「過労死自殺はなぜなくならない?」誰もいわない単純な理由 週刊プレイボーイ連載(265)


大手広告代理店に入社してわずか8カ月の女性社員がクリスマスの晩に投身自殺したことで、日本企業の長時間労働と過労死があらためて批判されています。この広告代理店では2013年にも30歳の男性が過労死(病死)しており、労働基準監督署からの度重なる是正勧告を無視していたことが「悪質」と見なされ、刑事事件も視野にいれて立ち入り調査が行なわれました。

報道によれば、女性社員はインターネット広告を担当する部署に配属され、クライアント企業の広告データの集計・分析、レポート作成などを担当していました。このネット広告部門は9月末に、レポートを改ざんして運用実績を虚偽報告したり、広告不掲出で過剰請求するなどの不正行為が発覚したばかりでした。その原因について会社側は、「現場へのプレッシャーも含めてマネジメントが配慮すべきだった」「複雑で高度な作業に対して恒常的に人手不足だった」と説明しています。

女性社員は自殺前、SNSに「休日返上で作った資料をボロくそに言われた もう体も心もズタズタだ」「いくら年功序列だ、役職についてるんだって言ってもさ、常識を外れたこと言ったらだめだよね」などと投稿しており、混乱する現場と稚拙なマネジメントの犠牲になったことは明らかです。

批判を受けて広告代理店は、本社ビルを夜10時に一斉消灯するなど深夜残業を抑制する措置をとりましたが、はたしてこんなことで問題が解決するでしょうか。

広告代理店はこれまで、テレビと新聞・雑誌を主な媒体として営業を行なってきました。それが2000年代に入って急速にインターネットにシフトしたため、従来のビジネスモデルを大きく転換しなくてはならなくなりました。

欧米企業はこのようなとき、まずはインターネット広告に精通した人材を外部(たとえばヤフーやグーグル)から引き抜き、プロジェクトチームのトップに据えます。チームのメンバーも、プログラミングやWEBデザインの経験がある若手をベンチャー企業などから集めるでしょう。まったく新しい分野なので、本社の社員は他部門との連絡役がいればいいだけです。

こうしたエキスパート集団なら、ネット広告のイロハも知らない新人が配属され、素人同然の上司に翻弄されて擦り切れていく、などという事態は考えられないでしょう。だったらなぜ、こんな簡単なことができないのでしょうか。

それはいうまでもなく、年功序列・終身雇用の日本企業では、プロジェクトの責任者を外部から招聘したり、中途入社のスタッフだけでチームをつくるようなことができないからです。そのため社内の乏しい人材プールから適任者を探そうとするのですが、そんな都合のいい話があるわけがなく、「不適材不適所」で混乱する現場を長時間労働のマンパワーでなんとか切り抜けようとし、パワハラとセクハラが蔓延することになるのです。

なぜ労基署は、この違法・脱法行為を是正できないのでしょうか。それは官公庁こそがベタな日本的雇用の総本山で、民間企業を強引に指導すると「だったらお前たちはどうなんだ」とヤブヘビになるからです。事件を批判するマスメディアも同じ穴のムジナで、無意味な説教を繰り返すだけです。こうしてどれほど犠牲者が出ても、長時間労働も過労死も一向になくならないのです。

『週刊プレイボーイ』2016年11月7日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , , パーマリンク

「過労死自殺はなぜなくならない?」誰もいわない単純な理由 週刊プレイボーイ連載(265) への20件のフィードバック

  • 尖沙咀 のコメント:

    それも一理あるとはおもいますが、だからといって、

    「人材の流動性を高めるため、社会構造の変革を!」

    という錦の御旗にはクビをかしげざるをえませんよ。

    >日本的雇用の根幹にかかわることは、既得権にしがみつくひとにとってはいまだにタブーなんですね。
    これは単に「日本的雇用」だけの問題ではありません。

     人間は、ある品物を入手したり、あるグループに加入したりすることに、
    苦労すればするほど、苦労に見合っただけの価値がある、と思い込むものです。
     未開社会の通過儀礼にも、都会の大学のフラタニティへの加入儀式にも、
    クリアするまでに、「わざと大変な思いをさせる」という共通項が見られます。
    (影響力の武器:コミットメントと一貫性より引用)

