『橘玲の中国私論』「反日と戦争責任」附記


新刊の『橘玲の中国私論』で「反日と戦争責任」について書いた。ここでは、そこで収録できなかったエピソードをひとつ紹介したい。

日本の首相が靖国神社に参拝するたびに中国や韓国からはげしい抗議を受けて東アジア情勢が緊張する。これは一般に歴史認識をめぐる軋轢とされているが、私はずっと、問題の本質は別のところにあるのではないかと思ってきた。

戦前までの日本の軍隊は天皇(国体)を護持するのが務めで、戦死者は天皇を祭司とする靖国神社に祀られた。だがGHQの政教分離政策によって、唯一の慰霊施設であった靖国神社は“民営化”されてしまう。

この「歴史のねじれ」 によって、靖国神社の宮司(一民間人)は、いっさいの民主的手続きを踏むことなく、本来の祭司である昭和天皇の意志に反して、独断でA級戦犯の合祀を行なった。だがなぜか、保守派もリベラルも、この身勝手な振る舞いを問題にすることはない(「靖国問題と歴史のねじれ」)

1985年8月15日、当時の中曽根康弘首相が靖国神社に公式参拝し、それに対して中国が強く反発し外交問題になった。対日政策の弱腰を批判されて窮地に陥った胡耀邦党総書記を慮って、中曽根元首相は翌年の靖国公式参拝を断念する。その際に、中曽根元首相は“朋友”の胡耀邦に書簡を送っている。

以下、それを引用する。

「日中関係には2000年を超える平和友好の歴史と50年の不幸な戦争の歴史がありますが、とりわけ戦前の50年の不幸な歴史が両国の国民感情に与えた深い傷痕と不信感を除去していいくためには、歴史の教訓に深く学びつつ、寛容と互譲の精神に基づいて、日中双方の政治家たちが、相互信頼の絆により、粘り強い共同の努力を行なう必要があります」

「私は戦後40年の節目にあたる昨年の終戦記念日に、わが国戦没者の遺族会その関係各方面の永年の悲願に基づき、首相として初めて靖国神社の公式参拝を致しましたが、その目的は戦争や軍国主義の肯定とは全く正反対のものであり、わが国の国民感情を尊重し、国のために犠牲となった一般戦没者の追悼と国際平和を祈願するためのものでありました」

「しかしながら、戦後40年たったとはいえ不幸な歴史の傷痕はいまなおとりわけアジア近隣諸国民の心中深く残されており、侵略戦争の責任を持つ特定の指導者が祀られている靖国神社に公式参拝することにより、貴国をはじめとするアジア近隣諸国の国民感情を傷つけることは、避けなければならないと考え、今年は靖国神社の公式参拝を行なわないという高度の政治的決断を致しました」

「戦前及び戦中の国の方針により、すべての戦没者は、一律に原則として靖国神社に祀られることになっており、日本国において他に一律に祀られているところはありません。故に246万に及ぶ一般の戦死者の遺族たちはごく少数の特定の侵略戦争の指導者、責任者が、死者に罪なしという日本の死生観により神社の独自の判断により祀られたが故に、日本の内閣総理大臣の公式参拝が否定されることには、深い悲しみと不満を持っているものであります」(世界平和研究所『中曽根内閣史 資料編』-王敏『日本と中国 相互誤解の構造』〈中公新書〉より重引。数字表記のみ洋数字に変更。太字強調は引用者)

中曽根元首相がこの書簡を送ったのは30年前。そのときから、「真の問題」がどこにあるかは自民党保守派の政治家たちにもわかっていた。

だがその後、彼らは、本来の祭司である昭和天皇が(今上天皇も)靖国神社の参拝を拒否するという異例の事態の解決を放棄してしまった。この国家的損失をもたらした宮司はいっさいの責任を問われることなく、不毛な論争(というか罵り合い)だけがえんえんとつづくことになったのだ。

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. 神官の長である天皇が、本来の祭事をしておりません。
    このままであれば、天皇制は廃止、皇族は解体でしょうな。

  2. A級戦犯については、国民から4,000万もの署名が集まり、昭和28年に国会で全会一致で赦免されており、合祀は当時の日本人にとっては当たり前の感覚だったのではないでしょうか。
    また、昭和天皇が昭和50年11月を最後に靖国神社にご親拝されていないのは、同年8月の三木首相の「私人としての参拝」という答弁から、社会党により天皇の靖国神社参拝が政治問題化された経緯があるからだと理解しています。
    A級戦犯合祀は昭和天皇のご意志に反しているとのお考えは、いわゆる「富田メモ」からでしょうか?

