「ヘンなひと」を黙らせるエポックメイキングな事件 週刊プレイボーイ連載(280)


歴史にはエポックメイキングな事件というものがあります。

日本経済の変調が明らかになった1990年代はもちろん、2000年代になっても、年功序列・終身雇用の日本的雇用制度が日本人(男性サラリーマンだけですが)を幸福にしているとして、成果報酬などグローバルスタンダードの働き方を導入しようとするたびに「雇用破壊」と大騒ぎするひとたちがたくさんいました。じつはさまざまな国際調査で、日本人は会社に対する信頼度がもっとも低く、サラリーマンは会社を憎んでいるということが明らかになっていますが、こうした不都合な事実もすべて無視されてきました。

ところが2007年の世界金融危機後、「正社員になれなければ人生は終わり」というメディアのプロパガンダを利用してブラック企業が台頭し、サービス残業によって若者を最低賃金以下の給与で酷使するようになると、ようやく風向きが変わりはじめました。そして決定的なのは、大手広告代理店の新人女性が長時間労働とパワハラによって過労自殺した事件でしょう。これによって日本的な会社がいかにグロテスクな労働環境かが白日の下にさらされ、「正社員は幸福」という会社原理主義が土台から崩壊したのです。「グローバリズムが雇用を破壊する」と罵声を浴びせていたひとたちは、いまや「日本の会社はけしからん」と叫んでいます。

同じような価値観の転換は、経営側でも起きています。

かつては、株主を会社の所有者とするアメリカ型の会社統治(コーポレートガバナンス)は「強欲資本主義」と呼ばれ、株主だけでなく従業員や地域経済にも配慮し、長期的な成長を目指す「日本的経営」を破壊するものとして蛇蝎のごとく嫌われていました。

ところが2000年代になって、短期的利益しか追求していないはずのアメリカ経済が長期的に成長し、日本経済が長期的に衰退しているという不都合な事実を覆い隠すことができなくなってきました。アップルやグーグルといった新興企業が天を駆けるように成長するのを指をくわえて眺めているだけならまだしも、サムスンや鴻海といった、かつては歯牙にもかけなかったアジアの企業にも追い抜かれるようになって、日本的経営の神話に暗い影が差してきます。

そしていま、日本を代表するエスタブリッシュメントで、歴代の経団連会長を輩出した東芝が巨額損失によって解体の危機に瀕しています。

2015年に発覚した粉飾決算では、大胆なリストラをしようとすると各部門が抵抗し、過去の不祥事を表に出すと名誉職に就いているOBが騒ぐので、経営陣はなにもかも穏便に抑えようとして身動きがとれなくなる「病巣」が指摘されました。今回は、7000億円もの損失を、原子力事業担当の会長が報告するまで誰も気づかないという信じがたい「ガバナンスの不在」が明らかになりました。

日本の会社は「正社員の共同体」で、サラリーマンの勝ち組である経営陣の既得権に触れることは最大のタブーでした。その経営者が実は会社を「統治」などしていないことを暴いたエポックメイキングな事件によって、「素晴らしき日本的経営を守れ」と叫ぶヘンなひとたちもようやくいなくなることでしょう。

『週刊プレイボーイ』2017年3月6日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: パーマリンク

「ヘンなひと」を黙らせるエポックメイキングな事件 週刊プレイボーイ連載(280) への17件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    >日本の会社は「正社員の共同体」で、サラリーマンの勝ち組である経営陣の既得権に触れることは最大のタブーでした。その経営者が実は会社を「統治」などしていないことを暴いたエポックメイキングな事件によって、「素晴らしき日本的経営を守れ」と叫ぶヘンなひとたちもようやくいなくなることでしょう。

    だから、普通のサラリーマンが独立し、税金や年金や国民健康保険などの手配をいきなり自前でやらない
    といけないことへの負担がバカにならないから、そうなっているだけの話なのです。

    意外に思われるかもしれませんが、自営業者というのは、税金や年金や国民健康保険など
    への考察が欠けていると、まず潰れます。うまく行っている自営業者はそれへのテクニックが
    必要不可欠なのです。

