「教育と格差」をいい立てるうさんくさいひとたち 週刊プレイボーイ連載(186)


トマ・ピケティの『21世紀の資本』が経済書としては異例のベストセラーになったことで、また「格差」をめぐる議論がにぎやかになってきました。

ある大学では、4万人を対象に、親の年収や学歴を合成した指標(家庭の社会経済的背景=SES)と子どもの学力の関係を調べました。それによれば、SESが最低で毎日3時間勉強する子どもよりも、SESが最高で学習時間ゼロの子どもの方が、小中学校ともに学力が上だったといいます。

これを報じた記事では、この結果を「衝撃的」として、「親の経済力などが高い子どもほど高学力と高学歴を獲得しやすく、それが次の世代への連鎖を生む」としています。

しかし、この話は明らかにヘンです。SESは親の年収と学歴を合成したといいますが、なぜこんなことをしなければならないのでしょう。子どもの学力の決定要因を知りたければ、年収と学歴を別々にしてその影響を推計すればいいだけです。

記事では「親の経済力の差が教育格差を生む」としていますが、この指標からは「親が高学歴なら子どもの成績もいい」という説明も可能です。しかしなぜか、こちらの因果関係についてはひと言も触れられていません。

一卵性双生児のデータなどから行動や性格、知能における遺伝と環境の影響を調べる学問が行動遺伝学で、1960年代から膨大な研究が積み重ねられていますが、それによれば知能における遺伝の影響がきわめて高いことがわかっています。一例を挙げれば、論理的推論能力の遺伝率は68%、一般知能(IQ)の遺伝率は77%です(他の研究もこれとほぼ同じです)。

これがどのような値かは、身長66%、体重74%という遺伝率と比較すればわかるでしょう。背の高い親から背の高い子どもが生まれるように、親が高学歴だと子どもも高学力になるのです。「知能の高い親は社会的に成功してゆたかになり、遺伝によって子どもの成績もいい」と考えれば、経済格差と教育格差の謎はすっきり解決します。

私が問題だと思うのは、SESを開発した研究者(教育学者)たちは、当然、知能と遺伝の関係を知っているはずだからです。親の学歴と経済力を混ぜたのは、意図的に遺伝の影響を見えにくくするためでしょう。

なぜこんなことをするとかというと、教育格差の原因を親の経済力のちがいにしなければ、「教育」に税金を使わせるのに都合が悪いからです。問題が経済的なものであれば、教育費を無料にするなどして、教育格差を解消できるはずです。これは教育産業に莫大な補助金を交付するのと同じですから、研究者(大学教員)にとってこんなおいしい話はありません。

これは私のたんなる邪推でしょうか。

パン屋が「パンを食べれば長生きできる」と主張するのであれば、その科学的根拠を証明する責任はパン屋にあります。同様に教育者が「自分たちにカネを払えば社会はよくなる」というのであれば、行動遺伝学の知見を科学のレベルで反証しなければなりません。

もっとも、既得権を守り、拡張するために確信犯でやっているのなら、そんなことをする気は毛頭ないでしょうが。

参考文献:安藤寿康『遺伝マインド』

『週刊プレイボーイ』2015年3月9日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

19件のコメント

  1. 親が高学歴であれば、見るテレビ、読む新聞、雑誌、本が違う事の子供に与える影響も大きい、と思います。

  2. 「IQが高いだけで高学歴になり易い」を仮定していませんか?
    「IQはぼちぼちだけど親が高収入」はどうなるか検証から読めませんか?
    批判している元の記事のURLなりを示していただけると自分で確認できるのですが。

  3. イデンで能力が決まることは、競馬をやったことがある人間ならだれでも知っています。

    ただし、突発的に才能のある馬が生まれるというファンタジーがなければ、
    競馬(とくに馬産とか馬主とか)なんてやっていられません。

    家庭も社会も同様に、「カエルの子はカエル」であることがわかっていながら、
    この子は「トンビが鷹を生んだのでは」というファンタジーがなければ、
    ネグレクト(子育て放棄)などを生じさせません。

    仮に、自分の子供が「能力がない」ことが分かった場合、どうなさるおつもりでしょうか?

    「社会」というものが実は「ファンタジー」をベースに成り立っている
    ということを理解しない議論は、議論にもならないですよ。

  4. よくある因果と相関の問題ですね。
    知能の遺伝は明らかで、また知能と学力も相関しているでしょう。
    学力が高ければ高学歴になりやすく、高学歴であれば収入は高くなりやすい。
    「親の経済力の高さ」も「子供の学力の高さ」も、原因は「親の学力の高さ」であって、前者2つの相関は「擬似相関」というべきものでしょう。

    男であれば、ズボンを履いている人が多い。また男であれば、女も含めた平均身長から見ると高身長になりやすい。
    そのデータでもって「ズボンを履く」ことが「高身長」の原因、と結論付け、「背を高くしたければズボンを履け」と主張していたら、同じくおかしいでしょう。

