集団的自衛権の行使に反対するひとたちはなぜ空洞化するのか 週刊プレイボーイ連載(155)


集団的自衛権の行使が閣議決定で容認され、リベラルなメディアは「立憲主義を破壊する暴挙」と大々的に報じていますが、国民の大半は無関心で、首相官邸を取り囲むデモの熱気も福島第一原発事故を受けた反原発運動のピーク時とは比べ物になりません。

盛り上がりに欠ける理由のひとつは、反対派の理屈がわかりにくいからでしょう。

安倍政権を批判するひとたちの主張は、大きくふたつに分けられます。

(1)集団的自衛権の行使にも、解釈改憲にも反対する

(2)集団的自衛権の行使は容認するが、解釈改憲には反対する

(1)は典型的な平和主義ですが、(2)は「憲法を改正して軍の存在と国家の自衛権を明記すべし」という立場ですから、“戦後民主主義”的な護憲リベラルとは真っ向から対立します。しかしそうなると反対派が分裂してしまうので、憲法改正の是非をあいまいにしたまま解釈改憲を批判するという戦術をとらざるをえません。しかしこれでは、誰がなにに反対しているのかがわからなくなってしまいます。

さらにややこしいのは、平和主義のなかにもふたつの異なる立場があることです。

(3)国家に自衛の権利があるのは当然だから、自衛隊と個別自衛権は認める

(4)日本国憲法9条には「戦力を保持しない」と書かれているのだから、自衛隊は違憲である

この両者も折り合うことはできませんから、反対派を結集するには個別自衛権をめぐる論争も封印しなくてはなりません。その結果、反対派の論理はますます空洞化してしまうのです。

こうして「解釈改憲は憲法を破壊する」と声を張りあげることになるのですが、ここでもやっかいな問題が待ち構えています。

よく知られているように、敗戦直後の吉田内閣は「自衛権の発動としての戦争も、また交戦権も放棄した」と憲法9条を字義どおりに解釈していました。ところが朝鮮戦争によって米国から再軍備を求められ、帝国陸海軍の残存部隊を再編して警察予備隊と海上警備隊を発足させます(これが現在の自衛隊です)。

この重大な国家の岐路に世論は沸騰しましたが、日本政府は憲法を改正するのではなく、9条を維持したまま解釈改憲で強引に乗り切りました。「国家の自衛権は自然権なのだから、文面として明示されるまでもなく、9条が(個別)自衛権を前提にしているのは当然だ」というのです。これを「第一の解釈改憲」と呼びましょう。

(4)の絶対平和主義は、第一の解釈改憲も(今回の)第二の解釈改憲も認めないのですから、それなりに筋は通っています。ところが(3)の現実的な平和主義では、第一の解釈改憲は容認し、第二の解釈改憲には反対することになってしまいます。ふつうに考えれば、憲法解釈が根底から変えられたのは自衛隊創設の方ですから、こちらを認めるのなら自衛権が「個別」か「集団的」かは些末なことでしょう。

このように反対派の実体は烏合の衆で、その根拠を突き詰めるとたちまち破綻・分裂してしまいます。

それではなぜ、彼らが一致団結しているように見えるのでしょうか。それは、「安倍政権が嫌いだ」という感情的な反発だけは強く共有されているからなのでしょう。

『週刊プレイボーイ』2014年7月14日発売号
禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン タグ: , パーマリンク

集団的自衛権の行使に反対するひとたちはなぜ空洞化するのか 週刊プレイボーイ連載(155) への13件のフィードバック

  • 匿名 のコメント:

    どうであれ、
    自分の財産お金を守りたいなら、防衛に反対しないけどな。
    近くに「キチガイ国家」があるし。

  • まろたん のコメント:

    わたしは1960年代に若き日を送った、いわゆる団塊世代。
    われらが日本の時代は、三島由紀夫の「割腹自決」で終わったと思っていました。

    が、な、なんと四〇有余年をへて安倍クンが決起ですか。
    三島由紀夫は乱心モノで消されましたが、
    遅れてきた青年ならぬ、安倍おじさん。
    どこま斬り込めますか、お手並み拝見だ。

    いやはや長生きはするものですな。
    またぞろ、ほこりっぽい時代になりそうで。

    バカな日本人に、おしえてあげます。
    「政治家」をナメるのは、結構だが、
    「政治」を「まつりごと」をナメると、
    いつか、吠えずらかきまっせ。

    ごくろう。

  • ファイター のコメント:

    国民の大半が無関心というご意見ですが非常に疑問です。
    福島原発の事故との比較で述べられていますが、
    「絶対に事故など起こさない、200%安全」などと長い間言ってきたのにも関わらず
    前代未聞の大事故を起こし連日常識では考えられないような不注意によるミスや事故が頻発し
    現時点でも事故そのものの真相原因がわかっていない状況に対する件と比較し
    声が小さいから無関心というのは突飛過ぎますよ。
    解釈が都合良すぎるのではないでしょうか?

