海外旅行のコストパフォーマンス


帰国したばかりでちょっとばたばたしているので、記事の更新は後回しにして、最近見つけた面白いデータを紹介します。

これは『ブレイクアウトネーションズ』の著者ルチル・シャルマがつくった「フォーシーズンズ指数」で、高級ホテルグループ、フォーシーズンズのドル建て料金(スタンダードルーム1泊)を国別に調べたものです。海外出張に行くエリートビシネスマンのCP(コストパフォーマンス)感覚を表わしている、といってもいいでしょう。

これを見ると、ロシアとブラジルという、BRICsのうちの2カ国の宿泊費が明らかに高いことがわかります。ロシアは社会主義の時代が長く、海外からの旅行者向けのホテルが少ないという事情もありますが、著者はこの現象を、石油や天然ガス、金属などのコモディティ価格が上昇したからだと指摘しています。

因果関係は諸説あると思いますが、この奇妙な現象はおおよそ次のように説明できます。

  1. コモディティ価格が上がると資源国に外貨が流入して経済が過熱する
  2. 経済が過熱すると消費者物価が上昇してインフレなり、国民の不満が高まる
  3. 値上げ反対のデモが起こるようになると、政府はインフレを抑えるべく金利を引き上げる
  4. 高金利に引き寄せられてさらに外貨が流入し、通貨が高くなる
  5. 通貨が高騰した結果、ドル建てではすべての価格が割高になる
  6. こうして、モスクワやサンパウロの高級ホテルの料金は先進国の主要都市よりもずっと高くなる

著者は、「高すぎると感じたら、おそらくそれは正しい」といいます。サンパウロで1泊7万円、モスクワでは1泊9万円という宿泊料金はどう考えても異常で、いずれは為替の変動によって調整されることになるはずです。

これに対して同じBRICsでも、中国やインドのような資源輸入国の通貨はそれほど高くなりません(中国の場合、為替管理をしているというのもありますが)。それよりもさらに割安感が強いのが、タイ、インドネシア、マレーシアといった東南アジアの国々です。これらの国なら5つ星ホテルでも1泊1万円台で、最高級のホテルでも1泊2万円台から泊まれます。こうした“割安国”が日本から近い東アジア、東南アジアに集中しているのはうれしいことです。

ちなみに、東京のフォーシーズンズは正規料金が1泊10万円を超えますが、Expediaなどを見ると1泊400~500ドルなので、先進国の平均よりかなり割安です。アジアで明らかにホテル料金が高いのは香港とシンガポールで、日本はいつのまにか「安く旅行できる国」になりました。

ゴールデンウイークが終わったばかりですが、夏のバカンスをどこで過ごそうか計画を立てるときに、「フォーシーズンズ指数」で海外旅行のCPを考えてみるのもいいかもしれません。

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. 橘さんの一番の名著である「得する生活」で紹介された、国内外のリゾート会員権の矛盾を逆手にとった、RCIリゾート交換による海外リゾートの格安ロングステイする方法ですが、日本では海外にロングステイできる人自体がほとんどいないので、この技は現在も有効です。もっとも、アジアでホテル代の高い香港やシンガポールでは交換可能なリゾートが実際にはないのでこの技は使えないようです。

    世の中にはいろいろ矛盾がありますが、その矛盾を逆手に取る技の紹介をもっとお願いしますね。

  2. あいかわらずの統計リテラシーのなさですね。
    今回の場合は、統計というよりかは、文字通りリテラシーがないんでしょう...
    古い左翼なみに自分の思想にあわせて事実を歪めるクセがありますね。
    日本は「安く旅行できる国」であると主張するために、わざわざExpediaの料金と比較するとはw
    ホテルサイトに掲載されていた宿泊料金であると、小さい文字で表に書かれているのだが・・
    「世界がグローバル化して東京の物価が新興国の都市と同じになる」という主張するたびにボッキする人なんでしょうね。
    しかし、この人には論理がないなあと、最近感じますね...

