文科省の天下りスキャンダルはすぐに消えていく 週刊プレイボーイ連載(277)


トランプ新大統領が引き起こす混乱はいまだ収まる気配がありませんが、今回のテーマは文部科学省による天下りの斡旋です。なぜかというと、いまはたくさんにひとが怒っていますが、この話題はすぐに消えていく運命にあるからです。

すでに報じられているように、文科省の人事課は、OB団体が天下りを組織的に斡旋する手の込んだシステムを構築し、それを隠蔽するウソの説明の想定問答までつくっていました。「学の独立」を高らかに掲げる私立大学の雄が、文科省の指示に従って再就職等監視委員会の調査で口裏を合わせていたことも暴露され、教育行政に対する信用は大きく失墜しました。――この私立大学はなぜか「被害者」の立場に収まっていますが、ふつうは違法行為の幇助というのでしょう。

不思議なのは、文科省をきびしく批判するマスメディアが、どうすれば天下りを根絶できるかを説明しないことです。

ピラミッド型の組織は、その構造上、昇進にともなって余剰人員を減らしていかなくては成り立ちません。ところが日本の企業や官庁は入社時に終身雇用を約束して、その対価として組織への忠誠を求めます。ちょっと考えればわかるように、もともとこれは両立不可能です。

高度経済成長の時代は、大企業は子会社や取引先に中高年の社員を押しつけてこの矛盾を糊塗してきましたが、市場の縮小と業績悪化でそんな余裕はなくなり、日本を代表する一流企業にまで「追い出し部屋」が蔓延しました。それにともなって、官僚の天下りに冷たい視線が集まるようになったのです。

日本の官庁は、入社年次を「同期」として、「昇進は年次が上の同期を越えない」というきわめて特殊なルールで運営されています。この人事制度では、ピラミッドの頂点に立つ事務次官が決まれば、同期はすべて省を去らなければなりません。ということは、課長くらいまでは平等に昇進しても、40代半ばからは徐々に人員を間引いていく必要があります。しかし彼らも「終身雇用」なのですから、省庁の人事課のもっとも重要な仕事は退職者の職探しになるのです。

天下りの根絶に最初に取り組んだのは小泉政権で、官僚が民間企業に転職し、民間企業からも官庁幹部に登用するアメリカ型の「リボルビング(回転)ドア」を目指しました。この抜本改革が頓挫したのは、民間企業も終身雇用の中高年社員の処遇に困り果てており、50代の「元高級官僚」の席など、よほどのお土産をつけなければ用意できるはずがなかったからです。

2013年に前事務次官がOBの再就職の口利きをした問題が発覚した国土交通省では、その年の退職者がこぞってハローワークに登録したものの、「そんな職はない」と断れるというマンガのような事態も起きたとのことです。自分で再就職できないのなら、組織が面倒をみるほかありません。

こうして、官僚制度を維持するには天下りは仕方がないという暗黙の了解が生まれました。文科省が批判されたのは、そのやり方があまりに露骨だったからです。

原理的に解決不可能な問題を議論しても意味がありません。だから今回も、ちょっと騒いで、あとは見て見ぬ振りをすることになるでしょう。

参考:朝日新聞2012年2月2日朝刊「翌日には再就職1割」

『週刊プレイボーイ』2017年2月13日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , パーマリンク

文科省の天下りスキャンダルはすぐに消えていく 週刊プレイボーイ連載(277) への13件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    文科省に限らず、一流会社に限らず、出世競争に敗れた人材を
    子会社や取引先(文科省の場合は許認可のある私大)に押し付ける
    ことはずっと行われてきました。

    言ってしまえば、そういう押し付け先が多い組織こそが
    一流なのです。
    財務省→銀行などの金融
    経産省→企業
    国交省→土建屋
    であるように、押し付け先がたくさんあるからこそ一流なのです。

    さらにいえば、なぜFランクと呼ばれる
    私大があれほどまでに増え、
    定員割れを起こしているのにもかかわらず、

    新規大学を許可してきたのか?
    という理由も分かりますね。

    自分たちの天下り先確保にほかなりません。

    とすれば、それに異議を唱えた元田中真紀子文科大臣は
    正しかったはずです。

    もっともそういう組織の一員であれば
    田中真紀子は
    目の上のたんこぶ以外のなにものでもありません。

    この件について、かつて橘さんは元田中真紀子文科大臣を

    ジコチューはどこで失敗するのか? 週刊プレイボーイ連載(76)
    http://www.tachibana-akira.com/2012/11/5200

    で批判していますが、振り返ってみれば元田中真紀子文科大臣こそが
    正しかったのです。

    その時、私はこう書きました。
    (以下引用)
    田中真紀子の資質はともかく、なぜ野田首相は「ひと悶着起こすかもしれない人」を大臣に指名したのかという考察が抜けているのです。

    自分で意識しているかどうかは知りませんが、田中真紀子は良くも悪くもトリックスター、すなわちゲゲゲの鬼太郎の「ねずみ男」ないし宇宙家族ロビンソンの「Dr.スミス」の役割なんですよ。
    こういった人物がいるからこそ、外務省とか文部科学省に嵐を巻き起こし、その結果そこにある問題が注目されるという効果もあります。悪魔の代弁者の効用については、もっと考察されなければならないのでは?

