「皇国」と「国家はビジネス」の差は70年たっても埋まらない 週刊プレイボーイ連載(233)


ひさしぶりの沖縄で平和祈念公園を訪ねました。ここは第二次大戦の沖縄戦で追い詰められた日本軍の玉砕の地で、近くにはひめゆりの塔があります。米軍の銃撃と砲撃にさらされたひとびとは壕のなかで集団自決し、摩文仁(まぶに)の丘の断崖絶壁からつぎつぎと身を投じました。

戦前の日本は国家(国体)を神聖なものとし、すべての国民が天皇(皇統)に殉じることを当然とする“カルト宗教国家”でした。いまの北朝鮮のような社会ですから、当時のひとびとの価値観や選択を平和でゆたかな現在から批判しても仕方ありません。しかしそのなかにも、理不尽な現実に煩悶したこころあるひとはいました。

八原博通は沖縄戦を戦った第32軍の高級参謀として、制海権・制空権を失った圧倒的不利な状況で、地形を利用した戦略持久戦を指揮して2カ月にわたって米軍を苦しめますが、大本営から無茶な決戦を求められて戦線は崩壊、最南端まで撤退するも戦闘継続不能に陥ります。このとき牛島満司令官、長勇参謀長は自決しますが、ナンバー3の八原は大本営への報告を命じられて壕を脱出、米軍の捕虜として終戦を迎えました。戦後八原は、沖縄戦の第一級資料となる手記を刊行し、劣勢を認めることができない大本営の愚策で兵士や沖縄県民が無駄に死んでいったことをきびしく批判します。

八原は陸軍大学校を抜群の成績で卒業し、アメリカ駐在の経験もある超エリートで、合理的思考の持ち主でした。その八原は、刀折れ矢尽き丸腰同然で米軍に突撃していく将兵を見て、なぜ降伏してはならないのか自問します。そして、「(軍の最高権力者たちは)降伏に伴う自らの生命地位権力の喪失を恐れる本能心から、口実を設けて戦争を続けているのではないか」とまで考えるのです。

しかしそれでも、八原は参謀として降伏を進言することができません。司令官も参謀長も、日本の滅亡を避けるには無条件降伏以外の道はないと確信しますが、そのことにいっさい触れないまま、美しい辞世の句と漢詩を残して自決してしまいます。これが6月23日のことですから、司令官を失った日本軍は戦闘を継続する能力もなく、かといって降伏することもできず、終戦まで1カ月以上、多数の住民や学徒兵を巻き込んでむごたらしい自決と玉砕を重ねることになったのです。

終戦後、米軍の捕虜収容所にいた八原のもとに1人の米兵がやってきます。ミルウォーキーで技師をしていたという一等兵で、日本軍がなぜ自決するのか不思議に思って、高級参謀にそのことを尋ねようと思ったのです。

「これ以上戦っても効果がない、自分は十分に義務を果たしたと思えば降伏するのが当然ではないか」と米軍一般の見解を述べたあと、一等兵は、天と地ほど身分の違う高級参謀に向かって次のようにいいます。

「国家、政府、戦争、これらはすべてビジネスです。ビジネスにならぬ国家、政府、戦争は有害無益です」

八原は米軍の一兵卒のこの言葉を聞いて、日本軍の神がかりの論理とのあまりのちがいに愕然とし、言葉を失います。

それから70年たちましたが、この米兵と同じように国家を語れる日本人がいったいどれほどいるでしょうか。

参考:八原博通『沖縄決戦 – 高級参謀の手記』
稲垣武『沖縄 悲遇の作戦―異端の参謀八原博通』

『週刊プレイボーイ』2016年3月7日発売号
禁・無断転載

摩文仁の丘
摩文仁の丘
コメントを閉じる

20件のコメント

  1. 次元の違う話ではありますが、
    一般の人にとっての生命保険は『入るか、入らないか?』が最初に来ますが、
    生命保険会社の人にはその問いは全く存在していなくて、最初に来るのは『どの生命保険に入るか?』ですよね。

    選択肢の広さは、自分で設定できないものなのかもしれませんね。

    当時の軍上層部としては、『戦争すること・戦争で勝つこと』が、自分たちの存在意義そのものであるから、『勝たないのに戦争を止める』ことがどうにも容認できずに、天皇陛下への戦況報告も恣意的なものになっていったのかもしれませんね。

