子どものときにすぐにマシュマロを食べてしまったら 週刊プレイボーイ連載(291) 


オークションサイトに現金が出品されていることが話題になりました。1万円札3枚が3万6000円、1万円札4枚が4万7300円で落札されたというのです。なぜこんな不思議なことが起きるかというと、一部のひとがクレジットカードで現金を購入しているからのようです。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が設定されています。キャッシングはATMなどから現金を引き出すことで、ほとんどの場合、利息制限法の上限である年20%(元金10万円未満の場合)の金利が上乗せされます。それに対してショッピング枠では、翌月一括払いであれば、クレジットカード会社に支出を立て替えてもらっても金利はかかりません(なぜこんなウマい話になっているかというと、店からカード会社に手数料が支払われるからです)。

現金を高い値段で買うという非合理的な行動は、カードのショッピング枠とキャッシング枠に大きな差があることから説明できます。

多重債務者対策の規制強化の影響で、クレッジトカードのキャッシング枠はゴールドカードでも10万円程度しかないのがふつうです。その一方でショッピング枠は拡大される傾向にあり、いまや100万~300万円というのも珍しくありません。そうなると、カードローンやキャッシング枠がいっぱいになってしまったひとが、なんとかしてショッピング枠を利用しようと考えるのも無理はありません。このようにして、3万円を3万6000円で買う取引が成立するのです。

クレジットカードの一括払いでは、最長で50日、最短でも20日間支払いを立て替えてもらえます。そこから計算すると、この取引は年利換算で272%から2526%になります。高利貸しの代名詞がトイチ(10日間で1割)で、これは年利3000%に相当しますから、ほぼそれに匹敵する暴利です。逆にいえば、高利での借入に慣れたひとが納得できる絶妙な値付けになっているのでしょう(彼らはクレジットカードの一括払いではなくリボ払いや分割払いを使うでしょうから、実質借入金利はさらに高くなります)。

なにかをガマンするのではなく、いますぐ欲望を満たしたいひとを、経済学では「時間割引率が高い」といいます。逆に「時間割引率が低い」ひとは、いまの欲望をガマンして将来のために貯蓄します。時間割引率が高いか低いかは、遺伝的な影響が大きいことがわかっています。

4歳の子どもが、マシュマロをいますぐ食べるか、ガマンできるかを調べたアメリカの有名な実験があります。15分間ガマンすればマシュマロがもうひとつ手に入るのですが、それができた子どもは全体の3分の1しかいませんでした。実験に参加した子どもたちを追跡調査すると、マシュマロをガマンした子どもは大学進学適性試験(SAT)の成績が高く、社会的にも成功していることがわかりました。現代社会(知識社会)では、時間割引率が低いのは有利で、高いのは不利なのです。

オークションサイトの奇妙な取引は、私たちの社会には、子どもの頃にマシュマロをすぐに食べてしまったひとが思いのほかたくさんいることを示しているようです。

参考:ウォルター・ ミシェル『マシュマロ・テスト』

『週刊プレイボーイ』2017年5月29日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , パーマリンク

子どものときにすぐにマシュマロを食べてしまったら 週刊プレイボーイ連載(291)  への13件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    というより、このクレジットカードで街金より割高な現金を購入するというのは、

    多重債務者が返すあてのない借金を続けている

    だけの話ですな。

    メルカリは、
    「あなたも(リスクなしに)高利貸しになれる!」
    ことを示しただけの話です。

    かつて「ナニワ金融道」で灰原は
    ダイヤルQ2を使った
    リスクフリーの
    債権回収テクニックを
    考案しましたが、
    すぐにNTTに封じられてしまいました。

    結局「神の見えざる手」は強大で、
    おいしい話はすぐに食い尽くされて
    しまうのです。

  • Yuya のコメント:

    おいら的には、マシュマロは、そんなに好物ではないので、1個で十分かな。
    ⇒なので15分ガマンしないw

  • 尖沙咀 のコメント:

    乗車券や金券のうち、クレジットカードで決済できるものは、

    こういった多重債務者の「蜘蛛の糸」になりやすいですな。

    最近では、「Amazonギフト券」なんかがターゲットですね。

    これなら6%割引ぐらいで売れます。

    Amazonギフト券を引き受けてくれる
    方がいるならば、これがお勧めです。

    かつては有料道路などの回数券がこの目的で
    よく使われていましたが、脱税防止のために
    ETC化してほとんどなくなりました。

  • KJ のコメント:

    きわめて短絡的

  • 尖沙咀 のコメント:

    だから、人間が生物である以上、
    遺伝子に組み込まれた、

    「食料があればすぐにそれを食べろ」

    という本能を否定することができない。

    だけの話ですよ。

    たとえば、アジア・アフリカといった南の国では
    年中気温が高く、食料もふんだんにありました。

    この結果、食料腐敗のリスクがあるので
    「食料があればすぐにそれを食べろ」
    という本能を組み込まれた人間が生き残ってきました。

    逆に、ヨーロッパなどの白人が住んでいた
    寒冷地域では、

    冬になれば食料が欠乏するリスクがあるので、
    「食料があればあるていど備蓄しておけ」
    という知能を持った人間が生き残ってきました。

    こういった、地域や気候に依存する人間の特性をもって
    人種を区分することこそ、

    「レイシズム」

    そのものではないでしょうか?

