ベーシックインカムはどうですか?


ゴンザレスさん

「ベーシック・インカム」(以下BI)制度についてぜひ橘さんのお考えを伺ってみたいと思った次第です。
私にはさまざまな社会問題を解決できるとてもよいしくみのように思えるのですが、一方で、日本での実現は難しいかなー…とも感じています。
橘さんはBIには賛成、反対どちらでしょうか?
橘さんの視点から見たBIについての気になる点や提言などを、ブログ等でお聞かせいただければとてもうれしいです。
なかなか難しいテーマかと思いますが、よろしくお願いいたします。

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

ベーシックインカム(BI)は(日本だけでなく世界のどの国でも)実現可能性はないと思いますが、せっかくの機会なのでおこたえします。

ベーシックインカムは奴隷制である。

というのが、私の立場です。以下、その理由を説明します。

ここでいうBIは、国民全員に(0歳から死ぬまで)最低限の所得を保障する制度です。その金額は諸説あるようですが、仮に8万円とすると、二人暮しなら月額16万円ですから、東京でもなんとか最低限の生活は維持できそうです。

そうなると、働かずにBIだけで生きていこうと考えるひとが一定数出てきます。その割合は想像するしかありませんが、ここでは2割と見積もります。日本の労働人口を6,000万人とすれば、約1,200万人が生活のすべてをBIに依存することになります。

彼らは職歴も資格もありませんから、人的資本はゼロです。日本国がBIをやめてしまえば即座に生きていくことができなくなりますから、給付を受けるためなら、道徳的に正しいかどうかに関係なく、どんなことでもするでしょう。

次に、働いてお金を稼ぎながらも、BIによって生活が支えられているケースが考えられます。夫婦と子ども2人ならBIは月額32万円で、この追加収入によってマイホームのローンを支払い、子どもを私立学校に通わせているようなひとたちです。彼らが多数派になるのはまちがいないでしょうから、労働人口の6割=3,600万人としましょう。

彼らは一見、自立しているように見えますが、国家がBIをやめてしまえばマイホームを取り上げられたり、子どもを退学させたりしなければならないのですから、その影響は甚大です。給付の継続のためなら国家のどんな要求でも受け入れたとしても、なんの不思議もありません。

労働市場で富を獲得する術を失った高齢者のほとんどは、そもそもBI(+年金)がなければ生きていけません。そう考えると、国民の9割、1億人ちかくがBIによって生存を支配されることになります。

ここで、私の懸念は次のようなものです。

仮になんらかの方法で財源の問題が解決し、順風満帆でBIがスタートできたとします。しかし、将来の経済状況を予測することは不可能ですから、なんからの要因(世界同時不況とか)によって制度の維持が難しくなることもあるでしょう。

そのとき、愛国者で理想主義者の政治家が日本国の実権を握ったとします。彼はきっと、こういうでしょう。

「国民の生活を守るのは国家の義務だ。そして国民は、当然のことならがら、国家に奉仕する義務を負っている。だから今後、BIは国家に忠誠を誓う国民にのみ給付することにする」

これはまさしく、ハイエクのいう「隷属への道」そのものです。

理想主義者の唱えるベーシックインカムは、人類史上最悪の奴隷社会を生み出すことになるでしょう。

*******************************************************************************************

お問合せはこちらから。
なお、すべてのご質問に回答できるわけではありません。また個人的なご相談には対応できませんので、ご了承ください。

カテゴリー: FAQ(素朴な疑問), Libertarianism タグ: , , , パーマリンク

ベーシックインカムはどうですか? への69件のフィードバック

  • しにすぎ のコメント:

    ホームレスの話を読んで今気付きましたよ
    つまりBIや正社員や非正規よりもっといい生き方があるって言ってたんですね

    で、橘さんのことをちょっと調べた
    なるほどね、マイクロ法人…か
    聞いたことないけど、要は税金関係で得しようぜぇ~ってことでしょ
    政府の支配から離れ、より自由を求めなければ生きていけない時代になったんだ、と
    確かにこれは政府の中抜きをスルーできる方法だ

    なんだか小賢しいですね

    これは誰でもできることじゃないし、みんなで一斉にやらないと社会が混乱するだけ
    もちろんこういう手法を実践してる人たちはいるんだろうけど一般的じゃない
    中途半端に抜け駆けしたらそれ以外の人たちのストレスが増すだけで、社会は変わらないどころか中途半端に歪んで人々の苦痛を長引かせて、人は頑なになる

    いまさらな話ですけど、かつて製造業に派遣が増え始めたとき、セーフティネットとしてBI的な就労支援制度を整備しておけばよかった
    新しい社会へ一気に移行できたかもしれないし