    後になってからは、なんだって言えるワケですが。

    願わくば、ナゾの人が横槍を入れてきませんように……。

  2. >願わくば、ナゾの人が横槍を入れてきませんように……。

    横槍を入れるのが存在価値(レゾンデートル)の私が横槍を入れると、

    >「国家、政府、戦争、これらはすべてビジネスです。ビジネスにならぬ国家、政府、戦争は有害無益です」

    これを「イスラム国」の戦士に言えば、刺されるどころかテロの対象にすらなりかねません。

    アメリカ人すべてがこのようにこのように考えているわけではないはずです。

    アメリカでよく視聴されている「スタートレック」という連続SFドラマに
    「クリンゴン人」と「フェレンギ人」という対照的な異星人が出てきますが、

    「クリンゴン人」が名誉と力を重んじる、好戦的な戦闘種族と描かれており、
    初期とは違って現在ではむしろ好意的に描かれているのに対し、
    https://ja.wikipedia.org/wiki/クリンゴン人

    「フェレンギ人」が嘘をつくこと・他人を騙すことに抵抗が無く、金儲けが全てに優先され、
    死ぬことよりも金儲けに失敗することに恐怖心を抱くほどと描かれており、
    こちらの方が「悪役」として描かれています。
    「フェレンギ人」は別名「ヤンキー・トレーダー」とも称されています。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/フェレンギ人

    スタートレックはアメリカに深く浸透したSFドラマであり、アメリカ人の現在の精神構造を
    理解するには、むしろこちらの方が適切なのでは???

  3. 文民統制であれば総選挙において組織トップが交代することで、これまでと一転して講和路線に持ちこめたかもしれないですが、軍人が自ら組織のトップになってしまうと、もう最後の最後まで自分たちで処理しないといけない羽目になるんですね。

    喧嘩は買ってもいいが売ってはいけないと。自分から喧嘩を始めると、紛争の講和処理をやってくれる第三者がいなくなってしまう。。

  4. ベトナム戦争後数十年たってから当時の戦争を指揮してたアメリカ側ベトナム側が会談しました。

    アメリカ側はこれだけ爆撃や占領してるのだから民衆のために降伏するべきだったと言い
    ベトナム側はそれは占領する側の論理で我々は最後まで戦う覚悟だったと言ってました。

    徹底抗戦したベトナム側は間違ってたのでしょうか?

    でもベトナムは最後まで抗戦して勝利を掴みましたよね。

  5. 戦争という命懸けの行為をビジネスだと割り切るのもチト変わってる気がするなあ
    何億積まれようが命には代えられないし、自分が義務を果たそうが果たすまいが、国や家族が蹂躙される結果をヨシとできないなら死ぬまで戦うしかない。逆に、そのくらいの動機付けなくして死ぬような仕事ができるのだろうか。

    と、ここまで書いて思ったけど、家族もビジネスって価値観の人なら、あるいは。

  6. 差といわれれば国家というより、ここでは神とはなんぞやの違いの差だと思いますが…。この時期(大戦時)ビジネスに強いユダヤ系がもしかしたらアメリカを支配してたのかなってニュアンスを推測しちゃいますが…とかく核を落とすほどの残忍性というより合理性は凄まじい行動かと。
    中東に民主化を掲げ戦争がてっとり早いからと…さすがにこれは行き過ぎた合理性だと思うが。

    心の在り処だって、胸と答える方もいれば江戸時代では腹と答えがくるでしょうし、今だと頭(脳)といえる人もいるでしょう。神だと天にいると思う人がいれば心にいると答える人もいるはず。近代では神なんていないと思うユダヤ系とかの種族の方が躍進してるんじゃないですか?

    まぁ英国(女王)から独立した国ですし、神を求めつつも基本国家を形成するうえで合理的な考えや流れが元来あった人種がアメリカに行ったと思うし、要は心は頭(脳)にあるんだといえた人種がアメリカの国土を支配する立場についたと思う。でも天皇は神の申し子であるぞと言われて素直に従った日本人も、人間宣言から大分その合理的な考えや流れに近づいた方だと思いますよ。相変わらず良き死亡者が天に召されましたと報道するとはいえね…。

  7. アルファベットの文字数が少ないので、ナンでも有りの日本語に比べると、
    英語は一つの単語を色々に使い回しします。この米兵さんの言うところの
    「ビジネス」は、「商売」「稼業」より「事業」「実業」に近いと思います。

    彼は、「(合理性をもって事業に当たらないと、失敗するに決まっているじゃ
    ないか、)ビジネスにならぬ国家、政府、戦争は有害無益です」と言ったつもり
    で、お金儲けと戦争を直接結びつけたわけじゃないと思いますが・・

    でも日本人って、徳川時代より1868年の明治の御維新になってから、1941年
    のトラトラトラまで73年、現在の2016年までで148年と、再来年の御維新150
    周年まであと2年余り。あの丁髷を結い、ハラキリし、蚤やシラミでいっぱいの、
    黄色いチビ(成年男子で150cmちょい)ザルだった日本人が、73年や148年など
    で西洋文明の合理性を会得するなど、橘さん級以上のお人でないと無理です。w

