お金と幸せの法則を教えましょう〈週刊現代インタビュー〉


『週刊現代』11月6日号の特集「金持ちでも不幸、貧乏でも幸せ――年収は減っても幸せは減らない デフレ経済の賢い生き方・考え方」の一部として掲載されたインタビューを、編集部の許可を得てアップします(投資の話が唐突に入っているのは、後続記事との関係です)。「どうすれば「恐竜の頭」が見つかりますか?」と合わせてお読みいただければ。

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

たくさんのお金を手に入れたからと言って、人は幸福になれるわけではありません。宝くじの高額当せん者を追跡調査すると、不幸になるケースの方がずっと多いことがわかっています。

「一億円当たった」という噂が流れると、それまで疎遠だった親戚や知人が、分け前にあずかろうと押しかけてくる。彼らを邪険に扱うと、これまでの近所づきあいや友人関係まで消えてなくなってしまう。買い物や旅行でお金を使い果たす頃には、「自分には何も残っていない」と気づいて愕然とするわけです。

ヒトにとっての幸福とは、「愛情空間や友情空間で他者から承認されること」以外にありません。それを実現するにはいくつかの方法がありますが、理想は、自分の好きなことや得意なことを仕事にして高い評価を獲得することでしょう。

ジョン・レノンは歌で、メッシはサッカーで世界中から愛され、莫大な富を手にしました。

ただし、そんな夢を実現できる幸運な人はきわめて限られています。私たちの大半は、生きるためになにかをあきらめなければならないのです。

もう一つ覚えておかなければならない大事なことは、「ヒトはお金を稼ぐことで幸福になれるようにデザインされてはいない」ということです。

何かをあきらめる

このことは、人間の感情が進化の過程でつくられてきたという事実から、簡単に説明できます。生命の誕生が40億年前、霊長類のなかでヒトが分化したのが600万年前なのに、農耕と交易で貨幣が生まれてまだ1万数千年しか経っていません。この「短い」期間では感情という基本プログラムは変化しませんから、貨幣の多寡が幸福感と直接結びついているわけではないのです。

こう語るのは、作家の橘玲氏。2002年に『マネーロンダリング』でデビューして以来、ベストセラーになった『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』をはじめ、主に経済、金融、投資などをテーマに『貧乏はお金持ち』『亜玖夢博士のマインドサイエンス入門』など、数々の話題作を発表している。

そんな橘氏が、好評の近著『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』の内容に沿って、この時代の「お金と幸福の関係」を語る。

日本経済を、深刻なデフレが蝕んでいます。モノの値段が下がり、給料も下がり続けている。なぜこういうことが起きているのか、理由はマクロ経済の専門家でない私にも、ある程度はわかります。

一つは、藻谷浩介氏が『デフレの正体』で指摘したように、日本の労働人口が減少し、生産も消費も縮小しているから。もう一つは、消費者が「安くて品質の良いモノ」を求めるから。企業はそのニーズに応えるために効率化を進め、結果として、ますますモノの値段は下がっていきます。

パイが縮小する中で価格を下げる競争をしているのだから、構造的にデフレが続くのも当然の話なのです。

そんな時代、多くの企業は「安くて良いモノがほしい」という消費者ニーズを満足させるために、仕事のマニュアル化を進めています。誰がやっても同じ時間で同じ結果が出るように、マニュアルはどんどん緻密になっていく。社会学者はこの徹底した効率化を、「マクドナルド化」と呼んでいます。

規格を統一し、仕事の細部までマニュアル化することで、マクドナルドは世界のどこの店でも、短時間でまったく同じハンバーガーやフライドポテトを提供できるようになりました。この仕組みは従業員の習熟したスキルや臨機応変の判断を必要としませんから、能力に対してお金を払う必要がありません。日本でこのマクドナルド化をもっとも完璧に実行しているのが、牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーです。

