ポール・クルーグマンを日銀総裁に


最初に断わっておくけれど、私は、マクロ経済学の議論は自分の領域ではないと考えている。これまで何度か書いてきたように、「誰も未来を知ることはできない」ということを前提に、外的環境の変化に合わせて人生設計を最適化する、というのが私の一貫した立場だ。

リフレ政策についても同様で、私の立場としては、「マクロ経済学的な議論としては成立するとしても、それが実際に期待された効果を生むかどうかはやってみなければわからない」という不可知論となる。それ以前に、経済学者のあいだですら評価が二分する経済政策について、(私のような)専門外の生活者に真偽の判断ができるわけもない。

その意味で、リフレ政策を選挙の争点にして有権者の判断を仰ぐ、というのは意味がないだろう。これはあくまでも、国民の負託を受けた政治家が自らの意思で判断すべき事柄だ。

このような前提のうえで、不可知論の立場からリフレ政策を支持できるかどうか、ここでは考えてみたい。

日銀がリフレ(インフレターゲット)政策を採用した場合、それによって実現するシナリオとしては、以下の3つが考えられる。

  1. リフレ批判者の指摘するとおり、デフレ下では金融政策は効果がないのだから、なにも変わらない。
  2. リフレ支持者のいうとおり、マイルドなインフレが実現して景気が上向き、需給ギャップが解消して、経済成長率が4~5%にまで回復する。
  3. リフレ否定論者の予言のとおり、円の信用が崩壊しハイパーインフレが起こる。

この場合、シナリオ(1)は日銀の当座預金が増えるだけで、それ以外はいまと同じだ。シナリオ(2)ならみんなが幸福になるのだから、誰も文句はないだろう。そう考えれば、リフレ政策を採用すべきかどうかは、シナリオ(3)が起きる確率をどのように評価するかで決まる。だが不可知論の立場からは、(未来は誰にもわからないのだから)シナリオ(3)のリスクは評価不能だ。

ところで、リフレ政策が引き起こすかもしれない通貨の信用崩壊とは、要は日本国の財政破綻と同じだ。ということは、「国家破産」と同様に、その経済的な損失をあらかじめヘッジすることができる(財政破綻に備える「3つのリスク回避術」)。そうであれば、「国家破産」に備えて十分なヘッジをした合理的な個人は、シナリオ(3)のリスクよりもシナリオ(2)のリターンを選好して、不可知論のままリフレ政策を支持するのではないだろうか。

*もちろん、ヘッジをしていない個人は円の信用崩壊でヒドい目にあうのだから、この選択が道徳的に正しいとはいいきれないのだが……。

ところがここに、ひとつ重大な問題がある。

仮に日銀法が改正され、リフレ政策が採用されたとしても、日銀がそれを正しく行なうかどうかはわからない。というよりも、インフレターゲットを宣言してもデフレが続くようなら「やり方がなまぬるい」と批判され、ハイパーインフレが起これば(やり方を間違えた)「戦犯」として断罪されることになるのだから、これではあまりにも損な役回りだ。こんなに条件が悪ければ、誰だってマトモに仕事なんかしないだろう。

この難題をクリアする方法はひとつしかない。

リフレ政策が正しく行なわれるためには、結果がどうであれリフレ支持派が納得する人物が日銀総裁になる以外にない。だったらその適役は、創始者であるポール・クルーグマンをおいてほかにはいないだろう。クルーグマンだって、自らの経済理論の正しさを天下に示す千載一遇の機会なのだから、喜んで引き受けてくれるにちがいない。

はたしてこの方法はうまくいくのだろうか?

私が思うに、もしクルーグマンが日銀総裁になれば、それだけで(なにもしなくても)インフレ期待が起き、株価が上昇し、景気が上向く可能性がある(それもきわめて高い確率で)。これなら国債を増発して紙幣をばら撒く必要もないのだから、リフレ否定論者だって文句はないだろう。

支持率の低迷に喘ぎ、国民から見捨てられつつある民主党政権は、いますぐプリンストンに行って三顧の礼をつくしたらどうだろう。

コメントを閉じる

11件のコメント

  1. >私が思うに、もしクルーグマンが日銀総裁になれば、それだけで(なにもしなくても)インフレ期待が起き、株価が上昇し、景気が上向く可能性がある

    そうでしょうか?むしろハイパーインフレを予感して就任した瞬間に国債暴落を招きそうな気がしますが。

    脊髄反射的なコメントですいません。

  2. テッテ的にマジレスさせていただきます。

    1) 失礼ながらこれまでお書きになったものを読んでいませんが、持論でいらっしゃるところの「不可知論」をこのエントリに書いてある限りで理解すると、「リフレの成否は不可知だから判断不能」というのは、「リフレ」をほとんどどの政策に書き換えても同じことになりますね。税率変更もCO2削減も、望んだ効果が得られるかは、最終的にはやってみないと分かりません。

    2) 「専門家以外には判断できない」「負託した政治家に任せる」というのも同様ですね。有権者の大多数は、分野によらず、政策の検討に専門家レベルで参加したことがないわけですから、ご主張はほとんどあらゆる政策におよぶと考えます。普天間問題も子供手当ても、何も考えずに政治家に任せろ、ということになりますね。では結局有権者は何を元に負託する政治家を選べばいいのでしょうか。ネクタイの色?

