女児虐待死事件でメディアがぜったいいわないこと 週刊プレイボーイ連載(343)


目黒区で5歳の女児が虐待死した事件では、「きょうよりか もっともっと あしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして」などと書かれたノートが発見され、日本じゅうが大きな衝撃に包まれました。このような残酷な事件が起きないようにするために、いったいなにができるでしょうか。

この事件について大量の報道があふれていますが、じつは意図的に触れていないことが2つあります。

女児を虐待したのは義父で、母親とのあいだには1歳の実子がいました。じつはこれは、虐待が起こりやすいハイリスクな家族構成です。

父親は自分の子どもをかわいがり、血のつながらない連れ子を疎ましく思います。母親は自分の子どもを守ろうとしますが、それ以上に新しい夫に見捨てられることを恐れ、夫に同調して子どもを責めるようになるのです。なぜなら進化論的には、ヒトは自分の遺伝子をもっとも効率的に残すよう“プログラム”されているから……。

これが進化心理学の標準的な説明で、こうした主張を不愉快に思うひとは多いでしょうが、アメリカやカナダの研究では、両親ともに実親だった場合に比べ、一方が義理の親だったケースでは虐待数で10倍程度、幼い子どもが殺される危険性は数百倍であることがわかっています。

もちろん連れ子のいるほとんどの家庭は虐待とは無縁で、偏見につながらないような配慮は大事ですが、残念なことに、「進化の圧力」に抗する理性をもたない親が一定数いることはまちがいありません。児童相談所がこのリスク要因を正しく把握していれば、もっと強い対応もできたのではないでしょうか。

メディアが触れないもうひとつの事実は、この女児にはどこかに実の父親がいることです。ここでも誤解のないようにいっておくと、「父親を探し出して責任を追及しろ」といいたいわけではありません。

日本では、夫婦が離婚するとどちらかが親権をもつことになります。これが「単独親権」ですが、考えてみれば、離婚によって親子関係までなくなるわけではありませんから、これには合理的な理由がありません。そのため欧米では、夫婦関係の有無にかかわらず両親が親権をもつ「共同親権」が主流になっています。

共同親権では、子どもが母親と暮らしていても、別れた父親に子どもと面会する権利が保障されると同時に、養育費を支払う義務が課せられます。ところが単独親権の日本では、ほとんどのケースで父親が親権を失うので、義務感までなくなって、2割弱しか養育費を払わないという異常なことになっています。

虐待への対処でむずかしいのは、公権力はプライベートな空間にむやみに介入できないことです。子どもが家で泣いていたら近所のひとに通報され、いきなり警察や児相がやってくるような社会では、誰も子育てしたいとは思わないでしょう。

しかし実の父親なら、面会を通じて子どもの状態を確認できるし、子育てにも介入できます。子どもが危険にさらされていると判断すれば、保護したうえで公的機関に訴えることも可能でしょう。

今回のような悲劇をなくそうとするのなら、いたずらに行政をバッシングするのではなく、「子どものことを真剣に考えるのは親である」という原点に立ち返る必要があるのです。

参考:マーティン・デイリー、マーゴ ウィルソン『人が人を殺すとき―進化でその謎をとく』

『週刊プレイボーイ』2018年7月2日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

23件のコメント

  1. なぜでしょう? ゴミ投資家シリーズは夢中で読めたのに、最近の橘さんは全くと言っていいほど心に響きません。

    言っていることは間違いではないのですが……。

    堀江貴文、藤沢数希、ちきりん、はあちゅう、ゾゾの人……、こんな方々と同じモヤモヤ感を覚えます。

    血が通っていないというか、真剣に生きていないというか、心がないというか……。

  2. >なぜでしょう? ゴミ投資家シリーズは夢中で読めたのに、最近の橘さんは全くと言っていいほど心に響きません。

    >言っていることは間違いではないのですが……。

    >堀江貴文、藤沢数希、ちきりん、はあちゅう、ゾゾの人……、こんな方々と同じモヤモヤ感を覚えます。

    そりゃベストセラー作家になったり金持ちになったりすれば、

    ギラギラとした金持ちになりたいという欲求による
    モチベーションが低下するので、

    一見過激に見えて、実はあたりさわりのない評論家
    に堕してしまうからですよ。

    ここは一つ、あしたのジョーの
    「ハリマオ」
    が必要ですな。
    http://soulofjoe.jp/story/story06/story-6-37.html

