ベーシックインカムはどうですか?


ゴンザレスさん

「ベーシック・インカム」(以下BI)制度についてぜひ橘さんのお考えを伺ってみたいと思った次第です。
私にはさまざまな社会問題を解決できるとてもよいしくみのように思えるのですが、一方で、日本での実現は難しいかなー…とも感じています。
橘さんはBIには賛成、反対どちらでしょうか?
橘さんの視点から見たBIについての気になる点や提言などを、ブログ等でお聞かせいただければとてもうれしいです。
なかなか難しいテーマかと思いますが、よろしくお願いいたします。

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

ベーシックインカム(BI)は(日本だけでなく世界のどの国でも)実現可能性はないと思いますが、せっかくの機会なのでおこたえします。

ベーシックインカムは奴隷制である。

というのが、私の立場です。以下、その理由を説明します。

ここでいうBIは、国民全員に(0歳から死ぬまで)最低限の所得を保障する制度です。その金額は諸説あるようですが、仮に8万円とすると、二人暮しなら月額16万円ですから、東京でもなんとか最低限の生活は維持できそうです。

そうなると、働かずにBIだけで生きていこうと考えるひとが一定数出てきます。その割合は想像するしかありませんが、ここでは2割と見積もります。日本の労働人口を6,000万人とすれば、約1,200万人が生活のすべてをBIに依存することになります。

彼らは職歴も資格もありませんから、人的資本はゼロです。日本国がBIをやめてしまえば即座に生きていくことができなくなりますから、給付を受けるためなら、道徳的に正しいかどうかに関係なく、どんなことでもするでしょう。

次に、働いてお金を稼ぎながらも、BIによって生活が支えられているケースが考えられます。夫婦と子ども2人ならBIは月額32万円で、この追加収入によってマイホームのローンを支払い、子どもを私立学校に通わせているようなひとたちです。彼らが多数派になるのはまちがいないでしょうから、労働人口の6割=3,600万人としましょう。

彼らは一見、自立しているように見えますが、国家がBIをやめてしまえばマイホームを取り上げられたり、子どもを退学させたりしなければならないのですから、その影響は甚大です。給付の継続のためなら国家のどんな要求でも受け入れたとしても、なんの不思議もありません。

労働市場で富を獲得する術を失った高齢者のほとんどは、そもそもBI(+年金)がなければ生きていけません。そう考えると、国民の9割、1億人ちかくがBIによって生存を支配されることになります。

ここで、私の懸念は次のようなものです。

仮になんらかの方法で財源の問題が解決し、順風満帆でBIがスタートできたとします。しかし、将来の経済状況を予測することは不可能ですから、なんからの要因(世界同時不況とか)によって制度の維持が難しくなることもあるでしょう。

そのとき、愛国者で理想主義者の政治家が日本国の実権を握ったとします。彼はきっと、こういうでしょう。

「国民の生活を守るのは国家の義務だ。そして国民は、当然のことならがら、国家に奉仕する義務を負っている。だから今後、BIは国家に忠誠を誓う国民にのみ給付することにする」

これはまさしく、ハイエクのいう「隷属への道」そのものです。

理想主義者の唱えるベーシックインカムは、人類史上最悪の奴隷社会を生み出すことになるでしょう。

*******************************************************************************************

お問合せはこちらから。
なお、すべてのご質問に回答できるわけではありません。また個人的なご相談には対応できませんので、ご了承ください。

カテゴリー: FAQ(素朴な疑問), Libertarianism タグ: , , , パーマリンク

ベーシックインカムはどうですか? への69件のフィードバック

  1. あれれ のコメント:

    労働価値説がわからない方は以下で分かりやすく書かれてるので参照してみるのも
    良いでしょう。

    労働価値説は誤りではないですか?
    http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1692917.html

  2. hiro_tarou のコメント:

    あれれさんの仰るように・・・橘玲先生は当サイトをクリエイティブ・コモンズとしてやられていたり・・・ご本は一冊も読んでいないですが・・・当サイトの『伽藍の世界』『どうしたら革命を起こせますか?』等々、非常に興味深く・・・・

    しかし、それらと、このBIに対する評価は・・・どういう回路で結びついているのか??