残りの人生で必要な金額

ゼンショーは、元東大全共闘の社長が「世界から飢餓と貧困をなくす」という壮大な理想を掲げて起業した会社で、安価で良質な牛丼を提供するために、すべての作業手順を秒単位で決め、深夜は一人のクルーが調理と接客をこなし、それを本部が監視カメラでモニターする、米国海兵隊のような超効率的組織をつくりあげました。従業員の評価はいかにマニュアル通りに動作できるかで決まり、個性や工夫を反映する余地は一切ありません。その結果、労働生産性でトヨタを凌ぎ、売上高でマクドナルドに迫る驚異の急成長を実現したのです(『日経ビジネス2010年9月20日号』)。

マニュアル化した仕事の総称が、「マックジョブ」です。マクドナルド化は消費者が求める安くて快適なサービスを提供する唯一の方法ですから、グローバル化の進展によって、仕事におけるマックジョブの割合はどんどん増えていきます。「市場原理主義」の実験場であるアメリカではすでに、マックジョブが8割、専門職や管理職などのクリエイティブクラスが2割と二極化しています。

このようにして、能力を開発し、自分を「変える」ことでクリエイティブクラスを目指す自己啓発が大流行することになりました。もちろん、クリエイティブな職業とマックジョブを比較すれば、前者の方が高い収入が得られることは間違いありません。

しかしその一方で、クリエイティブクラスは、進行中のプロジェクトで常に結果を出すことを求められます。それに成功すれば、さらに重要な仕事を任されますが、失敗すれば次はない厳しい世界です。クリエイティブクラスを目指すのは能力の高い人ばかりなので、競争はますます激しくなり、大きなストレスに晒されます。

そう考えれば、マックジョブが「不幸な仕事」とは一概に言えません。マニュアルどおりに作業すればどんな結果になろうとも責任を取る必要はなく、サラリーマンのように、仕事の成果だけでなく、上司や部下、同僚の評判まで気にする必要もありません。

マックジョブで幸福は得られないかもしれませんが、仕事に悩んでうつ病になったり自殺したりすることもありません。「クリエイティブクラス=高給=幸せ」「マックジョブ=低賃金=不幸」という二元論は、常に正しいとは限らないのです。

もちろん市場経済の社会では、お金が幸福の必要条件になることは事実です。お金があっても幸せになれるとは限りませんが、なければ幸せは得られません。

そこで、幸福になること(他者の承認)とお金を稼ぐことを分け、ストレスのないマックジョブで生活に必要な貨幣を効率的に獲得し、愛情や友情はそれとは別の場所で手に入れればいい、と考える人が出てきます。仕事に自己実現は必要ないと割り切れば、これは幸福な人生のための有効な戦略のひとつでしょう。

これと同じく、投資によって効率的にお金を稼ごうとするのも、きわめて合理的な行動です。ただし、このときに大事なのは、「その行動はほんとうに合理的なのか」を自問することです。

「使っても使っても減らないお金」のような荒唐無稽な話に多額の資金を投じたり、「私はこうして1億円稼いだ」といった体験談を真似したりするのは、もっとも効率的に破滅する方法です。確かにFXで1億円儲けた人はいるでしょうが、トレーディングの本質はゼロサムゲームなので、その背後には同じハイリスクを取って失敗した無数の参加者がいます。ただ彼らはメディアに登場することがないので、その存在に誰も気づかないだけなのです。

日本人はいま、かつてなく大きな不安に怯えています。家族、会社、国家など、これまでは絶対的に信頼できた存在が大きく揺らぎ、「倒産やリストラで収入がいつ途切れるかわからない」「年金が崩壊したら老後はどうなるのか」……といった恐怖に誰もがさいなまれています。

ではこの不安を解消し、あなたが今後の人生で経済的な独立を手に入れるためには、どのくらいのお金が必要なのでしょうか。1億円? 5億円? 答えは一概には言えません。それは、あなたが求める生活によって異なってくるからです。

私は会社を辞めて独立する時、「いくらあれば公園のホームレスにならずにすむか」を真剣に考えました。答えは3000万円でした。ずいぶん少ないと思うでしょうが、日本を捨ててタイやフィリピンなどの東南アジアに移住すれば、これで一生それなりの暮らしができるとわかったからです(円高の今ならもっと少額ですむでしょう)。

