労働組合は身分差別社会が大好き 週刊プレイボーイ連載(137)


安倍政権による労働者派遣法改正案が国会で議論されています。

これを改悪と主張するひとたちは、「正社員が派遣労働者に置き換えられて格差が拡大する」といいます。それに対して政府側は、これまで専門26業種だけに認められていた条件をすべての労働者に開放することで、労働者のニーズにあった多様な働き方が可能になると反論しています。

労働市場改革が揉めるのは、それが日本社会の根幹である「会社=イエ制度」を揺るがすからです。

経済学的にいえば、働くというのは自らの人的資本を労働市場に投資し、そこから報酬というリターンを得ることです。人的資本は学歴や資格、専門知識や経験を総合したもので、それを基準に昇進・昇給が決まります。キャリアアップとはたんなる出世ではなく、さまざまな手段で人的資本を増やしていくことなのです。

しかし日本では、こうした近代的な職業観はまったく受け入れられませんでした。いまでも学生たちは、どんな仕事をするかもわからないまま会社に入り、その会社で定年まで過ごすことを人生設計の基本に置いています。

そのときにもっとも大事なのは、「会社=イエ」の正規メンバー、すなわち正社員になることです。日本の会社は新卒時に正社員を一括採用するため、大学生活の後半が就活に振り回され、それに失敗すると「非正規」という“二級市民”になってしまうのです。

「正社員」と「非正規」は身分制ですから、近代社会では許されません。そこで差別に反対する理想主義者は、「派遣を禁止して労働者はすべて正社員にすべきだ」と要求します。

企業経営者や自民党はこれを「非現実的なユートピア主義」と批判しますが、働く者の味方であるはずの労働組合も諸手を挙げて賛成しているわけではありません。民主党政権は「製造業への派遣の原則禁止」を含む労働者派遣法改正を目指しましたが、けっきょく腰砕けになってしまいました。経済界の反対よりも、民主党の最大の支持基盤である連合が、正社員の既得権が侵されるのを恐れたからでしょう。

日本的な「会社=イエ制度」では、正社員は“選民”であるからこそさまざまな特権を享受しています。法によって派遣が禁止され正社員の数が増えれば、その価値が下がることは誰だってわかります。

ILO(国際労働機関)が日本に勧告しているように、「同一労働同一賃金」が世界標準のもっとも公正な働き方です。そこでは「正社員」と「非正規」の身分差別はなく、すべての労働者が仕事の内容と能力によって平等に扱われます。すなわち、「誰もが派遣労働者で、かつ正社員」になるのです。

これは素晴らしいことですが、その理想が実現したときは年功序列・終身雇用という日本的な労働慣行は崩壊し、会社がイエであることもなくなるでしょう。

労働者派遣法改正を右往左往を繰り返すのは、この国の既得権層が理想を拒絶し、居心地のいい身分差別社会を守ろうとあがいているからなのです。

 『週刊プレイボーイ』2014年3月3日発売号
禁・無断転載 

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. 労働者派遣法に代表されるように,労働者の環境や制度は変わろうとしています。会社側も組合側もすべて抵抗勢力になっています。
    まずやるべきは瑣末の派遣社員云々ではなく,隗より始めよ で,公務員の「身分」を撤廃するこではないでしょうか。そうすれば「身分」や選民意識はなくなり,派遣法の改正など議論することもなくなります。定年延長の制度でさえ,役人のためでなかったかと思えるくらい対応が早かったのが霞ヶ関です。まずここを一丁目一番地としてなくすことからはじめましょう!
    当然,差別である「年齢」「性別」もなくなります。
    国が本気で「平等」や「機会均等」を目指したいのであれば,ですが。

    蛇足。所得税を個人から家族単位に徴収しようという案がでるような国ですから,望むのが馬鹿なのかもしれません。

  2. 同一労働同一賃金が実現されればピンハネ会社もかなり淘汰されそうですね。

  3. すべての労働者を非正規にすればいいのです。
    まず公務員からすべてを非正規にすれば、あっという間に雇用改革できますよ。また年金の差別問題も解決できるでしょう。

  4. 労働組合も既得権を守るための圧力団体というのには同意しますが、逆に
    「日本人」は徴兵義務もないのに安全が保障されている!とかいって周辺アジア諸国
    やウクライナから難民が流入してきたらどうします?