    梶原一騎の思惑に反して
    ハリマオ戦自体は
    あまり盛り上がらなかったですが。

    むしろ練習でゴロマキ権藤がヤクザをつれて
    リングに上がった時の方が盛り上がったですな。

  3. サルの研究者である福田史夫氏が自身のブログで「継父(母)による虐め・虐待死 Cinderella effct 」http://tanzawapithecus.blogspot.com/2018/06/cinderella-effct.html でこの事件についてコメントしています。端的に言えば父親は継子を殺すようプログラムされているということでしょうか。人間でも本能的な衝動を抑えられない人が少なからずいるということでしょう。これを克服するには、情緒で継父を非難するのではなく、橘さんのようにたんたんどう防ぐ仕組みをつくるかを考えるのが良いと思います。
    参考文献(福田史夫氏はその元論文を引用してます)を近所の図書館で予約しました。参考にしたいと思います。

  4. >なぜでしょう? 
    >心に響きません
    以前よりも取り扱う「テーマ」が多様化したため、興味のあるテーマが相対的に減ってしまったのでは?

  5. >日本では、夫婦が離婚するとどちらかが親権をもつことになります。これが「単独親権」ですが、考えてみれば、離婚によって親子関係までなくなるわけではありませんから、これには合理的な理由がありません。そのため欧米では、夫婦関係の有無にかかわらず両親が親権をもつ「共同親権」が主流になっています。

    共同親権では、子どもが母親と暮らしていても、別れた父親に子どもと面会する権利が保障されると同時に、養育費を支払う義務が課せられます。ところが単独親権の日本では、ほとんどのケースで父親が親権を失うので、義務感までなくなって、2割弱しか養育費を払わないという異常なことになっています。

    では何故、離婚後の共同親権が実現しないのか?
    それは「義務・責任」という日本人が理解しにくい概念だからです。
    「選択的夫婦別姓」は「自由・権利」という概念だから、リターンを要求する一方「自由・権利」と表裏一体である「義務・責任」という「離婚後の共同親権」はリスクであるために日本人は拒絶する、という性分があると言えます。

    野田聖子や小島慶子、勝間和代に駒崎弘樹や青野慶久らは「選択的夫婦別姓」を主張し、夫婦同性の民法改正を求めているが何故か「離婚後の共同親権」には慎重、むしろ大反対する姿勢です。(日本の政治家や文化人で「選択的夫婦別姓」を主張した人物が、「離婚後の共同親権」を主張した例は皆無です。フェミニストと呼ばれる人はまずいません)野田聖子は9月の総裁選で「選択的夫婦別姓」を公約に掲げましたが、「離婚後の共同親権」は完全に無視しています。
    ここに日本型リベラルの「胡散臭さ」を強く感じます。
    <坂根シルック(東京農工大学 特任准教授)さんの「単独親権 vs 共同親権」 離婚後の親権・ハーグ条約 [モーニングCROSS]の主張がyoutubeで聞けますので参考までに>

    あと大きいのは官僚・政治家にとっては「離婚後の共同親権」といった民法改正は「旨味が無い」「票にならない」というのもあります。

    山田太郎前参議院議員がツイッターで 6月7日に述べていたのが、

    ”議員時代、虐待根絶の為に英独蘭の児童養護システムの視察と分析や子ども庁設置の提案も内閣にしました。しかしこれは票にならないと動いて来たのはほんの一握りの議員のみ。
    マスコミも虐待死の事件の度に児相や警察など行政が悪いと責め立てるばかりで里親や養子縁組の根本的な解決策に触れません。”