    ・・・さっぱし、わかりません。。どなか橘玲ファンの方、おヒマだったら解説してください。。

    (普通、伽藍とバザールで、BIはバザール側では。。『どうしたら革命を起こせますか?』より・・・>私は、政治空間が貨幣空間に置き換えられ、ゲーム理論や実験経済学によって最適な制度設計が可能となる未来は、それほど悪くないと考えています・・・ってある種、BI的世界を言い換えてないですか???無論BIの経済システムとしての優劣はあると思うけど、当稿は、そういう主旨ではないし。。。バザールの向こうには必ず伽藍があるとかいう・・・宗教的な話なのかな。。)

  3. AKI のコメント:

    人は仕事をしないでいると人的資本が少なくなる→人的資本が少なくなると仕事を見つけるのが困難になる→仕事をしなくても生きていける状態なら困難な職探しはしない。

    BIは、仕事をしなくても(とりあえずは)生きていけるだけのお金を受け取ることができるわけですから、一部の人が上の様なサイクルに陥ることはありえます。この人達にとって、突然BIという制度がなくなることは即収入が途絶えることを意味しますから、その制度を守る為にはなんでもしよう、という気になるかもしれない。。。ここで橘さんが言おうとしているのは、そんなような事ではないでしょうか。

    なお、嫌な仕事をしなくても一定の収入があるBIは、一見バザールのようですが(食う為の最低限のお金はあるんだから、後は自分の好きな事=恐竜の尻尾を探してお金を稼ごう!)、最低限の生活の基盤を外部に依存している時点で、そこはバザールではなく伽藍の世界なんじゃないかなぁと思うわけです。

  4. hiro_tarou のコメント:

    >AKI さん・・・橘玲ワールド解説していただいてありがとうございます。でも・・・>突然BIという制度がなくなることは即収入が途絶えることを意味しますから、その制度を守る為にはなんでもしよう・・・てのは、よくわかりません。2/katoさんや24/das_golceさんが書いてるように、BIを
    年金に置き換えてみれば・・・そうはならないと思います。

    AKI さんの仰る後半・・・>最低限の生活の基盤を外部に依存している時点で、そこはバザールではなく伽藍の世界なんじゃないかなぁ・・・は、ちょっと分かる気がしますが・・・『外部に依存』が
    意味的に微妙で・・・・。。外部とは??

    思うに・・・BIサイドに『BIは労働と所得を分離する』という概念がある訳ですが・・・なんかソレを
    拡大解釈しすぎかと。。思うに・・・BIは(賃)労働と所得を完全分離なんかしませんよ。。多分。

    よく労働人口の大部分がBIに全面するという設定がでてきますが・・・そんなこと再分配を前提とするBIではありえませんよ。そんなことになったら、そのお金はどこからでてくるのでしょうか???また逆に、月7~8万のBIで、みんなが働くのやめるはずないと思いますよ。あとBIのメインストリーム(?)の所得税ベースのBI(小沢修司氏他)で、橘先生が言う・・・マイホームのローン払ってる夫婦と子ども2人ならBIは月額32万が・・・まるまる増収なんてありえませんよ。マイホーム買う位の所得があれば、BI分の増税で差し引き・微増くらいですよ。(分かってて、そういう事・平気で書くからなあ。。。)

    BIは労働と所得を分離なんかしない・・・ただ現在の賃労働と所得の異常なまでの強固な結びつきを少し変えるだけ。そこで、労働の意味をアンペイドワーク等含んだ多義性のあるものとしてとらえられるか、BIで暮らす人間を劣等生物として捉えるか・・・つまりバザールか伽藍かということは・・・BIなんかのシステム問題じゃなくて・・・日本人の民度とかレベルの問題じゃないかとも思うです。かなり甘めの意見ですが。。それをBIという経済システムに帰すのは、どちらかと言うと伽藍的では。。

  5. ハムスター のコメント:

    BIが国家の隷属かもしれませんが
    サラリーを貰うことも会社への隷属ではないでしょうか?結果として国家への隷属とも言えなくないように思います。

    どちらの制度にせよ、能力と富、もしくは運がある人が自由を得られ
    それらに恵まれなければ、隷属するという選択を迫られる場合が多いかと思います。

    私がかつて働いていた職場は奴隷船のような劣悪な環境でした。
    まさしく会社に隷属していたのです。
    今は運良く投資で生活しておりますが、その運に恵まれなければ今も奴隷船暮らしだったでしょう。

  6. あれれ のコメント:

    ベーシックインカムは隷属の道という言葉が出てきて、あれ?ハイエクはそんなこと言ってたっけ?と思い、隷属の道を読みなおしています。
    で、読んでたらやはり書いてありましたね。
    第9章の保証と自由というところに。
    ここによると、ハイエクは自由が侵害されたり失われないようにする限りにおいては最低限保証
    はやっても構わない、というよりはむしろやるべきというような事が書いてありますが・・・・
    ハイエクが存命の時はまだベーシックインカムは普及しておらずだったので、BIを名指しでは書いてありません。
    此処で言うBIがダメであるというときは、政府による恣意的要素がある場合でしょう。
    最低限保証の金額が8万円とか誰かの恣意が入ると、統制経済につながりそれが隷属の道につながるということはありえます。
    欧州のBIの学者ではそのような考え方「らしい」ですが。
    反対にBIの最低限保証金額が市場によって決まるのなら、自由を侵害せずに最低限保証が行われるでしょうかもしれません。コンピューターとネットワークが進化した今なら、最低限保証の金額を外国為替取引のように市場によって決めることは容易なんじゃないでしょうか?
    要するに隷属の道になるかどうかはBIの運用の仕方によりけりだと思いますが。
    ここに来た方は、BIが隷属の道だと脊髄反射するまえに、ハイエクの隷属の道を一回読んでみるべきだと思いますが。

  7. あれれ のコメント:

    すみません、一部脱字がありました、正しくは隷属「へ」の道です。
    ついでに書いておきますが。

    ハイエクの言うには、保証には2種類あって。
    限定的保証と絶対的保証があり、ベーシックインカムはおそらく前者に該当するでしょう。
    限定的保証は、市場システムの補完に過ぎないものであり、社会の全員に供与されるということです。
    絶対的保証は一部の人間に統制経済を通して特権的に与えられる保証ということだと。
    今の日本の政治が行ってるのは限りなく絶対的保証に近いですね・・・・・
    一部の人にしか与えられない生活保護や特定の人の雇用を維持する為の正社員制度とかあげたらキリがないですが。

    ハイエクは、限定的な最低限保証は実現可能ではあるが、難しい問題で運用の仕方を間違えると、危険かもしれないとは書いてありますが、最低限保証が隷属への道でしかないなんてことはどこにも書いてないですね。

  8. futenma のコメント:

    今でも充分、米国と公務員の奴隷ではないのでしょうか?地方で生活している私のようなものには、特に東京周辺で厳しい職場環境にある方については、そう感じます。満員電車に揺られて、残業して、多額の納税しても保育所すら不足、共働きもままならず、生活レベルをあげられない日々・・・・・
    血と汗の結晶の税金を自己の健康管理すらできない老人への医療費や地方公共事業や米国への思いやり予算や米国基地建設・兵器の購入・・・・・ あげくの果ては、国家財政破綻して預貯金収奪?  一番厳しい環境で多額の納税を負担している方々にとってBIは朗報ではないのでしょうか?