    実際に企業で働けば、なぜ日本人の生産性が低いのか?などと考えるのはバカ
    バカしくて、それを考える気力があったなら深夜におよぶサビ残の為に取って
    おきたい、と思うもの。旧日本軍兵士も、そんな風に思ってバンザイ突撃をして
    いって蜂の巣になったんだなぁ、と思う。

    ムラ構造が悪いと思う。一生同じムラで暮らす200人程度までだったら顔と名が
    一致するので、ベタベタの人間関係の原始社会主義共同体みたいな組織でもなん
    とかやっていける(実際250年間程、鎖国下で機能した)。それがグローバル化と
    ワザワザ言うのがアホみたいな世界になって、130,000,000人弱が同じ組織構造
    でやっていくのは、大東亜戦争の続きをやっているようなもの。

    ルソン島で敗戦をむかえた著者(ゲゲゲじゃないよ)の本に、終戦間際ビジネスに
    優れる米軍は新兵器を続々投入してきて、日本兵はビビっていたと書かれていた。
    まるで中国の軍事関連ニュースにガンダムの映像が差し込まれ、それを見た中国
    兵が「日本はガンダムを実戦投入してきたぞ!!!」と意気消沈したように。
    米軍が超悶絶高性能マイクを開発し、人のささやき声さえ探知してピンポイント
    攻撃してくるというウワサが、沖縄前線にもあった。で、皆殺しになるのならと、
    泣く幼児を殺したのは本当らしい。個人<集団 のムラ社会はイヤだよう。

  8. この国の真髄は,天皇制でしょう。誰も正しく天皇制を語らない。其れがこの国の不幸です。
    皇紀2600年とこの国の歴史を語っても、教科書で教える世界史にも日本史にも繋がらない。
    そこにこの国の欺瞞と戸惑いがある。橘君、きちんとその話をしてくれないかい。
    戦略に於いて,2の矢3の矢を考えるのは,考えるのは全く当然の作業なのに,それをやらない不合理と同じものがそこにある。

  9. >この国の真髄は,天皇制でしょう。誰も正しく天皇制を語らない。其れがこの国の不幸です。

    「天皇制」という言葉は本来左翼用語であり、本来は「皇室」と呼ぶのが正しいのです。

    「国王は君臨すれども統治せず」という言葉は、もともとイギリスの政治体制を表す言葉ですが、
    日本もそれにならうべきで、だからこそ日本国憲法で

    第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

    と明記されているのです。

    そもそも日本国憲法を作った米国が意識したかどうかは知りませんが、イギリスから独立したアメリカ
    も、日本の皇室はイギリスの王室と同じく

    「君臨すれども統治せず」

    ぐらいに考えていたのではと思います。そしてその判断は

    「正しかった」

    と思いますが・・・

  10. 戦争も相場も、「見切り千両、損切り万両」って感じですね。
    塩漬けが一番ダメ・・・。

  11. すぐ降伏するような軍や生物は弱いので生き残ってこなかった。
    進化生物学で説明できます。

  12. 人間宣言、天皇制は誤用されすぎです
    人間宣言は新日本建設に関する詔書と言い、あくまでも天皇を現人神とし民族主義に陥った反近代に堕ちた日本を振り返るというものです
    別に神性を自ら否定したわけではありません

  13. 尖沙咀 さん

    そうじゃなくてね。簡単にいってしまうとですねえ。2600年と2016年との違いとか,縄文時代とか,弥生時代とか,卑弥呼とか,日本書紀とか,古事記とかの整合性を誰もきちんと語ろうとしていないでしょう。この国では。知りたいのはその事なのですよ。それと天王星との整合もね。

  14. >そうじゃなくてね。簡単にいってしまうとですねえ。2600年と2016年との違いとか,縄文時代とか,弥生時代とか,卑弥呼とか,日本書紀とか,古事記とかの整合性を誰もきちんと語ろうとしていないでしょう。この国では。知りたいのはその事なのですよ。それと天王星との整合もね。

    まず第一に、皇紀も西暦も「人間が勝手に作った決まり」なわけで、そこに絶対的な根拠などない
    ということです。とりあえず、西暦を使うことが全世界的に一般的で便利だから、
    キリストの存在の真偽にかかわらず、これを使っておけば良いというだけの話です。

    さらに、受験科目として「日本史」を選択したひとなら、「天皇」が「日本史」のなかで
    重要な「プレイヤー」だったことは常識です。この「プレイヤー」が
    「Player」でもあり「Prayer」であることも含めて。