    と当の政治家が乗り気でないことを暴露しています。

    そんな状況で「離婚後の共同親権」はできないのか?というとそうでもない。
    日本で「離婚後の共同親権」という民法改正ができるとしたら、今回の目黒区で5歳の女児が虐待死した事件の女児が「アメリカの白人男性と国際結婚した日本人女性が母親で、アメリカで離婚調停中に父親に無断で連れて行き日本へ帰国したハーフの子ども」で、FBIに指名手配された日本人母親と日本人継父による虐待死をアメリカのマスコミが大々的に報道して、ホワイトハウスが動くことが絶対条件でしょう。
    「アメリカの白人」であることが大事です。(イギリスやフランスなどEUではダメ。白人、それもWASPか福音派なら完璧。黒人やヒスパニック、先住民、アジア系移民では今一つ盛り上がらない。但しユダヤ系なら白人と同じ効果)

    日本人だけでこの問題を解決できない、法改正できないことに日本の不幸があります。

  6. 何が言いたいんだよ。
    全く何の情熱も魂もない記事。

    虐待死をなくしたいんじゃなくてただPVが欲しいだけだろ。

    虐待死をなくすには子供が死んだ場合、虐待親の刑罰を重くすればいい。
    そうすれば子供が死なないようにするだろ。

  7. 日本で唯一のDV加害者の塚本です。
    私はDVを訴えられたのですが、元嫁の事を調べて見ると売春、毎日パチンコをしていました。
    これを離婚訴訟で証拠として提出すると、私の依頼してた鬼頭弁護士は弁護士会により除名処分、元嫁の親が養育意思がある陳述を削除し県営住宅に住まわせ、生活保護を受けさせ親権者を元嫁。
    なお一審で行なわなければいけない家裁調査官調査がされませんでした、子供を洗脳する為でしょう。裁判官は櫂智子(塊智子?)
    なお二審で家裁調査官調査は行なわれましたが、子供への洗脳が明らかなのに親権は元嫁。
    元嫁は精神障害1級でも有りました。本人は鬱病と言っていたが診療記録には鬱病の診断は有りませんが攻撃性、易刺激性がでるMDMIと同じ抗鬱薬漬けにされていました。元嫁の元主治医で安田と言う医師が居ましたが、この人は元嫁を「鬱病じゃない性格気質の問題」と診断していたが診療中の猥褻行為で逮捕有罪にされ医師免許剥奪されている。
    警察の動きも書いておきます、
    警察に元嫁な売春について相談しましたが、相談記録にも残していませんでした、記録にも残さないと言う証拠が有ります。
    私が元嫁の売春、毎日パチンコの証拠を提出後にDVを訴えた側を調査してる探偵業者にDV保護命令が出た後は調査を中止するように警察公安は圧力をかけている。
    私は二審でDVは虚偽と判決文に書かせる事ができたので未成年者略取誘拐罪で警察に告訴状を持って行ったが、勿論何もしないそれどころか非親告罪の略取誘拐罪を親告罪にしている。反対に子供連れ去り人格障害者との接触を避ける為にストーカー規制法を非親告罪にしている。

    私の事件は十年前の事件です。警察の動き、子供連れ去らせ当事者の状況から考えて、私の頃以上に泣き寝入りしなければならない状況を作っていると考えられる、また泣き寝入りを受け入れた者には子供との面会交流を認めると言う事を裁判所がしている。
    勿論、連れ去った子供を連れ去った側に都合の良い物になるように洗脳虐待を裁判所、弁護士会がさせている。そして子供に精神的問題が出ると面前DVの為と抜かす。
    このように日本の裁判所、弁護士会、警察が子供への虐待しまくり環境を作っている、ここには書かなかったが政治、官僚行政も虐待しまくり環境作りの加担者。

