『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』発売のお知らせ


集英社から『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』が発売されます。

発売は5月26日(木)ですが、都内の書店では明日の夕方から店頭に並ぶと思います。電子書籍版はすこし遅れますが、6月10日(金)からダウンロード可能になる予定です。

書籍版はこちらから予約注文できます。

『週刊プレイボーイ』の連載をまとめた単行本の3冊目ですが、巻頭の「「リベラル」の失敗-「沖縄『集団自決』裁判とはなんだったのか」は60ページの書き下ろしです。

「歴史認識」が国際問題になるにつれて、「過去を直視する責任」が問われるようになりました。しかしはたして、一般市民が歴史資料を渉猟し、客観的な立場で現代史を評価できるのか。そして、“リベラル”を自称するひとたち自身が過去を「直視」しているのかを、沖縄戦を例に検証してみたものです(この取材で沖縄と奄美を訪れました。そのときの写真も近日中にアップする予定です)。

日本の「リベラル」はどこかうさんくさい、と思っている、「リベラル」が嫌いなひとにこそ読んでほしい本です。

なお、発売中の『言ってはいけない』『「読まなくてもいい本」の読書案内』からのスピンオフ(R指定版)ですが、本書は『「読まなくくてもいい本」~』PART5「功利主義」で述べたことを日本社会のさまざまな出来事に適用しています。私のなかではこの3冊は同じテーマを別の角度から描いたものなので、合わせてお読みいただければ幸いです。

coverobi

カテゴリー: etc パーマリンク

『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』発売のお知らせ への6件のフィードバック

  • 匿名 のコメント:

    買います

  • 尖沙咀 のコメント:

    日本で「リベラル」というと、単に「左翼」の婉曲表現だからじゃないでしょうか?

    もちろん、「保守」が「右翼」の婉曲表現なのと同じです。

  • 匿名 のコメント:

    「保守」が「右翼」の婉曲表現というのはそうだと思いますが、
    というか、右翼思想は保守思想なので基本的に同じですね。

    でも、リベラルが左翼の婉曲表現だからというのはちょっと疑問です。
    日本は今でも十分社会主義的なので、左翼的考え方自体はそんなに嫌いじゃないと思うんです。
    日本の「リベラル」がどこかうさんくさいのは、
    どちらかと言うと、変な連中に取り込まれすぎに見えるからのような気がするんですよね。

    でも日本人は政治思想には現在における右と左(とその間)しかないと思っている人がほとんどで、さらに、そもそも右翼思想とは何か左翼思想とは何かを知っている人もほとんどいなさそうなので、日本で「リベラル」というと、単に「左翼」のイメージしかないのかもしれませんけどね。

  • KJ のコメント:

    この教えを世界に伝えよう

  • KJ のコメント:

    http://fast-uploader.com/file/7019647268235/

    これが精神操作によって精神病が進行した例である。
    絵の輪郭がぼやけてきてる。閉鎖的になっている。
    精神病はうつるのである。

  • 尖沙咀 のコメント:

    民主党(現在は民進党か)には、その名も「リベラルの会」というのがありまして、
    これはまさに旧社会党左派みたいな感じです。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%81%AE%E4%BC%9A
    ***********************************************
    2004年に民主党内の護憲派・リベラル系の若手議員が集まり結成された政治グループで、 現在は平岡秀夫・近藤昭一を代表世話人として活動していることから「平岡・近藤グループ」と呼ばれていました。

    なお、2012年第46回衆議院議員総選挙で平岡秀夫は落選し、 2013年の第23回参議院議員通常選挙で所属していた改選議員が全員落選したことで、所属議員が減少しています。
    ***********************************************

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。