今年はどんな年になるだろうか2012


ひさしぶりに日本に戻ってきて、たまっていた新聞を整理しながら、今年はどんな年になるのか考えてみた(去年も同じことをしていた)。

もちろん誰も未来を知ることはできないし、去年の予想でも、東日本大震災や原発事故はもちろんのこと、(中東を旅したばかりだというのに)「アラブの春」の到来にもまったく気づかなかった。その一方でユーロ危機のように、予定調和的に事態が悪化していくものもある。これは、「構造的な問題は現実化する」からだ。

その意味で昨年は、世界がどのような構造的な問題を抱えているのかが明らかになった年だった。

アメリカは、「雇用なき回復Jobless recovery」から抜け出せそうもない。年末の株価は1万2000ドルをなんとか維持したが、失業率は2009年以来9%台に張りついたままで一向に改善の気配がない。国勢調査局によれば、アメリカの貧困者は4618万人で過去最多となり、全人口に占める割合も15.1%に上昇している。

80年に800ドルだったニューヨーク株価は、インターネットバブルに沸いた2000年に1万1000ドルへと約14倍に上昇した。インターネットバブルがはじけ、9.11同時多発テロで「戦争」に突入した後も、FRBの低金利政策により、不動産価格が5年で倍になるというバブルに踊った。

アメリカは四半世紀にわたって「大いなる安定」を享受してきた。高いレバレッジをかけて不動産を購入し、クレジットカードで借金を積み重ね、預金ではなく株式で資産運用するアメリカ人の人生設計は、この「黄金の25年」に最適化されたものだ。

しかしいま、幸福な時代が終わってしまったことにひとびとはようやく気づきはじめた。

アメリカは現在も金融やICT(情報通信技術)のような知識産業で圧倒的な優位を維持している。しかしこれらの産業は、製造業とちがって大量の雇用を必要とせず、そのかわり高い教育を受けたエリートを獲得するために法外な金銭を支払っている。この「1%」と「99%」の構図がアメリカ社会を分裂させている。

ティーパーティーは、貧困層や不法移民への再分配を拒絶している。「ウォール街を占拠せよ」の若者たちは、「1%」から「99%」への所得移転を求めている。両者の主張に妥協の余地はなく、大統領選に向けてその亀裂が露になっていくだろう。

ユーロ危機で明らかになったのは、ヨーロッパの好況が、南の国々(および旧ソ連圏の東ヨーロッパ)の負債によって支えられていたという仕掛けだった。アテネの街にはベンツやBMWが溢れているが、これはギリシア政府や金融機関が分不相応な借金をして国民にお金をばら撒き、それを目当てにドイツのメーカーが高級車を輸出したからだった。

ドイツなど北ヨーロッパが輸出増で経常黒字になり、ギリシアやスペイン、イタリアなど南ヨーロッパが経常赤字でそれを吸収する「ヨーロピアン・インバランス」は、アメリカの巨額の経常赤字を中国や日本などアジアの国々の経常黒字で埋め合わせる「グローバル・インバランス」の縮小版だ。

EUは増税と緊縮財政によって南の国々の経常赤字を減らし、ユーロの信任を守ろうとしている。だが南の国々の輸入が減れば必然的に北の国々の輸出も減り、市場全体が縮小して、ヨーロッパは長い不況に陥るのではないだろうか。

世界経済全体では、アメリカが財政赤字と貿易赤字の「双子の赤字」を維持できなくなり、経常赤字の縮小は不可避だといわれている。世界全体の経常黒字と経常赤字を足し合わせればゼロになるのだから、アメリカの経常赤字が減れば、その分だけ中国や日本の経常黒字が縮小するのは避けられない。

「ヨーロピアン・インバランス」が解消される過程を観察すれば、「グローバル・インバランスの解消」でなにが起きるのかの参考になるだろう。

*念のために言っておくと、日本が大幅な経常黒字でも景気が低迷しているように、経常黒字=好況、経常赤字=不況というわけではない。アメリカの場合、米ドルが基軸通貨であることから、経常赤字が常態となる。他国が決済資金として米ドルを保有する分だけ、アメリカは余分に通貨を発行できる。これが機軸通貨国のシニュレッジ(特権)だ。