これを知って、私は精神的に非常に楽になりました。3000万円という実現可能な目標を設定したことで、それを達成した後は、「好きなことだけやって生きていけばいい」と気楽に考えられるようになったからです。

好きなことを評価されれば、そのことがもっと好きになり、市場の評価が収入につながります。お金と仕事との幸福な関係は、こうしたサイクルの中でしか成立しないのだと思います。

生活の基本コストを下げれば、人生に余裕が生まれます。逆に生活コストが高いままだと、永遠に不安は解消されません。

日本人は世界中でもっとも要求水準の高い国民です。高級住宅地の一戸建てに暮らし、子どもは幼稚園から私立に通わせ、車はベンツかBMWで、年に一度はヨーロッパ旅行を……などと考えていては、1億円や2億円あっても不安なのは当然です。

べつに日本を脱出しなくても、マイカーをあきらめたり、マイホームを賃貸に切り替えたり、生活の基準を見直すだけで、人生をよりポジティブに考えられるようになります。将来への漠然とした不安が払拭されれば、おかしな投資に手を出すこともなくなるでしょう。私たちにとって、それがお金と幸福を両立させる最良の道ではないでしょうか。

インタビュー:平原悟

カテゴリー: Life Planning タグ: , パーマリンク

お金と幸せの法則を教えましょう〈週刊現代インタビュー〉 への14件のフィードバック

  • あかんそすてが のコメント:

    >一つは、藻谷浩介氏が『デフレの正体』で指摘したように、日本の労働人口が減少し、生産も消費も縮小しているから。

    おかしいと思いませんか?人口が減っても生産と消費が同時に減ってもデフレになるとは限りません。
    プラスマイナスゼロのはずです。今はむしろ労働人口が減って退職したお年寄りが増えているのでむしろ労働力が減ってインフレにならないとおかしい。

    デフレの原因はそんなところではありません。

  • poimandres のコメント:

    デフレ(スパイラル)に関しては、私も異論があります。

    まずきっかけですが、これは企業の賃下げだと思います。「影響力のある」企業が、海外の安い製品に対するとき、価格競争に乗ってしまった。国内だったら、高くても高付加価値のものを買う消費者が沢山いますが、残念ながら彼らは海外に進出していたので、そういうわけにはいかなかった。
    大体、リストラの意味が首切りになってしまう国ですから。

    それがスパイラル状に悪化の一途を辿ることになったのは、銀行に対する不信感だと思います。
    金融ビッグバンや不良債権処理のときの貸し剥がし、それによる黒字倒産などを見たら、銀行から金を借りることはリスクでしかありません。
    現に、企業の内部留保がどんどん増えていますね。
    還流するはずのお金が、企業から労働者ではなく銀行に行ってしまう。これは、デフレスパイラルにもなろうというものです。

    それから、幸せについて。

    > お金があっても幸せになれるとは限りませんが、
    の部分には同意しますが、
    > なければ幸せは得られません。
    ここは微妙です。まず、橘さんの言われる「お金がない」というのは、多分、ホームレス級の「お金のなさ」だと思います。
    でも、そこまで話を極端にしなければ、最後に書いてある通り、要求する生活水準を変えることで解決可能かも知れません。
    しかし、そこには、「不幸でない」状況しか書いてありませんね。
    幸せというのは主観的なものなので、精神的に満たされていれば、ここにあるような「不幸でない」生活で十分に幸せになれるかも知れません。ですが、ここ数十年の日本人は、精神的な豊かさというものを否定してきたように感じられます。
    貧乏でも幸せ、というのは、理想論、夢物語、もっと悪ければ綺麗ごとなのでは。

    そうすると結局、生活水準を下げればいい、というのは「不幸でない」だけで、「幸せ」とはならないのではないでしょうか。

  • kyunkyun のコメント:

    こんにちは。

    冒頭に書かれている 『宝くじ』 については、『擬似ベーシックインカムのようなもの』 とも考えられるので、少しずつ調べています。

    >宝くじの高額当せん者を追跡調査すると、不幸になるケースの方がずっと多いことがわかっています。

    についてなのですが、もちろん不幸になるケースもあると思いますが、本当の実態─ 真実は、
    そうではないのかも知れません。
    こちらにイギリスの宝くじ事業運営会社キャメロットによる、宝くじ当選者への実態調査があります。
    機械翻訳で見た限りでは、「不幸になった」 と感じている人の割合は少ないようです。

    ◆ 2006年の調査 (PDFファイル)
    ttp://www.camelotgroup.co.uk/2000MillionairesMORISurvey.pdf
    ◆ 1999年の調査
    ttp://www.ipsos-mori.com/researchpublications/researcharchive/poll.aspx?oItemId=1842

    しばしば、宝くじに当選後に不幸になった、というニュースが取り上げられますが、もしかしたら本当は、そのようなケースは割合的には少ないのかもしれません。

    * その他の宝くじ当選者への調査論文です。

    (docファイル)
    ttp://aberdeen.ac.uk/wes2007/Full%20Papers/Stream%20E/123.%20Anna%20Hedenus%20FP.doc
    ttp://74.125.155.132/scholar?as_sdt=2000&hl=ja&q=cache:oa-rEpZ5KjIJ:scholar.google.com/
    (pdfファイル)
    ttp://organizations.haifa.ac.il/html/html_eng/Harpazpublications/Final.pdf
    ttp://www.learnings.citizensincome.ca/5a11.pdf

    * H. Roy Kaplanという人は、何度か当選者への実態調査をしているようです。
    ttp://www.springerlink.com/content/?Author=H.+Roy+Kaplan

  • 吉村 のコメント:

    そもそも宝くじを買う人は、期待値の概念が理解出来ないほど馬鹿なのだから一般人とは違う。
    もともと経済的に合理的な考えが出来ないのだから、初めに金があろうと無かろうと、
    宝くじ以外の収入源を得ことも出来ず、結局金を失って不幸になる確率が高い。
    よって宝くじの高額当選者が不幸になるケースの方がずっと多いとしても、
    それはただ単に馬鹿だから、って可能性もありますね。

  • abc のコメント:

    頭の悪い私には参加する資格もないと思います。
    反発を承知で意見を言わせていただきたいのは、個人的に橘氏を支援したいと思ったからです。
    広義の領域から狭義の領域に渡って私共のような素人にもわかりやすく説明し、
    後ろ向きな議論を繰り返すのではなく、現実を直視した上で前向きな判断を
    自らの立場に照らして具体的に提案される方をいつまでも偶像視しておきたいという願いを
    持っています。 
     頭脳明晰で延々と信念を貫き、自らの持論を世界に評価させた方はたくさんいらっしゃると思います。
    ここのブログは支援者で保持されてゆくことを私は望んでおります。

  • poimandres のコメント:

    以下のコメントについて、宝くじを買う者の立場からコメントする。
    > そもそも宝くじを買う人は、期待値の概念が理解出来ないほど馬鹿なのだから一般人とは違う。

    ここに、期待値が同じで、一等が一千万円の宝くじと三億円の宝くじがあるとしよう。
    私の場合、前者を買うことはないが、後者は買う可能性がある。
    なぜなら、一千万円当たっても額の多い小遣いに過ぎないが、三億円当たるとそれは、今後働かなくても済む額だからだ。うまくすれば、元金を減らさずに生活できる。
    三億円は、一千万円の30倍ではないのだ。
    この「夢」が、期待値に上乗せされる、それが私にとっての宝くじだ。

  • 吉村 のコメント:

    娯楽として宝くじを買っているのならば別に問題ありませんが、
    金を増やす目的で宝くじを買っているならば期待値を理解しているとは思えません。
    認知の歪みを利用されて金を巻き上げられているだけです。

    宝くじ等公営ギャンブルは「馬鹿に科せられている罰金」と言われますが、
    馬鹿は社会に迷惑をかけていますのでこういった罰金は必要だと思います。
    poimandresさんには今後も宝くじを買い続けて地方財政の再建に貢献して頂きたい。

  • 117 のコメント:

    幸福の最低基準が3億円以上の資産で、それ以下は
    不幸、生きていてもしょうがない、即ち宝くじを
    買わない状態と買って外れる状態の効用が大差な
    い場合を想定すると・・・

     宝くじを買うインセンティブはあるので、
     必ずしもバカではない?