    さらにいえば、縄文時代とか,弥生時代とか,卑弥呼とか,日本書紀とか,古事記とか
    と皇統の信頼性・整合性を論ずること自体が無意味です。なぜなら、

    縄文時代とか,弥生時代とか,卑弥呼(魏志倭人伝)とか,日本書紀とか,古事記とかと
    さらに皇統は
    「物語=Fiction」
    に過ぎないからです。

    その上で、橘さんが書いているように、
    http://www.alt-invest.com/book/old/profitable_life/intro.htm
    だがその一方で、私たちの人生が夢や幻によってつくられていることも否定できない。なぜなら人間は、幻想から現実を創造する生き物だからだ。神権によって成立した社会では、人の運命は気まぐれな神託に翻弄される。貨幣経済のもとでは、貨幣という幻想を拒絶して生きていくことはできない。 

     カール・マルクスは「人間は社会的存在である」と言った。マルティン・ハイデガーは「実存は世界内存在である」と述べた。どちらも言っていることは同じだ。
    社会や世界は幻想でしかないが、私たちはそこでしか生きられない。

    なわけです。

  15.   オウム事件の時から感じてたけど、北朝鮮とオウムは戦前の日本と非常に似ていると思っていました。しかし、それをTVなどで発言する人が全然いない!もしかしたら、結構やばいのかな?と思ってましたが、堂々とコラムで発言する橘先生はやっぱり凄いです!

     今の日本は責任感がなく、優柔不断で勇敢でなく、どうしようもないところがいっぱいあるけど戦前の体制に比べればはるかにましです。国家の矜持?とか恐ろしいことを考える人が多くなってきたけど、今のままの弱虫平和国家であり続けてほしいものです。

     橘先生はその辺は少し違うような気がしますが(笑)

  16. なにを言いたいのか全く分かりませんが
    >国家、政府、戦争、これらはすべてビジネスです。ビジネスにならぬ国家、政府、戦争は有害無益です
    ってそんなに普遍的で優れた価値観なの?

    さすが、原住民を押しのけ作った国で、ビジネスになれば中東でクーデターによる
    政権の転覆をする国の自分勝手で傲慢な価値観(合理性、ビジネス感覚)だなと思いましたが。

    >すべての国民が天皇(皇統)に殉じることを当然とする“カルト宗教国家”でした。

    そんなんで個人が死ぬ必要ないじゃん。そんなんで個人が死ぬぐらいなら
    共和制でいいんじゃない?
    とでも言いたげですが、国家総力戦を戦い、敗北寸前の状況の戦いをもって、
    「すべての国民が天皇(皇統)に殉じることを当然」って議論どうなんでしょう。

    >いまの北朝鮮のような社会ですから、

    どこが?

    確かに日本国においては、今も昔も天皇は「やんごとなき人」で最高権威だ。
    その意味では、確かに“カルト宗教国家”ですね。だだし、今も。
    が、明治、昭和においては、立憲君主ですよ。
    典型的なレッテル張りですね。

    知ってのとおり、政府、メディア、国民が戦争に踊った中、
    戦争に最後まで反対したのは天皇。おまけに終戦を主導したのも天皇だ。
    そのことから、大した見識だし日本国の良心だったと普通に思うけどね(上から目線で畏れ多い)。
    結果をみれば、未熟なのは政治、メディア、国民の方じゃない。

    抽象化して原理、原則、共通部の抜き出すのは優れた知性だと思いますが、
    差異を差異として認識できないのは、無知か、知性が足りないか、
    恣意的な思惑があるだけとおもいますがね。

  17. 全てビジネスって考えると判断がしやすくなる。
    戦争はビジネス
    宗教はビジネス
    結婚・出産はビジネス
    家業を継いでくれる子供なら投資する価値あり。家を出て会社勤めならリターンゼロで投資する価値がない。

  18. >全てビジネスって考えると判断がしやすくなる。

    だから、損得勘定だけで人間が生きていけるというわけではないところが、
    人間の人間である特徴なのです。

    前に私が言った、ヤンキートレーダーである「フェレンギ人」の
    フェレンギ金儲けの秘訣を紹介しておきます。

    「人間はフェレンギ人になることはできない。しかしやってみる分にはかまわない。」

    http://srad.jp/~bespa/journal/469928/

  19. 戦争は外交の一手段にすぎないという考え方からいくと、戦争をビジネスとして受け取るのは自然な流れでもありますね。
    しょせんはビジネスなんて言われ方もしますが、経済活動の優劣で貧富の差が生まれ、生活の質が決まるのですから、国にとっても最重要課題のような気がします。
    メディアを含めて本質的な議論がされていないのは寂しい限りですし、今後も本質的な議論は行われないでしょうから、日本の国力の衰退は避けられないのではなんて暗い考えが頭によぎる最近です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。