    3) 「デフレを脱却できなくてもハイパーインフレになってもダメだから担当した人は損だ」とおっしゃいますが、マイルドインフレに制御できるというごく当たり前の可能性を、言外に理由を示さずに否定していますね。世界中の多くの中銀でマイルドインフレを目標としていますが、総裁のなり手がいなくて困っているという話は聞いたことがありません。

    4) クルーグマンでなくても、断固マイルドインフレ誘導する!という人間を登用すれば、コミットメントによる効果は当然あるでしょう。それだけでマイルドインフレにまで到達するかどうかは分かりませんが。

    5) クルーグマンは冗談半分としても、リフレ派を総裁に据えるための政治的なコストは、日銀法を改正してインフレ目標を明文化するなどといった、リフレ派勢力が実際に目指しているものと大して違わないでしょう。「リフレの成否が不可知である」とか、「経済学者の間でも論が割れている」とかいった前段でのご指摘が何か解決するわけでもありませんし、特に政治的な戦略として面白いものでもなさそうです。

    6) 総じていうと、「『クルーグマンを総裁にしろ』という極論を思いついたので記事にしてみました」ということかな、という印象を受けました。ネタとして面白いかどうかはともかく、有権者として投票行動その他の政治的活動を行う際の参考にはならないと思ったのですが、そういう理解(この記事は単なるネタである)ということでよろしいでしょうか?

  3. そろそろ竹中平蔵さんに再登場してもらいましょう。株価は間違いなく上がると思います。

  4. 不可知論的には起こりうるパターンとしては3パターンではなく

    – インフレ率が 下がる・変わらない・少し上がる・かなり上がる・青天井(ハイパー)
    – 景気が 悪くなる・変わらない・良くなる。

    の組み合わせの15パターンでは?

    そうなると「景気が悪くなる+インフレ率がかなり上がる」の組み合わせ(=スタグフレーション)のリスクもカウントすべきですね。

  5. 小泉首相のときもそうだったが、ある「カリスマ」が現れて私たちの世の中を良くしてくれるというカリスマ待望論というのは妄想にすぎないことがなぜわからないのだろう。

    アメリカでも「オバマ大統領」出現時はそんな感じだった。

    結局のところ「自分が一番大事で、自分が生き残るにはどうしたら良いか」ということだけが
    真実なのではないだろうか。

  6. いつも楽しく読ませて頂いてます。
    いや~相変わらず橘さんの着眼点は素晴らしいし、何より面白い!

    カルロス・ゴーンからザッケローニまで、日本のダメ集団が変わったのは、外国人のスペシャリストに改革を委ねたからです。
    日本人の指導者では、固定観念やしがらみ等があって、思い切った政策転換ってのは難しい。

    沖縄のタックスヘイブン化案も面白かったですが、実現はおそらく不可能でしょう。
    でもクルーグマン氏を日銀総裁にするのは、夢物語ではない気がします。
    彼自身も、絶対に自分の理論を試してみたいと思ってるでしょうしねぇ・・・

    たとえ実現しなくても、噂話が出るだけで一気に円安に振れるでしょうから
    先にリークさせちゃうのも有効かも?国債は暴落しそうですが(^^;

  7. 山崎元氏、山形浩生氏(伽藍とバザールだなぁ)の意見等、結果は誰にも予測できないが前を見ても後ろを見てもリフレ政策しかない様ではある。
    自分も、諸葛孔明の様なスーパーマンが一気に改善というのはなかなか難しい様な気もするが。

  8. またリフレ話…
    さすが投資家、儲け話には敏感?

    経済学者の間で評価が二分してる、という表現は正しくない
    普通の経済学者 VS 異端の経済学者 という図式だから

  9. >デフレ下では金融政策は効果がない

    デフレと流動性の罠は違います。

    >だったらその適役は、創始者であるポール・クルーグマンをおいてほかにはいないだろう。

    クルーグマンは創始者でも何でもありません。適任ではない、という意味ではありませんが。

  10. >私が思うに、もしクルーグマンが日銀総裁になれば、それだけで(なにもしなくても)インフレ期待が起き、株価が上昇し、景気が上向く可能性がある(それもきわめて高い確率で)。

    アベノミクスでこれが起こっています。先見の明、恐れ入りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。