  9. しにすぎ のコメント:

    BIや年金や負の所得税などは「クズども」の反乱を防ぐための飴です
    橘さんが言うように、現在の生活保護などの支援システムは上手く機能してない
    しかし「クズの乱」を抑えるために他の何がいいのか、何も論じてない
    非効率的な役所の無駄な「仕事作り」の道具にされる生活保護よりは「中抜き」がない分、BIの方がマシと言える
    これは次善の策であって理想主義的でもなんでもない

    今の日本は、官僚がこの国を管理するためにまず天井が厳格に定めてあって、逆に床は抜けてる状態です
    この床と天井を逆にする
    稼げる者はその能力の限界まで好き勝手に稼げばいい、それに応じてピラミッドの土台も厚くなる
    みんな喜んで「奴隷」労働するだろう
    そのかわり好きなことが出来る余裕が生まれるから、社会に新たな価値を供給できる

    そうなると困るのは役所や官僚や経営者や投資家たちだ
    彼らは人々の「働かざるもの生きるべからず」という狂った労働観の洗脳が解けることを恐れてる側の人々で、盛んに「BIにしたら人が働かなくなるぞ!」とか「BIに依存する、止めたら反乱起こる!」とか「BIは奴隷制だ」とかの意図&意味不明な不安を煽っている
    この国におけるBIの実現可能性は低いにもかかわらず、だ
    今まで積み上げてきた実績がBIによって崩れるのが怖いから、無様なほど必死になるんだろう
    BI程度で崩れる生きた証か、虚しいねぇ

  10. RWSP のコメント:

    ベーシックインカムは良い制度ですが少し条件を付け加えたら完璧になります。

    1.ベーシックインカムで得られたお金は貯金することが出来ない。一ヶ月以内に使用できなかった分は自動的に税として徴収される。

    2.ベーシックインカムで得られたお金は国外への送金や投資に使用することは出来ない。また、国外で使用することも出来ない。そして他者と貸し借りすることも出来ない。

    貯金が出来ない仕組みによって、元々消費意欲のない人にはお金を全額回収することが出来、無駄な増税を行わなくて済みます。
    また、貯金が出来ないので働かない人の生活水準を最低クラスに留めておくことも可能です。
    そして、追い込み効果で消費を強制的に起こさせることも可能です。

    国外への送金を不可能にすることによって外国人による国外流出を防ぐことが可能になります。

    ベーシックインカムの登録時に専用のクレジットカードを配布し、デジタルマネーで取引します。デジタルマネーによって不正使用が出来ないようになり、お金の監視も政府が監視することが出来ます。

    これが出来ればベーシックインカムも最高だな

  11. しにすぎ のコメント:

    ホームレスの話を読んで今気付きましたよ
    つまりBIや正社員や非正規よりもっといい生き方があるって言ってたんですね

    で、橘さんのことをちょっと調べた
    なるほどね、マイクロ法人…か
    聞いたことないけど、要は税金関係で得しようぜぇ~ってことでしょ
    政府の支配から離れ、より自由を求めなければ生きていけない時代になったんだ、と
    確かにこれは政府の中抜きをスルーできる方法だ

    なんだか小賢しいですね

    これは誰でもできることじゃないし、みんなで一斉にやらないと社会が混乱するだけ
    もちろんこういう手法を実践してる人たちはいるんだろうけど一般的じゃない
    中途半端に抜け駆けしたらそれ以外の人たちのストレスが増すだけで、社会は変わらないどころか中途半端に歪んで人々の苦痛を長引かせて、人は頑なになる

    いまさらな話ですけど、かつて製造業に派遣が増え始めたとき、セーフティネットとしてBI的な就労支援制度を整備しておけばよかった
    新しい社会へ一気に移行できたかもしれないし

    実際に起こったことといえば、浮浪者を見て貧困ビジネスを思いつく橘さんのような人間たちが派遣会社を作りまくって若者の非正規化を推し進めた
    そいつらは「クズ」を企業に撃ち込むだけで濡れ手に粟
    でもこの調子で非正規が増え続ければ、正規と非正規の二重状態はやがて解消されると僕も思っていた
    が、まったくそんな事にはならず社会は歪むだけ歪んで、その挙句に派遣は再規制された
    これらの派遣会社の「狩り」にお墨付きを与えたのは他ならぬ政府だ

    これぞまさに「残酷な世界」
    っていう本を書いた本人がその世界を生み出してた張本人の一人だったw

    この状態を覆して新しい社会に移行するには、若者が反乱を起こして強力なリーダーが現れ、劇的に社会を更新するしかない
    特に日本では

  12. hiro_tarou のコメント:

    しにすぎさんの仰ることも分かります。

    橘さん、コレ訂正された方がいいのではないでしょうか?