  3. ホテルの宿泊費に限りませんよ。

    以前に、部品を個人輸入しようとした時を考えると、米国との内外価格差は、円バカ高で
    もあり米ネットショップの価格は、日本のそれより20%~50%安いという酷さ。ちなみに
    日本車でも比較したら、2500ccセダンを180万円程度で売っていました。

    あの時はそりゃ、ドル生活者からすれば、日本は「ぼったくりの国」に見えたでしょうね。
    円が高いのは為替だからガマンしても、本質的にモノが高いのは何故デスカ~、と。日本じゃ
    中流クラスが、デフレでモノが安くなって良かったなぁ、なんて言ってる価格なのに。
    でもやっと、日本も米国の物価に追いついてきました、購買力平価バンザイ、裁定バンザイ、
    個人の自由バンザイ。このまま行けば、個人輸入の必要はないわい。

    でも、アベさんは「物価を上げる、で、給料も上げろ~」と言っていて訳わかりません。
    単純な需要・供給のハナシでいいの?選挙までのカッコつけで、「本当はちゃんと解っている
    のだ、お前らに本当の事を言っても理解できん、俺にまかせておけ!」ならいいのですが。
    政府が声高に何かする時は、ロクな事になりません。

    橘さんが著書で言うように、経済には粘性があり裁定が働いてもすぐに物価・為替・賃金など
    が均衡することはなく、少なくない時間がかかります。そのニッチを突くのが投機家ですから
    自分でニッチを探さないと勝てないし、正しい理屈だけでも勝てません。
    コスパ最高のバカンスの計画は、投機家にとって腕の見せどころ。私は投機で凹んでいるので
    行く余裕もありませんが。

    橘さんには、小幡さんの言うところのギャンブラーであり続けて欲しい、「もう、上がっちゃ
    ったよ」なんてのはあと50年後にお願いします。w

  4. pt氏の言う「リテラシー」と「論理」の有る人に言わせれば上記の文章はどういう結論になるんでしょう?
    統計やデータから自分の主張に有利な部分を抜き出したり、有利に解釈したりするのは意識するしないにかかわらず誰でもやっちゃてるんじゃないんですかね。
    リテラシーや論理がなくても円が1ドル80円から100円になったんだから日本が旅行しやすい国になったのは間違いないんじゃないだろうか?
    フォーシーズンズ指数を使ったのが誤りであってビッグマック指数ならやっぱり日本の物価は世界一で相変わらず旅行しにくい国、という結論が導き出されるということですか?

  5. >>4
    ふだん見識の高い人と接していると、世の中の大部分は頭の悪い人々だというのをつい忘れてしまうことがある。だが実際は世の中の8割は、どうしようもないバカである。
    そう気づかせてくれてくれる瞬間であった(笑)。
    まず、君には“ふつうの人間レベルの”リテラシーがありませんね。
    複雑な事象から重要な部分を取り出し、本質を浮き彫りにするということとは別次元の恣意性に気付かないとは、バカですね。
    記事とは無関係の1ドル=100円という話を持ち出す意味不明さはいいとして、

    “フォーシーズンズ指数を使ったのが誤りであってビッグマック指数ならやっぱり日本の物価は世界一で相変わらず旅行しにくい国、という結論が導き出されるということですか?”