    この女性は、
    東大卒→電通入社
    という、超エリートコースを通ってきたからこそ、このような結末になったのです。

    それならどうしたらよいか?については、

    この本をお読みください。

    できる社員は「やり過ごす」

    https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E7%A4%BE%E5%93%A1%E3%81%AF%E3%80%8C%E3%82%84%E3%82%8A%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%99%E3%80%8D-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E4%BC%B8%E5%A4%AB-ebook/dp/B009HO5DKC

  • 慈愛第一主義 のコメント:

    なぜ心から慈愛できる仕事を探せなかったのか
    また、伽藍あわないならバザールへ行けなかったのか
    世界は他人を助けてあげるという慈愛に満ちているというのに

  • KJ のコメント:

    https://www.youtube.com/watch?v=OdJVSFh6008

    【アニメ】タイガーマスク OP

  • 大岩四丁目 のコメント:

    本丸は税金でメシ喰ってる公務員です、官公労が内堀。二の丸が働かないオジサン
    が牛耳る大手企業社員です、労組が外堀です。今回、電通事件で外堀が埋められそ
    うになってきたのですが、「それ規制じゃ、規制をかけるのじゃ~、電通は手打ち
    にいたせ」と、外堀の周辺の攻防で終わってしまいそうです。

    彼らが労働力の流動化を嫌うのは合理的です。ツブシの効かない公務員など、民間
    企業で同一労働同一賃金で使うと、多分ハケン社員と同等かそれ以下ではないでし
    ょうか?民間企業の経営者含む働かないオジサンも同じです。それなのに現体制で
    あれば、オモシロイ程の報酬が取れるのですから。

    >こうしてどれほど犠牲者が出ても、長時間労働も過労死も一向になくならないの
     です。

    若者が一人や二人死のうが、彼等は気にもしません。関係のない事だからです。
    雇い主(国民・株主)が、コスパの極端に悪い人材を自由に解雇したり報酬を設定
    したりできないのは、憲法違反だとさえ思います。

  • 匿名 のコメント:

    紋切り型の公務員批判と中高年批判はきき飽きた
    妄執にとらわれすぎ

  • 尖沙咀 のコメント:

    東大卒→電通入社というエリートコースだけでなく、
    東大法→財務省・(大蔵省)というエリートコースでも自殺者が出たりします。

    よく考えれば、東大卒なんだから、合わない会社や組織はやめて
    もっと自分に合ったところに行けば良いのにとおもいますが、

    前にも言ったように、人間は
    あるグループに加入したりすることに、苦労すればするほど、
    苦労に見合っただけの価値がある、と思い込むものです。

    まさに東大や電通、大蔵省なんかは、入るのには人並み外れた
    能力や苦労があったはずです。

    これから落ちこぼれることこそが、人間の生死に関わる尊厳だったりします。
    (とくに東大出のエリートならなおさらでしょう。)

    ただ単に「日本的雇用の弊害」といった問題に帰結せず、
    社会的・心理的にも考えてゆく必要があるのです。

  • 匿名 のコメント:

    転職が当たり前になれば、あるところ対する執着心も減るでしょ?
    要は、一度就職したら長く勤めれれなければ負け組みみたいで、
    みんなから外れるのはいやだって心理。
    入社した人数の半分もやめれば、転職もなんてこたぁなくなるよ。
    よく考えれば、長く勤めることに主にメリットがあるのは、エンプロイヤーであってエンプロイーじゃないからね。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >転職が当たり前になれば、あるところ対する執着心も減るでしょ?
    >要は、一度就職したら長く勤めれれなければ負け組みみたいで、
    >みんなから外れるのはいやだって心理。

    むしろ、「電通」や「大蔵省」といった「超一流」だからこそ、
    こういった事件が起こったのでは?
    と思いますけど。

    堀江メール問題で自殺した永田議員は東京大学工学部物理工学科→大蔵省で
    そのあと国会議員(民主党)になりましたが、
    事件後精神病院に入院中、飛び降り自殺ですよ。

    なんせ実父は九州の大病院チェーンの院長でしたから、経済的にも不安は
    なかったはずです。

    こういった超エリートが発狂することは昔からあって、
    中島敦の「山月記」(さんげつき)は、こういったエリートの屈折した
    心情を描いた作品です。
    http://www.aozora.gr.jp/cards/000119/files/624_14544.html

    ただ単に「日本的雇用」といった矮小な問題に帰結するのは???ですよ!!!