    >「国民の生活を守るのは国家の義務だ。そして国民は、当然のことならがら、国家に奉仕する義務を負っている。だから今後、BIは国家に忠誠を誓う国民にのみ給付することにする」

    国家に忠誠を誓う国民に「のみ」給付する・・・選別してんだからBIとは言いません。
    BIを廃止して、国家忠誠給付金(仮称)を給付するということです。。

    「愛国者で理想主義者の政治家」がそう言う・・・ということかもしれませんが、そんな事も分からんほど日本人はバカなんでしょうか??? (そうかも、ね、、)

    この文章の骨格を「BIは国家に忠誠を誓う国民にのみ給付する」が支えている以上、この文章はペテン師系、エセ新興宗教系のロジックメイクという気がします、個人的感想としては。。

    まあ、デキル営業マンとペテン師系、エセ新興宗教系が紙一重とは認めますが。。バザールってそういう事か。。

  13. kyunkyun のコメント:

    こんにちは。
    BIについての簡単なアンケートを作りました。

    ◆アンケート◆
    『ベーシックインカムの支給方法: どちらが賢明な方法だと思いますか?』
    ttp://research.news.livedoor.com/r/55672

    例えば月8万円のベーシックインカムを導入する場合、どちらがより賢明な方法だと思いますか?
    a. 時間をかけて徐々に支給額を増やす
    b. 最初から8万円を支給する

    ◆ご意見募集◆
    『月額2万5千円のベーシックインカムを考える』
    ttp://www.progoo.com/bbs/basicincome_topic_pr_349.html

  14. マッシュ のコメント:

    一部、ニートは屑だから死ねだからBI反対とか言うチンピラのような連中のBI反対論なんかは
    相手にせずに、ちゃんとしたベーシックインカム論を読むべきだと思う。

    以下のサイトには、現行の中央銀行を中心としたシステムが以下に欠陥を抱えているのか。
    というものが書かれている。

    関 曠野 講演録
    「生きるための経済」
    ― なぜ、所得保証と信用の社会化が必要か ―
    http://bijp.net/transcript/article/27

  15. やぴばら のコメント:

     こんにちは。 初めて書き込みさせて頂きます。
     少々口幅ったいとは思いましたが、橘さんのおっしゃる事がわからないという方は・・

     1.共産主義、資本主義というものを(自分なりにでも)考えてみる。
     2.現実をしっかり見て、考える。

     まずは、これらを試みてはいかがでしょうか。
     

  16. 通りすがり のコメント:

    年金も同じことが言えるんじゃないですか?

    年金もなくなったら生活できなくなりますよね。
    年金はよくて、BIはだめな理由はなんでしょうか?

  17. 紫力 のコメント:

    金額を固定するのではなく、何かの指標(例えば一人あたりのGDPなど)に連動させるのはいかがでしょうか。多くの人が頑張ったら支給額が上がり、そのまた逆もしかり、です。

    とりあえず、議員の給料を連動制にして、次に公務員、最後にBIという流れはいかがでしょう。

  18. Eズン のコメント:

    ミルトン・フリードマンは選択の自由という本で、
    生活保護費の削減には、受給者の選挙権をなくす事だと言っていました。
    生活保護自給者→選挙権なし。納税者→選挙権あり。
    生活保護受給者が増えると、納税者が生活保護費削減に投票するので、生活保護受給額が減る。
    受給額が減ると何とか働いて収入を得ようとするので、受給者が減る。
    選挙権を使って市場原理にリンクさせようという考えらしいです。

  19. KOM のコメント:

    選挙のたびに選管が「皆さん、投票に行きましょう」と言って投票率を上げようとしますが、もし、本気で投票率を上げようとするなら、投票を済ませた人に地域振興券を配る、というのはどうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


(必須)

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。