第69回 「サラリーマン」が死語になる(橘玲の世界は損得勘定)


*この記事は「日経ヴェリタス」7月23日号に掲載されました。7月27日に連合は高度プロフェッショナル制度への「条件付容認」を撤回しましたが論旨に変更はありません。

「残業代ゼロ法案」のレッテルを貼られてバッシングされてきた「脱時間給」制度(高度プロフェッショナル制度)が、実現に向けて動き出した。休日の確保などを求める連合の提案を政府が受け入れたのだという。

この制度では、労働時間ではなく成果に基づいて賃金が払われる。対象は年収1075万円以上の「特定高度専門業務」で、金融機関のディーラーやコンサルタント、研究開発部門の研究者などとされている。仮に法案が成立したとしても、適用対象になるのはごく一部だ。

しかしこの法案は、日本人の働き方を根底から変える可能性がある。ほとんど指摘されないが、それは法の趣旨が「サラリーマンはもう存在できません」ということだからだ。

だとしたら、会社で働くのはいったい誰になるのか? それはスペシャリスト(専門職)とバックオフィス・ワーカーだ。

スペシャリストというのは、弁護士や会計士など“スペシャルなもの(専門)”をもっているひとたちのことだ。彼らの多くは自営業だが、会社と雇用契約を結んで法務部や経理部で仕事をするようになると「会社員」になる。しかしその実体は「会社の看板を借りた自営業者」で、転勤や異動もなく、ちがう分野の業務をすることもありえない。

医者やジャーナリストも含め欧米ではごくふつうの働き方で、会社はキャリアのワンステップにすぎず、自分の専門技能を活かせる場所がほかにあればさっさと転職していく。彼らが成果給なのは、自営業者が時給で働かないのと同じだ。

それに対してバックオフィスは会社のなかのマニュアル化された仕事で、投資銀行でいえば、トレーダーの仕事を支える決済部門のことだ。その仕事は同一労働同一賃金が原則で、職能給(年功序列)ではなく職務給で賃金が決まる。職務給というのは、日本では「非正規」の働き方だ。

安倍政権は「非正規という言葉をこの国から一掃する」と宣言したが、そのためにはサラリーマンのうち、バックオフィス的な働き方をしているひとたちを職務給に移行させ、「非正規」と一体化させなければならない(「非正規を正社員にする」といっても同じだ)。

そうなると当然、(バックオフィスではない)スペシャリストを別に処遇しなければならない。これが「脱時間給」制度をつくらなければならない理由だが、これはなにも驚くようなことではなく、日本以外のほとんど国では労働者はこのような制度で働いている。

ところで、“グローバルスタンダード”では「高度プロフェッショナル」に雇用の保障はない。成功すれば青天井の報酬を払い、失敗しても生活を保証するのでは、気前がよすぎて会社がつぶれてしまうからだ。自営業者に雇用保障などないのだから、当たり前の話でもある。

このようにして「脱時間給」の次は解雇規制が緩和され、日本的雇用の象徴だった終身雇用も過去のものになっていくだろう。それとともに、「サラリーマン」という和製英語も死語になっていくにちがいない。

ところで、あなたの仕事はどっちですか?

橘玲の世界は損得勘定 Vol.69『日経ヴェリタス』2017年7月23日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

9件のコメント

  1. >ところで、あなたの仕事はどっちですか?

    ほとんどすべての仕事は、
    細分化して標準化してしまえるというのが、

    テーラーイズム(科学的管理法)

    の言うところで、

    1人数万円コースの寿司職人ですら、
    Al+ロボット寿司握り機にとって代わられる
    だけの話ですよ。

    トータル・リコールのロボット運転手は、
    無賃乗車をどのように防ぐのでしょうか???
    https://www.youtube.com/watch?v=_JHfSL-PoJ4

  2. 精神病患者がもっとも恐れていることはカウンセリングを仕掛けられることです。
    それは悪魔退治です。

  3. このWE制度が機能するためには、徹底的に雇用の流動化が必要になる。しかし、どうだろう、いま流動化している状態といえるだろうか?

    雇用の流動化が進んでいる社会ならWE制度を悪用してもやめて他に移れるが、今のような固定化された雇用状態なら逃げ場がない。故に残業ゼロ法案と言われる由縁じゃなかろうか。


  4. 卵が先か鶏が先かの議論かと
    なので取りあえず先にWEを進めて行けばいいのでは?

  5. 職務給にも雇用の保障なんてありませんよ。
    いや、1年とか、せいぜい長くて5年位かな?そのくらいは契約の範囲でしょうが。
    職務そのものが消滅して不要になれば契約も終了する、できるようにしておくのが当然。

    高度プロフェッショナルは意外とAI化しやすいものが多い。
    従来の高度プロフェッショナル職って、突き詰めるとたくさんの知識をベースにした最適な選択がコアなんですよね。
    AI画像診断で医者が半分いらなくなるような話。

    バックオフィスの作業って程度は低くても案外人間的なんで、AI化のコストがまだ割りに合わないんですわ。
    まあそれもあと10年20年あればガラっと変わるでしょうけど。

    結局、今の水準でプロかバックオフィスかって言っても、実は生き残りの議論とはあんまり関係無いんですよね。
    歌手や芸人みたいなやつは生き残るけど、アレはそもそも狭き門だし。
    雇用の流動化も大事ですが、産業やエコシステムに必要な人間の絶対数そのものが削減されていくことを所与とするなら、セーフティネットとかベーシックインカムみたいな議論の方が重要な気がする。

  6. >取りあえず先にWEを進めて行けばいいのでは?
    日本的雇用の強度の拘束はそのままで、報酬だけ減らされましたと。残念でした…

    oznさんのコメントに賛同します。
    人間はクリエイティブな仕事に従事すればよい、っていうけどそれに向いてる人がどんだけいるの。
    よしんば皆んなクリエイティブな仕事に就けたって、解析された創造性を備えた進化AIに勝てません。歌手や芸人もAIに代わるでしょう。

  7. >日本的雇用の強度の拘束はそのままで、報酬だけ減らされましたと。残念でした…

    もしホントにそうなったら、暴動を起こせばいいんだよ。
    日本人は戦うことを忘れている。
    現状でももうすでに奴隷的な状態に置かれているんだよ。
    何とかして少しでもマシな今の状態をキープしたいというスケベごころが
    奴隷的現状を生み出しているのよ。
    もうガマンできないという状態になることこそが次のステージに進む原動力になるんだよ。

  8. アホノ、、、最後の内閣

    オワコン。。。

    既得権つまり、郵便局守ろうとした野田アサインかい
    クソババア

    アホノミクスにガッカリ

    政界再編に期待sitai

    細野さん中間になり、半歩だけ権益壊しの希望

    橘玲は、新型経済政策案を前向きに供給して

    nipponの夢

  9. 橘さん、ノーブレスオブリージュとやらで
    九州ツアー中

    エコノミストが責任取らずに飯食ってるのと
    同じように

    評論家は無視しよう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。