『幸福の「資本」論』あとがき


新刊『幸福の「資本」論』から、出版社の許可を得て、「あとがき」をアップします。

***********************************************************************

この本が生まれるきっかけは「幸福な人生」の土台についてライターの渡辺一朗さんからインタビューを受けたことで、それをもとに過去の著作をアップデートするかたちで一冊にまとめました。東日本大震災を受けて2011年7月に『大震災のあとで人生について語るということ』(『日本人というリスク』として講談社+α文庫に収録)を出版したときに「人生設計についてはすべて書きつくした」という気持ちがあったのですが、今回、「3つの資本=資産のポートフォリオ」という視点から「幸福論」をまとめてみるとまた新しい発見があったことに気づきました。人的資本と社会資本については新たな知見も加え、より詳細に論じられたのではないかと思っています。

かつて、「幸福」は神の専売特許でした。しかしダーウィン以降の私たちは、もはや神に頼ることはできません。幸福は主観的なものですが、だからこそ「自分の幸福」については自分で考えるしかないのです。

この本で書いたことはさまざまな研究によってエビデンス(証拠)が示されていますが、それでもあらゆる幸福論と同様に、私の個人的な体験に基づいていることは間違いありません。

40歳でフリーエージェントになったとき、人生をできるだけシンプルにしたいと考え、それ以来、日々の生活は本を読むことと文章を書くこと、そしてときどきサッカーを観ることだけで、ほとんどなんの変化もありません。テレビ出演などを引き受ければいろいろな刺激を受けられるかもしれませんが、「キャラ」が合わない気がするのでその気になりません。その代わり、1年のうち数カ月を旅にあてています。

経済的に独立した一介のもの書きとして、どんな組織にも所属せず、誰に遠慮する必要もなく好きなことを書き、(批判も含めた)読者の声を社会資本とし、誰も読んでくれなくなったらそれでお終いだと思っています。ささやかなものですが、私にとってはこれ以上望むもののない幸福な人生です。

もの書きになってからずっと、この仕事は「読者を探す旅」だと考えてきました。その一方で、読者もまた著者を探しているはずです。

あらゆるひとに適した、普遍的な「幸福の法則」はありません。この本もすべての読者が満足することはないでしょうが、それは仕方のないことでもあります。しかし心理学者は、どのようなアドバイスが有用なのかを明らかにしました。その原則はとてもシンプルです。

ひとは、自分と似ているひとからの助言がもっとも役に立つ。

この本が、「私に似た」あなたの人生になんらかの役に立てば幸いです。

2017年4月 橘 玲

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

『幸福の「資本」論』あとがき への4件のフィードバック

  • ものまね道化師 のコメント:

    読了しました。

    ファンを代表して、ありがとうございます、って
    一言まずは先生に申し上げたい。
    所感などめったに共有したいと思ったことないけど
    色んな人、たとえば後輩達に上手く伝えらればいいなと強く思いました。

    正直言って、子どもの頃は、ものまね道化師でした。
    そんな自分にできることは、本ぎらいのあの子や
    懸命に働きながらもモノ言えず苦しんでいるあの子に
    どうやって表現して彼らの力になれるかって再び深く考えました。

    また、このサイトファン垂涎の一冊でもあります。

    つまり最近のコメンテーターの言い回しが文章のここカシコに散見されるからです。スナハチ、声の大きいファンに寄り添った作品と言っても過言でない?観察すれば、、

    何でも一言や3~4言に纏める人、極端な人、すっきりさせたい人などへの愛が深層に流れ…

    結論:先生の拘りを優先し、幸福の極みに行ってほしいです。

    最後に言いたいことは、才能あふれる方はファンの
    声もそれなりに、、、更なる極みへ、前人未到の表現へと…が切なる願いです。
    自分も明日から、先生の三行表現を元に面白おかしく表現して全力投球かも

  • 尖沙咀 のコメント:

    >何でも一言や3~4言に纏める人、極端な人、すっきりさせたい人などへの愛が深層に流れ…

    ここはひとつ、橘さんの勧める「オッカムの剃刀」が、実は大きな問題を孕んでいることを、

    長沼 伸一郎著
    無形化世界の力学と戦略―理系からの解析は戦略と地政学をどう変えるか
    の書評を紹介することで警鐘しておきます。

    「最小語数の原理」とその脅威。

    長沼伸一郎は、鋭い直観力でこれまで「縮退」、「パワーの無形化」等の圧縮された概念を創案してきたがこの本に於いても最小語数の原理」が重要なキーワードとなっている。それは、「ある概念が、それがたった一語で内容を表現できる場合にのみ、一般社会に爆発的に流布する。そしてそれは、表現に二語以上を要する複雑な概念を常に駆逐する」というものである。
    ここでは、この事のみを取り上げる。

    大衆社会ではある概念は、一語に内容を短縮された時にその言葉に翼が生えるが、二語以上でしか表現できない概念は殆んどの場合翼を生やすことができずメディアの中では無力である。
    このことは、メディアの世界では古くから本能的に知られており権限を握っているのは「社説」を書く人間でなく「見出し」を書く整理部こそが権力中枢であると言われている。
    「見出し」は、スピードを上げるためには必要不可欠であり実際、「見出し」が一つもついていない新聞を想像するだけでそれは解る。
    20世紀に起こったヒトラー、マッカーシー旋風など野蛮な政治的暴力の背後にはこの原理がチラついている。
    その第一段階は、「こいつが諸悪の根源だ!」であり第二段階が、「その連中を排除すれば全てが良くなるはずである」という一語である。
    「最小語数の原理」は、現代でも猛威を振っている。イラク戦争の原油まみれの水鳥でありユーゴスラヴィア内戦の民族主義である。

    この、「最小語数の原理」の制圧という隠れた課題は人類にとって避けて通れない最優先課題である。
    知識人は、ただ面倒で回りくどい理屈をぶつぶつ呟くだけの無力な時代遅れの存在に落ちていく。せいぜい、おこぼれ頂戴の状態となろう。
    そして、資本主義経済と商業主義メディアが手を組んだ時代はまさにそれに近い状態になりつつある。

    歴代総理大臣は、概ねキャッチフレーズ創りが巧かった。
    政治的暴力に近いものとしては、郵政選挙が思い起こされる。
    知識人という言葉は今や陳腐化した。
    「最小語数の原理」は、一語で腑に落ちた。直観の天才である。

  • 見知らぬ男 のコメント:

    観念や情緒ではなく、幾多のエビデンスを積み重ねて、極めて論理的に幸福というものについて論じている『幸福の「資本」論』は、多くの人に読んでほしいと思える本です。

    ただ、この本は、幸福を得たい人達に、それほど影響を及ぼさないのかなとも思えます。

    橘氏が、あとがきに書いておられるように、橘氏と似たような考えをする人しか、この本を手に取らないでしょう。
    そして、そういう人達は既に何冊も橘さんの著書を読んでいて、この本の内容の半分以上を把握していると思います。

    この本を最も必要する人達(資本を全く持っていないか、一つしか持っていない人達)は、橘氏とは似ていない人達なので、この本を手にとることは無いでしょう。
    仮に第3者が、この本の内容を伝えたとしても、彼らにはそれを理解する下地がないので、本の内容を受け付けない。

    そんなことを考えてしまいました。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >この本を最も必要する人達(資本を全く持っていないか、一つしか持っていない人達)は、橘氏とは似ていない人達なので、この本を手にとることは無いでしょう。
    >仮に第3者が、この本の内容を伝えたとしても、彼らにはそれを理解する下地がないので、本の内容を受け付けない。

    【天は自ら助くる者を助く】
    英語のことわざ
    「Heaven(God) helps those who help themselves.」 の訳語。

    他人に頼らず、自立して努力する者には天の助けがあり、必ず幸福になるという意味。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。