  5. 投資(投機)の世界へ入った時、いろいろな本を買ったり、メルマガ・ブログを
    読んだり、ファンダメンタルズを検討した。勉強すれば、投資の世界で勝てる
    と思ったのです。そら、勉強すればそれに比例してガッコの成績が良くなった
    経験から、それ以外は思いつきもしなかった。

    そんな勉強?をすればするほど、トレード中に後ろを見ては「スパイがいる!」
    「俺はユダヤ組織に見張られている」という風に追い詰められてゆく・・

    勤労所得をブチ込んだ証券口座が、負の不労所得に押しつぶされそうになった時、
    理解した。「皆んなほとんどウソじゃん。情報は、送り手側に有利なように加工
    されて発信される。カモは情報によって束にされて、皆んないっぺんに狩られる」

    生数字そのものだけが真実に近くて、選ばれた数字、恣意的に加工された数字、
    その数字を使った解説、なんやら分かったような文学的文章(四季報の文章など)
    は、ほとんど全~~~~~部ひっかけ。さらに信じるカモが多いので、ウソが
    前提の部分だけ本当になったりしてる。いいようにムシられてから気付いた。

    いつもほとんど邪推する橘さんにも、いろいろな事があったと推測します。
    ですから、こうして好きなように世界を旅行できる身分になれたのだと思います。

    ピケティ本人が言っていないと明言するほどに、彼の本の内容はテキトーに都合
    の良いように加工されて出回っているそうです。(サヨクさんが狂喜乱舞してる)
    SESも同臭がプンプンしてます。科学的に精査できるデータをキチンと出せ、と
    言いたいですわ。(私じゃ、精査出来ませんけどね) 新手のSTAPです。

  6. >パン屋が「パンを食べれば長生きできる」と主張するのであれば、その科学的根拠を証明する責任はパン屋にあります。同様に教育者が「自分たちにカネを払えば社会はよくなる」というのであれば、行動遺伝学の知見を科学のレベルで反証しなければなりません。

    パン屋だろうが教育産業だろうが、CMのテロップに「個人の感想です」を入れとけば済む話で、
    パンを食べて早死にしようが、予備校に通っても大学に通らなければ「自己責任」といわれる
    だけの話。

  7.  要するに、どれだけ筋力トレーニングをしたかで、教育も決まると言うことでしょう。
     訓練です。訓練にどれだけ金を掛けられるか。それで、大学入試が決まります。
     只その筋肉馬鹿は全く使い物になりません。地頭が悪い癖に、鍛えてそれらしく見せかけているだけですから、元々何の意味もないことです。中国の、科挙と同じ失敗をします。
     そうやって国が衰退するのです。

  8. 66%→3人に一人はハズレ。77%→4人に一人はハズレ。
    この結果で「あんたの子供が馬鹿なのは、あんたら親のせい」と言われて教育を放棄するか。

    進学、頭がいい、社会で成功する、幸福。
    それぞれが似たようで違う方向にも思えるので、遺伝子による差異が明確ならそれに合った教育や生き方を教えるのも一方かと。

  9. 作業中に ゴーグルをつけたり 手袋をつける 個人主義者には死ぬまで まともなものは作れない。色眼鏡だからだ。

  10. >66%→3人に一人はハズレ。77%→4人に一人はハズレ。
    >この結果で「あんたの子供が馬鹿なのは、あんたら親のせい」と言われて教育を放棄するか。

    親よりさらにバカなケースもあるわけで…

  11. 遺伝と家庭教育ですね。
    何十年も前からわかっていたことで、今さら騒ぐことですか?
    はっきりしているのは、どういう家庭の子でも、学力があれば国公立大学に入れるということですよ。学費免除もあるし、優秀なら奨学金も返せる。結局は、大学入試に関しては、本人の学力がすべてです。

  12. >はっきりしているのは、どういう家庭の子でも、学力があれば国公立大学に入れるということですよ。学費免除もあるし、優秀なら奨学金も返せる。結局は、大学入試に関しては、本人の学力がすべてです。

    ただし、大学入試に限らず、試験全般にいえることは、
    知力(戦略)だけでなく、技巧(戦術・テクニック)というか裏ワザを知っているかどうか?
    ということが少なからずあるということです。

    東大の学生にいわゆる裕福な家庭の子が大多数を占めている理由は、
    塾や周りの受験生などの影響で、この技巧(戦術・テクニック)に接する機会が多いからともいえます。

    逆に田舎の公立高校などからポッと出てきて知力(戦略)だけで合格した人間は凄いとは思いますが、
    技巧(戦術・テクニック)がないせいで、就職などで苦労するひとも多いはずです。

    その公務員試験に顕著ですが、マジメに勉強していたら範囲が広すぎておさえることが困難なのが普通です。公務員試験予備校などに行く理由は、この技巧(戦術・テクニック)を学ぶためといっても
    過言ではありません。

    もしあなたの周りに受験生がいれば、津田秀樹氏の著作をおさえておくことをオススメします。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E7%94%B0%E7%A7%80%E6%A8%B9
    裏ワザは使えなくなってきているとはいえ、1点2点の差で合否が決定することは
    多々あります。これによって人生が変わるかもよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。