第67回 「海外居住で節税」の限界(橘玲の世界は損得勘定)


日本の税制は属地主義なので、日本国外に暮らすひと(非居住者)が海外で保有する財産を贈与・相続しても原則として課税されない。課税権が居住国にあるのだから当然ともいえるが、贈与税や相続税のない国が存在するとやっかいな問題を引き起こす。理屈のうえでは、国外で莫大な財産を受け取っても一銭も税金を払わない、ということが起こりうるからだ。

2011年2月、これがたんなる理屈でないことが示された。消費者金融大手の武富士創業者(故人)の長男が当時住んでいた香港で、海外居住者として約1330億円の生前贈与を受けた。この贈与に対して最高裁が課税を取り消し、延滞税に還付加算金を加えた総額2000億円を還付するよう命じたのだ。この判決が大きく報じられたことで、非居住者を使った相続税回避の方法が富裕層のあいだで広く知られるようになった。

しかし皮肉なことに、この「武富士事件」を機に、「海外で暮らせば税金がタダになる」というウマい話はなくなった。それまでは子どもが非居住者になればよかっただけだが、法改正によって、贈与者(被相続人)と受贈者(相続人)がともに5年を超えて海外に住むことが条件とされたのだ。

親の財産を無税で受け取るために1年ちょっと外国で暮らすだけなら、ハードルはさほど高くない。しかし親子ともども5年以上では、家族での海外移住を決意しなければならない。日本でのこれまでの仕事や生活をすべて失うことになるから、かなりの資産家でなければこんなことをやろうと思わないだろう。

ところが、この「5年シバリ」でも多くの富裕層が海外に資産を移して家族で移住したらしい。こうして税法がふたたび改正され、4月から非居住者の期間が10年に延長された。これによって、5年たったら財産を子どもに贈与して日本に戻ってこようと思っていたひとたちは、さらに5年間、慣れない外国暮らしをつづけるか、帰国して課税対象者に戻るかを決断しなければならなくなった。

あとすこしで5年というひとは大きなショックを受けているだろうが、きびしいようだが、これは自己責任だ。国家は立法権を持っているのだから、5年のものを10年や20年に延ばすのは自由だ。海外居住で節税したい富裕層は少数で、政治的にはほとんど無力だから、法改正を食い止める方途はない。そう考えれば、「5年で税金がタダになる」と考えること自体が間違っていたのだ。

徴税は国家が行使する“暴力”なのだから、そこから逃れようとしたら、それなりの覚悟が必要だ。だとしたら、どうすればよかったのだろうか。

本気で日本国に税金を払わないと決めたなら(それは個人の自由だ)、外国籍を取得して日本国籍を放棄すべきだった。外国人(親)が国外に保有する資産を外国人(子)に贈与したとしても、(いまのところ)日本国はそれに課税することはできない。そんなことまでする気はない? だったら住み慣れた日本に暮らし、決められた税を納めた方がずっといいだろう。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.67『日経ヴェリタス』2017年4月30日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

12件のコメント

  1. もう一歩進んで、

    「海外に法人を作って
    それで運用する」

    という方法は取れないでしょうか?

    外国の法人には、日本国はそれに課税することはできないわけで、
    その法人をPTとして活用できれば、問題は解決しそうですが・・・

  2. ネコひろしなんか見てるとサクっと国籍移しちゃうのもアリかも知れない気がする
    ネコひろしが100億持ってて子供がカンボジア籍だったとしたら、もう税金取れないのかな?

  3. 当然国籍を離脱すべきですよね。逆に国家はそれを止められない。ヨーロッパなんて金持ちはみんなそんな感じですよね。それが当たり前に出来て初めて節税といえるのだと思います。

  4. >本気で日本国に税金を払わないと決めたなら(それは個人の自由だ)、外国籍を取得して日本国籍を放棄すべきだった。外国人(親)が国外に保有する資産を外国人(子)に贈与したとしても、(いまのところ)日本国はそれに課税することはできない。そんなことまでする気はない? だったら住み慣れた日本に暮らし、決められた税を納めた方がずっといいだろう。

    ユダヤ人のように、「流浪の民」として生きていく覚悟がなければ、
    素直に「日本国」に税金を払って生きていったほうが良いという話でしょ。

    現在、ヨーロッパに流れ込んでいるアラブ系の民族に対して、
    ホロコーストまがいの差別が行われないとも限りませんよ。

    アメリカのトランプ大統領、イギリスのEU離脱、フランスのルペン候補の躍進
    など、世界はむしろ民族主義を肯定するように動いています。

    そんな中で、
    「税金を払いたくない」
    という理由だけで、

    「国籍を離脱する」のは

    リスクが高すぎる!!!
    のです。

  5. 既視感を、覚えました

    最近の副島本かホリエ本か?!

    N層からの対応施策に詳しいような

  6. 橘さんは金投資に批判的なようですが、
    金現物なら国家から隠れて相続するという利点はあるのでは?w

  7. >橘さんは金投資に批判的なようですが、
    >金現物なら国家から隠れて相続するという利点はあるのでは?w

    たとえば100億円の資産がある人だと、金現物なら
    2tになるわけで、保管管理や移動のことをかんがえると、
    国家から隠れて保持すること自体が不可能ですよ。

    ちなみに金は地球の核部分には大量に含まれている可能性があります。

     地球のマントルと地殻に貴金属が存在する事実を科学的に説明することは、実はそれほど容易ではない。貴金属は地球の核を構成する鉄と結び付きやすい性質を持っているからだ。

     およそ45億年前、誕生した直後の地球はマグマの塊であった。冷えるにつれて、密度の高い物質が中心に向かって沈み込んで行き、最終的には鉄を主成分とする核が形成された。この過程で、原始地球のマグマに含まれていた親鉄元素(鉄との親和性が高い元素)も核へと移動したはずである。

     実際、初期の地球とほぼ同一組成と考えられる隕石を分析した結果、現在の地球の核には相当量の金が含まれていると推定されている。仮に地球表面を覆うと、厚さは4メートルにも達するという。

  8. 若い方ほど、早く奴隷から解放されるべきだけど
    そのためのヒントは橘さんが羽根と呼んで
    Here, there, everywhere

  9. うーん良い線に行ってるが…少し違う

    橘玲、北野武、近所の兄ちゃんはいい汗かいてる
    初めにバチっとブスと不都合な真実を投げかける

    すると、投げかけられたブスは気持ちいい~って
    なぜか笑ってやがるんよ‥ 不思議の世界が輝き
    もてる黄金比を先輩から公開してもらえってこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。