  • 樋口謙二 のコメント:

    優秀な日本人を無気力馬鹿な日本人にする目的をもってアメリカによって押し付けられた憲法で教育された日本人 国の骨幹足る安全保障を考えない日本人 元来優秀な日本人であれば考えればわかるのでは?憲法9条がおかしいのは 日本と日本人が主権を持ったものとして将来も存在するために‼︎

  • 大岩四丁目 のコメント:

    憲法第九条は、新宗主国側からの手枷足枷でした、当初は。WWⅠ後のドイツ
    第三帝国のように、大日本第二帝国が復活してはタマランので、一切武器を奪
    ってしまったのです。日本の十二歳の少年少女達は「愛・平和・反戦」の心地
    よい響きに魅入られてしまいました。まあ、ヒドイ大東亜戦争でしたからねェ。

    その時もう、占領を大成功させた宗主国はすでに共産陣営と火花を散らしてい
    ました。もう十分飼い慣らしたポチを不沈空母化させて、極東の防衛に役だた
    せるようにしました。自衛隊(警察予備隊)と安全保障条約のセットです。

    仮想敵国は北からのソビエトでした。それが今では南西方面から躍進バリバリ
    の中共が、北のロシアと共に三方から睨んでいます。宗主国は「やべぇよ、俺
    っちだけでは大被害だよ、舎弟にも本気出させんとマジ負けるかもしれんて」
    「九条なんか押し付けるんじゃなかった」「核武装は論外としても、通常兵器
    の範囲ならもう好きにしてもいいんだよ、しろったら!」

    世の中は権力・お金関係がほとんどで落とし所へ収斂していきますから酷い話
    ですけど、個人として自分の為に自分にできる事をしてゆくしかないですね。
    パレスチナの人達の報道が多い昨今、ベートーヴェンの第五番がアタマで鳴り
    ます。とにかく、なんでも負けたらアカン。自ら負けようとする者は、偽善者
    か裏切り者かホンマモンの馬鹿です。

  • 愛国 のコメント:

    結局、九条も集団的自衛権もアメリカ様の思し召しに従うってのはエセ愛国者ですから。

    現代において九条を無くしたい連中は日本の独立じゃなく宗主国アメリカ様の足の指やケツを舐めるのが仕事の人達。

    そんなアメリカ様都合にあわせて放棄したい再軍備したりなんてさ。

    言い訳がましいんだよね。

  • まろたん のコメント:

    橘さんもこのブログの文末で書いているけど、
    反対派のタミの「本心」は「アベにくし」なんだよ。

    集団的自衛権なんて「コウジツ」、言い掛かりだよ。
    それと、ここで言っておかなければ、
    反対派のタミも、カッコウつかないし、ね。

    もう、バカ以外は分かっている。
    この国は外敵につぶされるのでは、ない。
    近未来に「内部崩壊」するだけ。
    自滅だよ。

    だから、敵は本能寺にあり、と。
    この国で暮らしていれば、分かるでしょう。
    正味のバカ以外は。

    もはや、どうしようもないから、なあ。
    時間稼ぎしているだけ。
    グズっているだけ。

    「いいじゃないの、今がよけりゃ」

    くちずさんでごらん。
    ラクになるよ。

    よかったね。

  • joss のコメント:

    まるで見当違いなコラムであきれた。

    集団的自衛権の行使に反対する者たちは、憲法を基準にしているに過ぎない。

    繰り返すまでもないが、憲法は「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」と規定している。

    解釈改憲による集団的自衛権の行使は、これと正反対の憲法違反だから反対しているだけだ。

    その時々によって、権力者が解釈改憲で憲法を勝手に正反対に解釈したら、法治国家でなくなる。

    奇妙な戦後史の解釈で、何をどうねじ曲げると、『第一の解釈改憲と(今回の)第二の解釈改憲』などという理屈が編み出せるのか。 前にもやったことだから、今回も解釈改憲をやるのは問題ないだろうという論理のすり替えか。

    『国民の大半は無関心』に見えるそうだが、世論調査の結果を見れば、大ウソだと解るだろう。

    「自分以外は全部バカ」と言わんばかりの本を出して、このコラムの作者は、最近 安倍政権万歳で凝り固まってしまい、どうかしたようだ。

    寄せられたコメントを見ても、ヤフコメ並みの住民ばかりのようだな。

  • ron のコメント:

    憲法9条を根拠に集団的自衛権に反対する人の一部が、自衛隊員の子供を学校で差別していた事を忘れてはならない。
    自衛隊員に基本的人権を認めていなかったし、自衛隊員の子供まで差別をした。法治国家、近代国家に有るまじき暴挙だ。防衛白書にも多数の事例が書いてある。