中国の抱える構造的な問題は、人民元の為替レートを安定させるため金融政策に大きな制約があることで、インフレになっても金利を引き上げることができない。中国政府は不動産バブルを抑制するために裁量的な融資規制を行なってきたが、それによって経済成長が減速するとひとびとの実質所得が減って生活が苦しくなり、各地でデモやストが頻発するようになる。

人民元相場を安定させつつインフレを抑え、大規模な公共投資によって経済成長を維持する綱渡りがいつまでもつづけられるわけはなく、いずれ大幅な調整は避けられそうもない。

世界経済で起きているさまざまな現象は、グローバル化の必然的な帰結だ。それをひと言でいうと、新興国の急速なキャッチアップによって先進諸国の経済成長が鈍化することだ。

グローバル化の直撃を真っ先に受けたのが日本で、アメリカは資産価格の上昇によって、ヨーロッパは「ヨーロピアン・インバランス」によってこの罠を回避してきたが、世界金融危機で“魔法”は効力を失ってしまった。

だがその一方で、新興国のキャッチアップはグローバル化と技術進歩によってますます容易になるだろう。BRICsにつづいて、タイやベトナム、インドネシア、メキシコ、トルコといった国々が圧倒的に安い人件費を武器に、先進諸国への輸出拠点としてテイクオフを始めた。

そんななか日本は、「失われた20年」の果てに、円という“最強通貨”を手にする奇妙な巡りあわせを迎えている。日本企業にとっても、また私たち一人ひとりにとっても、この国の構造的な問題が現実化するまでに、この“幸運”をどのように活用するのかが大きな課題になるのだろう。

コメントを閉じる

9件のコメント

  1. 明けましておめでとうございます。
    2012年もまた、世界経済に参加する各国へ、時間差で、拡大経済施策が波及していくのでしょう。
    しかし、日本においては、縮小経済施策を設計できる可能性があると思います。

  2. 金融業界で仕事をしており、時折拝読させていただいてます。
    今年もユニークな視点と、歯に衣着せない言葉を楽しみにしています。

  3. 明けましておめでとうございます。
    本年もブログ更新と著作の出版を楽しみにしております。

    先進諸国がダメダメなおかげで図らずも円が最強通貨になってしまったわけですが、
    それならば今、日本が国をあげて行うべきは『買い物』だと思います。

    企業買収や資源の権利購入はもちろんですが、
    個人的には「人間」を世界中から大量に買ってほしいです。無論「最高級品」を。

    日本の政治家を世界中の最高の人材に変えることができれば一番ですが、
    それは無理なので百歩譲って大企業の役員クラスだけでも相応の人材と入れ替えるなり競わせるなりできれば、日本企業はあっという間に立ち直ると思います。そしてそれは世界のためにもなるのではないかなと。

    最近、国境やナショナリズムというものが人類にとって本当に邪魔になってきたなと感じます。
    今年は、その辺りに関する当面の回答が出るような気がしてなりません。
    出来れば流血を伴わない回答であればよいのですが。

  4. imbalanced model のフラクタル解釈は面白いじゃん。円価が購買力平価説に収斂する前、橘さんが「異常な円安」って言ってたときからSETとかVNは皆気にしてたよね。
    後はお父ちゃんさんの言う通り今年の出版が楽しみじゃん。
    それが小説作品だったら最高じゃん!
    今年も橘さんの記事といろんな人のコメントが楽しみだわ。

