AKB48総選挙で「政治」を考える 週刊プレイボーイ 連載(4)


AKB48総選挙が佳境を迎えています。今回はこの“国民的イベント”を例にあげて、政治とはなにかを考えてみましょう。

原発を存続させるかどうかとか、誰が新曲のセンターポジションで歌うべきかとか、私たちの社会には決めなくてはならないたくさんの問題があふれています。争いが生じるのはひとびとが異なる利害を持っているからで、それを上手に調整しないと社会は混乱してしまいます。そうならないように、みんなが納得するようにものごとを決める仕組みが「政治」です。

独裁制では、1人の独裁者(王様)が絶対的な権力を持ちます。貴族制では選ばれた一部のひとたちが、神権制では神の意思を伝える(とされる)神官がすべてを決めます。それに対して民主制(デモクラシー)では、異なる意見を持つひとたちが討論をして、参加者全員が賛否を投じ、多数決でものごとが決まります。

ところで同じ民主制でも、国(自治体)と株式会社では決め方のルールが大きく異なります。国の選挙は1人1票が原則で、株式会社の株主総会は1株1票です。国民の選挙権はお金持ちも貧乏人も平等ですが、株主総会ではたくさんの株を持っているひとに大きな発言力があります。AKB48の総選挙は、1ファン1票ではなく、シングルCDに付いている投票権があれば1人で何票も投票できるのですから、これは株式会社型の民主制ということになります。

国政型と株式会社型は、どちらが正しいというわけではありません。

国の政治が1人1票なのは、どのような国をつくるかというひとびとの理想が異なっているからです。あるひとは経済的にゆたかな国がいいと考え、別のひとはたとえ貧しくても家族や地域の絆がある国に暮らしたいと考えています。若者が努力して報われる社会にすべきだというひともいれば、高齢者が安心して暮らせる社会を理想とするひともいるでしょう。

しかし残念なことに、国の予算には制約があり、すべての理想を同時に実現することはできません。そんななかである特定のひとたち(お金持ち)に優先的に決める権利を与えると、それ以外のひとたちを納得させることができなくなってしまいます。

それに対して株式会社というのは、株主から資金を集め、事業を行なって利益を上げるための仕組みで、株主の目的は利益の分配を受けることです。公正な分配のルールさえ決まっていれば、そこには価値観の本質的な対立はなく、たくさんの株券を持つ株主がどうすれば自分の利益が最大になるかを決めたとしても、少数派の株主の権利を侵害することは(ふつうは)ありません。逆に1株主1票では、資金を投じるひとはいなくなってしまうでしょう。

AKB48のファンのあいだでも、だれを応援するかで意見の対立はあるものの、日本一(世界一)のアイドルグループに育てたいという理想は共有されているはずです。そうであれば、1人1票よりも1株1票の仕組みのほうがずっと優れています。

日本では、永田町ではなく秋葉原で、競争原理に基づく正しい「民主政治」が行なわれているのかもしれません。

『週刊プレイボーイ』2011年6月13日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

8件のコメント

  1. もういまどきツイッターなんてやらないので、FACEBOOKも入れといてよ。
    今回のは、わかりやすくて良かったです。
    でもAKBはなぜか2位になっても前田がセンター。民主主義に反するんだよな。

  2. 国政の1人1票には選挙の度に非常に違和感を感じています。
    有権者の人口分布が高齢者に偏っているので、高齢者の民意が政治に反映されやすく、私のような20代の社会人だと全員が投票に行っても少しの集団でしかありません。
    子をもつ親は、子供の分を代理投票できるとか、年金受給者は投票権を失うとかにしないと、働いて社会を支えている人に優しい政治にはならないでしょう。
    何かの本にも、世代間格差を考えたときに民主主義は非常に脆いと書いてありました。
    確か、鈴木亘さんだったかな。
    株式みたいに票を持っている人ですが、せめて多く納税した人ほど決定権があるようにしてもらいたいですね。
    あまり納税していない人と、ちゃんと納税している人と平等というのも変ですね。

  3.  いろんな主義 階層の人たちが同じとこに住んでると 社会対立が起きますよね。
    長く親しんだ匿名の仮面も私には もう不要でしょう。自己催眠が解けましたから。
    2ちゃんねるもやめました。 個人主義の猛毒も抜けました。

  4. 若者の意を政治に反映させたいというなら、
    小さな自治体に若者を集結させて、
    政治を乗っ取っちゃえばいいんですよ、
    一人一票なんだから。
    お金なんて無くても、
    これでもう若者の意のまま。

    若者は渋谷に行くべきではないんです。
    過疎ったところに行くべきなんです。
    若者に準備された街に行くのではなく、
    若者自らが街を作っていけばいいんです。

    あ、そーいえば、この方法、
    某宗教団体が昔、してましたね。

  5. 元ワタミ会長、渡邊美樹氏の

    「お金は投票用紙」

    という言葉を思い出しました。

    AKBに関しては全く興味を持っていないのですが、考えてみるとこの「総選挙」はかなり示唆に富む現象が起きているのかもしれませんね。

    CDを1枚しか買えない貧乏人が5,000人ファンとして付いている人よりも、10,000枚のCDをポンと買える富豪が1人ファンになっている人の方が圧倒的に「人気」があると評価されてしまうシステムは個人的に非常に違和感があるのですが、世の中は大体こんな感じで動いていますからねえ。

  6. もともと民主制は欧州で生み出され発展させられたもの。日本や東アジアにはマッチしていないかもしれないと感じることが常々です。エリート主義の育っていない戦後日本では、政治家や権力者を庶民のレベルまで叩き落すことによって満足感を得て、結局何もしないことを期待している気がします。結果的に、くだらない次元に終わってしまうのも大衆が求めているからではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。