     期待値的には他のギャンブルの方がよいのかも
    しれないが、パチンコ、競馬で3億となるとうまく
    その確率を引いたとしても、それに費やす時間・
    手間ひまコストが無視できない(それが好きで楽し
    めるなら問題ない)。

     多くの場合、ダーツを投げて株式投資が期待値的
    にも時間・手間ひまコスト的にもまだましか?

  • ハローすけ のコメント:

    その人が幸せを感じられてるならそれが一番っす。

  • 愛だス のコメント:

    >投資によって効率的にお金を稼ごうとするのも、きわめて合理的な行動です。ただし、このときに大事なのは、「その行動はほんとうに合理的なのか」を自問することです。

    こんにちは。
    僕は自営をしています。FXではないのですが、数年前先物取引でン億円を稼ぎ出し、「経済的独立」を手に入れました。このときの投資行動は決して合理的とは言えません。レバレッジを100倍、200倍をかけて、時価換算で10億、20億円の取引をして、巨額の評価損を抱えていた日々には、何日も眠れぬ夜を過ごし、胃痛にも悩まされたものでした。ただ、合理的な投資行動では、今の経済的独立は手に入らなかったでしょう。せいぜいが老後資金に多少余裕があるかな程度のものでしょう。「運」がよかったといえば、それまでかもしれませんが、あのとき相場に向かっていたときの苦悶はもういいです。(今は遊び程度に取引しています。)
     「経済的独立」を手に入れて、生活に変わったことは何もありません。アメリカ産の牛肉を買わないことと少し高いタマゴを買わないように妻にお願いしたぐらいです。ただ、精神的に余裕ができたことは大きいと感じています。これからも細く長く自分の仕事と運のお返し(寄付)を続けていこうと思っています。
     ところで、最新作「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」から、「私」ではなく「ぼく」を使い出したのは、何か心境の変化でもあったのでしょうか。僕は橘玲さんが女性ではないかとひそかに思っていました。

  • 愛だス のコメント:

    すみません。
    少し高いタマゴを買わないように→少し高いタマゴを買うように  です。

  • パンチ のコメント:

    完璧な人生論だと思います。

    特に共感したのは、仕事での自己実現はあきらめるという点です。

    クリエイティブな仕事で他者の評価を得つつ、収入を得ることは難しいことです。
    むしろ不可能だと思っています(ちなみに私はピアノが好きです)

    ピアニストになるというと極端ですが、今ベンチャー企業が多くあるように、
    ネット上で自分のアイデアで稼げると思っている人が多すぎるように感じるし、
    今時の若者も、マックジョブ的な仕事なんてやりたくなく、大きなことをしたいという人が多いでしょう。

    そういった人々の考え自体は夢があっていいんですが、
    将来性が確定するわけではありません。

    ですからそれらはまず置いといて、実益な仕事、つまりマックジョブを自分の中でまず確定させてから、自分のやりたいことをやる。

    現実的かつ、実現性の高い考えだと思います。

  • ふく のコメント:

    3000万円あれば、タイやフィリピンで一生暮らせると言う事ですが、以前『外こもり』の本を読んだ時に
    書いてあったのが、7~15万/月でした。
    一生というと微妙な感じがするのですが、3000万円と出した詳しい内容を知りたいのですがよろしくお願いします。

  • ちゃとらん のコメント:

    3000万円あれば、タイやフィリピンで一生暮らせると言う事ですが、私もこの算出根拠を教えていただきたいです。リタイアメントビザを取得するということでしょうか?記事寄稿時より更に円高が進んでいますが金額に変動はあるのでしょうか?この数字は何才から可能なんでしょうか?(当方は現在40代半ばです)などなど詳しい内容をご説明いただきたく宜しくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。