第65回 医療費増の先に安楽死法制化?(橘玲の世界は損得勘定)


月刊『文藝春秋』2016年12月号に掲載された「私は安楽死で逝きたい」で、脚本家の橋田寿賀子さんは、認知症の兆しがあればスイスで最期を迎えたいと語る。欧米ではオランダ、ベルギー、ルクセンブルクなどで安楽死が合法化されているが、いずれも自国民にしか認めていない。それに対してスイスでは、外国人でも不治の病の末期であれば自殺幇助団体に登録できる。費用は7000ドル(約80万円)で、現在は60カ国5500人が登録しているという。――ただし、認知症の初期症状では安楽死は認められないだろう。

2014年1月8日のAFPは、「ベルギー最高齢アスリートが安楽死、シャンパンで乾杯して旅立つ」との記事を掲載した。高齢者欧州選手権などで優勝したエミール・パウウェルスさん(95)は、末期の胃がんのため安楽死を希望し、「友人全員に囲まれて、シャンパンと共に逝くのが嫌だなんて人がいるかい?」と述べた。

ひるがえって、日本はどうだろう。橋田さんが嘆くように日本では安楽死の法制化は遅々として進まず、縊死や墜落死、一酸化炭素中毒死などのむごたらしい死を強いられている。

しかしこれは、日本人が安楽死を拒んでいるからではない。朝日新聞が行なった死生観についての世論調査(2010年11月4日朝刊)では、安楽死を「選びたい」が70%、「選びたくない」が22%、安楽死の法制化に「賛成」が74%、「反対」が18%という結果が出ている。キリスト教では自殺は神に対する冒瀆だが、切腹や心中が文化的に容認されてきた日本では安楽死のハードルは高くはないのだ。

それにもかかわらず、なぜ法制化が一向に進まないのか。それは、情緒的な日本人が「自分の人生は自分で決める」という自己決定権に馴染まず、自分の死を家族や医者に決めてもらいたいと思っているからだろう。だが、いつまでも不愉快な現実から目を背けているわけにはいかない。

日本はこれから人類史上未曾有の超高齢化時代を迎え、2020年には人口の3分の1、50年には約4割を65歳以上が占める。どこの家にも寝たきりや認知症の老人がいるのが当たり前の社会が間違いなくやってくる。

それにともなって、高齢者の医療費が社会保障費を膨張させ、日本の財政を破綻させるシナリオが現実のものになってきた。2030年には、社会保障給付はいまより30兆円増えて170兆円に達し、後期高齢者医療費は約1.5倍の21兆円に達する公算が大きいという。

この巨額の支出を賄うことができなければ、いずれ高齢者の安楽死が国家主導で進められるかもしれない。そんな事態になる前に、国民が自らの意思で「自分の人生を終わらせる」ルールをつくるべきだろうが、話題になるのはエンディングノートや遺言の書き方、戒名を自分でつける方法などの「終活」ばかりだ。そしてひとびとは、お上が「まわりの迷惑にならないよう」いかに死ぬかを決めてくれるのをひたすら待ちつづけているのだろう。

参考:みんなの介護ニュース「【橘玲氏 特別寄稿】日本人の7割以上が安楽死に賛成しているのに、法律で認められない理由とは?」

橘玲の世界は損得勘定 Vol.65『日経ヴェリタス』2017年2月5日号掲載
禁・無断転載

 

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 タグ: , パーマリンク

第65回 医療費増の先に安楽死法制化?(橘玲の世界は損得勘定) への15件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    だから、マクロな問題(医療費とか税金の話)と、

    各個人がどういう死生観(人間いかに終末を迎えるか)というミクロな問題

    がごっちゃになっているから、いろいろモメるのです。

    具体的な例をあげると、昔のクイズダービーの出演者と司会者
    (はらたいら、篠沢教授(存命)、そして大橋巨泉)の例でいうと、

    はらたいら;
    2006年11月10日、肝臓癌により、埼玉県富士見市の病院で死去。63歳没。
    はらの妻・ちず子が葬儀後に語ったところによると、はら自身は亡くなる前、医師の忠告を無視して酒を飲み続けた末の63歳の死について「不服はない。本望だ」と言っていたという。