    こんな状況で政治に働きかけても無駄でしょう。先ず必要なのは警察組織、司法組織の治安秩序が守れる日本男による解体再生、その後に虐待しまくり環境作りに加担した政治家、公務員、法曹者、民間人の逮捕極刑が必要。

  8. >今回のような悲劇をなくそうとするのなら・・「子どものことを真剣に考えるのは親である」という原点に立ち返る必要がある・・。

    虐待死事件を起こすような下層民は(実の父親も含めて)もはや普通の人の常識が通用しない存在であるという事実に気付けていない。
    メディアは当然そのことを認識しているので触れていないだけです。

  9. 橘さんの言う通りです。

    何故日本は共同親権制度に移行しないのか…
    それは、政府と法曹界、司法の癒着です。
    弁護士資格のハードルを下げ、数だけ弁護士を増やした結果、食えない弁護士が増えて、離婚弁護士が増え、子供の連れ去りはOKの元に男女共同参画フェミニストと組み父親と子供を引き離している現実がある。裁判官む退官後は弁護士になる人が多く、そこはズブズブの関係である。日本の政治家は票になり、耳触りの良い事にしか動かない。
    最近の若者も、結婚後の子供の連れ去りリスクに気が付きはじめている。共同親権化は離婚後の親子の関係を維持し、虐待を減らす大きな選択だ。そしつ、日本の少子化の大きく寄与する。橘さんが、今回、日本の闇である単独親権制度の弊害に触れた事はとても意味深い。そして、この問題の発信をさらにしていって欲しいと切に願います。

  10. 「共同親権」というのは全く知らなかった
    どこの国でも親権は父母どちらかが持つものだと思ってた(橘さんは父親側が持ちましたね)
    しかし考えてみれば離婚しても親は親、子供にとっては親が多い方が有利なのは明白
    親の側にとっても本能レベルで実子の生存は気に掛けるだろうから「共同親権」はたしかに合理的な選択だと思う

  11. 「実の父親なら、面会を通じて子どもの状態を確認できるし、子育てにも介入できます。子どもが危険にさらされていると判断すれば、保護したうえで公的機関に訴えることも可能でしょう・・・。」とそういう(まじめな?)パターンもあるかもしれないが、男の本能に忠実に従えば、そんなめんどくさいことをせずに「また新しい彼女を作って、結婚して自分の子どもを作りたい(増やしたい)」となるんじゃね?特に若い人は。女は本能的に「育てる」というのを備えているような気がするけど、男はどちらかというと「増やす」という本能の方が強いような気がする。橘さんもそんなことを書いてなかったっけな?

  12. なぜ、マスコミは意図的に報道しないのでしょう。それが知りたいです。

  13. >なぜなら進化論的には、ヒトは自分の遺伝子を
    >もっとも効率的に残すよう“プログラム”されているから。

    自分がもうすぐに旅立つのは本来自分の遺伝子を
    効率よく残すようにされるプログラムが正常に
    働いてないからか。とは思ったがポーランドの出生率は1.32、
    シンガポールの出生率は1.200、韓国の出生率は1.172。
    つまり嘘乙。実際には明示化されたことなど無いのに
    権威を使ってそれが「唯一の道」とばかりに捲し立てる。
    軽く記事を見回したくらいだが其れが
    橘の常套手段なのかな。「頭の良い猿」だからと
    言って調子に乗ってんじゃねえ。
    上で挙げた国の事例で分かることは人間には睡眠欲、食欲は
    絶対だがそれ以外は絶対的なものではないということ。

    >もちろん連れ子のいるほとんどの家庭は虐待とは無縁で
    であるならば「プログラム」自体が嘘になる。

    >残念なことに、「進化の圧力」に抗する
    >理性をもたない親が一定数いる

    良い進化、と、悪い進化を使い分けているようだが
    生物的にそのようにプログラムされているのならば
    生物的論点からすれば其れは間違いではないということになる。
    逆に言えば理性が蔓延れば蔓延るほど人口が
    抑制され活動エネルギーが少なく密かに
    終焉に向かっていくということではないか。少数精鋭と
    言えば聞こえは良いが其れは淘汰に過ぎない。
    2010年に障碍者について触れていたが
    やはり橘は優生学至上主義者か。