    翻って、税金や年金や国民健康保険などへの教育(いかにしてこれらのコストを抑えるか)が
    学校でされることはまずありません。

    自然科学の世界では、光電効果(ある一定のエネルギーをもった光でないと効果がない)とか
    活性化エネルギー(反応の出発物質の基底状態から遷移状態に励起するのに必要なエネルギーが
    ないと反応が起こらない)という概念があります。

    これと同様に、普通のサラリーマンが自営業者に転身するための障壁が(とくに日本では)大きい
    からこそ、社会がそうなっているだけの話ですよ。

    ナッシュ均衡は必ずしもパレート効率的ではない。その代表例が囚人のジレンマなのです。

  • KJ のコメント:

    インスタント教祖
    頭を狂わせる方法を開発すれば教祖を量産できる。
    これが経済問題の解決法である。

  • 論屋 のコメント:

    >短期的利益しか追求していないはずのアメリカ経済が長期的に成長し、日本経済が長期的に衰退しているという不都合な事実
    そりゃUSAのコア生産年齢人口は増え続けてますから。人口増えてる国は多少のポカをやらかしても経済成長するもんです。
    日本は世界最悪の人口減少のなかでよくもってるほうです。
    >「素晴らしき日本的経営を守れ」と叫ぶヘンなひとたちもようやくいなくなる
    日本的経営は素晴らしくない。全く素晴らしくない。正直最悪と言ってもいい。しかし、代案として出てくる「日本的経営にかわる形態」がこれまた最悪に最悪を重ねたようなものばっかりです。ネオリベ(本来金融資産10億円以上持ってる層のための思想)的なものばっかで、これなら変えないほうがいいんじゃない?
    >ナッシュ均衡は必ずしもパレート効率的ではない。
    まったくその通りなのですが一瞥しただけではその二つの区分は難しいのでは(大抵の人は一瞥しかしない)

  • 永遠の旅行者master のコメント:

    >尖沙咀さん

    >意外に思われるかもしれませんが、自営業者というのは、税金や年金や国民健康保険など
    への考察が欠けていると、まず潰れます。うまく行っている自営業者はそれへのテクニックが
    必要不可欠なのです。

    貴殿が、人生版の「得する生活」が欲しいと仰ってたので、
    私なりに、「得する生活」へ至る道がどこにあるか、回答させてください。

    税金、年金、国保(社保)をコントロールするテクニックは、
    私の場合、橘さんの「貧乏はお金持ち」で学んだ後、
    ファイナンシャルプランナー(2級)の資格を取って、
    それから自分で試行錯誤して、今の水準まで上げました。
    (法人を使いこなすと、人生変わるのは本当でした)

    自営業なら当然、「稼ぐ力」は必須ですが、
    職業によって、自営業者になりやすいものがあるようです。
    フリーランスになるのは、組織に属さない分、自分の都合への融通が利く一方、
    「仕事を取ってくる」努力は必要になると思います。

    投資家として成功したいなら、「市場の歪み」を見つけることが、
    昔も今も王道だと思います。

    株式市場もそうですが、不動産市場も十分にいかがわしい世界。
    でも、どちらも、新規参入は可能だと私は信じてます。
    (もっとも、不動産の場合、物件を見始めてから3年ぐらい経たないと、
     最初の物件を購入できないっていうのは、よく言われる話です)

    黄金の羽根は、そこらじゅうに落ちているけど、
    拾うためには、眼力や経験、テクニックなどが必要でしょう、
    だからこそ、拾われるまでいつまでも落ちているのです。

    ちなみに、物件は、100件検索して、1件買えればいい方です。

    >論屋さん

    >日本は世界最悪の人口減少のなかでよくもってるほうです。

    日本は、「投資」で食っている国に変わってきてますね。
    もっとも、GDPを人口で割ると、
    一人あたりの豊かさは、豊かな欧州の国に及びませんが。。。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >黄金の羽根は、そこらじゅうに落ちているけど、
    > 拾うためには、眼力や経験、テクニックなどが必要でしょう、
    > だからこそ、拾われるまでいつまでも落ちているのです。

