月別アーカイブ: 5月 2011

大きな「正義」の話を聞かせてくれ

東京電力の損害賠償問題が混迷の度合いを増している。これは当たり前で、そもそも政府の支援スキームが電力料金の値上げを前提としているにもかかわらず、安易な料金引き上げを政治的に不可能にしてしまったからだ。 こうした混乱を招い … 続きを読む

カテゴリー: Libertarianism | 9件のコメント

私たちは「猿の惑星」に住んでいる 週刊プレイボーイ連載(2)

日本の政治に、みんなが怒っています。怒りを通り越して、絶望しているひとも少なくありません。 大震災と原発事故という未曾有の国難にあって、いまこそ国がひとつにまとまらなければならないのに、政治家は足の引っ張り合いばかりして … 続きを読む

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン | 11件のコメント

Back to the 80’s いまでもときどき思い出すこと(6)

その頃ぼくはサラリーマンで、四谷にある出版社に勤めていた。 ある日、ぼくが担当した本についての質問書が届いた。差出人は解放出版社というところで、差別をなくすための啓蒙活動を行なっている団体だった。 手紙の内容は、ぼくのつ … 続きを読む

カテゴリー: Back to the 80’s, Column | 10件のコメント

第2回 善意を後押しするものは(橘玲の世界は損得勘定)

東日本大震災で東北地方は甚大な被害を受けた。とりわけ原発事故を抱える福島県は、農産物への風評被害に加え、観光業も大打撃を被っている。こんなとき、幸いにも被災を免れた私たちにできることがあるとすれば、義捐金を送るだけでなく … 続きを読む

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 | 9件のコメント

「首相が変われば日本はよくなる」という幻想 週刊プレイボーイ連載(1)

野球でもサッカーでも、チームが負けてばかりいるとファンやサポーターは「監督を辞めさせろ」と騒ぎ出します。「負けたのは選手が悪いからじゃない。監督が代わればチームは生まれ変わるはずだ」というのが、世界共通のファン心理だから … 続きを読む

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン | 22件のコメント