  • スイッチ のコメント:

    こんな事を、官庁がマジ本気の本気でやってる事に、呆れるよりも恐怖を感じる。そこには「誰が貧困に陥ろうが、誰が死のうが、知るか」という敵意する感じる。
    この敵意に恐怖するのではなく、策を練り立ち向かっていかないといけませんね。

  • KJ のコメント:

     無限の宇宙で、変位し別の世界へ行ってしまったあなたには会えないかもしれないけど、そっちでもうまくやってください。

  • KJ のコメント:

    そうでないと、その本人が社会で苦労するからです。
    他人と衝突するために勤務が継続しない人間となり、収入を正しく得られない人間と成り、ろくな方向に向かわないパターンが社会に見られます。

    会社や組織でも道徳観の有る人が信頼され、管理職に成って行きます。
    米国ではモラハラやセクハラなどの裁判の賠償金は巨額であり、社員の道徳観が会社を潰しかねない金銭問題へと成っています。
    日本も、その方向に向かって行くことでしょう。

    つまり、人の道徳観の有無は、その人の将来の収入を左右する重要因子と成り得ます。
    結婚も決めて行きます(素行調査など有るために)。

    なんと、つまらない、くだらない、と思われがちな道徳教育が、将来の高収入や結婚も左右する教育だということなのです。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >会社や組織でも道徳観の有る人が信頼され、管理職に成って行きます。
    >米国ではモラハラやセクハラなどの裁判の賠償金は巨額であり、社員の道徳観が会社を潰しかねない金銭問題へと成っています。
    >日本も、その方向に向かって行くことでしょう。

    道徳観のある人が信頼され、管理職になってゆくのなら、

    マンガ「島耕作」のモデルでもある、

    なぜ(超一流会社と思われていた)東芝のような組織が
    破綻する直前までになったのかが説明できませんよ。

    結局のところ、どんな組織でも、

    組織内での権力闘争があり、

    その権力闘争が本体を傾かせる
    ことになるだけの話です。

    >米国ではモラハラやセクハラなどの裁判の賠償金は巨額であり、社員の道徳観が会社を潰しかねない金銭問題へと成っています。

    だから、食えない弁護士が見つけた漁場が

    裁判をおこして賠償金をせしめ、それの上前をはねること

    なのであり、国内でも

    サラ金過払い金訴訟から肝炎訴訟へとその漁場をシフトしてきています。

    こういったことがどんどん続くことは社会的に正しいことなのでしょうか???

  • KJ のコメント:

    おなかを3回けるのも 7かいけるのかわらん バーン

  • 一日本人 のコメント:

    たぶん、ここにコメントしている方も

    会社から、はじかれた人なんでしょう

    粘着質でも 我慢しましよう

  • スイッチ のコメント:

    訴訟が増える事は、私は良いと思いますよ。訴訟起こす事は「権利」なので、その権利を使ってもいいし、使わなくてもいいと思います。ただ手元にある「権利」というカードを使用せずにゲームに負けて、負け惜しみが出るのは少しナンセンスかと思います。
    それに法律も何か問題が起きないと改正されません。社会的には批判されるかもしれませんが。

  • JKB24 のコメント:

    回数、つまり、程度こそが、そして実はそれだけが、問題なのさ

    それを忘れてはいずれ痛い目にあうのは必至なのさ

  • KJ のコメント:

    樋田昌志 が 破折する。

  • alise のコメント:

    mediaは一貫して、問題解決が可能なこと意外は騒がないよね。
    待機児童は解決とまではいかなくても大幅に解消可能。
    でも待機老人問題はほとんど騒がれることは無い。
    こどもの場合、預け先が無くてもなんどかなるし、時間が解決してくれるけど、
    老人介護は多大な犠牲を伴うことになる。
    でも各家庭の問題になってしまうから、大きく騒がれることは無い。
    家族の誰かが犠牲になれば済む話でもあるからねぇ。
    それでも今後核家族化が進んだ団塊世代が介護を必要とされ始めたとき、
    日本社会はどうなるんだろうって思う。
    15年後、くらいかなぁ。
    すさまじい国になってるんだろうね。
    もう移民受け入れの是非なんて問うている余裕はないのだろうなぁ。

  • 小田嶋隆‏@tako_ashi のコメント:

    小田嶋隆が秀逸なコメントをTwitterに書いていたので引用します。

    バカな人間がリーダーの座に就くことによる悪影響は、単にバカな政策や経営判断が採用されることではなくて、最も深刻な弊害は、むしろリーダー以下の組織の人間がまるごとバカに変貌することだったのだな。

    うちの国で「優秀」とされるのは、結局のところ「指令に忠実」で「空気に敏感」な、ということはつまり「リーダーの人格が憑依しやすい」人間であるわけで、してみると、リーダーがバカである時、わが国の優秀な人間は、全員、雁首を揃えて、軒並み、一人残らずバカになるわけですね。

  • おととい確定申告した のコメント:

    震災の日にあえて言うならば

    小さな政府こそ平等やん

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。