    実際に起こったことといえば、浮浪者を見て貧困ビジネスを思いつく橘さんのような人間たちが派遣会社を作りまくって若者の非正規化を推し進めた
    そいつらは「クズ」を企業に撃ち込むだけで濡れ手に粟
    でもこの調子で非正規が増え続ければ、正規と非正規の二重状態はやがて解消されると僕も思っていた
    が、まったくそんな事にはならず社会は歪むだけ歪んで、その挙句に派遣は再規制された
    これらの派遣会社の「狩り」にお墨付きを与えたのは他ならぬ政府だ

    これぞまさに「残酷な世界」
    っていう本を書いた本人がその世界を生み出してた張本人の一人だったw

    この状態を覆して新しい社会に移行するには、若者が反乱を起こして強力なリーダーが現れ、劇的に社会を更新するしかない
    特に日本では

  • hiro_tarou のコメント:

    しにすぎさんの仰ることも分かります。

    橘さん、コレ訂正された方がいいのではないでしょうか?

    >「国民の生活を守るのは国家の義務だ。そして国民は、当然のことならがら、国家に奉仕する義務を負っている。だから今後、BIは国家に忠誠を誓う国民にのみ給付することにする」

    国家に忠誠を誓う国民に「のみ」給付する・・・選別してんだからBIとは言いません。
    BIを廃止して、国家忠誠給付金(仮称)を給付するということです。。

    「愛国者で理想主義者の政治家」がそう言う・・・ということかもしれませんが、そんな事も分からんほど日本人はバカなんでしょうか??? (そうかも、ね、、)

    この文章の骨格を「BIは国家に忠誠を誓う国民にのみ給付する」が支えている以上、この文章はペテン師系、エセ新興宗教系のロジックメイクという気がします、個人的感想としては。。

    まあ、デキル営業マンとペテン師系、エセ新興宗教系が紙一重とは認めますが。。バザールってそういう事か。。

  • kyunkyun のコメント:

    こんにちは。
    BIについての簡単なアンケートを作りました。

    ◆アンケート◆
    『ベーシックインカムの支給方法: どちらが賢明な方法だと思いますか?』
    ttp://research.news.livedoor.com/r/55672

    例えば月8万円のベーシックインカムを導入する場合、どちらがより賢明な方法だと思いますか?
    a. 時間をかけて徐々に支給額を増やす
    b. 最初から8万円を支給する

    ◆ご意見募集◆
    『月額2万5千円のベーシックインカムを考える』
    ttp://www.progoo.com/bbs/basicincome_topic_pr_349.html

  • マッシュ のコメント:

    一部、ニートは屑だから死ねだからBI反対とか言うチンピラのような連中のBI反対論なんかは
    相手にせずに、ちゃんとしたベーシックインカム論を読むべきだと思う。

    以下のサイトには、現行の中央銀行を中心としたシステムが以下に欠陥を抱えているのか。
    というものが書かれている。

    関 曠野 講演録
    「生きるための経済」
    ― なぜ、所得保証と信用の社会化が必要か ―
    http://bijp.net/transcript/article/27

  • やぴばら のコメント:

     こんにちは。 初めて書き込みさせて頂きます。
     少々口幅ったいとは思いましたが、橘さんのおっしゃる事がわからないという方は・・

     1.共産主義、資本主義というものを(自分なりにでも)考えてみる。
     2.現実をしっかり見て、考える。

     まずは、これらを試みてはいかがでしょうか。
     

  • 通りすがり のコメント:

    年金も同じことが言えるんじゃないですか?

    年金もなくなったら生活できなくなりますよね。
    年金はよくて、BIはだめな理由はなんでしょうか?

  • 紫力 のコメント:

    金額を固定するのではなく、何かの指標(例えば一人あたりのGDPなど)に連動させるのはいかがでしょうか。多くの人が頑張ったら支給額が上がり、そのまた逆もしかり、です。

    とりあえず、議員の給料を連動制にして、次に公務員、最後にBIという流れはいかがでしょう。

  • Eズン のコメント:

    ミルトン・フリードマンは選択の自由という本で、
    生活保護費の削減には、受給者の選挙権をなくす事だと言っていました。
    生活保護自給者→選挙権なし。納税者→選挙権あり。
    生活保護受給者が増えると、納税者が生活保護費削減に投票するので、生活保護受給額が減る。
    受給額が減ると何とか働いて収入を得ようとするので、受給者が減る。
    選挙権を使って市場原理にリンクさせようという考えらしいです。

  • KOM のコメント:

    選挙のたびに選管が「皆さん、投票に行きましょう」と言って投票率を上げようとしますが、もし、本気で投票率を上げようとするなら、投票を済ませた人に地域振興券を配る、というのはどうですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。