    もはやこのレベルの知能の人と日本語で意思疎通できる自信がありません(笑)。
    フォーシーズンズ指数にせよ、ビックマック指数にせよ一般物価とは次元の異なることを認めた上での目安。購買力平価でみれば、あきらかに日本は旅行しにくい国でしょう(笑)。
    欧米系高級ホテルチェーンの指数で、各都市の旅行費用を推定しようとすること自体がナンセンスであるが、愚民向けの目安としてはいいでしょう。それを曲解しようとするのが橘氏の恣意性。
    商売人ならだれでも知っていることだが、ホテル料金は物価とは別次元の価格戦略で決定している。需要と供給で決まるのである。
    こんなことも知らない橘氏は「モスクワでは1泊9万円という宿泊料金はどう考えても異常」と述べる。ビジネスマン向けホテル料金は9年連続でモスクワが世界一であるのは、供給が不足しているからに決まっているだろう(http://www.hrgworldwide.com/Media/Press-Releases/Pages/Global-room-rates-show-year-on-year-rise-but-weak-exchange-rates-disguise-price-hikes-in-Latin-America.aspx)。
    マイクロソフトOfficeの日本の価格は、他のすべての国より少なくとも2、3倍以上高いので、橘氏の理屈によれば、amazon.co.jpの電子書籍は同じ商品でも世界より2、3倍高いことになる。
    実際はそうならない。橘センセーは経済学がお好きのようだが、「企業は利潤を最大化するよう価格決定する」ということを忘れてしまったらしい。
    ところで、記事の表で示された料金は、各ホテルの公式サイトに掲示された2011年8月8日時点の正規料金であり、フォーシーズンズホテルがない場合は他の高級ホテルで代替されている。それに対して橘氏は、季節変動の激しいホテル料金を、格安ホテル予約サイト料金1泊400~500ドルを例に出し、「先進国の平均よりかなり割安です。」と結論付けている。
    橘氏は、Expediaの(ある日時での)フォーシーズンズホテル(同クラスのホテル)の「先進国の平均」料金を知っているようだが、どのようにデータを集めたのであろうか?たとえば、ある基準に基づいて都市を選別し、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラン、フランクフルト、シドニー、・・・をすべて自分で入力して平均を取ったのであろうか(笑)?
    そもそも事実に基づいているのかどうかさえ疑わしい。少なくとも根拠を何も示さず結果を出している。
    一般的なデータに基づく事実として、ビジネスマン向けホテル料金ランキングではどの統計でも、ここ10年くらいは概ねモスクワ、ニューヨーク、スイスの都市、東京、シドニー、香港という順番のものが多く、東京は小泉政権時代の円安でも先進国各都市平均より高かった。
    旅行者の肌感覚では、香港やシンガポールは予算に応じて様々の選択肢を与えてくれるが、北欧や東京では最低予算がどうしても高くなる。日本のタクシー料金の異常さを知らずに、後で後悔した外国人も多いだろう。
    ”統計リテラシー”という意味では、あるホテルチェーンの指標に基づいて各都市の宿泊料金を比較すること自体が馬鹿げている。
    そもそも旅行者の感覚で物価を比較するのなら、統計的に出費の最も大きい部分である航空料金を無視してコストパフォーマンスを測ること自体がナンセンスである。

  6. いやあ、見識とリテラシーのない私はpt氏にオーガズムを与えてしまったようです。
    世の中の8割がどうしようもないバカならpt氏の言う普通の人は残り2割の中に存在するってことですよね。
    世の中に2割しかいない「普通」ってどんな「普通」なんでしょう。
    それと世の中の8割がどうしようもないバカであるというpt氏の主張の根拠となる「統計」はあるのでしょうか?
    ところで、ご自分の周囲の10人のうち8人がどうしようもないバカであると考える=どうしようもないバカにほぼ周囲を取り巻かれている状況にいることを認識しているとやっぱり常に優越感を感じていられるんですか?
    それとも、見識の高い2割以下の人々だけでコロニーでも作っているんでしょうか?

    日本のタクシー料金は確かに世界的に高いでしょうし乗って後悔する人もいるでしょうけど別にタクシーに乗るために旅行するんじゃありませんしね。

    最後にもう一度教えて欲しいのですが、統計では全体の2割しか存在しないものをもってそれが「普通」である、という考えは成立するのでしょうか?私には8割存在するもののほうが「普通」だと思うんですけどね。

  7. あ、もう一つ教えて欲しいのだけどpt氏のいう「世の中の8割はどうしようもないバカ」ならPt氏の親子兄弟親類縁者のうちの8割はどうしようもないバカなんですか?