  5. 今年もよろしくお願いします。
     よりいっそう混迷し、さまざまな憶測が飛び交うことでしょう。金融はもちろん、原発不安、政治不信、そして成熟日本社会へのムーブメント。新聞・テレビはもう信じる人はいないはずです。独裁者を生むことはできても。でも独裁者の末路は決まっています。時々歴史に学べなど的な発想をする人もいますが、ナンセンスです。時代背景がそれぞれまったく違います。これだけ世界が近くなったら、改めて「地球船宇宙号」を考えるときと。環境問題ではありません。宗教でもありません。価値観といったら軽すぎます。哲学といったら愚民化された国民は理解できません。橘氏にはよりわかりやすく、建設的な意見を持つ日本人を先導して言ってもらいたいと強く願います。20年・30年後の日本史・世界史に正確に伝わる情報を残して後世に託す責任がわれわれにはあると思います。

  6.  10年程前にタイの地方を訪れた時、そこで服飾工場を運営する香港人と知り合ったことがある。そこでは主に米国向けの服やズボンが作られていた。当時すでにタイ国は通貨危機から立ち直り、その工場の運営も軌道にのっていた。
     しかし世の中なかなかうまくいかないものである。3年程前にその地を再訪した時、香港人達の姿はなかった。リーマンショックの影響はアジアの地方でも大きく、彼らは工場を閉鎖していたのだ。
     その後暫く彼らの動向はわからなかったが、彼の下で働いていた人物によると彼らは今ラオスで服飾工場を運営しているという。欧州は冷え込んでいるが、アジアはまだまだ熱い。

  7. >グローバル化の直撃を真っ先に受けたのが日本で、アメリカは資産価格の上昇によって、
    >ヨーロッパは「ヨーロピアン・インバランス」によってこの罠を回避してきたが、世界金融危機で“魔法”は効>力を失ってしまった。

    >そんななか日本は、「失われた20年」の果てに、円という“最強通貨”を手にする奇妙な巡りあわせを迎えている。

    円高の理由は日本だけが魔法などに頼らずに『まっとう』で『ローカルが充実している』からではないでしょうか?
    内需は巨大、対外債務ゼロ、経常黒字国家、国民はまじめで正直(一部銭ゲバ除く)、
    社会は効率的。そして更なるカイゼンを常に目指してる。

    でも「歴史的な円高」にも関わらず海外資産を買いあさるといったことはあまり行われていませんね。
    それはつまり、実効レートが円高でない証なのでしょう。

    こんな記事もいろいろ考えさせられます。
    日本はアメリカより、大分マシな国家なのですね。

    今や「会社奴隷」 日本人より米国人の方が平均労働時間長い
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120106-00000010-pseven-bus_all

  8. 明けましておめでとうございます。
    何やら悲壮感が漂う年明けですが、そして確かに楽観する要素も見えないのも事実ですが、それでも、人類それほど見捨てたモンじゃないし、希望を思い描くことは許されていると思いますよ。
     経済や,産業が拡大し,膨張する「成長」を期待することが出来ないのは確かでしょうが、そうではない「成長」や「進化」、「進歩」、「革新」を思い描くことまで諦めることはありません。
     その一つは、効率の改善です。効率を改善すれば,今までの半分のエネルギーで同じ成果を上げることが出来ます。
     原発の是非が問われていますが、現在、30%の占有率であった原発を全部廃止しても、火力発電所の効率が2倍になれば、原発が無くても,今より化石燃料の使用量をを減らしてco2を削減できるのです。消費サイドでも,LEDは,画期的に電力使用量を削減できます。これによれば,照明電力を十分の一にすることも既に現実です。
     資源が枯渇すると危惧されていますが、例えば、都市鉱山からレアーメタルを産出することが現実になっています。ものつくりが倍になっても、その生産に必要なエネルギーや,資源の消費量が半分になれば同じことです。つまりそれこそが,「成長」や「進歩」「進化」「革新」の成果であるべきなのです。
     過去の技術が,「膨張」や「拡大」という規模の成果によって成り立ってきたことを戒めて、より充実した効率の革新を求めることで新たな進化を成し遂げることが出来ます。
     ガソリンエンジンの熱効率は,25%しかないのです。それを50%にすることを求めることが技術革新であり、そのための生産に必要なエネルギーを半分にすることこそが今求められる技術です。
     諦めることはありません。目的を見失わないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。