あなたは東洋脳? それとも西洋脳?


『(日本人)』では、すべてのヒトは進化論的に共通のOSを持っているが、そのエートス(行動文法)は歴史や文化、社会構造などによって異なることを論じた。ベースになっているのは近年の社会心理学のさまざまな研究成果だが、ここでは東洋人(日本、中国、韓国)と西洋人(アメリカ、カナダなど)の世界把握のちがいを調べるかんたんなテストを紹介しよう。

以下の図は、いずれもアメリカの社会心理学者リチャード・E・ニスベット『木を見る西洋人 森を見る東洋人』からの引用だ。この本でニスベットは、「東洋」と「西洋」のちがいについての膨大な研究を紹介している。

牛の仲間はどっち?

まず、上図を見ていただきたい。牛とのペアをつくるなら、AとBのどちらを選ぶだろうか。

この質問をニスベットがアメリカと中国の子どもたちにしたところ、アメリカ人の子どもが牛とニワトリの組み合わせを選んだのに対し、中国人の子どもは牛と草をペアにすることが多かった。

牛とニワトリを組み合わせるのは、ともに分類学上の動物だからだ。牛と草の組み合わせは、牛は草を食べるのに対し、ニワトリは食べないからだ。すなわちここでは、「分類」よりも両者の「関係」が重視されている。

ところで読者のなかには、西洋人と同じく、牛とニワトリの組み合わせを選んだひともいるだろう(じつは私もそうだった)。

もっとも事務所のアルバイト(大学生)に訊いたところ、2人とも牛と草の組み合わせを選んだので、このテストはいまでも有効なようだ(世代が進むにつれて“西洋化”するわけではないらしい)。

では、次のテスト。こちらはもっと明確に東洋と西洋のちがいがわかるはずだ。

ターゲットに似ているのはどっちのグループ?

ニスベットたちの研究チームは、上のようなイラストを、韓国人、ヨーロッパ系アメリカ人、アジア系アメリカ人の実験参加者に見せ、ターゲット(下のイラスト)がどちらのグループに近いかを訊いた。

韓国人のほとんどは、ターゲットがグループ1に近いとこたえた(私もそう思った)。それに対してヨーロッパ系アメリカ人のほとんどは、グループ2を選んだ。アジア系アメリカ人は、その中間だった。

グループ1は、ターゲットと「家族的類似性」を持つように描かれている。ターゲットになんとなく似ているが、すべてのイラストに共通する規則があるわけではない。

グループ2は、ターゲットに似ていないものもあるが、ひとつだけはっきりとした規則を持つように描かれている。すなわち、「真っ直ぐな茎」を持っているのだ。

ニスベットは、その他の実験においても、西洋人がこのような「分類学的規則」を素早く見つける傾向があることを明らかにした。それに対して東洋人は、規則を適用してものごとをカテゴリーに分類することが苦手で、そのかわり部分と全体の関係や意味の共通性に関心を持った。

カテゴリーは、名詞によって表わされる。ひとやものとの関係は、動詞によって明示的、あるいは暗黙のうちに示される。そう考えれば、西洋人は世界を「名詞」で考え、東洋人は「動詞」で把握しようとしているともいえる。

こうした実験が明らかにしたのは、西洋人の認知構造が世界をもの(個)へと分類していくのに対し、東洋人は世界をさまざまな出来事の関係として把握するということだ。この世界認識のちがいが、西洋人が「個人」や「論理」を重視し、東洋人が「集団」や「人間関係」を気にする理由になっている。

ところで、ここで誰もが疑問に思うのが、こうしたちがいは生得的(遺伝的)なのか、ということだろう。これに対するニスベットのこたえは明快だ。

アジア系アメリカ人(アメリカで生まれ育ったアジア系のひとびと)は、大半の調査で東洋と西洋の中間であることが多く、一部の調査ではヨーロッパ系アメリカ人とほとんど同じ回答をする。日本人はとくに影響を受けやすく、ある研究では、アメリカに2~3年住んだだけで、日本人の考え方は純粋なアメリカ人とほとんど区別がつかなくなってしまった。

西洋人と東洋人は明らかにちがうが、そのちがいは文化的なものなのだ。

カテゴリー: 雑記 タグ: パーマリンク

あなたは東洋脳? それとも西洋脳? への8件のフィードバック

  • you-me のコメント:

    どっかでお会いしたことありますか?

  • you-mu のコメント:

    お会いしたことはありません

  • you-ma のコメント:

    いやお会いしたかもしれません。

  • 月子 のコメント:

    最初の回答では西洋人、後の回答は東洋人。
    生まれも育ちも日本なのに中間のようです。(2問だけなので一概に言えませんが・・・)
    日本にいて中間であることは不思議です。
    変わってるのかな?(橘さんも同じでしたね。これは失礼致しました。)
    でも中間であるこはちょっと嬉しい気もします。

  • 名古屋市民 のコメント:

    最初の質問で、「ペアをつくる」となると、Bの草を選び、
    「仲間は?」となると、Aのニワトリを選びます。
    次の質問では、グループ2を選びました。
    海外生活はしてないのですが、西洋化してますね。(笑)

  • 通りすがり のコメント:

    私の結果
    1問目:鳥と牛の組合せ
    2問目:グループ2
    私は生まれも育ちも日本で、両親も共に日本人です。

  • ピンバック: 社会心理学 実験について | トラウマやPTSDを克服

  • a のコメント:

    日本人だけど、全部西欧人と同じ思考結果に・・・。
    なんとなくだけど東洋人って基本文系脳(その場の雰囲気、空気を意識)するよね。
    自分はどっちかーっつーと理系脳だと思う

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。