、世の中をよくするために必要なのだ。この不愉快な本を最後まで読めば、そのことがわかってもらえるだろう。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』まえがき への5件のフィードバック

  • かも のコメント:

    もっと簡単に言ってしまうと,人間は正規分布するように出来ているのです。それは全く画一な仕様で,同じ行程で作られる工業製品と同じ分布構造を持っているということです。
    幸せの分布,学力の分布,能力の分布、美醜の分布。あらゆる分布が,その切り口で常に正規分布していると考えると判りやすいですよ。物凄く幸せな一群と,物凄く不幸な一群が同数いる。つまりそんなことです。

  • 774 のコメント:

    能力が正規分布してるのに、大多数の幸福の要因である富は正規分布していない(することが出来ない)のが問題ですねぇ。まぁ能力が低い人は不幸であるべきとも思わないし「だからどうした」って話なんですが・・。

    なんせ今回も楽しみにしています。海外在住ですが電子書籍が一般化してかなり助かってます。

  • フジ のコメント:

    女性は容姿がすべてです。美人で性格がいい人は最高です。そんな彼女も得をする場面もいっぱいあったと思いますが同性に妬まれたり、ストーカー被害にあったり、ろくでなしの親戚に悩まされたりしたそうです。人生あるトータルでみればある意味平等になってます。大丈夫、どんな容姿で生まれたとしても容姿は磨けば光る。最悪、美容整形だってあるんだから。

  • ACE のコメント:

    「残酷な真実」は別にわざわざ言われなくても子供のころから知っています。

    世の中は不平等にできていて、富は偏在し、顔の作りもスタイルも運動能力も知能もすべて異なりますから、皆人生を同じように幸せに生きられる訳ではないのは当然です。

    運動会で全員手をつないで皆1着とか、幼稚園の学芸会でも女子は全員主役の白雪姫とか聞いているだけで馬鹿馬鹿しくなります。

    私は極貧の家庭で育ちましたが、なんとか這い上がって贅沢しなければ十分なリタイア生活を今は送っています。車は好きですがBMWやベンツに乗りたいとか豪邸に住みたいとか一度も思ったことはありません。

    「子孫に美田を蓄えず」の意味は、自力で這い上がる喜びを教える為と解釈していますし、それほど悪い人生ではなかったと思えればそれで十分ではないでしょうか?

  • spidehiro のコメント:

    実は、人間に後天的なものなどないのではないでしょうか。すべて遺伝子がデザインしているとすれば?容姿、能力、健康、環境、事情までも。な~んて。本買います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。