    そして、親族の集まりのたびごとに「世の中の8割はどうしようもないバカ」であることを彼ら彼女らを見て再認識するのですか?今回のように。

  8. やはり意思疎通するのは不可能である。
    論理的能力が著しく劣っている人間には、任意の人間を集めるという発想になるのか(笑)。勉強にはなった。
    親からバカの遺伝子を受け継いだのろう。
    質問に対しては、人間扱いするかどうか、それが問題だ。
    生きていくうえでは問題ないでしょうから、気にしなくてもいいでしょう。

  9. 自分の論理に合わない人を見つけるたびにフルボッキしてこき下ろし、
    引っかかった人を論破するたびに射精するタイプであることは疑えないですな。
    そうじゃなきゃコメントなんかするわけないからね。

  10. 世の中の8割がどうしようもないバカである、と言った見識のあるリテラシー豊富な人間に、じゃあ、自分の周囲の人間についてもそうなのか?と聞いてみただけさ。
    ここに書き込むアンチ橘の人間の8割は
    1、橘さんや橘さんの意見にシンパシーを表明する人間を口汚く罵る。
    2、自分はまともな考え方の人間であることを強調する。
    3、自分が人を罵ったことに反論されるとそれについては「議論のすり替え」と言って棚上げして逃げる。
    という仮説が統計的に成立するんじゃないだろうか?

    pt氏の親類縁者は世の中の2割の人間が特殊分布しているようで、それはそれで重畳じゃないですか。それともpt氏の親類縁者は2割の任意の人間を人為的に集めて人工的に構成された集団なのですか?

    私のようなどうしようもないバカを罵る以外にこの世の中を良くするためにもその「見識」と「リテラシー」を役立てて欲しいよね。(見識ある人に接していても人に向かって「バカ」と言い放てる人間にはその「見識」は伝わらないことを私も改めて思い知りました。(笑))

  11. 馬鹿って言うと馬鹿って言う。子供?みんな?

    基準も量的統計もいい加減なのに「8割バカ」って…
    ご本人が二割の「馬鹿」じゃないと思っている馬鹿どものなかで
    「ホントやつら、馬鹿だよね~」って自己満足しているのでしょう。
    あ、何とか指数のインチキ度合いを肯定しているわけではありません。
    データ(インチキ、意図的、…)とそれによる恣意的な主張(結論ですらない)を
    置いといて…

  12. この指数をあてにすれば、マレーシアやスリランカといった国が旅行にはお勧め…という感想に至りつつもバカンスの目安という結論だけに至るのは残念だし、pt氏の批判(5)は正しいと思う…馬鹿呼ばわりのくだりやコメントからの議論発展は余計かとwこの著者は投資家として、国の経済成長などをなんらかの形での指数を示したかったんだと思う。だから上位の国はそう成長は見込めず、下位ほどビジネスマンにとっては有難いCPになり経済や貿易活動も期待が持てるのでは?…と予想します。ちなみにフォーシーズンズグループ自体はビルゲイツだったかな、彼の買収計画が上がった時多くのビジネスマンから好意的ではなかったはず、「まだこいつ金儲けすんのかよ」ってな具合で。

  13. 確かに、データ(インチキ、意図的、…)とそれによる恣意的な主張(結論ですらない)を
    しない人って数学者くらいかもね。
    そういう人を見識の高い人って言うのなら確かにこの世の中の2割しかいないかもね。

    もしかして、ここで橘さんを批判している人って橘さんの文章を数学論文として読んでいるとか
    (一つでも反証が上がれば、その結論・主張は真ならずだ。)ね。

  14. 私もそうですが、そもそもブログやネットに自身の考えを公開する人は、①生活のため②暇で自己顕示欲の強い人では?他人の考察をネット上で知ることには興味があるが、私のようにコメントを
    出す人は、暇なんです。橘さんは、自身の生活のためにブログを出しているので、賛否両論どちらでも良いのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。