    >ちなみに、物件は、100件検索して、1件買えればいい方です。

    当地福岡では、有名ラーメン店で働く若い人をよくみかけます。
    もちろん将来には独立をめざしているのでしょう。

    インバウンド消費の拡大に伴い、ラーメン店も景気が良いようですが、

    自分の子どもに
    これからはラーメン店だ!!!
    というのはちょっと・・・ですな。

    というのは、こういう分野は
    まさに「レッドオーシャン」
    そのものだからです。

    一風堂とか山小屋、桂花、味千ラーメンといった、
    地元ラーメン店が海外進出して
    やっているところは多数ありますが、
    海外だからこそ、やっぱり「のれん」の強さは
    否定できないですな。

    有名ラーメン店よりおいしい、個人営業の
    ラーメン店は実はたくさんありますが、
    それらの店が有名店より稼いでいるとは
    いえないのが現実です。

    だから、いかに腕に自信があろうとも、
    自営業を始めるのはハイリスクですよ。

  • 論屋 のコメント:

    尖沙咀 さん
    おっしゃる通り自営業というのはノウハウの塊ですよ。
    >まさに「レッドオーシャン」
    新規開業の飲食店が5年後残ってる確率は20%。
    昔は個人営業の店でも「孤独のグルメ」に出てくるようなところから「どうやったらここまでまずくできるんだ?」という店までいろいろありました。
    吉野屋すきやココ壱マクドにガストジョイフルに押されて消えていきました。
    やっぱりみんなハズレはひきたくないのね~

    永遠の旅行者masterさん
    >日本は、「投資」で食っている国に変わってきてますね。
    収支みるとそうでしょうね。
    問題は投資先(国・分野)で、あんまり国内や国の将来には還元されていないなあ…

    >でも、どちらも、新規参入は可能だと私は信じてます。
    可能でしょうかね?私は何とも言えないところですが…
    >ちなみに、物件は、100件検索して、1件買えればいい方です。
    不動産屋をあまりガラのよくない言い方をすれば「センミツヤ」(1000のうち3つ成約すればいい商売)となるわけです。でもそのリスク(100件検索しても1件もヒットしないリスク)に大抵の個人は耐えられないと私は考えるのです。
     
    自営業者になれ!といいますが、手間も含めて実際大変ですよ。
    みんな自立した社会、というのは理想ではあるとわかっちゃいますが。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >昔は個人営業の店でも「孤独のグルメ」に出てくるようなところから「どうやったらここまでまずくできるんだ?」という店までいろいろありました。
    >吉野屋すきやココ壱マクドにガストジョイフルに押されて消えていきました。
    >やっぱりみんなハズレはひきたくないのね~

    そんな中で、注目してほしいのが、
    「ランチパスポート」
    http://lunchpassport.com/

    です。これは全国にある飲食店のうち、
    ランチを定額(500円~)で提供してくれるサービス本
    ですが、
    ランチだけでなく、土日や終日サービスしてくれる
    店もあってオススメです。

    事実私は外食はほとんどコレになりました。

    500円ならマズくても納得できるし、

    これが500円で!!!
    という店に出会うと大変気分が良くなること
    間違いなし!!!

    この例が示すように、
    店側、消費者、そしてそれをつなぐ情報提供者が
    WinWinWin になることがある場合を示してくれた
    良い事例だと思います。

    この中で一番賢いのは、情報提供者すなわち
    ランチパスポートを企画した出版社ですが、
    そういった開拓の余地は社会にまだあるのです。

  • バファナバファナ のコメント:

    「実親・養親ともに犯罪歴がない場合に子供が有罪判決を受ける割合は13%、養親に犯罪歴がある場合に子供が有罪判決を受ける割合は14%だが、実親に犯罪歴がある場合に子供が有罪判決を受ける割合は20%にもなる」などと荒唐無稽な(13%以上もの人が有罪判決を受けるなどということは、ヨハネスブルグでもない限り常識的に考えてありえない)ことを書いて犯罪者の家族への差別を煽る橘氏は、黒人やヒスパニックへの差別を煽るトランプ大統領と同レベルだと思うのだが?