  3. 戦争処理は道義的、法的な完全無欠は無理だと思う。この観点の橘さんに同意する。
    天皇の戦争責任も大きな無理がある。昭和天皇ご本人は戦争推進者では無かったが軍を統括する最高の責任者だったので、ご本人も自分の命より戦争責任を感じておられた様に思うが、象徴天皇として責任を取れない立場になってしまった。
    この矛盾は敗戦処理の無理の中でのものと思う。
    但し、敗戦処理の無理、歪みを正すことは考えても良いと思う。例えば靖国神社の意義を戦争責任者の天皇の意思に沿うものに変えることなど。

  4. >A級戦犯については、国民から4,000万もの署名が集まり、昭和28年に国会で全会一致で赦免されており、合祀は当時の日本人にとっては当たり前の感覚だったのではないでしょうか。

    A級戦犯の合祀は昭和53年で、昭和28年から四半世紀も後の出来事ですが、それを「当時の日本人」とひとくくりに混同する意図は何ですか?

    また昭和28年の署名や国会での決議は、昭和27年の講和条約の締結後も各地で服役を強いられていた「戦犯」の早期釈放を求めたものであり、A級戦犯の名誉回復を求めたものではなかったのですが、こういう捏造に近い話のすり替えを行う意図についても説明してください。

  5. >靖国神社に誰を祭神とするかを選定するのは、終戦までは、陸軍省・海軍省で、終戦後は厚生省です。「A級戦犯」の方々も同じ手続きのはずです。

    手続きにのっとってのはずです。
    厚生省の責任ですね。

    >故に246万に及ぶ一般の戦死者の遺族たちはごく少数の特定の侵略戦争の指導者、責任者が、死者に罪なしという日本の死生観により神社の独自の判断により祀られたが故に、日本の内閣総理大臣の公式参拝が否定されることには、深い悲しみと不満を持っているものであります

    は初めて知りました。
    クソヤローってことですね。

    1978年から1985年まで、内閣総理大臣が参拝していないとでも?
    中国得意の後だしじゃんけんにのって負けに行くなんて、バカヤローでもありますね。

    ここでも煽ったのは朝日新聞ですね。

    この問題に「本質」なんてありません。
    自国が有利になるよう何にでも因縁つけているだけです。

    「橘玲の中国私論」によればこのような態度は、コミュニケーション拒否、論者のオナニーでしたっけ?

  6. 重光葵はA級戦犯だが、講和条約発効後赦免されています。その後国会議員、外務大臣をつとめ日本の国連加盟時1956年には国連本部で演説もしています。この時には誰も批判なんかしてませんよね。

    ”一部の侵略戦争の指導者”は当時の中国の指導部の見解でそれを中曽根氏も踏襲しているのですね。時代の変遷とともに政治的に解釈され、「安倍が、日本全体が悪い。」という見解に変わりつつあると見ています。

  7. 現在、未来の納税を絶賛の異次元バラマキ中です。まあ、数年は大丈夫でしょうが、
    いづれ現在担当の責任者など忘れ去られた時にコトが起こり、「国民皆んなが悪か
    ったんだ!総懺悔しよう」という空気の中でコトの総括はされず、前向き志向wで
    日本国は歴史の中を進みます。禊とは便利なものです。

    神主さんだから、禊をすればすべてカミであるのはアタリマエ。ここんとこチョー
    多忙だった受験のカミサマ菅公さんも理由はどうあれ元々は怨霊で、京であまりに
    激しく祟るので霊を鎮めて転じて強力な学問のカミサマになってもらった。

    ウザウザのダラダラで責任の所在が解らないのがムラです。水稲栽培などと巨大な
    水利土木工事をしたがうような生業では、恒常的にムラの労働力が不足していて、
    ムラビト一人一人に責任を取らせるような運営をすれば、ムラでの結いの力が落ち
    てしまい死活問題になってしまいます。少数の共同体では法の支配など理想だとし
    てもムリっぽいです。役割の責任を明確にするより、何でも協力し合う方がいいの
    です。
    (サービス残業が根強い理由でもある。自分の仕事の責任を果たしても帰りにくい)