    篠沢教授(存命)
    2009年2月より筋萎縮性側索硬化症(ALS)と闘病中であることを週刊朝日(2010年1月15日号)に告白。同年4月からは気管切開を行い呼吸器をつけている。

    大橋巨泉
    何度もガンの摘出手術をうけ、闘病生活を続けていたが、2016年7月12日午後9時29分、急性呼吸不全のため、入院先の千葉県の病院で死去した。82歳没。

    終末の迎え方として、一見かっこいいのは「はらたいら」ですが、

    橘さんが提唱している、PTによる自己実現を成し遂げたかと思われた
    大橋巨泉が結局生に執着し、壮絶な闘病生活の末、亡くなりました。

    篠沢教授は声を失ってからも、日本文化チャンネル桜「桜塾講座-篠沢講座」 から抽出の
    約15分の講演音声から作った、自身の声を再現する音声合成装置、
    自分の声ソフトウェアPOLLUXSTARを用いていて発言をつづけています。

    私としては、
    一見かっこ悪いように見える篠沢教授のありかたこそ
    を選択するべきではと思いますけど。

    福本伸行の「天-天和通りの快男児-18」
    https://www.amazon.co.jp/天-天和通りの快男児-18-福本-伸行-ebook/dp/B00DU5L02E/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1487123827&sr=8-1&keywords=%E5%A4%A9%EF%BC%8D%E5%A4%A9%E5%92%8C%E9%80%9A%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%BF%AB%E7%94%B7%E5%85%90%E3%80%8018

    では「麻雀マンガ」にもかかわらず、この問題を扱っています。ぜひご一読を。

  • 論屋 のコメント:

    福本伸行なら私は銀と金を名作に挙げますね。「ヤツはカネより命を上に置いている」といって仲間とするに信用するのは名シーンですよ。

    私は尖沙咀さんのように常連ではなく、橘先生がヘンなこといったとき「あれ〜?あなたはリバタリアンじゃなかったの〜?」とイチビル程度ですが、今回のはひどい。

    日本は借金で破綻する!の次は医療費増えすぎ問題ですか。真実が不愉快だからといって、不愉快なことが真実ではないんですよ。
    増えるっても医療費なんて大したことないじゃん。4年後の真夏に国際バカ祭りと関連イベントやれるくらい余裕だし。税金の無駄遣いは老人や障害者じゃないよね……。社会的負担を軽くするなら老人に安楽死させるより、核かなんかで世の中丸ごと焼き払ったほうが正解です。
    橘先生は差別(正規非正規の身分差別)を許さないそうですから、丸ごとすべて平等にぶち壊すことには賛成いただけるでしょう。

  • ken のコメント:

    今回は100%橘氏の主張に賛成。

    自由が選択肢の数を意味するなら、自ら人生を終わらせる自由は保障されるべき。

  • KJ のコメント:

    個々の小規模な集団が相互防衛協定を結ぶ、条約機構のような形が理想国家である。

  • 大岩四丁目 のコメント:

    現実問題として、マッタ無しだと思います。リベラルの人達の言う命の尊厳
    とかは、超ジジババ社会の中で垢や糞尿まみれになって見る影も無くなり、
    逆に人々を縛る強迫観念となって多くの人を後戻りのできない不幸のドン底
    へ叩き込むだけになる。共産主義の理想が狂暴なモンスターだったように。

    私自身、悲惨な死に目が明らかになった時、安楽死を望みたい。現実的に言
    って、命は命以外のモノではない。生まれたら死ぬのが命だ。命の意味なん
    て、人間の心が後づけしているだけだ。だから、安楽死を望む人がいるなら、
    彼等がそれを選択する自由を認めなければならない。植物同然になったとし
    ても生きたいと思う人は、テメエのお金を使うならそうすることは自由だ。

    しかし、ムラ社会のジミンと似非リベラルのミンシ等々の永田町、天下りに
    その超優秀な能力の90%を使うという霞が関、棚ボタ民主主義の日本国民と、
    まあ、予め法制定することは出来ないと思う。本土決戦を覚悟した焼け野原
    になるまで何も決まらないと思う。

    北朝鮮のいいクスリを手に入れておきたいな。

  • YOSHI のコメント:

    精神科医に、「君の病は治ることはない。上手く諦めて生きて行きなさい」と言われた鬱病患者です。以前にも橘先生のサイトにコメントさせてもらいましたが、あれからずっと自殺願望を抱えながら生き続けています。
    今回のテーマは高齢者の問題ですが、私のような年齢でも(40代)、何の希望もない人生を延々と生きて行かなければならないことは、絶望以外の何物でもありません。
    まず、不治の病に苦しむ高齢者の安楽死が認められ、のちにそれが下の世代にも波及し、そして精神的な理由での安楽死が認められる日を望んでおります。

  • 筋金入りの粘着ストーカー のコメント:

    >増えるっても医療費なんて大したことないじゃん
    基本的には現状に対する危機意識がないのだと思う。
    お上が乗り出してくる前に、大事なことは自分たちで決めよう、という話です。
    「何が問題なのかわかっていない人には、問題を解決できるはずがない」のだが、少しでも経験した問題には対応できるが、経験したことのない問題には、思考が働かないのだろう。

  • KJ のコメント:

    学校のなかで集団徒党行為や それをバックにしたからかいを放置すれば
    やがてわれわれは弱くなっていき 魂まで失ってしまうだろう

  • 匿名 のコメント:

    少子高齢化問題で、少子化の解決が難しいなら、現実問題として高齢化を解決するしかないですよね
    ロボットやAI、薬学が飛躍的に進歩して、非常に安く、医療や看護、介護ができたりしないかぎりは

    それに、昔は老人はちょっとした病気が治療できず、今よりも長時間苦しまずに死んでいたことを考えると、苦しむ前に死ぬことが出来る制度は倫理的にも大きな問題があるわけではないと思います。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >それに、昔は老人はちょっとした病気が治療できず、今よりも長時間苦しまずに死んでいたことを考えると、
    >苦しむ前に死ぬことが出来る制度は倫理的にも大きな問題があるわけではないと思います。

    もっとグロテスクな未来は、
    ITや記憶容量、ニューラルネットワークの進化によって、自分の脳や意識がコピーできるようになって、コンピュータ上に人間の人格のコピーが再現できるようになれば、

    銀河鉄道999の「星野哲郎」が欲した「機械の体」を持てるようになるのです。

    そうなれば、いつか滅びる「肉体」を持つ必要はなくなり、
    コンピュータ上にある電気信号こそが「人間の意識」というわけです。

    マルティン・ハイデッガーによって提唱された哲学の概念である「投企」は、

    自分の意識をコンピュータにコピーすることであり、
    その結果不要となる「肉体」を「投棄」することになるのです。

  • ヨックタイ のコメント:

    経済観点から、安楽死法制化・・・
    確かに、一理あるかもしれません。

    このあいだ知り合いの100歳のおばあさんが、とんでもなく高額なリウマチの注射を毎週打つようにといっぱい持っておられました。

    たしかに、こんなことがずっと続くとは思えません。

    〇 提案

    ① 安楽死法制化 
      自宅での死に方、死亡診断書は”自殺”になるの?(統計上自殺がとんでもなく増える)などの問題はありそうですが、医療費は下がると思います。

    ② 健康保険2階建て
      先の100歳のおばあちゃんのような高額医療を分類し、このような高額医療を受ける方は現行の保険に上乗せした健康保険料を支払ってもらうようにすればどうでしょうか。
      ベーシカルな医療は現行の保険で賄えるという前提のもとで。

    ③ 混合医療
      高い医療は自費で!という形。

  • 筋銀入りの漿着ストーカー のコメント:

    >ベーシカル
    形容詞を更に形容詞化したかったのか

  • 匿名 のコメント:

    橘氏の過去の記事にあったように人生を終わらせたい人二対して安楽死(後遺症の心配をする事のない自殺)という手段を提供するのが個人の自己決定権とQOLを追求するこれからの福祉国家の姿なのではないでしょうか
    現状では最も進んだ国々ですら年齢や病状などの差別があるのは残念な限りです
    ましてや人権後進国の日本では…

  • 一日本人 のコメント:

    なろうと思えば~ 弁護士になれる

    やろかと思えば~ 金融王でもなれる

    そんな知識もった橘玲に、私はなりたい

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。