    橘さんも、この問題に安易に首をつっこむのは、
    非常にリスクが高いことを申し添えておきます。

  • 匿名 のコメント:

    ベストなやりかたは、今一つ目を食べながら2つ目を得る方法を考えること。
    現実は実験やゲームのように二択とは限らないからね。

  • 真珠麿 のコメント:

    尖沙咀も匿名も貧乏人なのが、
    すぐにわかるな~w

    ゲームのルールを把握せず、
    自分勝手な解釈をして悦に入る
    是即ち貧乏人の法則

  • 尖沙咀 のコメント:

    >尖沙咀も匿名も貧乏人なのが、
    >すぐにわかるな~w

    私が貧乏人なのは
    「正解! 越後製菓」ですが、

    橘さんもこういう本を出しています。
    貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する (講談社+α文庫) 橘 玲 https://www.amazon.co.jp/dp/406281417X/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_6P4nzbJP84RXV

    形式的には貧乏に見せかけて、法人を利用し、
    合法的に国家から搾取する方法
    という本です。

    賢い人ほど、自分を貧乏に見せかけて、
    国家から収奪するというテクニック本です。
    ぜひこ一読を!!!

  • う。。 のコメント:

    落札した人が、それで何を買うのか分かりませんが、落札金額をポイントで支払えるのなら、2つの通貨でレートに開きが出たという話ではないかと思いました。
    ポイントやマイルで物が買えるなら、実質的に通貨なので、どうなるのかと思ってましたが、とうとうここまで来たかと。もしくは、やっと。

    いつか、円がポイントやマイルに負けたらおもしろいと思います。今回、通貨は信任なんだなと初めて実感しました。

    金持ちはビットコインで、庶民はポイント。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >金持ちはビットコインで、庶民はポイント。

    ビットコインでも各種ポイント(航空マイルから楽天ポイント、円天ポイント)まで、
    「信用創造」
    が無限に行われると、

    いつか破綻します。

    「信用創造」には、
    その担保が
    不可欠なのです。

    かつては、貨幣の価値を担保するのは
    「金=gold」

    でしたが、現在の「国家」の通貨の価値を
    担保するのは、

    「軍事力」です。

    ビットコインがブロックチェーンで
    その価値を担保するとしても、
    もし私が軍事担当者なら、

    高高度核爆発
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%AB%98%E5%BA%A6%E6%A0%B8%E7%88%86%E7%99%BA
    高高度核爆発(こうこうどかくばくはつ、High Altitude Nuclear Explosion, HANE)は、高層大気圏における核爆発。強力な電磁パルス(EMP)を攻撃手段として利用するものである。

    を利用して殲滅させることは十分に可能です。

    電子マネーも仮想通貨も、
    軍事力を持つ国家の手の上の

    「孫悟空」

    にすぎないのです。

  • う。。 のコメント:

    マシュマロの実験は、設計といい調査期間の長さといい、大変意義深いと思います。
    実施された時期を思えばなおさらだし、その後の実験心理学や行動学への影響や、それらの意義を社会的に理解させた功績もあると思います。

    ただ一方で、今読むと、単に家庭環境の差とも読めば読めますね?
    栄養状態の良い、ご飯がたりてる子と、裕福でない子では、マシュマロに対する惹かれ具合は違うだろうし。
    大人との約束が、いつも守られない子と、そうでない子では、他者への信頼形成が違って当たり前で、それが将来に影響しないわけがない。
    と、思ったりしますけど

  • 尖沙咀 のコメント:

    >実験に参加した子どもたちを追跡調査すると、マシュマロをガマンした子どもは大学進学適性試験(SAT)の成績が高く、社会的にも成功していることがわかりました。現代社会(知識社会)では、時間割引率が低いのは有利で、高いのは不利なのです。

    時間割引率が低いのは有利で、高いのは不利なのです

    が、人種差別(レイシズム)の言い訳に使われるリスクについて、
    どうお考えでしょうか???

    「我慢できる能力」というのが、

    厳しい冬を乗り越えなければならなかった
    民族の子孫である欧米先進国の白人に多く、

    亜熱帯~熱帯に住んでいて、バナナをもいで
    食べればよかった土人(あえてこの言葉を使います)
    に多い可能性は十分予想できますよね。

    もしこれに統計的に有意な差が認められれば、

    「差別」とは証拠によって合理的な説明ができないこと。」
    http://www.tachibana-akira.com/2016/08/7332

    の対偶である

    「合理的な説明ができれば、それは「差別」ではない。」

    も正しいことになり、

    様々な「差別発言」を助長しかねませんよ!!!

  • 薩摩和菓子 のコメント:

    時間割引率の高さよりも、現行の生活保護が「収入(銀行口座への振込)を得ると支給が同額減る」という仕組みなので、ポイントを振込ではなく郵送で換金したほうが得になるからではないでしょうか。
    つまり貧困救済政策による市場の歪み。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。