  • 夜明け前 のコメント:

    なぜ労基署は、この違法・脱法行為を是正できないのでしょうか。
    >一度、労基署に相談に行ったことがあります。同情はしてくれました。でも、行動はゼロでした。意見を聞くことはしますが、指導はできないとか。「民事不介入」という原則があるようです。

    結局、裁判に訴えるしかないのです。アメリカでは従業員が会社を訴えるのは日常茶飯事です。
    (国民への十分な司法サービスを提供するために司法改革を進めてきたはずですが、何も変わっていません。)
    そういう意味ではアメリカは先進国、日本は後進国です。

    今回、電通が問題になったのは電通が一部上場の有名企業で、マスコミが大騒ぎしたからです。それで仕方なく、労基署が動いたということです。
    中小企業で同じことが起こってもマスコミは話題にもしません。

  • 匿名 のコメント:

     今回、被害にあった女性の上司がどういった人なのか、そのあたりの情報は正確に掴んでいますか?もし、外部から連れてきたITのプロを一時的に役職に就かせていたら、今回の記事は意味のない記事になります。休日返上していようが、稚拙なレポートを提出すれば、ダメ出しもするでしょうし、社会人一年目の彼女が常識云々いったところで、鵜呑みにもできません。

  • アローン のコメント:

    ビジネスは戦争、受験は戦争、人生は戦いだ…こういう信条や環境にいて、例えて銃を規制するぞ、勉強時間を規制するぞと団体や個人に言っても当然耳に入らないでしょ。
    過労死が撲滅しないのは戦死扱いだから、定時締めは銃の構え止め程度でしょ。官庁の現場で働く役人だって、それ(撲滅)は政治家がする仕事だろうって思いはあると思いますよ?

    しかし労働において派遣業が拡大した祭、経営者がコストを盾に戦争(競争)していきたいので人件費が安い人間を作りたいと献金で迫れれば、政治家だって戦争頑張って下さいねとなりました。官庁の働き方うんぬんより、政治家と役人が機能してないのが大問題じゃないかな。

    昔日本には大学は二つしかない、東大とその他の大学だなんて言われてましたが、多様化しつつある価値観において東大卒の方がエリート志向をぬけつつあるのに、未だ東大に入らなかった人間が東大卒をさも軍曹か将校の如くエリート扱いするのもいい加減如何なマンネリした社会の価値観だと思う。

    個人的には東大尊位より日本は献金後進国が問題だと思う。献金で政治主張してない人が多くて、少ない人の主張がまかり通ってる。その献金主張してない国民が考えてる事というと…、

    税金払ってんだから仕事して当たり前とか、素晴らしい選挙公約を掲げた党の政治家だから良い仕事してくれるとか、東大出たらパラダイスとか…どこか頭の片隅に甘い願望がちらついてる。

    問題化したくないならせめて献金しなきゃ、講演したって社会は変わらないぞ?遺族の方には申し訳ないけども、人生で戦争中の人間には想いは届かない。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >昔日本には大学は二つしかない、東大とその他の大学だなんて言われてましたが、多様化しつつある価値観において東大卒の方がエリート志向をぬけつつあるのに、未だ東大に入らなかった人間が東大卒をさも軍曹か将校の如くエリート扱いするのもいい加減如何なマンネリした社会の価値観だと思う。

    だから、私が出たような学校で過労死や自殺が出ても話題にすらならないけど、東大+電通だから話題になるのです。
    東大を頂点とした学のヒエラルヒーがあるからこそ、学歴社会(これには国民にある程度、
    労働者としての知的水準を維持させるというメリットがあるのです)が存在するという面もあります。