    橘氏には、鈴木伸元著『加害者家族』(幻冬舎新書)をよく読んで、犯罪者の家族がどれほどの地獄を味わっているか知ってほしいものだ。

  • 補助金で食う企業から政府外郭団体へ出向してた元社員 のコメント:

    TOOSHIBAだけじゃない、膿を出し切ったほうがいい、日本!
    自国でやれなきゃ情報を持つアメリカが、圧力掛けてくるだけ
    また、地検特捜部が動き、田中角栄やホリエモンの次をつくる

  • 永遠の旅行者master のコメント:

    >論屋さん、尖沙咀さん

    いろんなコメント有難うございました。

    ランチパスポートは、いろんなお店の情報が入手できるので、いいですねー。
    仙台版もありますよ。

    で、自営業になるのがハイリスクなのは、
    自営業者でもある私も痛感してますよ。
    会社設立してから、今年で4年目ですが、なんとか今まで食いつないできた状態です。

    私も人生で2度のリストラを食らってなければなあ、、、(遠い目)

    私は、マイクロ法人のオーナーとして、
    そして投資家として生きてゆけという、天の啓示なのでしょう(笑)

    「センミツヤ」なんて、賃貸物件の購入に関しては、もはや、そんな状態ですよ。
    数限られたアパートを、現金を余した投資家同士で食い争ってる状態で、
    アパートの購入価格は高騰する一方、、、

    おまけに、築古アパートは分譲業者が買って、
    土地を2区画に(場合によっては3区画以上に)割って、
    新築を2棟(場合によってはそれ以上に)建てて販売するので、
    私の狙い目のアパートも、どんどん食われてます(泣)

    残ったのは、駐車場の確保が難しいアパートばかり、、、

    株も不動産も、リーマンショックのような経済危機の直後が、
    一番、バーゲンセールになるようですね。
    好景気の間に、現金を貯め込み、不景気で資産を買い叩くのは、
    正しい戦略でしょうね。

    因みに、ラーメン屋の件ですが、
    福岡って、屋台のラーメン屋が夜に軒を並べ、
    その横でストリートミュージシャンが歌ってたりするので、
    登竜門のような文化がありますね。

    で、比較的自営業で成功しやすいのは、接骨院かパン屋って思ってますけど、
    これから先は、接骨院は供給多寡になりそうだなあ。。。

  • KJ のコメント:

    分裂を統合していくこと ラーメン食べながらカレーを求めないこと

  • KJ のコメント:

    インテルのシールこれも気に食わんから 全部パソコンからはがせ

  • KJ のコメント:

    はがしたらPCが汚れたけど、もうあのマークを見ないで済むわけだ。

  • 投合室長 のコメント:

    KJさんは統合失調症(精神分裂病)の治療はなさっていますか?

    以前は精神分裂病といえば不治の病と考えられていましたが、

    いまはよい薬があるので、薬で病気を抑えながら十分社会復帰できますよ!!!
    寛解状態であれば、普通の人とかわりありません。

    そのためには、医師とよく相談して、薬のさじ加減
    を調整していってくださいね。

  • スイッチ のコメント:

    よく「激動の」とか「変わりゆく」などの言葉で表される「日本経済」を目にしますが、
    今回の記事のような「アップル・グーグル」「東芝・管理銘柄」また先日の「ソフトバンク孫氏とトランプとの会談」などの具体的な企業名で見れば、今日本で世界で起きている変化を感じやすいですね。
    その中で今回の東芝は象徴のように感じます。

  • ヘンな人 のコメント:

    彼らがいなくなることはないのでは

    彼らが非難されるのは負けたからです
    勝っていれば官軍です

  • ばっかーんな日本人 のコメント:

    東芝にしろ、日本の理系企業は

    優秀な人材を無駄にしすぎ

    君は、行きたいのか

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。