  14. >血が通っていないというか、真剣に
    >生きていないというか、心がないというか……。

    実際はその逆。堀江も橘も物欲の権化。
    「理性」には程遠いだろう。理性という言葉で
    装飾しているだけ。着飾っているだけ。
    そういうお年頃なのだろう。
    「文化人村」というのは基本的そうなのだろう。
    依存するなとか言ってるけど比較的に
    階級が低い奴ら相手に商売しているのだから
    どっちが依存してんだか()という感じではある。

  15. 大体「メスイキ」とか「ワールドカップを見る為に
    モスクワに飛ぶ橘」は理性とは何の関係もないだろう。
    知的好奇心ではなく単なる俗世間的な欲。
    これなら「見ません」と言った古市の方が好感を持てる。
    わざわざ現地に足を運ぶことの何処が理性的なのか?
    合理主義者なら「無駄」と一蹴しているだろ。
    だから所詮「頭の良い猿」なんだ。

  16. 俺はサッカーを見る派が橘が見た動機は不明。
    幾らでも後付けできるのだろうが先に言っておくと
    悪い点を言うならサッカーは労働者階級のスポーツで
    日本はともかく世界的にはマリーシアが
    蔓延っているスポーツ。VARが導入されたとはいえ
    まだまだ不完全。PKにしろ物議を醸す。昔で言えば
    マラドーナの神の手がある。そういう理不尽な側面を
    嫌い見ない人も大勢いる。何故に見に行ったのか。
    お祭りの輪に加わりたかったのか。知見を
    得られることなど殆ど無いだろう。行くことで
    人間的な部分があることをアピールしているのか。
    「自由だ」「人間は利己的だ」?
    はいはい勝手に言ってろ小銭稼ぎの文化人。

  17. 大体こいつらは得てして「現場体験」を
    否定してる奴らだろう?机の上でわかりゃ其れで良い、と。
    斜めに構えた冷笑系の割に、いやその実
    冷笑系故に「実体」験を希求しているのだろう。
    エリート全てではなく(マーク・トウェインのコーンブレッド(NHK)で
    取材に応じた早稲田教育・総合科学学術院教授の
    石原剛さんめっちゃ良い人そうだった。人の好さが滲み出ていたね。
    100人に聞けば100人が好感を持つだろう。)
    だからエリート全てではないがタレント的文化人(笑)は
    言葉(表)とは裏腹と思った方が良いだろう。

  18. >堀江貴文、藤沢数希、ちきりん、はあちゅう、ゾゾの人……、
    >こんな方々と同じモヤモヤ感を覚えます。

    堀江とはあちゅう(名前と童貞煽りの件しか知らない)しか
    知らないな。日本は世界でも多くの文化人(笑)を
    囲っていると思うけど実はこいつらが
    一番ガンなのではないかと思う。実戦経験も然したるなく
    此方の代弁者かと言えば違い、どうにも馬鹿にしている
    側面が見え隠れしている。なのに何故かそれと戯れる日本人。
    それに関しては記者も似たようなものであり。
    実体があるようで実体がない。それでいて贅沢三昧。
    最も唾棄すべき存在ではないか。

  19. こいつらの言う「理性」とは自分の主張通りに動く側が
    「理性的=進歩的な人」であり自分の主張通りに動かない側が
    「理性的でない=遅れた人=野蛮」だからねえ。