    結局のところ、「自分」が一番かわいいのであって、その既得権を安易に手放すひとは
    洋の東西を問わずいないってことです。

  5. 日本では、すぐにハゲタカなどと、物言いまくる株主を疎外します。でも、どう考えても
    会社は株主のもので、雇われ経営者・使用人・関連企業・顧客等のものではありません。

    日本の大企業の使用人なら皆知っているように、まず多くの会社は雇われ経営者のものです。
    次に労働組合の幹部(もちろん正社員)のものです。多くの会社内ではこの2者がなあなあで、
    生え抜きの経営者が元組合幹部だったりします。持ちつ持たれつの協力関係です。

    会社内で実権を握る者達がこうなのですから、正社員の既得権を捨てて「同一労働同一賃金
    の世界標準のもっとも公正な働き方」を取り入れるなんてするハズがありません。ましてや、
    その既得権を得る為に個人はツマラナイ受験勉強やシューカツをしてきているのですから。

    ルールの中で労働者をコキ使う資本家が必要です。「同一労働同一賃金の世界標準のもっと
    も公正な働き方」をもっとも望むのは彼等だからです。日本企業に多い中高年の穀ツブシ達
    に払うお金なら、ドンドン稼ぐ若い者に与えて、さらに稼いでもらいたいからです。

    そのような株主ひとりひとりは無慈悲な守銭奴かもしれませんが、ヘビにマングースで、
    企業社会全体としては現況より望ましい労働者市場を現出させて均衡すると思います。

  6. 労働者の生活保障を会社から切り離して、政府に戻すべきだ。
    本来、金儲けの手段でしかない会社に、福祉などを背負わせようとするから、
    複雑怪奇なことになる。
    会社から見れば、通常の取引契約には、契約の自由が保証されるのに、
    なぜ、雇用契約だけは特別な制限だらけなのか?となる。
    失業保険などを充実させて、解雇を自由化するべきだ。
    雇用の入り口だけ会社の自由にさせておいて、
    雇用の出口を法律で取り締まれば、
    能力のない老人を雇い続けるために、
    若者の求人が割を食うことになるだけだ。

  7. 「同一労働同一賃金」って…。一人ひとり能力、成果に差があるのに。
    まぁ工場などのライン労働者向けの話でしょ。
    資本主義なので、すべては成果なのですよ。

  8. 日本の正社員(特に大企業)というのは、準公務員に過ぎないというところから考えた方が話は早いかも。労務規定然り、身分保障然り、服装然り、結局公務員の制度を多少緩やかにしたものに過ぎないんですよね。

  9. しかしまあそのイエ制度が圧倒的な強さと結果を見せたのも事実なんですよねえ
    アジアから先進国の仲間入りを果たしたのは実質日本だけだし。。。
    それらはすべて朝鮮ベトナム戦争の特需等外因によるものであり、
    日本の経済機構の強さによるものではない!かどうかなんて証明のしようもないから、
    イエ制度が人類史上最強のコーポレートガバナンスのあり方である、って仮説は
    永遠に一定の説得力を持ちますわな。
    家長のために命を張れる兵隊がずらっと揃ってるほうが、
    報酬目当ての傭兵軍団よりなんとなく強そうってのは直感的に違和感無いしね。

  10. まずは労働基準法の厳格な運営ができてからじゃないの?
    ほとんどの中小企業の休日出勤や、サービス残業も野放し、理由は職員が少ないからというが
    未請求残業代に課税をかければほとんどの会社は払うようなものでしょ。
    非正規は待遇で搾取され、正規は公にならない部分で搾取されている現状を
    改善もせずにその要因をあたかも派遣と非正規の関係性だけで論ずる時点でどうなんだろうか?

  11. よい法がよい行政によってきちんと運用され悪い会社をやっつけてもらうなんて他力本願ないものねだりよりも
    雇われやすく辞めやすい社会に変えて悪い会社が自然淘汰される圧を高めるほうが現実的でしょう

  12. 労働基準法に刑事罰つける法案を可決すべき。

    あと正社員含め全従業員の解雇規制緩和。

  13. 刑事罰つけて何が生まれるのか 想像してみたらいいのです
    何も生まれない マイナスしか生まない。
    まず正社員なんて雇わない。すべて委託契約にするさ。
    それが嫌なら働く場所なんて与えない。
    全企業が正社員なんて雇いたくなくなる。刑事事件になるのでしょ。
    経済的リスクを背負い、刑事事件リスクまで背負ってなぜ社員を雇わなければいけないのか。
    全労働者委託契約。個人事業主になっておくれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。