    >問題化したくないならせめて献金しなきゃ、講演したって社会は変わらないぞ?遺族の方には申し訳ないけども、人生で戦争中の人間には想いは届かない。

    献金という手段だけでなく、共産党に入党し運動員になるとか、創価学会に入信し福運を積むという手もあります。特に後者は、公明党が現在与党の一員でもあることですし、効果的かもね。

  • 匿名一番 のコメント:

    公務員批判と中高年批判はきき飽きた
    妄執にとらわれすぎ

     同感です。 それ以上の議論にならないことが閉塞感をともなうね。

    ある意味、後生につながる歴史の大切な場面にリアルに存在している。
    しっかりと原因と結果を残さないといけない。より成熟した社会を目指して。
     
     

  • 匿名 のコメント:

    >8

    状況も理由も違う永田議員のことを出されてもね。そりゃエリートで自殺している人はいくらでもいるだろう。
    仕事を原因とする自殺はエリートしかしないって言うんなら、それは傾聴に値する意見だけど。

    橘さんの結論の仕方もどうかとは思うけど、それを言えば、エリートの発狂はもっと矮小な一要素じゃない。

    依存心や執着心は誰にでもあるだろうが、日本的雇用システムの内に、労働者が最初に就職したところに執着せざるを得ないような仕組みがあって、それが強すぎると思うね。

    エリートの発狂をコントロールするのは出来んだろうけど、日本的雇用の問題の改革はやろうと思えばできる事だな。結果として雇われエリートの発狂も減る可能性はかなりあると思うね。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >エリートの発狂をコントロールするのは出来んだろうけど、日本的雇用の問題の改革はやろうと思えばできる事だな。結果として雇われエリートの発狂も減る可能性はかなりあると思うね。

    日本的雇用といったマクロな社会問題を、個人がいくら声をあげても改善するわけではないのです。

    それこそ、橘さんがよく言っているように、
    「経済に限らず、マクロな問題」を
    1個人が改善できるわけではないのです。

    それこそ私たち個人ができることは、
    「できる社員はやり過ごす」
    ことなのです。

  • 匿名 のコメント:

    長時間働かないといけないという縛りを切らない限り
    長時間働き続けるということになる

    少なくとも電通の不法記録の責任を追求して
    何らかの罰を与えないと人が殺されても金を払えば済むと言うことになり
    長時間労働強制をやめようという動きにはならない

  • 匿名 のコメント:

    >>5 >>13
    繰り返し批判されるのは問題が改善されていないからです。
    中高年が成果に比べて高い位給与をもらい、若い人たちが劣悪な環境で働かざるを得なくなっているのは事実でしょ。それが終身雇用、年功序列です。

  • 尖沙咀 のコメント:

    >繰り返し批判されるのは問題が改善されていないからです。
    >中高年が成果に比べて高い位給与をもらい、若い人たちが劣悪な環境で働かざるを得なくなって
    >いるのは事実でしょ。それが終身雇用、年功序列です。

    橘さんも何度も言っている、「日本の雇用制度批判」ですが、

    いざ自分がその受益者になれば、
    その雇用制度を
    「死守するべきもの」
    となるわけです。

    受験勉強と就職戦線の荒波を乗り越えて
    「正社員の座」
    を勝ち取った人間からすれば、

    明日からバイトと同じ待遇(時給1000円で1日8000円、月16万だけど、
    税金と保険引いて手取りは10万円ぐらいかな?)ね!

    というのは、どうしても受け入れられないでしょ。

    結局のところ、

    「自分が一番可愛い」

    のです。

  • 匿名 のコメント:

    >>「自分が一番可愛い」

    それはその通りだと思いますが、
    内から変えることは出来なくても、
    外から変えられてしまうという事はありますよね。
    主にアメリカからですが。

  • 殿、電通でござるぞ! のコメント:

    はあちゅう ‏@ha_chu

    電通の先輩が、

    「CMは偏差値40の人にも理解できるものじゃなきゃダメ。この会社にいる時点で普通ではないと自覚しろ。世間にはおそるべき量のおそるべきバカがいる。そしてそれが日本の『普通の人』だ」

    って言ってたの、一番役に立ってる教えの一つだ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。