    >「進化の圧力」に抗する理性をもたない親が一定数いる

    何の関係もないね。相手は契約した覚えすらないのだろう。
    実の親子も同じだ。自分にしろ契約した覚えはない。
    全長約60μm(0.06mm)の精子が勝手に選択しただけだ。
    尤も「であるから」暴力を振るうわけではないが
    (情緒不安定な時には暴力にも走ったが)正直に言えばそうだ。
    もっと言えば橘と俺を交換してくれれば良かった。
    ク〇ズな文化人で過去の偉人を餌に食い繋いでるだけだが
    それでも超難解な数式も分かるのだろう?俺は
    そんなの見ても学ぼうとしても全く分からないからね。
    仮にも理解するにしても掛かる時間は歴然なわけだ。
    早く分かる奴はその間に他のことも出来るわけだ。
    なーにが差別はないだ。俺は平等を主張するわけではないが
    現在の経済体制を絶対的なものと主張したいが為に
    そういう論を捲し立てる奴は大嫌いだ。

    乙武なんか五体不満足どころか脳みそ空っぽで
    生まれりゃ良かったのにな。そすれば
    「エッセイストで作家の乙武」も生まれなかったわけだ。

  20. 新しい思想を披露することもなく
    「俺たち高IQが一番居心地の良いネオリベ世界へ進め」と
    主張するとかマジで終わってるよ。主張というか
    「洗脳」に近いね。そしてアンタはネオリベ教の幹部だね。
    幹部というか「営業職」の方が適切か。

    >血が通っていないというか、真剣に
    >生きていないというか、心がないというか。

    いやあるよ。ただ「欠落」が存在するだけ。
    また「英雄色を好む」という言葉があるが
    別にこれは英雄の専売特許ではなく英雄もまた
    一人の人間(猿)だから色を好むというだけで
    英雄だから色を好むということではない。
    この言葉が示す部分もあるが社会というのはつくづく
    こういう奴らに有利なように作られているのだよ。

  21. また「遊びも芸の肥やし」という言葉があるが
    これもこいつ等に代表される都合の良い言葉である。
    それで無能者には「遊んでいるから底辺なのだろう」
    「やる前に手を動かせ」と宣う。つまり無能者は
    死ぬまで働けというわけだ。「お前には権利がない」と。
    それで自分らと言えば当然の権利とばかりに謳歌するが
    高IQは遺伝と環境で全て決まると言っても
    過言ではない代物。此処で橘が「データ」とか言ってるが
    それこそデータでハッキリした関係が示されているものだ。
    与り知れない(与れなかった)奴は不運としか言いようがない。
    だからこそコイツらの言う「自己責任」が
    こんなにも腹立たしいのだよ。

    低俗な奴はロンブー淳の例を出すのだろうが
    アレは環境が駄目でも脳という下地はあったのだろう。
    だから這い上がれる人間が存在するわけだ。
    ある属性でも這い上がれるから
    →ある属性全員が這い上がれるわけではない。

    障害者は時に美術等で持て囃されるが
    祀り上げる人間が居るだけで障碍者の能力が一般的に
    認められたわけではないことには注意が必要。
    俗にいう「感動ポルノ」である。

    →それを以て「言葉の綾」で庶民を
    洗脳しようとするのだから本当に質が悪い。

    作家の橘が一番良く分かっていることだろう。
    言葉なんて魔術にも等しい。

  22. 時代が時代なら自分なんて当の昔に殺されていた。
    そんなことは分かってるがだからと言って
    言葉で暴力を揮われることはないだろう。
    「大昔と比べてマシ」なら何だ。自分は今に
    生きているのであって大昔に生きたわけではない。
    政権与党(経済政策)には理解を示して下々には
    理解しろの一点張りはマジでクソ。

    所詮「営業職」だから布教するしか能がないだろう。
    原理主義は本当に融通が利かなくて困る。
    直接的に人を殺めるか間接的に人を
    殺めるかの違いなだけでオウム真理教と
    然して変わりないのではないか。
    イラク戦争でもそうだったか間接的に見た
    「死者の数」に何の価値もないんだよね。
    心響くものはないし、そういう意味では間接的殺人犯は
    確かに知能的でありより狡猾で残忍だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。