    所詮人間なんて、サル山でボス争いしていた頃から変わっていない。
    自分に都合の良い理屈はいくらでも振り回すが、都合が悪ければ反発するか無視するか。

    世論調査を見て、集団的自衛権に国民が反対していると見るか、あれだけネガティブキャンペーンをやっても支持率が40%前後も有ると見るかは人それぞれ。

    賢い人は朝日新聞と読売新聞の調査結果を見て「調査方法に問題が有る」と考えるでしょうけれど、都合の良い事実しか見ない人が大半でしょうね。

  • kamo のコメント:

     橘さん、随分と荒っぽい論理ですね。集団的自衛権について、反対も賛成も、どちらの側にも様々な意見があって様々な立場があって当たり前なのです。どちらかに集約することも、まとまって一枚岩にならないことが、民主国家として当然のあり方でしょう。
     本来、民主憲法は、常に、自由な解釈が認められるべきものです。でなければならないのです。当然解釈の変更もあり得ます。で、問題なのは、その解釈の変更が、どんな手続で、どんな風に合意形成されてなされるか。其れがどれ程に民主主義的手続で行われるのか。其れが問題なのです。
     今回の解釈変更に関して言えば、日本国が、集団的自衛権はあるが行使しないという立場を戦後70年近く継続してきたという歴史的事実があって、確立して、定着してきた概念を、一代の総理大臣が、自分の信念という矮小化された思い込みを、与党が多数を占めているという現実につけ込んで、ごり押しして通そうとする所に問題の本質があるのです。
     民主主義の根本原理の一つは、先例や慣例の重視です。其れは、単に安易に先例に従うという姿勢ではナシに、前例、先例として社会に認定され、承認されてきたという事実に対して、謙虚で、慎重であることナシに、単に、多数を占めているから何でも出来ると考えるのは、正に多数による横暴であり、独断専横そのものなのです。多数による独裁なのです。多数であれば何でも出来るというのであれば、民主主義は死にます。その事が問題なのです。
     今回の問題の言い訳にしている中国問題にしても、日中間の問題に関して言えば、そもそも安倍政権が刺激して、歴史認識問題に火を付けて、軋轢を造ってきたのです。
     集団的自衛権がこの国のもたらすものはなにもありません。抑止力を高めることにもならないし、安心を得ることにもなりません。大国の傭兵として都合よく使われるだけです。戦争になれば、同盟国も守ることが出来ないのです。何故なら、戦争の第一撃を誘発するのは、他でもないこの国の外交だからです。第一撃でこの国は終わります。

  • 尖沙咀 のコメント:

    鍵のついた金庫を開けるためには金庫の中に入った鍵を取り出す必要があるといった状況が
    今の憲法の状態なのです。
    集団的自衛権というのが、憲法に反することは当然としても、その憲法自体が戦後70年近く
    経って機能不全を起こしています。

    いっそのこと、アメリカやシナに占領されでもしない限り、この憲法が改正されることが
    ないならば、「永遠の旅行者」よろしく、その状況に応じて自分に取って都合のよい国
    を「ノマド」として選べばいいわけですが、ひとつ間違えば「難民」にならないとも
    かぎりません。
    迫害された「ユダヤ人」が建国した「イスラエル」で「パレスチナ人」を迫害している
    ように、日本人が迫害者や被迫害者にならないともかぎらないのです。

  • 国防 のコメント:

    悲惨な太平洋戦争を経験した方々はあとどのくらい
    残ってるんでしょうか?
    戦争体験を語り継ぐ人たちがゼロになるのは何年後?
    早くいなくなってほしいです。

    というのも、彼らの存在は日本の防衛強化を妨げる原因の ひとつだと思うからです。戦争はよくない。
    でも、勝手に過去の敗戦と今の防衛を結び付けて
    軍備や9条改正に反対する理由にはならない。
    あの手の反対デモの参加者のほとんどが老人ですよね。
    といっても戦争を体験したほどの世代ではなく
    それより少し年下で感化された年代。

    被爆者もそうです。
    被爆したから戦争はよくない→はあ??????
    戦争はよくない、ではなく原爆落として未だに日本で
    デカいツラしてるアメ公ふざけんな、でしょうが。

    今の自衛隊は世界最大級の軍ですが、
    唯一アメリカ頼りなのが核戦力ですからね。
    自衛隊が核兵器も持ってくれれば戦略レベルで安心です。
    こんな事は日本以外では常識ですが、
    これも被爆者の弊害のひとつです。
    邪魔です。

  • TA のコメント:

    9条の解釈はこれまでに時の政権で変わっていませんか。

    http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140519/264929/

    ただ今回の解釈変更で、機雷の掃海が出来るようになるのは、個人的には無理があると思い、
    どこぞの国の使いパシリ感が否めませんが。

    どこぞの国が勝手に作って、どこぞの国の要請で警察予備隊を作り事実上破ってしまった
    第2項をさっさと変えてしまえばいいと思うんですがね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *

名前欄が「匿名」だと投稿できない場合があります。コメントが反映されない場合はこちらをごらんください。