『橘玲の中国私論』が発売されました


こんにちは。

ダイヤモンド社より『橘玲の中国私論』が発売されました。都内や地方の主要書店には今週末から並び始めると思います。Amazonでも予約が始まりました。

橘玲の中国私論

ここ数年、中国を旅するたびにとてつもない建築ラッシュにびっくりさせられました。いまではその多くが、“鬼城”と呼ばれるゴーストタウン(廃墟)と化しています。

なぜこんなことになってしまうのか? という疑問から始めて、中国と中国人について考えてみたのがこの本です。

「日本」という国が誕生した7世紀から、中国という巨大な隣人は日本人にとって、つねに脅威であると同時に驚きでした。そしてこれからも、さまざまな意味で中国は私たちを驚かすことになるでしょう。

「中国という大問題」の本質はなにか? 本書ではこの問いに、(おそらく)世界で最高水準にある現代日本の中国研究の成果をもとに、きわめてシンプルな結論を導き出しています。それは、「政治や経済、社会問題など中国で起きている大半の出来事は、“ひとが多すぎる”ということから説明できる」というものです。

もちろん私は中国の専門家ではありませんから、これは一旅行者の私的見解(私論)に過ぎません。それでも、歴史認識の齟齬などで日中関係が戦後最悪といわれるなか、本書が「中国に驚く」きっかけになれば幸いです。

日本から飛行機でわずか数時間のところにこんな面白い世界があるのに、旅行者が減っているのはほんとうにもったいないことです。どれほど拒絶しても、地政学的にも、地経学的にも、日本は中国の影響から逃れることはできません。

日本でも中国でも、「正義」の名のもとに相手を一方的に批判するひとがたくさんいます。ひとはみな、自分の見たいものしか見ないし、自分の理解したいものしか理解しないのだから、どちらの歴史認識が正しいのかを議論することに意味はありません(歴史家に任せておけばいいことです)。

いま必要とされているのは、お互いに相手を知り、驚き、楽しむことではないでしょうか。

橘 玲

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

『橘玲の中国私論』が発売されました への9件のフィードバック

  • 匿名 のコメント:

    買います。

  •  かも のコメント:

     中国、何度も行ってきましたよ。そのたびに温かく迎えられて、もと紅衛兵の年代の同僚達と、革命歌の絶唱をカラオケで楽しんだりしました。
     日本人が、南京事件はありましたと認めてしまえば、論争は氷解します。戦後生まれの世代にとって、不幸な歴史は争う問題ではないのです。全く無意味な論争を続けて、不幸を再生産しています。愚かなことです。

  • 論屋 のコメント:

    とても興味深いです。楽しみです。
    中国は、私には他国へ行くときの乗り換えポイントでしかないので、尚更興味深いです。

    世の中には色々な思考、思想の方がいますが、全然無意味な論争を終わらせる気がないようですね。

  • 匿名 のコメント:

    >>2
    南京事件なんて、無いよ。

  • 匿名 のコメント:

    確かに5人兄弟の生活は想像ついても100人兄弟の生活となると想像できないもんね

  • 匿名 のコメント:

    >>2
    「島なんか、あげればいい」と言った、国会議員と同じですね。

    あちらの人達の感覚と、日本人は違うから。
    その考えは、危ないですよ。

  • TA のコメント:

    早速購入し、さっと読みました。
    私には共感できない点が多々ありましたが、橘さんらしい感じかなとおもいました。

    というわけで以下、私論。

    ・中華文明論について
    「文明としての中国」論で、
    ハードウェア(王朝)を取り替えても、ソフトウェア(中華)をコピーすれば同じデータ(文明?)
    であるとありましたが、前述の人口に対する統治構造論からすれば、
    ハードウェアが土地・人民で、ソフトウェアが王朝だと私は思います。
    ソフト(王朝)を入れ替えても、結局ハード(人口)の問題に行き当たり、
    データ(文明?)は処理できず破綻する。
    ハードを取り替えているのではなく、ソフトを取り替えているので、
    ソフトが入れ替わるたびに初期化です。
    ゆえに、いつも中国では歴史は引き継がれず、中国の歴史は同じ繰り返しになる。

    ・グローバルスタンダードについて
    グローバルスタンダードに合わせてなんでも判断されているように見受けられますが、
    違和感を持ったのはグローバルスタンダードって何?って点ですかね。

    明治維新により、近代国家・帝国主義というグローバルスタンダードの枠組みに乗れた日本。
    理解ができなかった中国・朝鮮。
    では、悪いのは、グローバルスタンダードに乗り遅れた中国、朝鮮ですね。
    でも、現代において中国、韓国の「過去の歴史」批判を突き詰めると、中国、韓国が正しいとあります。
    矛盾ですね。

    米国が民族自決を訴えたのは、既存の植民地支配を行っている勢力への牽制です。
    日本の中国権益への牽制も含まれていたんじゃないでしょうか。
    その一方、自国は中米で何を行っていたんでしょうか?
    主張した国自身が得意のダブルスタンダードです。

    また現代の地域紛争をみるに、指摘されていますが「民族自決」が、不幸な結果を招いていると思います。
    中国共産党の行いは、このグローバルスタンダードにはほど遠いですね。

    ・歴史についていろいろと
    ドイツは戦争したことについて謝罪していません。
    ホロコーストについて全てナチスの責任にして謝罪しています。
    同じ認識です。
    一方、日本はホロコーストなど行っていません。
    (「南京大虐殺」は中国三大奇書に並ぶフィクションですよね。ぐらいの反応で十分では。)
    戦争をすることは、国家としていい戦略とは思いませんが、罪ではありません(責任はありません)。
    よって謝罪する必要はありません。負けたのでなぶりものにされているだけです。

    藤原不比等から水戸藩の尊王思想への流れはなかなか面白いです。
    興味を持ちました。

    第二次世界大戦の真の勝者は、毛沢東(とスターリン)だと思っています。
    夷(米国)を以て夷(日本)を制しただけでなく、
    夷(日本)を以て政敵(蒋介石)の弱体化まで謀った毛沢東は、
    中国人の好む中国型の英雄ではないでしょうか。
    (中国の不幸は「治世の能臣」ではなく「暴君」であった点です)
    「中華民族」の自意識の芽生えのようなことを説明するために
    年表を提示されておりましたが、私には毛沢東に都合のいいように
    日本を使って蒋介石を疲弊させる方法に進んでいるようにしか見えません(気持わるい陰謀論だと言われそうですが)。
    この人物の言葉を文字通り受け取るなんて不用心です。

    最後の日本にとっての「中国の問題」という点については同意です。

    長文、失礼いたしました。

  • 中将 のコメント:

    > 私には毛沢東に都合のいいように日本を使って蒋介石を疲弊させる方法に進んでいるようにしか見えません(気持わるい陰謀論だと言われそうですが)。

    ヴェノナ文書を読めば納得するはず。

  • TA のコメント:

    >藤原不比等から水戸藩の尊王思想への流れはなかなか面白いです。

    不比等部分は大山誠一『天孫降臨の夢』とありましたが、
    聖徳太子はいなかった説を唱えているひとですね。
    いろいろ見ているとなんかあやしい人ですね。

    本買ってみようといろいろ見ていると目にしました。

    http://www.bell.jp/pancho/k_diary-3/2010_0327.htm

    おかげで買うのやめました。この方は一般人?いろんな人がいますね。
    古代史も面白い。

    別著書で投資流派、政治哲学の分類について分かりやすく説明されておりましたが、
    歴史についても流派の確認から行った方がいいんじゃないでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。