    他国がナンと言おうが、13000万人になろうが、コレこそが日本で生き残ってきた
    共同体運営方式なのです。文化になってるから、あと100年は変わらないのでは?
    もちろん、私も今のままで良いとはちっとも思いませんが、中・韓の本質が変わる
    ことの1/10ぐらいは困難だと思います。

    ドラえもんに頼んで、孔子さんを現代に連れて来て、彼の善意の敷石が何処に続い
    ていたのかを見せて、カールさん共々猛省を促したい気持ちですわ。簡単な解決法
    は国営の慰霊施設を造立するだけだけど、ムラにはそのリーダーの成り手がいない。
    織田信長さん!では、皆んなイヤでしょ。

  8. ※4
    天皇に戦争責任があったと本気で考えているのですか?

    明治憲法において、天皇は政府に対して裁可を行うのみ、いわゆる無答責が保障されたシステムだったということを理解できていますか?
    だからこそ、鈴木貫太郎が天皇に終戦の判断を求めたのは異例中の異例だったのです。

    権限がないのにどうやって責任を取れるのですか?
    あなたの言う戦争責任の定義は何なのですか?

  9. ※7
    重光葵の場合、昭和25年には仮釈放されていますから、実質的にはサンフランシスコ条約の前から恩赦(というより不当判決の差し戻し)を受けていたわけですが。

    あなたのロジックで言うと、重光葵が「平和に対する罪」の対象でないと連合国が見なしたから、講和条約の締結で持って、処刑された日本人を含むすべてのA級戦犯の全てを連合国が赦免したという話のように聞こえますが、その主張が国際的に通ると本当に考えているのですか?

  10. 戦犯なんて、戦勝国アメリカの一方的に決められたことだしな。
    民間人虐殺の空襲、原子爆弾投下を「合法的に」するために、ね。

    当時のアメリカは、ナチスと同じことをした。
    広島と長崎へ、謝罪に来て欲しいね。

  11. ※11
    大日本帝国陸軍も(海軍、京都大学もですが)仁科博士を中心として原爆開発を進めていたものの遠心分離機の開発でうまく行かず兵器用ウラン濃縮の段階でつまづき、潜水艦でドイツから日本へ濃縮ウランの輸送を行っていたことすら知らないのですか?

    日本も原爆開発を必死になって進めていたことすら知らない、知ろうともしないで、善悪次元の歴史話で無謬性を誇ろうとする。
    どうしてそんなに無知で恥知らずで愚かで幼稚なんですか?

  12. simple simonさん。
    昭和28年の決議については、戦犯の早期釈放でしたね。失礼しました。
    A級戦犯の名誉回復という文脈で使用したつもりでした。
    サンフランシスコ講和条約第11条第2項で、東京裁判を行った国の過半数の同意を得た場合は「戦犯」を赦免できることになっており、実際、昭和31年3月に「A級戦犯」全員赦免・釈放、昭和33年5月 に「BC級戦犯」全員赦免・釈放となっています。
    昭和27年の4000万もの署名(当時の日本の人口の約半数)についても、いわゆる戦犯の早期釈放を求めるものというより、戦犯とすること自体に対する反対の意思表示なのではなかったのでしょうか。
    上記の流れと靖国神社宮司のA級戦犯合祀の判断に繋がりがあるのではという趣旨のコメントでした。終戦当時の日本人の感覚を無視して、A級戦犯合祀の問題を語ることは危険なのではないでしょうか。

  13. まあサダムフセインも(表面上は)同国人に裁かれてるしね、、
    連合国の裁判官で裁く裁判なんてありえんわ、準拠する法律がなく後づけ。

    講和条約に靖国に参拝禁止って書けばよかったね。

  14. 早く電子版出して!

    橘さん、電子本への対応が遅すぎる。私は、仕事関係の本と
    図鑑的な物以外は、電子本しか買わないことにした。

    すでに部屋は本で満杯だ。最近は仕方ないので、もったいない
    と思う本も捨てている。

    早く電子版出して!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。